2014年10月14日 (火)

消えちゃったキルトライン

 春頃にした努力が無駄になってしまいました。悲しいやら悔しいやら、怠け者だった自分への怒りやらで、夜空に向かって遠吠えしたいくらいです。


あおぉぉぉぉーん(TロT)








遠吠えの原因はこれです。






水で消えるタイプのチャコマーカーで書いた自分が悪いのですが、これには2cm間隔の格子のキルトラインが書いてありました。



このところの連続して日本列島を縦断した台風やら秋の長雨やらの湿度で、きれいに消えてしまったのです。



でもね、このキルトの格子のキルトラインが消えちゃったのって2度目なのです。だから余計に空しいのです。



ああ、身の程知らずだった過去が重くのしかかる今日この頃。






元々は、ホビーラホビーレの通信販売で購入した「ラベンダーガーデンのモチーフクロス」というキットから始まります。



刺しゅう作家の青木和子さんのデザインによる縦3列横3段の9モチーフ印刷済みのクロスと8種類の刺しゅう糸、針と糸通し、説明書というキットでした。



説明書には、クロスとキルト綿を重ねた状態で刺しゅうをしてからボーダーや裏布を付けて仕上げるミニスプレッドの作り方やモチーフを1つずつに切り離してクッションやフレームに仕立てる作品作りの方法も出ていました。



ミニスプレッドの作り方ではキルティングは一切されていませんでした。刺しゅうが終わったトップ(モチーフクロスとキルト綿)に裏布を中表に重ね、あけ口20cmを残して周囲をぐるっと縫い、あけ口から表に返してあけ口をとじるという方法しか書いてありませんでした。



なのに、キルティングがしたくてたまらなかったりどみぃは、トップとキルト綿と裏布とを重ねての格子のキルティングを全面にほどこすという身の程知らずな計画を立てたのです。






クロスの刺しゅうが終わり、周囲にボーダーを縫い付けてトップが完成。

2cm幅の格子のキルトラインを全面に書きました。1m正方のキルトを作るのも初めてなのに、2cm幅でひたすら線を書いて行くのは根気がいる作業でした。これが1回目のキルトラインを書いた時です。



キルト綿、裏布を重ねて中心からしつけをかけました。



実際に中心から格子のキルティングを入れ始めましたが、初心者なのでなかなか進みませんでした。スタンドフープにかけたまま、放置する日が続きました。



と・・・部屋の隅にやたらと綿ぼこりが溜まることに気が付きました。りどみぃがラベンダーのクロスに重ねたオーガニックコットンのキルト綿は、繊維が細かく散るらしく、それが空気の流れで部屋の隅に運ばれるのです。



なかなかキルトは出来ないは、フープにかけておくだけでも部屋が汚れる(?)はで、ついにりどみぃ、やりかけのそれをたたんで段ボールの箱にしまってしまいました。






それから10年以上時は流れ・・・かなり経験値も積んだりどみぃ、やりかけの物を仕上げたくなりました。ところが、箱から出してみたらキルトラインはきれいに消えていました。まぁかなりの時間が過ぎたので諦めもつき、この春にキルトラインを書き直したという次第。それがキルトラインを書いた2回目です。



途中までキルティングしてあるのでキルティング無しの仕上げをすることも出来ず、鉛筆でキルトラインを書くことも出来ず(綿がふわふわで書きにくい)、他のメーカーのチャコマーカーを使って成分の化学反応によって消えなくなるようなことも恐ろしく、結局最初に書いたのと同じメーカーの同じチャコマーカーで書きました。






なのに、今回それが消えちゃったことが判明!りどみぃ、遠吠えとなったのでした。



また書きましたよ。3回目。ここで放り出すわけにはいかないので。






今度こそ、この線が消えない内にキルティングを終えようと、毎日のようにキルティングしています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

生成と白の微妙な違い

 以前シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんにすいかバンダナを作った時に使った生地が結構いい感じだったので、買い足しておくことにしました。

 
欲しかったのは、スイカの赤い実の部分と緑色の皮の部分の間の白い部分に使った英字がプリントのデザインでの生地で、通信販売で買ったので同じ店で再度購入しました。

届いてみてびっくり。ベースの色が白で文字が緑色のものですが、手持ちの残りの生地と雰囲気が違うのです。そして思い出しました、この生地は前回買った時もこういう白地の生地だったのを自分で紅茶染めしたのだということを。



こうして並べてみても大した違いは解り難い程度で、人から見たら地が白だろうが生成だろうが大した違いは無いのかもしれませんが、自分の好みとしては右の購入したままのものだと真っ白過ぎて落ち着かない感じがします。

やっぱり今回買い足した分も、自分で紅茶染めをすることにしました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

すいかバンダナがお似合い

 この夏も大活躍のシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん愛用の”保冷剤入れポケット付バンダナ”ですが、新作を作ってみました。中央部分と両脇をパッチワークですいかの配色にした”すいかバンダナ”です。


みんとさん、お似合いよぉ~(☆☆)

横から見るとこんな感じ。



赤い果肉の部分は、赤地に白のピンドットをベースに黒で種がプリントされたすいか柄の生地で、緑色の皮の部分はオクラ柄の手拭い。果肉と皮の間の白い部分を生成の地に緑色で英字がプリントされた生地を使ってみました。

オクラの柄の手拭いは、以前”オクラバンダナ”を作った時の残りのはぎれを使いました。今回は、結んだ時の先の裏側もオクラ柄にしたかったので裏も先の部分だけはぎあわせてあります。


みんとさんが身に着ける前の状態だとこんな形をしています。


みんとさんにとってもお似合いで我ながら良く出来たと思うので、その内詳しい寸法や作った時の手順などを記事にしてみようと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

晩御飯をごちそうに

 昨日の夜のこと。夜7時からは、パッチワークの集いの日でした。出かける前に準備に忙しかったので、うっかりとみんとさんに晩御飯を食べさせるのを忘れてしまいました。

幸いなことに、主催者の獣医師の先生がご自分の愛犬に晩御飯を用意する際、「みんちゃんは食べてきたの?」と聞いて下さったので、食べさせてない旨申し上げると、みんとの分も運んで来て下さることになりました。




小松菜やおからや鶏の挽肉等を混ぜたものとドッグフードの合わせ技です。とても食欲をそそる匂いがするらしく、みんとさんも生唾ごっくん。




みんと以外にも晩御飯がまだなわんこがいたので、みんな一緒にごちそうになることになりました。お家で晩御飯を食べてから来たわんこにも、「みんなが食べていて自分だけ貰えないのは可哀想だから、ちょっと味見できる分だけでもね」とちゃんと用意され、みんなワクワクです。

みんとさん、ちょっと撮影の為に食べ始めるのを待っててもらったら、お耳が後に引かれて悲しそうな顔になってしまいました。




こういうお耳がぺったりとした状態は、服従している態度だそうです。食べているところも撮りたかったので、前でカメラを構えてから「(食べて)よし」と許可したら、みんとさん、まずはごはんの上の方にのっている大粒ドッグフードを1粒ずつ食べ始めました。みんとさんは、ドッグフードを噛んで食べるわんこなので、1粒ずつぽりぽり・・・

食べている時のみんとさん、目がキラキラと輝いていたので、きっととっても美味しかったのだと思います。




みんとさんに、美味しい晩御飯をごちそうさまでした。(*^^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

寝て待てるほどに

 今日は、パッチワークの集いの日でした。みんとさん、この前のように少し始まりの時間より早く行って、近くの住宅街をお散歩しました。




お仕事の都合や親戚の人が訪れるから家を開けられない等理由は様々でしたが、今日は参加者が少なく、結果的に同行するみんとさんのわんこ友達も少なかったのでした。

ふと気がつくと、みんとさんが自分のマットの上で横になって眠っていました。

おおっ、ここで眠れるくらいになれたんだね!(・◇・;)

とちょっと感動。最初の頃は、りどみぃが少しでも席を立ったり動いたりしたらイチイチついて歩いていたことを考えると、みんとさん、かなり精神的に余裕が出てきたと言えましょう。

犬が飼い主にかまって貰えない間、自分で自分の時間を過ごすという意味においても、眠れる程安心しているということで、とっても良いことと思われます。

寝ているみんとさんを撮影したくてカメラを起動したら、チュイーンというかすかな起動音で起きてしまいました。




家では、必ずしも起きるわけではありません。
パソコンの横のマット上で寝ているみんとさんは、りどみぃがカメラを起動してもズームを使っても目を覚まさない時もあります。それ位、家での眠りは深いのでしょう。

パッチワークの集いの場でも、そんな風にリラックスして爆睡するみんとさんを見ることが出来るでしょうか?会を重ねる毎にそうなって行くような予感がします。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

わんこそれぞれ

 15日の土曜日の夜は、パッチワークの集いの日でした。今後は、月に2回のペースで第2土曜日と第4金曜日に集まることを基本とし、予定が立てやすくなると思われます。

集いも回を重ねてきたので、みんとさんの過ごし方も少しずつですが変わって来ました。




どのわんこの飼い主さんもそれぞれの手がけている縫い物に集中しているので、みんとさん、物見高くにゅ☆っと遊びに行ったりしなくなりました。

お友達わんこもそれぞれに暇なので、犬同士で遊べば良いようなものですが、それぞれの飼い主さんの足元で寝ています。素晴らしくお行儀が良いです。




みんとさんも眠ればいいのに、マットの上に居ても目はバッチリ開けています。しかし、最初の頃のように、りどみぃが席を立つ度に部屋中どこへでもついて来るような事は無くなりました。

家で縫い物をしている時は、りどみぃも何かとみんとさんに言葉をかけたり、休憩する時に一緒にリビングまで連れて行ったりしますが、集いの時には他の方とおしゃべりしたり、作り方の説明をしていたりするので、みんとさんはかなり退屈そうです。




こういう退屈な時間を過ごすことが、みんとさんを待たせても鳴かないわんこへと成長させているのかしらん。

それにしても退屈そうな気持ちを隠そうともせんなっ(・△・;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

本物のマカロン

 本物のマカロンです。




思いがけず頂戴する機会があり、美味しくいただきました。
これは季節のマカロンのセットということで、奥からすいか、マンゴー、宇治金時、ピーチ&ラズベリー、ラムネの味となっています。

色鮮やかであんまりにも美しいので、じじくんと「どれ食べる?どれ食べる?」と相談しつつ、食べちゃう前に記念撮影してしまいました。




こうして並べてみると、自分が作ったマカロンと同じような大きさだなと感じ、ちょっと仲間入りさせてみることに。




いちご味のマカロンも参加って感じ?仲良しグループに入れたようで、なんとなく嬉しい・・・

撮影中は、いい匂いがするらしく、みんとさんが今にもぱく☆っとやりそうでドキドキしました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月31日 (金)

予防注射はギリギリで

 しつけ教室の有志によるパッチワークの集いは、いつもはレッスンを受けているトレーニングルームが会場なので、動物病院の向かい側というロケーションにあります。




みんとさんの9種混合の予防注射のご案内を貰っていたのにすっかり忘れていた飼い主りどみぃ、毎週レッスンに通っていたのだから、毎週注射してもらうチャンスはあったのに、レッスンが終わるとすがすがしく帰ってしまっておりました。

いただいたはがきには目安として「8月31日頃までに」とありました。目安とはいえ、本当にギリギリもいいところです。




パッチワークの集いは7時スタートだったので、6時に到着するように行って、先に近所の公園をお散歩し、そのまま動物病院に行って予防注射をし、その後はトレーニングルームに行って準備をするという段取りにしました。

みんとさん、体重は5.4kgで、思っていたよりは痩せていなかったけれど、猛暑でお散歩の時間が短めの割には太ってもいませんでした。右の腰に予防注射を打ってもらって一安心。

集いも回を重ねて来たので、みんとさんも「ここに来たらなかなか帰らないんだな」と長期戦の覚悟が出来てきた模様。最初の時のように「いつ帰るの?いつ帰るの?」とりどみぃが動く度に色めき立つことはなくなり、自分のマットの近くで真面目に待機しているという雰囲気です。




ノーリードで、同じ室内に大好きなお友達もいるんだから、一緒に遊べばいいのに・・・結構真面目なみんとさんなのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月28日 (火)

ナインパッチのコースター:濃い布5枚版と4枚版

 サンプル用のナインパッチのコースターを作っています。

まずは、濃淡で配色する際の濃い布5枚版で作るか4枚版で作るかを選びやすいようにという目的での2パターンのコースターを制作。




久しぶりにハンドピーシングしたら下手になっていたのも解消し、テキパキ縫えるのでどんどん出来ます。

こうして濃い布5枚版と4枚版を並べてみると、自分ではこれまでほとんど5枚版で作ってきたことが判明しました。

濃淡で見た時にどうしても濃い布の方が主役として強いイメージがあって、そちらが5枚だと好きな柄布を5枚使えるということから、無意識に選択してしまうようです。




この他にも、生地と馴染む色の糸でキルティングした時と全部生成の糸でキルティングした時の違いを見せるためのサンプルも作った方がいいような気もしますし、ピースワークの順番を見せるためのもの、縫い代の倒し方を見せるためのもの、しつけをどの程度かけたら良いかを示すためのもの、バイアス布を縫いつけてバインディングする手順の時の説明用のもの・・・と色々と欲しいものです。

縫わねば・・・(・_・)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月27日 (月)

ナインパッチのコースター

 しつけ教室の有志によるパッチワークの集いで作り始めたナインパッチのコースターが出来ました。




最近はいろんな事を自分なりにアレンジしてやっていますが、これは基本に忠実に作りました。ピースワークもバイアスの縫い付けもミシンを使わず、全部手縫いでやりました。言うなればハンドピーシング、ハンドキルティングってやつです。

最近は洗濯に耐えうるよう丈夫にしようとミシンでピーシングを行うベビーキルト制作が続いていたので、久しぶりに地道にハンドピーシング(手縫いでピースとピースを縫い合わせること)したら、ちょっと下手になっていました。まっすぐ縫えないとか細かい目でリズミカルに縫い進めずスピードが遅くなっているとか、ちょっとショック。

めげずに続けていたら、昔取った杵柄でちゃんと縫えるようになりました。やれやれ。

好きなぜんまい仕掛けのねずみのプリントを使って、合わせやすい同系色の英文字と算数の式の柄が生成りの地にプリントされた布で濃淡をつけた配色にしましたが、バイアスの生地の色が強すぎたかもしれません。




やり直すほどでもないので、このまま使おうと思います。

ナインパッチのコースター、濃淡の配色によって濃い色5枚版と4枚版を自分で選んで作るようにしましたが、言葉だけのイメージでどちらにするか決めてもらうよりも、同じ生地を使ってそれぞれを作って並べることで、自分がどちらの方を作りたいのか選びやすくする方が良いだろうと考え、サンプルを作ることにしました。

生地のアソートパックに入っていたトマトの柄と子鹿の柄のプリントで作るつもりです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧