« 久々にお稽古 | トップページ | メンドクサイからよろこびへ »

2015年6月14日 (日)

見ないでやれば

 先日、りどみぃのわずかな体の動きを見たみんとさんが”おすわり”だの”ふせ”だのしていると指摘されました。

りどみぃが背を向けてみんとさんには顔を見せず、直立不動で言葉だけで指示を出すと確信が持てないみんとさんが出来ないので、「声だけの指示を理解していていてやっているのではない=(イコール)出来ていない」状態なのだと。


声だけの指示で・・・ということは、「みんとさんがアイマスクでで目隠しして練習すれば目に頼らなくて自信がつくのでは?」と思いついたりどみぃ、やってみました。

ねずみのぬいぐるみを隠して探させる時などにアイマスクでカンニング防止するので、楽しいイメージなのか口元が笑っとります。



この状態なら、りどみぃが顎をしゃくろうがどこを見ようが、みんとさんがボディランゲージから指示を察することはありますまい。

「立て」と声をかけたら、立ちました。



おおっ出来た!(・◇・;)

自分でやってみてなんですが、この練習をしても最初の内は出来ないであろうと予想していました。見えない状態であることに不安を感じたみんとさんが動かないんじゃないかと。

でも予想を裏切って、ちゃんとやっていました。たった一度指示しただけで。

そして立った状態から「ふせ」と声をかけたら、やっぱり即座にやっとりました。


声だけでも出来るのね。でも不安だから見えてる時は2回言われないとやらなかったり、集中力に欠けて指示を聞き洩らしていたりするってことなの?みんとさん。

目隠ししたまま立ったり座ったりふせたりの練習、結構有効かもしれないと思うので、折にふれてやってみようかと思います。


|

« 久々にお稽古 | トップページ | メンドクサイからよろこびへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/60689454

この記事へのトラックバック一覧です: 見ないでやれば:

« 久々にお稽古 | トップページ | メンドクサイからよろこびへ »