« ひまわり畑の鴨 | トップページ | 鴨は寝る時間 »

2015年6月 4日 (木)

ベニハスモモのスモモ部分

 桜の咲く頃になると公園のベニハスモモという木にも可愛らしいピンクの花が咲きますが、その後はどんどん紅色の葉が茂って来るので単なる木陰をくれる存在になって行きます。

が・・・今年初めて、実が生っているのが確認出来ました。


この辺の木は昨年全体的に剪定したので枝の間の見通しが良くなったので実が見えたのではないかと。

ベニハスモモという名前は、紅色の葉っぱから来ているのでしょうが、実も同じ色なので葉が茂っていると目立たないのですね。

ベニハスモモの実なのだから、スモモなのでしょう。


大きさとしては、梅の実と同じ位に見えました。

・・・美味しいのかな?(・_・)

とちょっと気になりましたが、鳥がたくさん来ていてみんなで食べているというのも見かけないので、野鳥に人気がある果樹では無いってことでしょうか。


ベニハスモモの手前には咲いている赤い花は、ブラシの木の花です。
この木も、昨年までは2倍の大きさでしたが、剪定でかなりボリュームダウンしました。

みんとさんと並ぶとこれくらいの丈です。


本当にブラシにそっくりで、見るとなんだか楽しくなってきます。


この花の蜜は甘いのか、蜂が忙しそうに働いていました。
まだいっぱいつぼみがあるので、これからも次々咲くことでしょう。


蜂に刺されてはたまらんので、これからの花盛りの頃は、みんとさんと遠くから観賞したいと思います。



|

« ひまわり畑の鴨 | トップページ | 鴨は寝る時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/60609393

この記事へのトラックバック一覧です: ベニハスモモのスモモ部分:

« ひまわり畑の鴨 | トップページ | 鴨は寝る時間 »