« 隅っこの紫陽花 | トップページ | 久々にお稽古 »

2015年6月10日 (水)

謎だった白い花は

 何年前のことかは申しませんが、学生の頃に好きだった駅から学校への通学路の脇にモダンなマンションがありました。そのマンションのエントランス脇にはタイルの一部を円く抜いてある形で土の部分があり、そこには1本の木が植えられていました。

桜より遅くて夏休みになる前だったと思いますが、毎年白い花が咲いて、好ましく思っていました。その花が咲いている時に前を通るのは心躍ることでした。


当時、ムクゲと言う花については知っていて、同じ位の大きさの白い花でしたが、違う木であるのは解っていました。

ムクゲの花の方が花びらが薄いように見えましたし、謎の白い花の方は木の幹がサルスベリのようにツルツルで濃い色の部分と薄い色の部分があったからです。

卒業してからも他で見かけることもなかったので調べることも出来ませんでした。

と、今年、公園でそっくりな木を発見。


マンションのエントランス脇にあった木よりも高くて葉も繁っている立派な木でしたが、花や木の幹、枝ぶりなんかもそっくりです。



白い花が咲いていました。

これこれこれ!(・◇・;)

木の根元の方に立札があって、種類が判りました。



ナツツバキというそうです。長年の謎が解けました。

ツバキというだけあって、花がその形のまま落ちていて、みんとさんの頭の上にのせたくてうずうずしました。



しかし、その時はウォーキングなどなさっている通行人が多かったので奇異な目で見られることを恐れて我慢しときました。


今年の花の時期はもう終わりそうなので、来年こそシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんの頭にのせてみたいものです。



|

« 隅っこの紫陽花 | トップページ | 久々にお稽古 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/60689374

この記事へのトラックバック一覧です: 謎だった白い花は:

« 隅っこの紫陽花 | トップページ | 久々にお稽古 »