« カーネーションわんこ | トップページ | カラスは見ていた »

2015年5月 9日 (土)

葛西臨海公園でフリスビー

 連休後初のレッスンでもハードルの課題をお勉強する機会がありました。前回のように、スタート地点からりどみぃとみんとさんとが同時に走り出す形だと「ジャンプ」という指示と同時に助走の勢いそのままでぴょーんと飛びます。


しかし、mみんとさん、スタート地点にりどみぃが立ったまま指示だけされてだと一緒に走って行く時に比べて勢いが足りないので「無理かも」と思うらしい・・・ハードル前で急停止して、お鼻でハードルの高さを測っています。


こうして見ると、みんとが立った姿勢で鼻の高さより低ければ「イケル!」と即断可能だけど、少しでもお鼻を上に向けなきゃいけないようだと「厳しい」と感じるみたいに見えます。

りどみぃと一緒に助走すればもう10cm上を余裕で跳んでいることを考えると十分跳べるので、りどみぃが「ジャンプ!」と少し強めの口調で再度促したのですが、みんとさん自身が納得出来ないのかまだ測っていました。


それでも、重ねて「ジャンプ!」と

りどみぃが跳べって言ってるんだから跳べっ!!(・◇・;)

と念じつつ厳しめの声で言ってみたところ、「へいへい」とばかりに跳んでいました。


そうだよ、やりゃー出来るんだから!(・◇・;)

服従心など持ち合わせが無く自分勝手わんこ全盛期だったみんとさんに比べれば、かなりりどみぃの意向に従ってくれていると言えましょう。

レッスン後は、移動の途中で葛西臨海公園に寄って短時間でお散歩の代わりになるような運動としてフリスビーなど致しました。






好きなだけ遊んでいられればいいのですが、次に行くところがあるので今日も30分程度の寄り道です。

それでもみんとさんは全速力で走って楽しい遊びをすれば満足そうな笑顔を見せてくれるのでした。




|

« カーネーションわんこ | トップページ | カラスは見ていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/60134451

この記事へのトラックバック一覧です: 葛西臨海公園でフリスビー:

« カーネーションわんこ | トップページ | カラスは見ていた »