« 掌見せて伝えることは・・・ | トップページ | 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方2 型紙の製図 »

2015年5月25日 (月)

保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方1 保冷剤について

 今年も保冷剤入れポケット付きバンダナ(クールバンダナとも言うらしい)が活躍する季節となってまいりました。梅雨の晴れ間の暑い日に、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんも使い始めています。


みんとさんが使っている自家製のバンダナの形としては2種類あって、1つは保冷剤を入れるポケットが裏側に縫い付けてある(=外付けポケットと呼んでいます)タイプ、もう1つは表側と裏側の間に吊り下げポケットがあるリバーシブルタイプです。
保冷剤は、下図で青い矢印で示したところから入れます。


どちらもポケットは、この保冷剤(8×10cm)が入るように作りました。


これは、近所のドトールコーヒーでケーキを買うと箱に入れてくれる保冷剤です。

上の写真でみんとさんがしているのは表がトマト柄で裏がさる&バナナ柄のリバーシブルタイプで、昨年記事にしたことがあるもの。バンダナ本体の型紙は同じですが、ポケット部分の型紙が違います。

リバーシブルタイプの作り方はまた別の記事にまとめるとして、今回は外付けポケットタイプの作り方を詳しく書こうかと。

最初に作った外付けポケットタイプの型紙の寸法やその型紙を変更した時の記事を書いたことがありますが、もっと解りやすく図を多めに入れてみようと思うのでした。


つづく


|

« 掌見せて伝えることは・・・ | トップページ | 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方2 型紙の製図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/60202107

この記事へのトラックバック一覧です: 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方1 保冷剤について:

« 掌見せて伝えることは・・・ | トップページ | 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方2 型紙の製図 »