« 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方1 保冷剤について | トップページ | 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方3 用尺と色柄合わせについて »

2015年5月26日 (火)

保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方2 型紙の製図

 保冷剤入れポケット付バンダナの型紙を製図します。

最初に作った時、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん用に作りました。

みんとさんは、一般的に小型犬と呼ばれる体格をしています。

体高(地面から肩の上の骨の所まで) 32cmくらい
体長(胸の骨からお尻まで) 37cmくらい

首(下の画像で赤で図示してある部分を測ったとして)は、洋裁用のメジャーで測ると24cmで、いつもしている首輪はゆるみを加えて26cmにしてあります。



みんとさん用の保冷剤入れポケット付バンダナを作った後、黒ラブ(大型犬の黒いラブラドールレトリーバー)の女の子用に作ったことがあり、その時のサイズはで書いてあります。

みんとさんサイズ(小型犬サイズ)は黒で、大型犬用はで並記しておくことにしたので、ついでに中間のサイズもで書いておきました。便宜上中型犬用と呼んでいます。これらは、基本の小型犬用の寸法を元に製図しやすいように小数点以下の無い数値にしています。


型紙の製図

まず直角三角形を以下の寸法で書きます。



直角の角から下に4cm測り(で図示)イとします。そこから水平に5cmのところロとし、イとロを線で結びます。(オレンジで図示)
鋭角の角から10cmの線上の点ハを求めてロと結びます(で図示)。




バンダナ部分の型紙の出来上がりです。寸法は下図のようになっております。縫う時に縫わないでおく「返し口」の位置も書いておきます。


他にポケット用の型紙も作っておきます。保冷剤は、小型犬用は横長の形で入れますが、大型犬は同じサイズの保冷剤を2個使うようにする為、縦長に並べて配置するポケットにしています。

中型犬用は、保冷剤を横長でも縦長でも配置することが出来ます。
保冷剤1個の場合は横長に、2個にしてあげようと思う場合は、縦長に並べるポケットとなります。


ポケットの製図

横長タイプのポケット(8×10cm)


縦長に並べるタイプのポケット(10×16cm)

これで型紙が出来ました。



つづく


|

« 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方1 保冷剤について | トップページ | 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方3 用尺と色柄合わせについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/60201969

この記事へのトラックバック一覧です: 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方2 型紙の製図:

« 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方1 保冷剤について | トップページ | 保冷剤入れポケット付きバンダナの作り方3 用尺と色柄合わせについて »