« そろそろ柏餅 | トップページ | ゴールデンウィーク始まる »

2015年4月25日 (土)

助走0でも

 今日のレッスンでは久しぶりにハードルのジャンプが課題でございました。みんとさん、最近自分のハードルは板が割れちゃったきり飼い主りどみぃに修理してもらえていないので練習していませんでした。

でも、雨上りのお散歩の時には水たまりを「ジャーンプ!」とりどみぃにけしかけられてぴょん☆と跳んでいたりもするので忘れてはいないでしょう。


ハードルそのものを確認したらいざ本番。最初は、りどみぃと一緒にぴょんと跳びます。


ぴょーんと跳んだことでみんとさん、気分がアゲアゲに。先生に「みんとならこれ位跳べるだろう」ともっと高いのが用意されました。今度は、りどみぃは一緒に近くまで行きますが、跳ぶのはみんとさんだけです。


練習なのでみんなで順番に何回か繰り返しました。

最終的には、みんとさんはスタート地点にいるりどみぃの脚側から指示によってひとりでハードルまでダッシュして行って跳び越し、またりどみぃの指示によって向こう側からこちらへと跳んで帰って来るという往復の跳躍を目指しているわけですが、みんとさんは向こう側へ行った後にすぐに停まってしまいます。(本当は数メートル着地後に前方へそのまま走る方が良い)

そうすると復路のジャンプは助走距離が短くなってしまうので、往路では勢いのまま楽々跳べたハードルの高さが厳しい高さとなってしまうわけです。

もっとあっちまで走らんか~!(・◇・;)

って口で言っても解るわけないし。


ハードルの向こう側にいるりどみぃに「ジャンプ!」と促されてじじくんに助けを求める(?)みんとさん・・・じじくんとアイコンタクトしてる場合じゃないのでは?!

じじくんも助けてくれないと悟ると今度は後に立っていた先生にもご意見をうかがうかのように振り向いてみたりして。


ジャンプ!(・◇・;)

ちょっと大きな声で重ねてジャンプを要求してみたらやっと跳んで戻って来ました。みんとさん、助走0でも跳ぼうと思えば跳べるんじゃないか・・・


|

« そろそろ柏餅 | トップページ | ゴールデンウィーク始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/60122830

この記事へのトラックバック一覧です: 助走0でも:

« そろそろ柏餅 | トップページ | ゴールデンウィーク始まる »