« 甘栗を温めながら | トップページ | 体重5.35kgなら »

2015年2月23日 (月)

体重5.45kgになると

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん、8歳にして久しぶりに体重が5.45kgになってしまいました。これはイカンです。

みんとさんの理想の体重は5.2kgなのですが、先日のトリミングの際に動物病院で測って下さった数値は5.3kgだったので家庭用(それも人間用)の体重計との誤差であろうと油断しておりました。

 

お散歩の時に木製ダンベルを投げて”持って来い”をして遊ぶ時も元気にダッシュで取りに行くので(嫌がらないで)、よもや体重が増えているとは思いませんでした。



そう、飼い主りどみぃ、毎食前に測るというのを1週間に1度程度にサボっとったのです。

なぜみんとさんが太ってしまったことに気がついたかと言うと、自主練の時に自由演技の課題のおさらいとして、とっても久しぶりに”ロールオーバー”と言う芸をさせようと試みたところ、みんとさんは1回転も出来なかったからなのです。

ロールオーバーは、JKCの試験課目ではローリングと書かれていますが、犬が地面の上で横にコロコロ転がる技(?)です。3回転で1セットってことみたいなので、みんとさんには連続3回転してもらいたいところです。

さて、この時のみんとさん、指示通りにすべくころんと転がってはみたものの、ウェスト太目になって腰をひねれず、仰向けのまま困っているとしか見えませんでした。

みんちゃん、あんた・・・太い?(・_・;)

「も、もういいよ」とロールオーバーの指示を解除し、じたばたしているみんとさんの背中に手を添えてぽんぽん叩いてやったら、なんとか自力で立ち上がりました。

これはやばい!(T◇T)

5.45kgになると1回も横に転がれないのです!
それどころか寝返りも怪しいっ



原因としての心当たりは、雨の日が続いて運動量が少なかったこと、お土産に年が明けてから初めて甘栗を買ってやったのでいつもよりは景気良く食べさせてやったこと、お散歩の時に持って出る鶏のささみのいつもの商品が売り切れで別メーカーのを買ったところ小さく割り難くて1回の供給量が多めになってしまっていたこと等が考えられました。

ごはんの内容をローカロリーに抑えつつ量もわずかに少な目にする。
甘栗は冷凍してあるのでこのまま封印。
お散歩は晴れてたら早めに家を出て長い時間歩くことに。
鶏のささみは細かくしてやるように気をつけ、必要なら売り切れだった商品の取り寄せか通信販売で買えるところを探す。

という対策を取ろうと思います。

仰向けで自力で寝返りが打てないみんとさんは可哀想過ぎます。
真面目に調整して5.2kgに戻さなくては!




|

« 甘栗を温めながら | トップページ | 体重5.35kgなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/59038264

この記事へのトラックバック一覧です: 体重5.45kgになると:

« 甘栗を温めながら | トップページ | 体重5.35kgなら »