« 11月のみんとカレンダー | トップページ | 自由は楽しい? »

2014年11月 3日 (月)

夏の思い出

 今となっては夏の思い出ですが、あの時は焦ったのなんの!



それは水がきれいな観光地に遊びに行った時のこと。流れに沿ってところどころに水際まで行ける階段があったりして、両岸は散策するにはとても気持ちの良い所でした。


水がきれいなので泳いでいる魚がはっきり見えて、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん、わくわく。


きっと捕れるような気がしてたんでしょうね・・・石の階段がある場所で、上の遊歩道からりどみぃが「みんと、お魚見てきて」と言った時、ロングリードが許す距離だったので、みんとさんだけがスタスタと階段を下りて行きました。



そして、水を覗き込むみんとさんの様子を撮ろうと、対岸にはじじくんがカメラを構えておりました。ええ、可愛かったんです、夢中でお魚の動きを目で追っているみんとさん。


でも次の瞬間





きっとお魚の動きを追うことに夢中になり過ぎたんでしょうね・・・身を乗り出し過ぎて、頭の重さでバランスを崩し、足元が滑って水の中へ落ちちゃったのだと思われます。

みんとさん自身も予期せぬ出来事だったようで、落ちてる中のこの瞳の表情は、相当焦っております。



りどみぃ自身は、水がきれいなこともあってこの瞬間は

またどぼんかっ!(・◇・;)

と、以前公園の池に落ちてへらへらわらっとったみんとさんを思い出しつつ、石段を急ぎ下りて行きました。焦ったのはその後です。だってみんとさん、シンクロナイズドスイミングの選手のように、頭を下にして水に直立しているような状態なんですもの!

みんとさん、水に刺さっとる!(T▽T)

りどみぃのイメージでは、水族館で見かけるアザラシのように、頭を下からUターンするように自力で水面に浮上するみんとさんがあったのですが、驚きのあまり固まったのか、流れが深過ぎたのか、みんとさんが動く気配が見えなかったため、「溺れるんじゃなかろうか」と思われ、りどみぃが水中に腕を突っ込んで首根っこをつかみ、持ち上げるようにして救出しました。

なにやってんのーっ!?(T◇T)

と叫びつつ。


ちょっとした失敗だったらへらへらと笑ってごまかすみんとさんですが、この時ばかりは本犬も死にそうな思いをしたのか笑うどころではないようで、その瞳に見えたのは・・・


しかし、暑い日だったのでどんどん乾くのと、りどみぃが慰めにささみやチーズを食べさせてやったりしたので、徐々に癒されたようです。



この経験で水を怖がるようになることも無く、いつものみんとさんらしく笑顔が見られるようになりました。



みんとさんって、結構粗忽ものなんじゃなかろうか・・・と思われた夏の日の思い出でございました。



|

« 11月のみんとカレンダー | トップページ | 自由は楽しい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/58175702

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の思い出:

« 11月のみんとカレンダー | トップページ | 自由は楽しい? »