« 洗濯乾燥機はまだか? | トップページ | ”つけ”の前足 »

2014年10月 9日 (木)

新入り家電とみんとさん(IH炊飯器と掃除機編)

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんは、新入りの家電に厳しいです。


 
みんとさんは現在8歳ですが、自分がじじくんとりどみぃの群れに参加する前から存在していた家電には厳しくありませんでした。それは、りどみぃがパピーだったみんとさんには馴致(じゅんち=動物を飼われている環境に慣れさせること)が大切だと予習していたので、わざとクレートのそばで掃除機をかけたり、IH圧力釜の炊飯器が音を出す瞬間を抱っこしてすぐ近くで聞かせてやったりしたので「こういう音はよく聞く音だ」と受け入たのだと思われます。

みんとさん、そうしてパピーの頃から聞いていた家電の出す音には特に注意を払うことも無く、静かなもんでした。

炊飯器は、様々な音を出します。まず、炊き始める時のスイッチが入った音、炊飯中にふたが開かないようにロックをかけるカチッという音、炊飯が始まれば加熱によって炊飯している間に圧力調節弁から湯気が出る時のシュシュシュシュシュというような音、圧力炊きが終了した時に圧を抜くプシューッという音、ロックが外れるカチッという音、炊き上がった時のお知らせのピーピーピーというアラーム音などです。




しかし年月を経て我が家のお釜が壊れました。炊き上がりに特に不満は無かったので、後継機という位置付けの同じタイプのIH圧力釜を買いました。

人間の耳には同じメーカーの同じタイプなので同じ音に聞こえます。しかし、微妙に違うらしい・・・みんとさん、お釜が替わったらイチイチ音がする度にびくっっとなり、怪しんでわんわん鳴くようになってしまいました。




パピーの頃にしたように、みんとさんを抱いて炊飯器が炊飯している間に何回も台所に連れて行っては近くで音の正体を認識させ、みんとさんがわんわん鳴かなかったらお口にチーズを入れてやるという方法で教えなくてはなりませんでした。

やっと炊飯中にみんとさんが鳴かなくなって静かな日が戻って来ましたが、今度は掃除機が壊れました。

前のパナソニック製の掃除機は、みんとさんが寝ているすぐ脇を掃除しても知らんぷりしていたのに、新入りの三菱製のモーター音はお気に召さないようで、わんわん鳴くは掃除機のヘッドに噛みつくはで、こちらがびっくり。

えーっ?!ヘッドに歯を立てますか!?Σ(・ω・ノ)ノ!

家電に挑みかかるほど激しい反応を見せるとは、攻撃性が強まってしまうといけないので放置しておけません。

みんとさん、掃除機のスイッチをオンにすると離れた場所にいてさえすっ飛んで来るので、ヘッドに噛みつきそうになったタイミングで「いけない!」と強い声で言って狩ってはいけないのだと教えました。




何回か、掃除機を使用する度に繰り返し教えていたら、遠巻きに「言って下さればいつでも退治しますのに」的な未練たっぷりの視線で見守るだけになり、みんとさんが新入りの掃除機に鳴いたり襲い掛かったりすることは無くなりました。

さて、今回の新入り家電は洗濯乾燥機です。もちろん、これまで使っていたものが出す音に対しては吠えたりすることはありませんでした。時々、脱水時に洗濯物が片寄ってガタガタと洗濯乾燥機全体が揺れて音がした時など、「今日はずいぶん大きな音がするじゃないか。」とばかりに、リビングに居たみんとさんが自主的に洗面所まで様子を見に行くことはありましたが。

新入りの洗濯乾燥機は、どんな音を出すのかな?
そして、みんとさんの反応やいかに?!





|

« 洗濯乾燥機はまだか? | トップページ | ”つけ”の前足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/57616902

この記事へのトラックバック一覧です: 新入り家電とみんとさん(IH炊飯器と掃除機編):

« 洗濯乾燥機はまだか? | トップページ | ”つけ”の前足 »