« ”つけ”の前足 | トップページ | キャス・キッドソンの受難 »

2014年10月11日 (土)

君臨は難しい

 ちょっとした高さの台があると、みんとさんはりどみぃに目で語りかけて来ます。「あれに乗りましょうか?」と。

我が家では”君臨(くんりん)”と呼んでいるこの芸、こちらが頼んでもいなくても、ごほうび目当てでみんとさんが自ら働きかけてくるわけです。

ああ、そうね・・・じゃ、乗ってもらおうかしらとご提案を受け入れると、みんとさんは早速ひらり☆と乗って「ごほうび下さい」と得意気な顔をします。


ある日のこと、夏の間だと噴水が出ている上部が半球形になっている石があるのですが、この季節だと水も出ていなかったので

みんとさん、これに乗ってみてくれろ(・_・)

と促してみました。

「えーっ、これ?!」とちょっとためらいがちではありましたが、何回も挑戦してくれました。でも少し高めなのと上が休憩なので頂点で飛び乗るスピードや力をゼロにするべくコントロールが必要らしく、ちょっと苦戦しておりました。


以前のみんとさんなら「無理~」と諦めてしまったと思われますが、この日はりどみぃが「がんばれ!」と励ましたせいか泣きそうな目でこちらを見ることも無く、4回目位で成功しました。


玉乗りのようで素晴らしい立ち姿です。本犬も嬉しそうな顔をしとりました。


このままの状態でごほうびのチーズを次々と口に入れてやり、飛び降りるには高過ぎるので腰でも痛めてはイカンと思い、りどみぃが抱いて地面に下ろしてやりました。

難しい君臨もモノにしたみんとさん、あっぱれです。


|

« ”つけ”の前足 | トップページ | キャス・キッドソンの受難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/57669485

この記事へのトラックバック一覧です: 君臨は難しい:

« ”つけ”の前足 | トップページ | キャス・キッドソンの受難 »