« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

対象は犬ではなく

 イチョウ並木が見事なことで有名な公園を訪れたら、遠くに見える水飲み場に赤いテープで囲んだ掲示があるのが見えました。


この公園、奥に見える芝生の広場に犬の散歩で訪れる人も多く、以前この水飲み場には「蛇口から犬に水を飲ませないでください」との掲示が立水栓の方に下げてあるのを見たことがありました。その時は、白地に黒い文字のA4版の掲示だったので、この赤いテープで貼ってあるのを見た時、てっきりそれが守られないので注意を促そうと表示が強化されたのかと思いました。

元よりみんとさんは、持参の水入れのお椀で飲んでいるので蛇口から直接飲むようなわんこではありませんが、そんなことをしている飼い主さんがいるなら、犬を飼っていない人が嫌がるような行為は慎んでいただきたいなと、公園における犬の立場が悪くなることを案じておりました。

・・・が、近づいてみたら違ってました。そこには、

ここでぎんなんを洗わないでください。

と書いてあったのです。イチョウの葉と実の写真入り(右下)で。






納得。
確かにこの公園でぎんなんを拾った方が外側の果肉を取り除いて中身だけを持って帰ろうと水道を占有することは考えられます。そして取り除いた果肉を水飲み場の周囲に散らかしたまま帰ってしまったらしき残骸を見かけたこともあります。


犬対象の注意喚起の掲示よりはずっと気が楽になりましたが、この掲示の効果があるよう祈らずにはいられませんでした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

クヌギの帽子

 公園を歩いていたら、クヌギの帽子(殻斗=かくと)が落ちていました。開ききったシルエットは、麦わら帽子にそっくりです。


みんとさんの頭にのせてみました。


ちょっとだけ迷惑そうな顔してますね。
それでも、写真を撮る間動かないでいれば後でごほうびがもらえると知っているみんとさん、モデルとしてのつとめを果たすべく耐えるのでした。


みんとさん、もうもらえるチーズの事を考えて口元がほころんできました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

真面目の謎

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん、昨日のレッスンは先週とは別の犬のように真面目にやっとりました。

例えば行進の時、へらへら笑っていないで真面目な顔で歩いています。歩く位置もちゃんとりどみぃの膝の横辺りで遅れることなく、申し分ありません。


なんでこんなに真面目な日と不真面目な日とがあるんでしょう?謎です。

その謎が解ければ、いつもみんとさんを真面目にレッスンに取り組むわんこにさせることが出来ようというものですが、これというはっきりした理由に心当たりがありません。

しいて言えば前日に長いお散歩をして、貸し切り状態の人の少ない公園で飼い主とみんとさんだけの世界を作って犬笛の指示で左右のステップに跳ぶゲームをしたり、行進中の”まて”などのお勉強をしていたことかしらん。

はたまた朝晩が冷えるので、お布団でくっついて寝るみんとさんにとって、りどみぃが熱源として頼れる存在になっているとか?



理由はともあれ、みんとさんが集中していると楽だなぁと思ったことでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

眠くなるのは良いことだ

 パッチワークの集いが始まった当初はりどみぃの後を片時も離れなかったみんとさんですが、次の段階では縫い物をしているお仲間の皆さんの膝元に「何してるの?」と様子を見るようなことをするようになり、最近では自分のマットの上で円くなって寝ていることもあります。

でも、平らに敷いてあるキルトのマットの上で無防備に寝るよりも、お道具を出して中が空っぽになったりどみぃのバッグに入る方が安心出来るらしい・・・この時も「入りたいな」という様子を見せたので貸してやりました。


なんか寝袋・・・(・_・)

眠ろうかなと思えるくらいこの場の雰囲気に慣れたのは、みんとさんにとっては良いことだと思われます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

カワセミの夫婦(めおと)?

 今日は、夜にパッチワークの集いがあるので早めにお散歩に行きました。


日向ではまだまだ暑いので、久しぶりに保冷剤入れポケット付きバンダナの出番です。

てくてくと遊歩道を歩き、遊具のある場所に通りかかりましたが誰もいませんでした。子供たちはもう帰ったのかな?


池にはカワセミがいました。夫婦なのか池の中程に生えている木の枝に仲良くとまっています。


今年初めて見ました。
朝はよく活動しているとお散歩で会う犬の飼い主さんに聞いてはいましたが、朝この公園に来ることはほとんど無いので見られなかったのです。

こんなに微笑ましい光景なのに、カワセミハンター(望遠レンズを着けたカメラを三脚に据えてシャッターチャンスを狙っているカメラマンの方々)が一人もいません。池のほとりにも誰もいないのです。

遊具の遊び場ばかりか池まで貸し切り状態とは・・・今日は、みんなどこに行っちゃったのかしらん。

遠くて肉眼でも良く見えないので、デジカメのズームを利用して撮影しておくことにしました。池のほとりの擬木の柵の上にカメラを固定して、手がプルプル震えそうなのを堪えてシャッターを押すのを繰り返し、「いっぱい撮っておけばどれかがピントが合っているだろう」という適当さで頑張りました。

これが限界。


みんとさんにはカワセミは見えていなかったようで、鯉やら鴨やらを目で追うだけで満足していたようです。リードを引っ張ることなくその辺りに居てくれたので、なんとかカワセミだとわかる程度の写真が撮れました。





カワセミの夫婦、また見られるといいな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

秋分の日は体育の日

 お彼岸のお中日に当たるこの日はじじくんのお仕事もお休みでした。みんとさん、公園でひとっ走り。

フリスビーを投げたり・・・


ダンベルを投げたり・・・


ノーパンクボールを投げたり・・・



網状のボールを投げたり



と、それぞれ何回かずつ繰り返しては獲物を変更し、”持って来い”遊びをいたしました。

なんでも犬があきるまでやってはいけないそうで、「もうちょっとやりたいな」と犬が思う程度の回数でやめておいた方が良いらしい・・・「こんなもんでしょ」と”持って来い”はおしまいとして、バッグをハードルに見立てての”ジャンプ”の遊びをしました。

みんとさんをバッグから5mほど向こうに”おすわり”させておき、バッグの手前側5m程の正面からりどみぃがバッグを指さしながら「”ジャンプ”!」と指示して真っ直ぐ跳んで来ればごほうびがもらえるという遊びです。

が・・・


みんとさん、”おいで”と”ジャンプ”の差を考えていないのか、跳ぶのが面倒だから聞こえないふりをしたのか、バッグを素通りしてただ走ってまいりました。

跳べっつーの!(T▽T)

やり直しです。
バッグの近くでしっかりと指さしながら「これ!これを跳んで来い!」と練習します。


上の画像の時のようにじじくんの平たく置いたバッグとりどみぃのバッグを並べると幅が出過ぎてしまうようなので、じじくんのバッグは横長になるように立ててみました。これはこれで高さが出るのですが、この程度なら跳べるのでは?



お見事!(☆☆)

秋分の日ではなくて体育の日のようにいっぱい運動したみんとさん、良い一日でした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

お腹きゅるきゅるの内に

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんも8歳なので、季節の変わり目も何度となく経験しています。

みんとさんのお腹は、急に暑くなるとか急に寒くなるとかの季節の節目の気温の変動についていけない傾向があるようです。21日の朝、急に冷え込んだので、みんとさんの胃腸はその変化について行けなかったらしい・・・


胸焼けしている時には、前足をぐーっと突っ張るようにしてお尻を上げ、背中を伸ばす起床後の伸びのような姿勢でしばらくの間動かなくなったりします。胸焼けしてげふげふするのをすっきりしたい為、行うように見受けられます。

そんな時は、朝ごはんを出しても食べません。よしんば食べても吐くでしょう。そして、お腹の音を聴くといつもは小さなこぽぽ…というような音なのに、きゅるきゅるした音が聞こえます。もっと悪くなって大腸炎の時には、ぎゅるぎゅるぎゅるる★なんて部屋中に響くような大きな音がしていたこともあります。

今回、まだきゅるきゅる音だったので、ビオフェルミン細粒をほんの少しのウェットフードに混ぜて舐めさせることで服用させ、フリースで作ったみんとさん用の腹巻を巻いてやりました。


朝は調子悪そうにぐったりとしていたみんとさんですが、夕方までにはすっかり元気になりました。きゅるきゅるの内にお手当したことで乗り切れたようです。

腹巻って大事だな・・・(・_・)

みんとさんも、お腹が温かいと気持ちが良いのか、嫌がって取りたがったりしません。暑い夏の日に濡らしたパイルの服を着せると涼しくなると知っているように、腹巻のありがたさを理解しているのかもしれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

ちょっと違う

 19日金曜日にトリミングしていただいたシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんですが、当日は担当のトリマーさんが手が離せなかったのか他のスタッフの方を経ての引き渡しとなり、いつも引渡し前に行われる「これでいかがですか?」の確認がなされませんでした。

帰宅してから、なんとなくいつもと違う感じがしました。


それは気にしない方にはどこがどう違うかわからないくらいの些細な違いなのですが、そのちょっとした違いが可愛さのイメージを大きく左右すると感じています。

今回は、顔のマズルの横の一番上の毛が長過ぎるし、そのカットも口の横でぱつっと切れています。


これだと鼻梁近くから口元にかけて一番表面の毛が長過ぎるのです。
このままだとシュナウザーのおヒゲっぽいトリミングの印象に近くなるし、みんとさんの場合は、シーズーに見られるカットに近い印象。

どう表現していいものやらわからんのですが、もっと鼻梁に近い部分は短く、口元のボリュームも少な目で、ラインは口から耳への延長線を意識しつつももっと梳いて頬の毛となじませてもらいたい・・・のです。

ボディの方は、胸の毛の下側がこれまた直線的でなんだかへれへれと前後に揺れているのが気になりました。なんだか四角い犬に見えます。

四角い犬・・・(・_・)



りどみぃのイメージとしては、横から見た時には鳩の胸のようなこんもりしたシルエット。毛先が揺れるほど長い必要はありません。

下図では解り難いですが、黄色い破線程度まであればいいので、それから下側が長過ぎるかなと。



シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんの飼い主としては、

こう切っていただいた時に一番かわいい(☆☆)

と思う理想の形がありまして、その形を代々担当トリマーさんが代わるたびに前任から後任へと受け継いでいただいています。(現在4代目)

そして、その時々の担当トリマーさんにカットしていただくため、年間予約まで入れてお時間を確保していただいているわけです。今回切ってくれた担当の方には、1年位お世話になっているのに、どうも前回から微妙にシーズー風にブレているような?

翌日、レッスンで動物病院近くに行ったので、長めの部分を切り足してもらうことになりました。(動物病院併設でトリミングしていただいています)

みんとさん、可愛くなって帰って来ました。飼い主にしかわからないかもしれないけれど、ちょっと切っていただくだけで、確かに違うのです。



いいわ、いいわ、可愛いわ~(*^^*)

胸の毛もふんわり程度の長さで四角くないし、ばっちりです。


手間を惜しまず飼い主の要望を理解しようとしてくれた担当トリマーさんのおかげです。

ありがと~\(^^@)/

次回の参考にしていただけるよう、ご当人が1年前にカットして下さった時に撮ったみんとさんのスナップ写真を、資料として預けておくことにしました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

やっぱりデカあくび

 今日は、レッスンの時に先生が大切なお話をしていました。
が、みんとさんは眠くなりデカあくび・・・


飼い主は真面目に聴いていましたが、長時間に渡ったために腰が痛くなり、そーっと壁に寄り掛かってみたりして。

レッスン再開後は、真面目にやっとりました。


その後、5m程の距離ではありましたが、遠隔による”ねんね”のチェックがあり、みんとさん、ちゃんとやっとりました。


この時、チェック(される)ポイントは複数あります。

飼い主が直ぐ近くじゃなくて離れた場所にいるのに行うか
ハンドサインなど用いずに声のみの指示で行うか
飼い主が「よし」などの解除をしない内に勝手に起き上ったりしないか
寝た状態からすぐに次に指示された姿勢(おすわりなど)になるか

みんとさん、このどれもを全うしておりました。エライ!

デカあくびもするけど、やる時はやるみんとさんでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

マリモはどこへ

 今日は、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんのトリミングの日でした。おリボン姿のままお散歩です。

久しぶりに公園の隅っこにあるほうき草(コキア)を見に行ってみました。マリモがゴロゴロしているように見えた面影はどこへやら、みんとさんよりも大きくなっていました。


もう少し涼しくなると紅くなるはずです。また時々は色付き加減を確認しに来ようと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

萩の花とみんとさん

 暑い日もありますが、かなり涼しくなってきたようです。公園では萩の花がきれいに咲いています。

みんとさんと並んでみるとその大きさが解ろうというもの・・・見事です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

階段であわてるな

 駅の近くのペットショップに時間預かりでみんとさんを預かってもらうのは、みんとさんの自分の時間を過ごす練習の意味もあり、家で留守番させればいいところをわざわざ連れて行きます。



この練習を始めた頃は、1時間ほどしてからお迎えに行ってショップに足を踏み入れるとみんとさんらしき鳴き声が聞こえたりもしたものでしたが、最近は全く聞こえません。

しかし、みんとさんとしては、飼い主のお迎えを今か今かと待ち遠しく待っていてくれるのだと思います。

今日、みんとさんを引き取りに行ってからペットショップの入っている建物を出てすぐのこと、ほんの数段しかない階段なのに小躍りしつつ上っていたみんとさん、段を踏み外して前のめりになり、そのまま段の角で胸を強打しました。

みんとさん、息が詰まったのかしばしけほっけほっ★と苦しそうに咳き込んでおりました。

みんとさん、大丈夫?(・△・;)

と声をかけると、自分で勝手にこけたのが解っているので、照れ笑い・・・


帰る前にこけちゃった記念にスナップを撮ろうと良く見てみると、坂に面している階段だったために一番上の段の端がとても低くなっていることが判りました。みんとさん、この階段を斜めに横切るように上り、もう段が無いと思っていたのにもう1段あった・・・ということで胸を強打したようです。


その後、痛そうにするでもなく咳き込むこともなかったので単に息が詰まっただけだったようですが、いくらお預かり終了でお迎えが嬉しかったとはいえ、慌てちゃいけませんな。

みんとさん、階段は慎重にね(・◇・;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

涼しくて快適

 今日は気温が低めで過ごしやすかったので、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんも良く走っていました。どれくらい涼しかったかというと、保冷剤が必要ないほどです。


涼しくて快適なので、みんとさんも骨惜しみをしないでフリスビーをキャッチ。楽しそうです。


ひとしきり遊んだ後は、お水をごくごく飲んで休憩。


みんとさん、楽しいの?(・_・)


飼い主は、公園から帰ると秋の雑草による花粉のせいか目がかゆかったりするこの頃ですが、みんとさんが幸せそうなのでなるべくいっぱい遊んでやりたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

トイレ休憩に付き合って!

 出かける前にお茶を飲み過ぎたのか、高速道路を走行中にトイレ休憩したくなりました。折しも前方には渋滞が発生中との情報もあり、パーキングエリアまでは時間がかかりそうだと判明、賢明なる決断の元(自分で言うのもなんですが)一度高速道路からおりることにしました。

みんとさん、トイレ休憩に付き合って!(・◇・;)

大井海浜公園の近くだったので、みんとさんのお散歩もすることにしました。


公園の駐車場から入ってすぐのところに新しい立札がありました。「蚊にご注意ください」というもので、デング熱の感染予防対策からの設置だと思われます。

平日の昼間でしたが野球の試合があちこちのグラウンドで行われていて、予想していたよりも人通りは多かったです。

お天気が良くて日向は日差しが強く、りどみぃは日陰に避難。みんとさんだけは元気にロングリードの長さ目いっぱい、公園の広さを楽しんでおりました。


みんとさんのトイレ休憩も済んだようなので、また目的地に向けて出発です。

飼い主も犬もすっきり爽やかになり、渋滞中の高速道路へと立ち向かったのでした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

保冷剤入れ付きバンダナは進化する(リバーシブル)

 犬の保冷剤入れポケットが内側に付いているバンダナは、新しい段階に進化いたしました。なんとリバーシブル化に成功です。



可愛い柄のプリントを裏地に使っても見えなくなっちゃうので勿体無いような気がして、その日の気分でどちら側を見せても使えるようにポケットを吊り下げ方にして間に挟むという風にしてみました。



我ながら素晴らしい工夫&出来上がりです。みんとさんには、どちらもお似合い。

近い内に時間を見つけて、詳しくどう作ったのかを記事にしたいと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

史上最高のおいしさ

 買うたびに意図的にメーカーや銘柄を変えているシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんのドッグフード(ドライタイプ)ですが、今回買ったのはこの2つ。


この内のSCIENCE DIETのパッケージには、「史上最高のおいしさ 新極上うま味成分配合」というキャッチコピーがプリントされていました。


が・・・これ、本当にかなりおいしいらしいです。というのは、みんとさんが袋の上からでも食べたそうに執着を見せ、実際に食べさせてやった時にはがつがつと夢中で食べていたから。


みんとさん、今日もご機嫌で食べとりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

想像力が足りないの

 しつけ教室のレッスン中に、いきなり先生に「こうしてごらん」と言われて

そんなのみんとさんにさせたことない!Σ(・ω・ノ)ノ!

ということをさせられることがあります。

この日は、みんとさんを”おすわり”させておき、飼い主だけ前方に進んでボールを少し離れた場所にある椅子の座面の上に置いて戻り、脚側にいるみんとさんに取って来させるというものでした。(しかも、このボールはみんとさんの物ではない)


雨の日など家の中で遊んでいる時、骨ガムを食卓の椅子の座面の上に置いて(置く時はみんとさんを廊下に出しておいて見せない)「探して」と遊ぶことがあるので、みんとさんは早速椅子の上にゴムのラグビー型のボールがあるのには気が付きました。が、どうしていいやら判らなくて困惑しとりました。


みんとさんの困惑顔はラブリーですが、「”持って来い”!みんと、”持って来い”」と声をかけて励まし、なんとかみんとさんが椅子の上のボールをくわえようとすることに成功。



先生によると、まず教えてないと犬は地面ばっかり探して上の方の匂いを嗅いだり探そうとしたりして、四足で立っている時の視線より上にある物を発見するまでには時間がかかってしまうそうです。(教えれば、いろいろな高さにも注意を払うようになるそうな)

そして、このような状況でどうしたらいいか途方に暮れることになるわけです。今回、声をかけて「持って来い」と言われたことで、みんとさんにはすべきことが伝わった模様。意を決してお口にくわえる時には、表情は困惑から意志を感じさせる晴れやかなものになっていました。


こんなことを数回繰り返していれば、脚側にいるみんとさんに「”持って来い”」と一言指示するだけでダッシュで椅子の所に行き、ためらうことなく座面の上のボールを持って来ることでしょう。みんとさんの出来ることの幅が広がることになります。

先生は、犬に様々な状況を経験させることでその犬が出来ることの幅が広がるので、飼い主がいろいろとやってやると良いとお話下さいました。

でもさ・・・そのいろいろなことを想像する力がりどみぃには足りないのですよ。


みんとさんの限りない能力を伸ばすのに、飼い主の想像力の欠如が足を引っ張っているなぁと申し訳なく思ったことでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

小巻ちゃん

 先日来、世間では蚊が媒介するデング熱の広がりが大きな話題になって虫よけ商品が売り切れている店もあるとか報道されたりもしましたが、みんとさんも公園に行く時には”小巻ちゃんおそとセット”を愛用中です。


”小巻ちゃん”というのは、無添加の天然蚊取り線香の商品名で、2時間で燃え尽きる(使いきり)の小さな渦巻き状の蚊取り線香であり、刺「激が少なく目やのどにやさしい」ので「お年寄りやお子さまにもやさしい」そうです。

ペットにもやさしかろう・・・(・_・)

この小巻ちゃんが10巻と吊下げ線香皿のセットが”小巻ちゃんおそとセット”という商品名で売られておりました。Amazonで842円で購入。

購入の動機はデング熱のせいではなく、単にじじくんが蚊に刺されない空間を作り出す為です。どうもりどみぃは蚊には好かれないようで、ほとんど刺されることがありません。みんとさんと愛用している自家製の”メディカルアロマのわんこの虫よけスプレー”が効いているらしいのです。

しかし、同じスプレーを同じようにかけてから出かけても、じじくんは何ヶ所か蚊に刺されてしまいます。もう一工夫ということで、小巻ちゃんに登場願ったのでした。


効果はあるようです。
じじくんとりどみぃとみんとさんとで公園に行って1時間ほどお散歩して帰るまでの間に、りどみぃの右腰に吊り下げておいただけでしたが、近くにいるじじくんの周辺にもかを寄せ付けなかったようで1つも刺されなかったそうです。

1度だけなら偶然とか蚊が多くない日だったとも考えられますが、別の日に同じように刺されなかったそうなので”小巻ちゃん効果”と言えるように思います。


みんとさんがお散歩をゆっくり楽しむ為にも、小巻ちゃんにはこれからも頑張ってもらいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

甘栗持って来~い!

 しつけ教室が終わった後、公園に行ってフリスビー遊びなどしました。その時、みんとさん用に小さなタッパーに入れて持って行った甘栗を投げ、それを探させて持って来させるという高度な(?)遊びもしました。


この甘栗、東京の亀戸に立ち寄った時に”甘栗のイシイ”で買いました。以前からそこにお店があるのは知っていたのですが、今回東武鉄道亀戸線に乗る機会があり、乗換駅として下車したついでに亀戸の町に出て、お留守番しているみんとさんへのお土産として買い求めたのでした。

甘栗を買ったら当日中にジップロック(商品名)などのファスナー付ビニール袋に皮が付いているまま入れて冷凍するという技を甘栗屋さんに教えていただいたので、たくさん買っても小分けに冷凍することで長い期間楽しむことが出来ます。

ちなみに冷凍した甘栗は、自然解凍して食べます。甘栗屋さんのおっしゃるには「1ヶ月くらいもつ」とのことでした。


”甘栗持って来い”は、結構難しい遊びなので1つ食べるのにも頑張らなければなりません。

手順としては、りどみぃがみんとさんを左脚の横に”おすわり”&”まて”をさせておき、前方の芝生の広場に鬼皮が付いているままの甘栗を1個投げ、「”持って来い”」と指示をして捜しに行くことを許可。みんとさんが捜してお口に甘栗をくわえてりどみぃの手元まで持って来て渡す・・・というものです。

芝生の上に落ちた小さな甘栗を視覚や嗅覚を使い、時にはりどみぃからの方向のヒントを参考にしながら捜すのですから遊びとしては難易度が高いと思われます。その上、大好きな甘栗を発見してもその場で食べたりしてはいけません。鬼皮に歯を食い込ませるようなこともせず、そっとくわえてりどみぃの手にころり☆と出して渡します。

りどみぃは、受け取ったばかりの甘栗の皮をむいて、みんとさんに食べさせてやります。


多分そうすることでみんとさんに「勝手に食べても叱られるだけ。持って行けば自分で苦労して皮から身を出す必要も無くむいてもらって食べられる。楽で美味しい方がお得。」と考えてもらえているのだと思います。

食べ物を勝手に食べないで持って来るって、みんとさんに「渡したら最後飼い主が全部食べちゃうから損だ。叱られてもいいから食べちゃえ!」とか思われていないということで、すごく信頼してもらえているような気がします。

大好きな甘栗でも食べずに持って来るなんて、みんとは可愛いのぅ(*^^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

余裕を見せないで

 9月のみんとカレンダーはレッスン中の一コマですが、8月最後のしつけ教室のレッスンはこんな感じでした。

夏休み直後のレッスンではダレまくっていたみんとさんでしたが、今日は、愛するダックスフンドの三郎太君(サブちゃん)と会えた途端にテンション高め。


思わずひらっとサブちゃんの背中に二人羽織のように重なろうとしてりどみぃに止められました。(先生に「そういうことをさせないの」と指導されているので)

サブちゃん自身は苦にしていないようで、みんとさんの激しい愛情表現(?)を涼しい顔して受け入れてくれるのですが、みんとさんの意思で「あたしがっ!あたしがっ!あたしが愛してるの解ってるよね?!解っててよねっっっ!!」的な自己主張をすることを見逃してしまうことが良くないらしい・・・のだろうと先生のご指導を解釈しています。

みんとさんは、ちょっと位りどみぃが精神的に抑えつけておいた方が素直なわんこでいられるようなのです。自己主張が強過ぎるとわがままわんこでりどみぃの存在なんぞ忘れてしまうようなので。

さぶちゃんに”愛の二人羽織は出来なかったみんとさん、それでも”レッスンが始まってからもご機嫌で、先週よりは脚側行進もマシに。


別の時間帯のクラスのわんこ&飼い主さん達ではありますが、10月に上のクラスの認定試験があるそうで、先生は毎週試験課目のひとつひとつをテーマにして強化指導することになさっているらしく、試験とは無関係なわしらも同じテーマでしごかれます。今週のテーマの一つは”遠隔”でしたが、みんとさん、大胆にもデカあくび。


みんとさん・・・余裕じゃん・・・(・△・;)

人間もあくびをしている最中は耳に音が入って来ないような状態になりますが、みんとさんがデカあくびしている時はどうなんでしょうか?

やっぱりりどみぃの指示なんて耳に入らないんじゃなかろうか・・・と、ちょっとハラハラドキドキしちゃいます。

真面目にやろうよ、みんとさん(・_・;)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

9月のみんとカレンダー

 9月になりました。シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとの画像を使ったオリジナルカレンダー、今月はこんな1枚を使っています。


レッスンの時のスナップですが、本当ならりどみぃの顔を見上げていたり、まっすぐ前を見ていなきゃいけないところ、カメラを構えたじじくんを見ちゃってます。


じじくんが見守っていてくれるかどうか気になるらしい・・・でもさ、りどみぃとのお勉強に集中しようよ、みんとさん!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

久しぶりだね、ほっかむり

 天気予報では午後3時頃から雨が降るというので、降らない内に行って来てしまおうとお昼ご飯を食べた後すぐに家を出ました。郵便局から振り込みをしなくてはならない用事があったからです。

郵便局へは1km弱なので、お散歩を兼ねてみんとさんも連れて行くことにしました。郵便局での用事が済んだら少し足を延ばして公園を通るプランも立てていたりして。


家を出る時も空は青空でした。少し雲があったけれど黒い雲ではないし、特に風が強いわけでもないので天候が急変することも無いように見えました。

住宅街を良いリズムで歩いて道のりの半分まで進んだ頃、小さな雨粒に当たったような気がしましたが、まだ空は明るいし、多少濡れても郵便局へ行って帰ってくる程度なら大丈夫ではなかろうかと思っていると、急に大粒の雨が降り出しました。

ぎょえ~!3時からって言ってたじゃん!!(^◇^;)

焦ったのなんの!だって辺りは住宅街。塀があって門があるようなお宅が並んでいるだけで身を寄せるような軒先もありません。おまけに雨は音がするほどの雨脚になり、空は黒い雲がすごい勢いで流れて行きます。

近くの一軒のお宅の塀際の木が大きく道路側に張り出していたので、みんとさんとその下に入りました。


10分ほどは快適でした。みんとさんとりどみぃがいる場所は雨が落ちてこないし、道路とはいえ車も通らないから安全だったし、みんとさんもささみやチーズを食べながら雨を眺めておりました。しかし、その内木の枝の間からぽたぽたと雨漏りして来るようになりました。また居たのが道路の端のL型側溝の上だったので、道路の中央部分からの雨が緩やかに側溝方向へ流れて来て、みんとさんの居場所も濡れて来ました。


道路側からの水を避けようと塀側に寄ればL型側溝を流れる水に足が洗われてこれまた濡れると困った状態。その上雨漏りも始まったのではここにいる意味はありません。

上着でも着ていればそれでみんとさんをくるんで抱いて走って帰ることも出来ますが、季節柄こちらも半袖Tシャツではそれも出来ず、もうずぶ濡れ覚悟で帰るしかありません。


みんとさんは顔が濡れるのを好まないので、せめても・・・と小さなタオルでほっかむり。以前雨に降られてほっかむりした時からだいぶ経つけれど、相変わらずお似合いです。

お家に帰ったらお風呂直行よ!(・◇・;)


やみそうもない雨の中、0.5kmばかりを走って帰る間、みんとさんは全力で走らないじゃないですか!嫌そうに、だらだらと足を運び、いつも”持って来い”をして遊ぶ時の全速力はどこへやら。

みんとさん!もっと走って!(TロT)

ようやく家にたどり着いた時、みんとさんのりどみぃを見る目は非難に満ちていました。なんだか罰ゲームでもやらされたような気持ちになっている模様。


ご、ごめんね。りどみぃの判断ミスでした。折りたたみの傘とか持って出ればよかったね。

この後みんとさんをお風呂に入れてから、りどみぃだけ傘をさして再び郵便局へ向かったのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »