« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

キャンドルナイト

 神奈川県立保土ヶ谷公園では、ここ数年夏の終わりにキャンドルナイトというイベントが行われているそうなのですが、昨年じじくんと「行ってみたいね」なんて言ってたのにすっかり忘れてしまい、公園に行った時に前日終わっていたと知ったというテイタラク。

今年は早い内にビラを貰って開催日をカレンダーに書き込んでおいたせいか、忘れることなく行くことが出来ました。


みんとさんと公園に到着したのは日が暮れかかる頃でしたが、会場である梅園や池の付近では、キャンドルに灯を入れる準備が始まっていました。


キャンドルの灯りをどんな風にするのか知らなかったので、現地で見て納得しました。白いコップのような容器に少し水を入れ、その上に浮く形のキャンドルを1つずつ容器に入れてあるようです。ぴったりの金属のふたがしてあって、その中心が円く切れ目が入れてあり、その部分を少し立ち上げることで風で火が消えることなく、しかし燃えるのに必要な空気(酸素)は入るようになっています。

この容器、こういうキャンドルのイベント用に使われる専用の物なのか、先日、ニュースで見たばかりだったのです。

そのニュースとは、古都・奈良の夜をろうそくでてらすという夏の風物詩であるイベントの「なら燈花会(とうかえ)」の準備中、コップに入れた水を猛暑にあえいでいた奈良公園の鹿が入れる先からごくごく飲んでしまうというもので、鹿がコップに鼻先を突っ込んで水を飲んでいる映像も流れていました。

鹿の飲んでたのはこれかぁ(・◇・;)

奈良公園では鹿が水を飲もうとコップに殺到するのが恒例になっているそうで、準備に追われるイベントスタッフもあきらめ顔で飲まれたらまた水を入れるという対応をしているようですが、保土ヶ谷公園には鹿がいないので準備は着々と進みます。


圧倒されるような数のキャンドルにワクワクしている内に日が暮れてきて灯りが一層鮮やかに引き立って来ました。


梅園とテニスコートの間のスペースは、フリマの時に参加するような食べ物屋さんの車が何台も並んでいて、さながらフードコートのようでした。じじくんとりどみぃはケバブを食べ、みんとさんも気分だけ参加できるように犬用のお肉タイプのおやつである鶏のささみやら鹿のジャーキーやらを食べながらキャンドルナイトを楽しみました。

暗くなるにしたがって人が増え、満足したわしらは会場を後にすることにしました。

最後に、アートホールの前で宇宙わんこごっこをし、楽しいキャンドルナイトを締めくくりました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

すいかバンダナがお似合い

 この夏も大活躍のシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん愛用の”保冷剤入れポケット付バンダナ”ですが、新作を作ってみました。中央部分と両脇をパッチワークですいかの配色にした”すいかバンダナ”です。


みんとさん、お似合いよぉ~(☆☆)

横から見るとこんな感じ。



赤い果肉の部分は、赤地に白のピンドットをベースに黒で種がプリントされたすいか柄の生地で、緑色の皮の部分はオクラ柄の手拭い。果肉と皮の間の白い部分を生成の地に緑色で英字がプリントされた生地を使ってみました。

オクラの柄の手拭いは、以前”オクラバンダナ”を作った時の残りのはぎれを使いました。今回は、結んだ時の先の裏側もオクラ柄にしたかったので裏も先の部分だけはぎあわせてあります。


みんとさんが身に着ける前の状態だとこんな形をしています。


みんとさんにとってもお似合いで我ながら良く出来たと思うので、その内詳しい寸法や作った時の手順などを記事にしてみようと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

夏休みは終わってる

 8月16日の土曜日は、お盆休みでしつけ教室のレッスンはありませんでした。

なんという解放感ヽ(´ー`)ノ



どうも毎週「遅刻しないように行かなきゃ」とか「今日の課題は何だろう?みんとさんは、ちゃんとやるかな?」等と無意識に緊張しているようです。

しかし、今週はちゃんとレッスンがあるので真面目に参加します。みんとさん、お友達に久しぶりに会えて嬉しそうに笑っとりました。


ところがレッスンは気が乗らないらしい・・・表情が一変。



確かに夏休み中は普通の(?)お散歩ばっかりで訓練らしい訓練はしていなかったので気が緩んでいたとは思いますが、みんとさん、あからさま過ぎます・・・


じじくんが撮ってくれた証拠写真によれば、こんなに遅れて歩いております。りどみぃの左の膝から頭一つ前に出ている位の位置を歩いていなきゃいけないってのに。

レッスンめんどくさ・・・の気持ちはレッスン終了後も引きずっていたようで、せっかく帰りに公園に寄ったのに車の中ではこんな顔。


みんとさん、辛気臭い・・・(-"-)

広々とした芝生のところで”ダンベル持って来い”をして遊んだら、やっと笑顔になりました。


来週までに自主練して、みんとさんにも夏休みが終わったことを実感してもらわねば~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

8月のみんとカレンダー

 8月も半ばとなったのに”8月のみんとカレンダー”の記事を書いていませんでしたが、今月はこんなみんとさんが壁掛けカレンダーになっとります。


今年は、このひまわりの飾りがついた帽子をかぶって出かけるような機会がありませんでした。なんとなれば、あまりに猛暑の日が多くて日が暮れかかるまでお散歩に出るのを待っていた為、帽子を必要とするような日差しが無いということだったのでした。


今年撮った写真は、来年2015年のオリジナルカレンダー制作時に使われることとなりますが、今年はあんまり夏らしい写真は撮れていません。海も行かず山も行かない夏休みもアリってことで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

夏休み散歩

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん、夏休み中のじじくんが一緒のお散歩が楽しそうです。



いつものお散歩はりどみぃ&みんとさんだけなので、それより群のメンバーが全員そろっているお散歩の方が楽しいらしい・・・

みんとさんが軽やかに歩く遊歩道には、栗がいっぱい落ちていました。、前の日に強い風が吹いたせいかもしれません。踏むと痛そうなので気をつけて進みます。


まだ明るい内だから大丈夫だけど、夕方になって暗くなってきたら上手に避けて通れないかもしれません。帰りはこっちの道は通らないようにしなくては!


紫陽花の季節が終わってからはしばらく通っていなかった小道を通ってみたり、パンパスグラスを遠巻きにしながら歩いたりしました。


ススキのおばけみたいなパンパスグラス・・・きれいだけど、きっとりどみぃのアレルゲンになる花粉を出しているに違いない!


夏休みのお散歩とはいえ、ちょっと秋の気配を感じたことでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

エコティッシュケースもどき

 ラミネート加工した布を使って”エコティッシュケース”なる物を作ってみました。置いたままでも吊り下げても使えるそうな。我が家ではこれが完成形となっております。吊り下げて使うのが欲しかったので、柄の配置はこんな風にしました。


エコティッシュとは、箱なしティッシュの意味らしい…でも、ドラッグストアでは箱に入っているティッシュの方が安かったりして、箱から200組400枚を取り出してこのケースに入れるという、”エコティッシュケース”もどきとして使っています。

人気No.1手芸ブロガー”主婦のミシン”さんこと種市加津子さんが著した「主婦のミシン」という本を見て作りました。

   タイトル    主婦のミシン 
 著者    種市加津子
 出版社    河出書房新社
定価    本体1200円(税別)
 ISBN    ISBN 978-4-309-28295-4

この本では、”エコティッシュケース”は、問い合わせ殺到グッズベスト10の内の3位だと紹介されていました。

市販のラミネートクロス(ラミネート加工してある生地)を使って、いちばんシンプルで作りやすいレシピが公開されているそうです。マチにタックを取ってあり、最後の1枚まで使いやすいのが人気の秘密らしい・・・


ということで、りどみぃも最初の1つ目は、本に出ている通りに買って来たラミネートクロスを使って作ってみました。ラミネートクロスは、テーブルクロスに使える程度の薄めのしなやかなタイプにしか気に入った柄の物が見つからず、とりあえずそれで作ってみたわけです。ラミネートクロスをミシンで縫う時には、ラミネート押えという滑りの良い押え金に付け替えて縫いました。



本には写真入りで作り方が紹介されていたのでちゃんと出来上がりましたが、箱に入っているタイプのティッシュの新品を持って来て、中身200組400枚を入れようとしたら全部入りませんでした。「箱なしタイプは200組400枚の形で売られていないのかしら?」とか思いつつも、半分量のティッシュを入れて使い、中身がなくなった時にまた残っていた半分を入れるという風に使うべきなのかわかりませんでした。

りどみぃとしては、箱ありティッシュを開けたら、中身全部(200組400枚)をティッシュケースに移してしまいたいので、マチをもっと厚くして(本の寸法より1cm増)製図し直して作ってみることにしました。


幅は変わりませんが、マチが厚くなるとその分長さも増やさなくてはならないのでティッシュが入っていない状態でビローンとした印象に・・・でも、思惑通りにちゃんと200組400枚がすっきり入ったので、寸法の見直しは成功したと言えましょう。



さて、次はラミネートクロスじゃない布で作ってみるという作戦を実行。失敗するといけないので、100円ショップの手芸コーナーで買って来たチェックの生地を使ってみました。


木綿の生地だけだと最後の1枚まで取り出すのにティッシュの滑りが悪いかもしれないので、内側にナイロンの生地(100円ショップの手芸コーナーで購入)を同寸法で重ねてあります。

出来上がってみるとシンプルで、インテリアと雰囲気を揃える為には良いと思いましたが、台所や洗面所付近で油や水がはねるような環境だったらラミネートクロスの方が汚れないし防水の意味でも良さそうだと気が付きました。



好きな柄のラミネートクロスが売ってない→好きな柄の生地をラミネート加工する

ということで、生地に透明のシートを貼ってアイロンで接着してラミネートクロスを作ることが出来る「らみ~ちゃん(商品名)」を使ってみました。



らみ~ちゃんには透明タイプとつや消しがあります。最初に透明タイプに挑戦しましたが、アイロンでの加工は予想よりも簡単で上手に出来たので、つや消しタイプも試してみました。犬柄の布にラミネート加工してみます。

透明、つや消し両タイプとも、1作目を作るのに使った市販のラミネートクロスよりもしっかりした出来上がりでした。薄いラミネートクロスよりもミシンの上糸と下糸のバランスが難しく、りどみぃのミシンでは上糸の糸調子をきつめにしてやっときれいに縫えるようになりました。

らみ~ちゃん1枚でマチ幅を厚くしたティッシュケースがちょうど2つ作れました。


つや消しタイプは落ち着いた出来上がりで、透明タイプは元気がいい感じになりました。

好きな柄で作れるっていいですわ~(☆☆)


箱ありティッシュを入れてるあたりがエコじゃないかもしれないけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

夏休みは満足

 じじくんが夏休みだったので、神奈川県立保土ヶ谷公園に行ってみました。曇り空でそう暑くないのでシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんも大丈夫であろうと夕方まで待たずに家を出ました。

公園は意外に空いていました。


平日昼間の午後ということもあるでしょうが、テレビのニュースでは帰省による車の渋滞や海外旅行の入出国が報じられていましたから、世間の皆様はこの辺にはいないってことですかね。

貸切っぽい広々とした空間なので、みんとさんとフリスビーで遊びました。



みんとさん、暑い日には走るのが面倒でやる気がないようですが、今日は涼しめなのでやる気があります。しかし、風があって思い通りに飛びませんでした。風上から風下へと投げるとフリスビーが風に乗って加速してしまい、みんとさんの全力疾走でも追いつけません。”成功して終わる”というルールなのですが、みんとさんが疲れて来ると走る速度が落ちるので成功率も落ちてしまいます。


みんとさん、かなり楽しかったようで自分からは休もうとしません。りどみぃの判断で、お水を飲んで木陰でクールダウンする時間を設けます。


じじくんが一緒の群れのメンバー全員が揃っての群れ活動は、日頃行っているりどみぃとみんとさんだけでのお散歩より楽しさ倍増らしい・・・何度も何度も「楽しいね!楽しいね!」と語りかけるように飼い主の顔を見上げ、甘えるように頭をぐりぐりと擦り付けて来ました。

楽しいことを精一杯伝えようとしてる感じだな(*^^*)

休憩後、なんとかみんとさんがキャッチできるように、じじくんが近くに投げたり風向きに対しての工夫をしたりしました。


みんとさん、やっぱりキャッチできると嬉しそうです。


こんなに楽しめたのなら、海にも山にも行ってないけど、みんとさんの夏休みは充実していると言えましょう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

帰り道は暗いから

 涼しくなるのを待ってるとお散歩のスタートは午後6時頃になってしまいます。出かける時は、みんとさんの交換用の保冷剤(2、3個)やLEDライトで赤くリング状に光る首輪もお散歩バッグに入れて行きます。

買いたい物があったので、この日のお散歩は目的地をユニクロに決め、途中で公園に寄ったり街路樹のある歩道をゆっくり歩いたりしていました。

買い物を終えて帰り道。すっかり日が暮れて街灯も点っています。黒っぽい被毛のシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんも、光る首輪を着けないと視認性が悪くなってしまうので、すぐ近くのスーパーの軒先を借ります。



お店の軒先である為、明るさは十分。自動販売機の前にはベンチもあり、お年寄りが家路につく前に一休みすることが出来ます。

みんとさんのバンダナの保冷剤を入れ替え、お椀でお水を飲ませ、光る首輪を巻いて準備万端。りどみぃはLEDライトを片手に持って安全に、涼しくなった夜道を帰ったのでした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

たまに見かける花だけど

 パッチワークのジャンル(?)の一つにハワイアンキルトというのがありますが、モチーフをハワイにある植物から取ったものも多く、エンゼルストランペットという花もその関連で知りました。

ちなみにエンゼルストランペットってこんな花。2010年11月には満開の花の前でシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんもにっこり☆と記念撮影したりしました。


花の色は白やピンクもあるようですが、公園のこれはオレンジ色に見えました。


2010年にエンゼルストランペットが植えられていたこの花壇は、数年前から皇帝ダリヤに植え替えられてしまいました。

と・・・先日、みんとさんがいつも遊んでいる芝生の広場の横に設けられている花壇で似たような花の形の植物があるのに気が付きました。



上を向いて咲いてるからエンゼルストランペットとは違うよな(・_・)

この植物、子供の頃からあちこちで見かけたことがあります。街路樹の根元の植込みの脇であったり、空き地の隅っこであったり、公園の他の草に紛れていたり。草と呼ぶには頑丈そうな太目の茎と大きな葉を持ち、周囲の花や雑草に比べて、やけに自分だけ元気に育っている印象がありました。

家に帰ってからネットで”エンゼルストランペット 上向き 白”なんてキーワードで検索して調べてみたら、どうもこれはチョウセンアサガオという植物らしいのです。毒がある有毒植物とな。事故としての報告に「オクラと間違えて天ぷらにして中毒症状を起こした(救急搬送されて病院で治療を受けた)」なんてのがあるというのを読んでびっくり。

花が一つも咲いていなかったら、つぼみがオクラに見えるかも・・・これが畑の横に生えてたら間違えちゃうかもしれません。


公園の花壇のチョウセンアサガオは、土に種が混じっていて自生したのか、観賞用に公園側が植えたのかは不明ですが、間違っても犬が葉やつぼみ、咲き終わって散った花などを口にしないように用心しなくてはいけない類の物なのが判かりました。



そして、この調べ物をしていてエンゼルストランペットもキダチチョウセンアサガオ属というのに属している有毒植物だという記述を読みました。(チョウセンアサガオとは別の属に分類されているそうですが)

きれいな花には棘があるならぬ毒がある状態なのですな。たまに見かける花だけど名前を知らない花があったら、手間を惜しまず調べてみようと思ったことでした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

セミはどこに

 街路樹のある歩道を歩いていていきなり耳元で大きな声でセミが鳴き始めてぎょっとしてそちらに目をやったらアブラゼミがイチョウの木の幹にとまってたことがありますが、最近そういう活動中のセミの姿を見ていない気がします。


シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんとお散歩に行く公園でもセミは大合唱していますが、自然が豊かなせいか命を終えたセミが地面に落ちているのさえほとんど見かけません。(蟻とかが運んで行っちゃう?)

この日、みんとさんと団地の横の街路樹のある歩道を歩いていた時、あまりにも頭上からのセミ時雨が賑やかなのでどこで鳴いているのやら突き止めたくなりました。だって植込みの下にはセミの幼虫が出た時の穴がいっぱいあるし、鳴き声の数からしても1匹くらいは姿を確認出来るはずです。


聞こえている鳴き声からするとアブラゼミとミンミンゼミの2種類が居るようです。

鳴き声は上から聞こえるので立ち止まって枝から枝へと視線を移して探してみましたがなかなか見つけることが出来ません。みんとさんは、立ち止まっているりどみぃを不思議そうな顔で見上げていました。

あんまりにも見つからないので段々どうでも良くなってきた時、目線の少しだけ上の木の幹にミンミンゼミを発見しました。


羽が透明なので見えにくくて発見が遅れたようです。元気に活動中のセミの姿を確認して満足感のようなものを得ました。

帰り道では公園内を縦断し、資材置き場で猫が寝ているのを発見。日陰かつ風が通って涼しそうです。


猫の顔側にある階段を下る時に見てみたら、猫の目はあいていました。眠っていたわけじゃないのねん。


暑くて活動するセミにも涼しい場所でリラックスする猫にも、保冷剤を入れたバンダナを首に巻いてお散歩するみんとさんにとっても、夏はまだまだ続きます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »