« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

こみんと

 Amazonのガーデニング用品のネットショップで、”ラブリーミックスドッグ シュナプー”とシュナプーをうたっている商品を見つけました。シュナウザーでもプードルでもなくて、シュナプーとダイレクトに称する小物は初めてです。

庭先や玄関に置く置物、ガーデンオーナメントらしい・・・

ちょっと尻尾が違うけど、顔がみんとさんに似ているので買っちゃいました。じじくんが”こみんと”と命名。小さいみんとだからですかね。


先日、黒い子猫に夢中だったみんとさんなので、見せたらどんな反応するかな?と思っていたら、やっぱりすごかったです。

届いた後に箱から出す時には物見高く見物に近寄って来、小さい黒いものだと見てとるや、りどみぃの手元に鼻を割り込ませるようにして積極的に働きかけておりました。

匂いを嗅ぎ、舐めてやったりし始めたので、塗装の素材が食用ではないはずなので

舐めないで(T▽T)

と押しとどめましたが、ご執心やまずだったので見えない場所に片付けちゃったくらいです。

数日かけて見せては見えないところに片付けてを繰り返していたので、みんとさんも冷静に対面出来るようになったようです。



たわむれに同じポーズで立たせてみたりして・・・



なんでそんなに可愛いの~!(T▽T)

こみんとちゃんの素材は樹脂なので、「その内尻尾を樹脂粘土で盛って、みんとさんと同じ雰囲気にしてあげようかしらん。」とか思っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

保土ヶ谷公園のカルガモ親子

 「保土ヶ谷公園にカルガモの親子がいるのよ。可愛いから是非見に行って。」と犬つながりの知り合いの方からの情報を得たので、久しぶりに行ってみました。

なんでも最初は25mプールに居を構えていたらしいのですが、プール開きの準備の季節となって一家を池の方に移したとか。

野球場や駐車場がある方から道路の下をくぐるトンネルを通ってプールや池のある方に行ってみます。



鴨たちはどこにいるのかな?と探しながら遊歩道を行くと、池の中の石の上に子鴨3羽が身を寄せ合っていて、すぐ近くの水の上にもう1羽の子鴨とお母さん鴨らしき成鳥がいました。





池の縁から遊歩道までは植込みがあったり、少し距離があるので、みんとさんは鴨たちの存在に全然気づいていません。


池に来るトンボを捕ろうとして虫取り網を持って池の周囲を歩き回っている男の子の存在を脅威に思ってか、お母さんがガマの穂の生えている方へ泳いで行くと、子鴨たちも石の上から水へ飛び込み、お母さんについて移動していました。

お父さん鴨は夕方しか帰って来ないと聞いていましたが、この日はまだ一緒にいたので、鴨の家族が勢揃いしているところが見られたのですが、その後お父さんは上陸し、北の方へと飛んで行ってしまいました。


みんとさんは、鴨の存在にとうとう最後まで気が付きませんでしたが、それなりに楽しかったようです。



鴨たちがいつまでこの池にいるのかは不明ですが、可愛い姿が公園を訪れる人達の目を楽しませてくれているようです。


子鴨達が無事に育ちますように。みんとさんと無事を祈ることにします。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

オカピ・ダブル

 しばらく前からの遊び(芸?)で、りどみぃがねずみのぬいぐるみを2つ投げ、みんとさんがそれらを拾い集めて持って来るという”ダブル”というのをやっとりますが、みんとさん、すっかり上手になりました。



まず1つ目のねずみを拾いに行って口にくわえ、2つ目のねずみの上にのせるようにしてねずみの向きを揃えます。

ねずみのぬいぐるみは立体的なので、重ねようとしてもころっと転がってしまうことがあります。みんとさんは、それを器用に両前肢を使って、左右から寄せ集めるようにして左右への転がりをおさえ、ねずみのお腹辺りを2匹まとめてぱく☆っと行くわけです。



みんとさんのお気に入りの獲物(?)にオカピがありますが、こちらはねずみに比べて綿もみっしり入っている上、足の先にマグネットが入っています。あまりにも”ねずみ・ダブル”がみんとさんにとって簡単になってしまったので、今度はオカピを投げてみることにしました。

りどみぃとしてはなるべく遠くに投げたいというのがあって、いつもオカピの後肢をむんずと掴んで「えいっ!」と気合を込めて投げるのですが、そのまま落ちる時と四肢がマグネットの力でくっつき気味になる時とがあります。



太目のオカピ状態とでも言いましょうか・・・ただでさえねずみより2つくわえるのが難しいのに、太目となると更に難しいということです。しかし、みんとさんはチャレンジャーなので楽しく頑張っちゃいます。

こんな風に前後にオカピが落ちている状況でも


みんとさん、まずは手前のオカピを拾ってから向こうのオカピを拾いに行きます。そしてオカピの向きを揃えようとします。


しかし、オカピはねずみより重ねるのが難しく、大きく転がる様はみんとさんにはオカピが逃げているように感じられるらしく、慌てつつもなんとか押さえつけようと努力します。



お口を大きく開けてぱく☆っとくわえ、持って来ます。



”オカピ・ダブル”、成功です。みんとさん、お見事。

難しいことに挑戦するのも楽しい遊びというみんとさんなのでした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

白鳥より鯉

 山梨県忍野村の忍野八海を後にして、山中湖に行ってみました。みんとさんと来たことはありますが、いつ来ても清々しい気分になれます。


湖の波打ち際は晴天なら日陰が無くて暑いでしょうが、今日は都合良く曇天で過ごしやすかったです。



みんとさんが大好きな白鳥もいて楽しさ全開らしい・・・振り向いた顔が笑っとります。大物の獲物として捕まえようとか思ってるんじゃありまいね?




やめて・・・(・_・;)

観光船の乗り場の近くでは水鳥と鯉のエサが売っていて、桟橋の上からそれをやっている観光客の家族がいらっしゃいました。鯉が隙間が無いほど集まって、お互いの体の上に乗ってまで我先に食べようとし、ぼちゃぼちゃばちゃばちゃとすごい水音です。



みんとさん、これだけいれば1匹くらい捕まえられると思ったのか、最前線で見物。まるで鯉に魂を奪われてしまったように見入っていました。



桟橋の上からも湖を覗き込んで真剣そのもの。



落ちないでね!(・◇・;)

久しぶりの山中湖は、みんとさんの狩りのココロをうっとりさせたようです。車に戻って家路につく前に「今日、楽しかった子?」と問いかけたら元気良く「はい!」と前足を上げて答えてくれました。

本当に楽しかった?(*^^*)


高く上げた前足の肉球は泥で汚れていました。こんなに泥んこになるほど遊んだのなら満足しているはずですね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

忍野八海にて

 富士の伏流水に由来する湧水池がある山梨県忍野村、湧水池が八つあるので忍野八海なのですね。

池から池へ巡るにはお散歩がてら歩くのが気持ち良さそうなので、車は付近に10ヶ所ある民間駐車場の内、外側の方にある”ますの家駐車場”に止めさせてもらいました。

鱒の家駐車場(ますのいえちゅうしゃじょう)

営業時間7:00~18:00
普通車50台 2h300円
大型車10台 2h1000円


駐車場が面している通りを渡ればすぐにお釜池(おかまいけ)がある案内板があり、水のきれいな川沿いの小道をのんびり散策することが出来ました。


銚子池(ちょうしいけ)やら涌池(わくいけ)は、木橋を渡った向こう側にあるらしい・・・川沿いの小道は車が通らないので、みんとさんものんびり。


観光バスが到着してのタイミングなのか、時々たくさんの小学生やツアーの団体が通りますが、川の付近は比較的お気楽に楽しめました。

しかし、涌池や濁池(にごりいけ)付近はかなりの人ごみで、みんとさんがお邪魔にならないように気を張っていなければならなかったりしてちょっと大変。


富士山一帯が世界遺産になってから、外国の方がたくさん訪れるようになっているらしい・・・やっぱりわしらは人が少ない川の辺りがお気楽でした。


ただ、現地に行ってみるまでは行った先でわんこと一緒でも食事ができるところがあるかどうか不確かでしたが、テラス席(軒下で天候に関わらず利用出来る)のある池本茶屋で、中池に面した水車小屋の石臼で挽いた国産玄そばの粉による美味しいお蕎麦が食べられました。お腹に余裕があったら、名水を使った生簀から揚げた岩魚や山女も食べたかったし、名水で淹れたコーヒーってのも試してみたかったです。


可能な限りの池を巡り、ソフトクリームやお蕎麦を食べて結構満足したわしらは、忍野八海というものを理解したような気になれたので、忍野村を後にしてお気楽な道中を続けることにしました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

足柄はいいとこだ

海老名の後は、足柄SAでも休憩しました。

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん、家を出てしばらくするとトイレ休憩や朝ごはん休憩(朝ごはんを食べさせずに出発してきた場合)が必要な為、海老名SAに寄ることが多く、その後は目的地まで休憩無しか高速道路を下りてからの休憩となるパターンが多かったのでした。その為、足柄SAで休憩することは本当に久しぶりのことです。



久しぶりに寄ってみたらドッグランが大型犬用と小型・中型犬用の2ヶ所になっていて、愛犬が遊べる草の形のハードルやキノコの形のウィービングポール*1がありました。ドッグランの外には、海老名SAにもあった「おしっこポール」がありました。

*1 ウィービングポールとは、アジリティーで使われる器具の一種で、正式には12本並んでいるポールを犬が縫うようにジグザグに通り抜けるものです。みんとさんが以前アジリティーを習いに行っていた頃の記事にも出ています。




みんとさん、お教室で跳ばなきゃならないハードルに比べて低いと見たのか余裕のデカあくび・・・でもね、みんとさん、このハードルは全部同じ高さじゃないんだってよ! 高さが変わるって書いてあるよ。



そんじゃ、跳んでもらおうじゃありませんか!( ̄▽ ̄)

みんとさんをハードルの手前で待たせ、りどみぃがハードルが並んでいる一番向こう側まで行ってから「ジャンプ!」とハードルを指さしながら指示したら、ぴょんぴょんと上手に跳んでくれました。みんとさんには高さの変化は苦ではなかったようです。


ドッグラン内に日よけで日陰は作ってあるものの、お天気が良くて暑かったので運動はちょっとだけにしておきました。みんとさん、楽しかったようです。

ドッグランの中にはわんこの足を洗う為のシャワー設備も用意されていて、使われているタイルが可愛いところなぞ心遣いを感じます。みんとさん、別に足を洗う必要はありませんでしたが、「こんな感じで使うのかな?」という意味で乗ってみたりして。


この台は足を洗った後に拭く場所かしらん?

なぜか蛇口の色ビスが黄色・・・珍しい物を見てしまいました。日当たりの良い場所にある水道なので、栓をひねった時に熱くなっている水が出ることを予想し、かと言って冬にお湯が出続けるわけでもないので赤の色ビスにするわけにもいかず「水じゃないかもしれません」程度の意味で黄色にしてあるのかな?なんて考えてしまいましたが、真相は不明です。


事前に足柄SAで休憩すると決めていたわけでないので何も調べていなかったのですが、ドッグランのすぐ横にはテラス席があるお店があり、後で店内もわんこOKのドッグカフェだと判りました。


足柄牛を使ったハンバーグが食べられるとのこと。早速入店してランチにありつくことにしました。


みんとさんは、食事中足元に”ふせ”で居てもらいましたが、料理を運んでくるお店の人に少々お愛想したげに立ち上がったりするだけで、初めてドッグカフェに行った時のように自分勝手に跳びつこうとしたりしませんでした。飼い主りどみぃ、安心して食事が出来ましたし、ちゃんと料理の味もわかって美味しくいただくことが出来ました。(みんとさんが無法者だった頃は、気をつけていないと何をやらかすかわからない為、食べても味がわからないほど緊張していた)

わしらの食事中お利口さんにしていたみんとさんをねぎらう為、同カフェで売っていたわんこ専用のクッキーを買ってやりました。
わんこのクッキーは10枚入りで税込648円、ミルク味(黒い袋)とヨーグルト味(赤い袋)がありました。みんとさんには、ヨーグルト味を選択。



ちょっと重そうだけど、紙袋&個包装のビニール袋越しにでもクッキーの良い匂いがするのか、ちょっと嬉しそうです。



休憩もしたし、おやつも買ったし、足柄牛のハンバーグも美味しかったし、足柄SA気に入りました。さぁ、元気も出たし、目的地までの旅(?)を続けましょうか!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

海老名SAの”わんちゃんの散歩道”

 いつもなら土曜日はしつけ教室の日ですが、21日は先生の都合でお休みでした。午後のほんの1時間お教室があるかないかというだけで、この解放感はなんなのかしら~


じじくんと相談し、せっかくなのでちょっと遠くまで遊びに行くことになりました。今回の目的地は山梨県の忍野八海(おしのはっかい)にしました。途中、東名高速道路の海老名SA(サービスエリア)と足柄SAで休憩しました。

海老名SAでは5月末の遠足の時にも立ち寄りましたが、東京寄りの端の方に”わんちゃんの散歩道”というのが設けられていました。以前立ち寄った際には無かったので、ちょっと嬉しい驚きを感じました。


ウッドデッキやウンチを捨てられるポスト(専用のゴミ箱)もあり午前中だったこの時は木陰が涼しくて救われる思いでした。



フェンスに囲われているドッグランのような環境ではないので、リードを着けたままのお散歩となります。

利用しているお散歩中の飼い主&わんこも多数見られ、みんとさんも散歩道を先へ行こうとしていましたが、りどみぃが蜘蛛の巣にひっかかって心が折れ、「今日はそっちまで行かないです~」と引き返すことを提案したのでした。



小型犬がお散歩するには草深すぎる・・・もっと草刈りをお願いしたいところです。

今回、草は遠足で立ち寄った時よりも伸びていました。いやーこれは利用しにくい!
せっかくいいもの作ってくれたのですから、もっとお手入れして欲しいと思うのは贅沢でしょうか?



隅っこの方に”おしっこポール”なるものがありましたが、みんとさんは利用していませんでした。この周囲も草深い・・・


この”わんちゃんの散歩道”、NEXCO中日本の”海老名SA(下)の詳しい情報”でも紹介されていないくらいなのでこまめにメンテナンスする気とか予算とかがが無いのかな~残念です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

どぼん

 2012年10月から2013年の10月になるまでブログを書かなかったので記事として残っていませんが、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんは、相変わらずいろいろやってくれてました。


それは2013年7月10日のことでございました。
その頃のみんとさんは、池の中の鯉を見るのが日課で、それはどこの公園に遊びに行っても共通した心ときめく楽しみのようでした。

例えばこれは7月6日に四季の森公園に行った時の様子です。


みんとさんのお気に入りはきれいな赤い鯉で、鯉の泳ぎに合わせて木道をうろうろとついて歩き、池を覗き込んでは鯉との対話の世界に入っているかのよう。




いつもこの光景を微笑ましいと思って見守っておりましたが、注目すべきは違うところだったようです。注目すべきだったのは、みんとさんの頭の大きさとか、鯉に対する並々ならぬ執着心の強さとか、足元とかだったみたい。


さて、件の2013年7月10日の午後のこと。
いつものようにみんとさん、池の鯉を覗き込んでおりました。りどみぃもいつものように、柵の後ろから微笑ましく見守っておったのです。

どぼん・‥…・・・★

いきなり池を覗き込んでいたみんとさんの姿が消えたかと思うと、辺りに響き渡るようなリズミカルなどぼんという音がしました。

はい?(・◇・;)

目を凝らしたりどみぃが見たものは、再現するとこんな感じ。


まるでお風呂の湯船に浸かってるかのように、池にはまっているみんとさんが居たのでした。おまけに顔は照れたように笑っとるではありませんか!

みんとさん?!なにやってんの?!(・◇・;)

りどみぃがなぜこう声をかけたかというと、みんとさんが自ら岸へ上がろうとせず、池にはまったまんまだったからです。どうやら浅い池とはいえ水圧もあり、後肢で池底を蹴って上がるということが出来なかった模様。

仕方ないので柵を越え、跪いて両手をみんとさんの両わきの下に差し込んで上に持ち上げました。みんとさん、喜んで両前肢を伸べて「抱っこしてくれろ」と素直に持たれとりました。引っこ抜くように上方向に力を入れるとざばっと水の音がして、辺りに水が垂れました。

く・・・臭い・・・(T▽T)

池には底に汚泥がたまっていて、ひとことで言うとどぶ臭いのです。みんとさん、池から救出された喜びに尻尾を振ってくれましたが、そこからも臭い風が吹いて来るようでりどみぃタジタジ。


ずぶ濡れでどぶ臭いのに、この晴れやかな笑顔はなんだ?!
どうも本犬としては、ちょっと失敗しちゃった程度の認識で、照れ笑いでごまかしているつもりらしい・・・この後、自分が落ちた所を確認したりしておりました。



どうやら池の縁の丸太に(補強の為にか)渡してある横木の上に両前足をのせていて、前のめりになり過ぎて頭から池に落ちたようです。


どぶ臭いみんとさんの確認が終わるのを見計らい、近くの公園の水道から水を汲んで、みんとさんの頭からじゃぶじゃぶとかけました。どぶ臭さが薄まった状態で、一目散に家路を急いだのは言うまでもありません。

その間、りどみぃの耳に何度もあの音がこだましていました。

どぼん・・・どぼん・・・どぼん・・・

どぼんって?!どぼんって!!(T▽T)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

みんとさんと子猫

 あんなにみんとさんが子猫にご執心になろうとは予想もしなかったので、飼い主りどみぃ、びっくりでした。

 
それはパッチワークの集いの日のこと、捨て猫らしいとても小さな黒い猫ちゃんが保護されて、もう貰い手の名乗りは数名からあるらしいのですが、貰い手に渡すまで1週間ばかり預かることになった方が、まだご飯を数時間おきに与えなくてはならない月齢なので、ご自身の愛犬と共にお連れになったのです。

りどみぃがだっこさせてもらった時、みんとさんが興味津々で寄って来たので猫ちゃんを手でかばいながら匂いを嗅がせてやりましたが、なんだかうっとりしたような顔をしました。



猫ちゃんが自分の意志で出はいり出来るよう、クレートの扉は開けてあったので何度かちょろちょろっと出て来てはまたクレートに戻る姿を見ることが出来ました。

みんとさん、最初は遠巻きに固まっておりました。1m程離れたパイプ椅子の下に位置取りし、クレートに目が釘付け。りどみぃは、みんとさんがオカメインコのぴこちゃんに狩りの本能を刺激されてうずうずしている時のように狩る気じゃなかろうかと思ったのですがそうではないようでした。ぴこちゃんを見る時のように殺気(?)は無いし目は優しいし、それでいて小刻みに身体を震わせているという不思議な状態でした。


猫ちゃんをずっと見ていたいようなのですが、クレートに入ってしまったので辛抱たまらずクレートを覗き込みます。遠慮しているのか怖いのか、いつでも逃げられるように腰は引けていて、でも尻尾は超高速で振っていました。



この日、わんこはみんとさんを含む4頭いましたが、男の子わんこ達はまったく子猫に興味を示しませんでした。一方、女の子わんこ達は猫ちゃんが気になって仕方ない…愛おしくて仕方ないような感じで構いたくてうずうずしているようでした。

母性本能ってやつですかね?(・_・)

みんとさんに「みんと、猫ちゃん好きなの?欲しいの?」と声をかけてみたら、目がキラーンと輝きました。



しかし、実際に猫ちゃんがクレートの外に出てきたら接する勇気は無いようで、またパイプ椅子の下で思いつめたような目をしていたりして・・・



と考えていたのかもしれません。なぜなら、この後猫ちゃんはクレートに入れられ、カバーをかけた状態でテーブルの上に置かれたのですが、みんとさんはそれをずーっと見上げていたかと思うと、ふとした瞬間に近くのカーペットの上にちっち(おしっこ)したのです!

みんと!8歳にもなって何やってんの?!(・◇・;)

もう、りどみぃ、驚いてしまってその時は冷静さを失っていましたが、後で落ち着いて考えてみるとこれってマーキングだったように思うのです。「このこはアタシの!」って意味の。

だってこの日、みんとさんはここに到着後はちゃんと指定のトイレの場所で用を足していましたし、このレッスンルームがオープンした時からずっとトイレの失敗なんて1度もしたことないのです。

マーキングしたってだめさぁ~(・△・;)

みんとさん、諦めて隅っこに敷いたマットでふて寝(?)。


みんとさんの母性愛は結構強いのかもしれません。(避妊手術済にもかかわらず)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

陸のマリモ

 最初に高い場所の遊歩道から見た時、なんだかマリモがごろごろと転がっているように見えました。まだ植えられたばかりで葉が短くて球形だったので。


斜面を下りて近くに行ってみたら、ここ1週間でそれなりに葉が伸びて縦長になっていました。

これは、ほうき草・・・コキアです。もこもこしていてちょっとユーモラス。まだみんとさんの胸に届くのがやっと位ですが、これからもっと大きくなるはずです。



昨年ひたち海浜公園に紅葉見物に行った時のことを思い出しました。


ひたち海浜公園(撮影2013年10月)

お散歩の時には気にかけて、みんとさんと共にコキアの成長を見守って行きたいものです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

涼しかった大池公園

 昨日のレッスンの後、横浜市こども自然公園(通称:大池公園)に行きました。暑い日だったので木陰や水辺のある公園に行きたくて最初は神奈川県立四季の森公園を目指したのですが、渋滞がひどくて急きょ行き先変更してのことです。

まだまだ日差しが強い時間でしたが、予想通りに木陰は涼しくて快適でした。


駐車場横にはあじさいが見事に咲いていましたし、小学生が勉強の為に育てる水田の田植えも終わっていて目にもさわやかでした。




池の傍のヤマモモの木の下でタイワンリスがちょろちょろしていました。


「ヤマモモの木にはたくさんの実が生っているのに、わざわざ地面まで何度も降りて来るのはなんでかな?」と思いながら見ていましたが、どうやら完熟した実は自然に落ちるようで、木に生っている実よりも落ちてる実の方が美味しいらしい・・・




みんとさん、リスの存在そのものに気が付いていませんでした。


池の水面を渡って来る風は涼しいし、木がたくさんあるから木陰も濃いし、夏の間にお散歩するには良い所だと改めて思ったことでした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

見てるけどのろのろ走ってる

 遠足、合同レッスンと続いていた後の今週は、先生が全体的に力不足を感じられた”行進”がメインテーマでした。

飼い主と犬の一体感を持っての行進を目指さねばならんのですが、みんとさんは気乗りしないのか声をかけないと遅れそうになります。


リードを外しての練習の時、もっと前、脚の横へ来てもらいたくて左手で首輪に指を入れて前へ送ろうとしたのですが手元が狂い、みんとさんの耳の外側毛波に指が入ってしまいました。おまけにそこは毛がもつれていたようで、指を抜こうとしたらひっかかり、結果的には耳毛ごとみんとさんの耳を引っ張ってしまいました。(軽くですが)

耳は犬の弱点の一つですから、みんとさんとしては「痛いっ(・_・、)」となったようで、

「行進で遅れたらりどみぃに耳を引っ張られた(攻撃された)」と思ったような、被害者っぽい顔をしとりました。

誤解です・・・ごめんね(・_・;)

誤解が解けたのか溶けなかったのか、その後それなりに真面目にやってるみんとさんの姿が。



ここのところお散歩の時に練習していた飼い主の目を見ながら全速力で走って来る理想の形の”呼び戻し”は、成功率9割になっていましたが、それは楽しいお散歩の時のことであり、レッスンの時にも同様かどうかは怪しいものだと思っていました。

今回、行進の練習の後に”呼び戻し”の練習がありましたが、りどみぃが思ってた通りみんとさんは全速力でなくのろのろと小走り程度でした。



まぁ、最初に比べれば、よそ見しないでりどみぃを見てたし、のろのろとはいえ歩いているよりはましだし・・・足元まで来た時も爪先までの距離がとても近くなったので進化はしているようです。


これからもお散歩の時の練習を続けて、呼ばれたら目を見ながら全速力で走り寄るというのが100%達成出来るようにしたいものです。その頃には、スポーツ選手のように体にしみこみ

考えるより先に体が動いてました(・_・)みんと談

なんてことになるかもしれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

そらまめわんこ

 今年の春のことですが、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん、八百屋さんの店先でりどみぃに「そらまめ買ってくれろ」とおねだりをしました。


そこは商店街の家族経営の八百屋さんで、おかみさん、その息子さん、娘さんがいつもみんとさんのことを可愛がって下さいます。

この日は蕗を買い求めていたように記憶していますが、店先には既にそらまめが並んでいて、(もうそらまめ出てるんだ!そんな季節?早いなぁ)と少なからず驚きました。3粒入りの莢のタイプのそらまめが7~8本ビニール袋に入れられてシールで封をしてありました。

と・・・みんとさん、ふら~っと八百屋さんの通路を数歩進むと、そのビニール袋に入ったそらまめをお鼻でつん☆つん☆っとしてからりどみぃを振り返ったのです。

これ・・・つん☆ これ・・・つん☆ あれでしょ?みんとの大好きな・・・



・・・買うしかないでしょう。たとえ、初物ですっごく高かったとしても!

人間(じじくんやりどみぃ)の為だったらとても手を出さず、旬で出回るまで待ちたい値段でしたが、みんとさんが八百屋さんでおねだりなんて初めてなので無視できませんでした。

この時買い求めたそらまめは、じじくんの帰宅を待って晩酌の肴用に茹でられ、みんとさんに振る舞われました。

なんだかみんとさんのおすそ分けに預かってるような不思議な気分になりましたが、とっても美味しかったので気にしないことにしました。


さて、最近のことです。りどみぃ父の家庭菜園で穫れたそらまめをバケツ一杯貰って来ました。莢から豆だけ出して持ち帰れば荷物としてはかさばらない&軽いのですが、莢から出したらどんどん甘味が薄れていくので、出来るだけ美味しい状態で食べたいため、りどみぃは頑張って莢ごと持ち帰って来ました。

もう何度か収穫した後のシーズン最終の収穫とのことで、結構莢も黄緑色で実が入り過ぎる直前って感じ。



呼んでもいないのに、そらまめ大好きわんこがチェックしに来ました。


莢から豆を出そうとしている時にじじくんが帰宅し、良いタイミングでみんとさんをお待たせすることなく茹でることが出来ました。

ゆでたては熱いので、とりあえずふーふーしながら中の袋をむいてやってたら、目の前でおすわりしてまっていたみんとさんの口からよだれがたらり・・・

ひえーっ、皮むくのが待ちきれないほど食べたいのかっ(・◇・;)

その後、3粒をお皿に入れてやりました。



みんとさんに「よし」と食べる許可をすると、嬉しそうに食べておりました。


そらまめわんこみんと、次は枝豆シーズンを待っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

ありがとう7UP

 

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん、清々しいお顔をしとります。車に乗る直前まで晴天の炎天下でお耳まで真っ赤になるほど暑い状態だったのですが、宮ヶ瀬ダムサイトの水とエネルギー館の自動販売機で買った清涼飲料水7UP(セブンアップ)がクールダウンしてくれたからです。

みんとさん、出先で保冷剤代わりに缶飲料を買ってメッシュクレートに入れてもらうことには慣れているので、その扱いにも慣れたもの。両前足の間に缶を入れ、その上に顎をのせるようにして涼を取ります。


ありがとう、7UP!
おかげさまで、みんとさんが熱中症にならずに済みました。

尚、今回もこの7UPは、帰宅後に缶を水洗いしてから冷蔵庫で冷やし、りどみぃが美味しくいただきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

アクア・カムバーック!

 宮ヶ瀬ダムサイトの水とエネルギー館の中にあるレストラン白い滝のアクア・ソフトクリームは、わしらのお気に入りでした。初めて食べた日から、以後は宮ヶ瀬に行く度に美味しくいただいておりました。


が、しかし・・・先日の遠足の帰りに寄った時、アクアの時代が終わっていたことを知りました。

レストランの方のお話では、工場の方で”アクアの素(のようなもの)”の生産をしなくなってしまったので、レストラン側では提供出来なくなったのだそうです。

さわやか風味のアクア・ソフトクリームの復活を求める投書が水とエネルギー館側にもあったとのこと、そのご意見に賛成1票です。

復活賛成~!(*^▽^*)ノ

でも実際には復活の予定はないとのこと。残念です。
現在提供されているのはバニラ・ソフトクリームのみ。バニラなら他でも食べられるのよね、それはそれで美味しいけど。



レストランの入り口にある模型も、以前アクアがあった時は緑色に塗られていたのに・・・どうやら上から白く重ね塗りした模様。近くに行ってその名残を見つけ、しばしアクアの思い出に浸ったのでした。



バイバイ、アクア・・・好きだったよ。これからは、ここに来ても君に会えないなんてがっかりだ。



水とエネルギー館に投書はしないけど、ここで声を大にして言っておきます。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

ありんこに襲われた?

 それは雨あがりのお散歩の時のことでございました。
シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん、8歳2ヶ月はお散歩を楽しんでいて、こんなおすましした顔をしておりました。


その背後に忍び寄るものの存在にも気が付かず・・・

みんとさんに忍び寄るもの、それは雨あがりに忙しく巣の修復を行っていたありんこたちでした。こうして見ると、みんとさん、限りなく巣に近い場所に立っております。


この時、きっとみんとさんはありんこ達の通り道を踏んでしまったのでしょう。ありんこ達はみんとさんの後肢やら前肢やらを登りはじめてしまったようです。



お尻の方は歯ではむはむとして落とし、前肢の方は耳の後ろから前へいやんいやん☆と首を振りながらこするようにしたりして、身についてしまったありんこ達をなんとか払っておりました。

りどみぃとしても、家にありんこを連れて帰りたくないので、みんとさんに協力してぱしぱし☆と払い、ありんこ達には巣にご帰還願いました。


雨あがりのお散歩、気が抜けません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

カンニング対策

 隠したおもちゃ(ダンベルやぬいぐるみなど)を探して持って来る遊びをする時、カンニングしないように目隠しを作ったのに、風が強い日は下側がめくれて見えてしまうことが判明。

下側に蝋引きコードとコードストッパーを付けてみんとさんジャストサイズにすることで、ばっちりカンニングできなくなりました。



構造としては、こんな風になっております。



蝋引きコードを小さい2穴タイプのコードストッパーに通してからコードの両端に大きめの結び目を作ってあります。結び目を大きくするために、コードを結ぶ時に輪の状態のコードに2回くぐらせてから引き締めるようにしました。

コードストッパーはたまたま家にあったのが2穴タイプだっただけです。1穴タイプでも同様だと思われます。

みんとさんに装着させてコードの付け位置を決め、裏側の下の方にコードの結び玉の根元部分を抜けないようにおさえる意味で黒い糸を2、3回横に渡して固定してあります。


耳の帽子用ゴムのコードストッパーは無くてもかまわないのでしょうが、サイズ調整しながら縫い止めるのが面倒だったので、出来上がってからフィットさせることが出来るよう考えコードストッパー仕様にしてあります。



これでみんとさんもカンニングが出来ません。

けけけけけけ。これで尋常に勝負出来るってもんだわよ( ̄▽ ̄)

さぁ、みんとさん、カンニング出来ないんだから、お鼻やりどみぃの指示でおもちゃを探してね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

合同レッスンで思うこと

 先週は遠足でしたが、今週は合同レッスンでした。
遠足の時は晴天だったのに、この日は終日雨降りでした。

てるこを洗って縮ませてしまったことで晴れパワーが落ちたのかしら…?まさかね。
 
合同レッスンは広い別会場を借りてのことで、行進にしろ呼び戻しにしろ距離を取れる分人間も犬もいっぱい歩いたり走ったりを繰り返す為、体力的にちょっときつい・・・しかし、雨脚が強いとお散歩に行かないみんとさんにとっては、運動不足解消のいい機会となりました。


合同レッスンの時にいつも思うのは、みんとさんとりどみぃの昔(?)に比べて、どの飼い主さんもどのわんこも、みんな優秀だという事です。


まだ成犬になって間もないような若い個体を見れば、

みんとさんがその月齢の頃にはもっと自分勝手で、りどみぃなんか目にも入ってなかったよな・・・でもあの子はちゃんと飼い主さんを見てる

とか

飼い主としてのりどみぃは、先生の教えを理解するのも大変で、全然実践するまでには至ってなかったな・・・でも、あの飼い主さんはちゃんと犬と一体感持ってるなぁ

とか思ってしまいます。


だから、この時点でこんなに出来ている飼い主&わんこは、数年後にはもっともっと優秀で素晴らしいペアになっているだろうなと思うのです。

最悪状態だったりどみぃとみんとさんでさえ、今は良い感じになれたもんね。(・_・)

合同レッスンの日は、年に数回しかないので、りどみぃにとってはみんとさんの状態を前回と比較するチェックポイントにもなっています。

今回は、前回の合同レッスンの時より、行進の時にみんとさんとりどみぃの距離が近かったように思いますし(みんとさんが遅れないようにりどみぃに合わせるようになったから)、右ターンして”つけ”の位置でのフィニッシュする時もターンの直径が小さく(脚にまとわりつくようになりつつある)、脚側の位置についてからみんとさんが腰を下ろす(おすわりして脚側停座の形になる)速度も速くなっているように感じました。

言うなれば、全体的に良くなったって感じ。それだけみんとさんがりどみぃに集中していると言えましょう。


みんとさんの態度も、ずっと前だと「たくさんのお友達わんこと遊びたいのに、真面目にレッスンしなきゃならないなんてメンドクサイ」って感じでしたが、今回は特に指示に従って行動するのが楽しくてたまらないように見えました。学ぶ喜びに輝く瞳・・・みんとさん、変われば変わるもんです。


飼い主りどみぃの精神面にも変化を感じています。ずっと前は、合同レッスン以外のレッスンの時でもレッスン前は

今日は、みんと言うこと聞くかな・・・どきどきどき(・_・;)

と考えていましたが、それが学び続け回を重ねるごとに心構えも変わり

今日もちゃんと言うこと聞いてね!(・_・)

と押しが強い飼い主となり、最近では

浮かれて言うこと聞かないなんて許さんぞ!(-"-)

というかなり強い気持ちで臨んでいます。


合同レッスンは体力的にきついけど、飼い主も犬も大きく成長させるのかもしれません。他の参加者がどう感じているか、機会があったら聞いてみたいものです。

また次の合同レッスンの時まで、毎週のレッスンもみんとさんと頑張ろうっと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

てるこが大変だ!

 なんじゃ、こりゃ・・・?(・_・)

洗濯槽から出した洗濯ネットの中身を物干しのピンチに挟もうと手にした時、白くて丸いピンポン玉のような物を見て、一瞬なんだか解らずそう言っていました。

が、次の瞬間見覚えのある赤いリボンが見え、その丸い物は元はシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんが首輪に着けていたチャームの”てるこ(てるてる坊主)”だと気が付きました。



あわわわわわわ(・◇・;)

りどみぃ、忘れとったのです。フェルトを石鹸水に浸けてからもんで繊維を絡ませる手法のフェルティングと洗剤を入れた洗濯との共通点を。

てるこの素材はフェルトなので、セーターを普通の洗剤で洗ってしまった時のように縮み、洗濯機で回すは脱水するはでフェルティングされてしまったのでした。

ひらひらしたてるこの裾部分を広げ、ピンポン玉状からなんとか元の形に似た雰囲気に指で伸ばしてみるのが精いっぱい。なんだかちょっと小さいてるこになりました。



鹿ふんがいっぱい落ちてる宮ヶ瀬の遠足に行った時のリードや首輪、てるこなど全て洗ったのですが、てるこだけはフェルトだったので注意が必要だったようです。

おしゃれ着洗いの洗剤で押し洗いとか振り洗いとかすれば良かったのかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

ジーンズでベッド




 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんが気持ちよく眠っているこのベッド・・・先日、飼い主りどみぃが作りました。

ずっと前、はき古したジーンズでマットを作ったことがありましたが、みんとさんは、縁のあるベッドがお気に入りのようなので、縁部分を作ってみたわけです。




夏に向けてのこの季節、お気に入りのメッシュ素材のベッドをホームセンターでもう1つ買ってくれば済む話ですが、みんとさんがジーンズ(デニム)のざっくりとした感じがお好みらしいのと、中に入れる素材(枕用ソフトパイプ)を有効利用したかった為、あえて作ろうと試みたのでした。

そもそものきっかけは、りどみぃが長年使っていた枕がいよいよへたった事を認めて買い替えたことにさかのぼります。

新しい枕は、店頭で良さそうだと思って購入を決めたにもかかわらず、実際に家で使ってみたら高さが合わなくて良く眠れませんでした。そこで、自分好みの高さの枕を作ることにして、枕用の中身として売られているソフトパイプ・・・直径5mm程の弾力性のあるチューブを長さ6~7mmに切った物を買って来ました。


枕カバーを内袋代わりにして透明のパイプを詰めてみましたがちょっと足りない・・・別の店で買おうとしたら白しかなかったので「これでいいや」と白を買い足し、もう少し足りないから今度は黒しかなかったなんてことをしていたら、自家製ミックスパイプが出来上がってしまいました。

そしてここからが悲劇です。パイプの量を毎日増やしたり減らしたりしてみたのですが、りどみぃに安眠は訪れず、ある日気が付きました。

パイプ枕そのものが好みじゃないのでは?あたしってば。(・△・;)

新たに中身が綿(?)の枕を買い、結果的には大量の不要なソフトパイプが手元に残ってしまいました。お金かかってるし、買ったばかりだし、環境問題からも安易に「使わないから捨てよう」とも出来ず、熱がこもらない特徴を利用して、みんとさんのベッド作りに使おうと取っておいたのでした。

さて、実際にベッドの縁部分に使ったのは、じじくんのジーンズ1着分の脚部分とりどみぃのジーンズの片脚部分です。


ジーンズの外側の脇部分は直線的だったのでそこはほどかず、内側(内股)部分の縫い目をカッターでほどいてから、脇を中心とした長方形(下図赤で示した部分)になるよう、取れる最大の寸法で裁ちました。


みんとさんが使っている縁のあるベッドの寸法を参考に、じじくんのジーンズから脚2本分、りどみぃのジーンズから脚1本分で合計2mほどになるように用意しました。
下図の1本分の長辺が70cm程度で、幅は脇を中心に15cmずつの30cmです。



これをミシンで縫い合わせて2m×30cmの長い帯状の布にし、その端と端を縫い合わせて輪にしてから、返し口15cm程を残して中表に端と端を縫い合わせたのでした。髪飾りのシュシュを縫う時と同じ要領で、縫った部分を引き出しながら縫うやり方です。

返し口から表に返し、そこから広告をじょうご型に丸めた物を使ってソフトパイプを入れました。

これがまたかなり根気のいる仕事でした。30~40cm分も詰めたら、返し口を持ち上げるようにして、これまでに入れたパイプが一番奥まで入るようにし、また続きを詰めるという具合です。

詰め具合が良い感じだったのか、まだ作業中だというのにみんとさんが使い心地を勝手にチェック・・・



既に寝てるし・・・(・◇・;)

程良い縁の高さ、固さを確認しつつ詰めたところ、家にあったソフトパイプのかなりの量が入りました。返し口をミシンで縫って、ちょっとへなへなしたドーナツ状の物が完成。

この時は底を付けるつもりだったので、大きさを確認する為に長方形に整えてみたところ、みんとさんが寝る気満々で登場です。呼んでもいないのに。



みんとさんがこれでいいようなので、とりあえず使い始めてみることにしました。

一番下に冬用のベッドを置き・・・



その冬用素材からの断熱の意味も込めてキルトマットを1枚のせ、その上に以前作ったジーンズのマット



そして今回作ったジーンズの縁という重ね順になっております。


みんとさん、かなり気に入ったようです。このしっかりとソフトパイプが詰まった縁が、寄りかかって寝たり、顎をのせて寝るのに良いらしい・・・



ここまで気に入ってもらえれば作った甲斐があったってものです。枕用のソフトパイプも無駄にならず、めでたしめでたし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

間違えちゃったグリニーズ

 歯の健康の為と美味しいおやつとして、みんとさんには1日1本グリニーズという犬用デンタルおやつを与えています。


あげるタイミングは、お散歩から帰宅した直後の”ただいまおやつ”やお留守番してもらう時の”お留守番おやつ”の時など。

新しい箱を開けて1本渡したら、みんとさん、いつもならペロッと食べ終わってしまうのに、食べるのに苦労している様子が見えました。なんだか噛み切れないみたいです。

折ってあげようか?(・_・)

と、みんとさんの食べかけをりどみぃが手にして2つに折ろうとしましたが、固くて折れませんでした。

「こんなに固かったかしら?」と謎が残りましたが、翌日もやっぱり食べるのに時間がかかっていた為、「もしや・・・」と思い当たることがありました。

グリニーズは、同じ形で体重別、内容別(低カロリーのライト)等多種あり、もしかしたらいつものティーニーやティーニーライトじゃないのを注文してしまったのかもしれません。見た目はいつものとそっくりなので、わずかに大きいサイズなのに気が付いていなかったのです。



通販の記録を調べてみたら、グリニーズプラスという7-11kgの成犬・小型犬用のを注文してしまったのでした。

7-11kgって小型犬かっ?!(・◇・;)

まぁ、間違えたこちらが悪いのですが・・・

なんにせよ体重5.25kgのみんとさんはお呼びじゃないサイズです。このままだとみんとさんの顎に過度の負担がかかりそうなので、半分の太さに切ることにしました。



最初は、キッチンばさみで切ろうとしましたが、切れやしませんでした。結構固かったのです。そこで、台所へ袋ごと持って行って、まな板の上に1本ずつのせて包丁で切りました。何十本もある上、慎重に半分になるよう歯を当てての作業は結構大変で、注文間違いするとこんな目にあうという教訓になりました。



頑張って切断した甲斐があって、半分の太さになったら、みんとさんの食べるスピードが以前と同じくらいになりました。

次回は間違えないようにしようっと。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

ノミ・ダニ駆虫薬・飲むタイプ

 これまでシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、ノミ・マダニ駆虫薬はフロントラインを使っていて首の後ろに滴下していたのですが、どうしてもうっかりして投薬日がずれがちになってしまっていました。



なぜかというと、りどみぃがみんとさんを自分のお布団で一緒に寝かせている為、「あ、今日はフロントラインの日だった!」と気がつくのが遅いと寝るまでの間に薬が乾くことを期待できない為、「今日はやめておこう。明日、昼間やっておこう。」と考えて眠ってしまったりするわけです。

ところが、忘れっぽいので翌日の昼間は投薬を思い出すことなく、またしそびれるなんてことになってしまうのでした。

フィラリア予防のカルドメックチュアブルという薬は肉タイプと言われるキューブ状の物なので、寝る前に思い出すようなタイミングでも「あ、やっとこ。」と夜食のように食べさせてやることで即解決。



カルドメックチュアブルとフロントラインの投薬の実施日は開くばかりでした。(そうなると余計に忘れやすくなる)

今年になって、動物病院の獣医師から飲むタイプのノミ・マダニ駆虫薬もあると教えていただき、今回から変更してみました。

コンフォティス錠(スピノサド)という薬で、日本イーライリリー株式会社 エランコアニマルヘルス事業部の説明書をいただきました。

飲み薬として少し強いので、ごはんの後などお腹に物が入っている状態の時に飲ませるように注意を受け、まれに体質に薬が合わなくて吐いてしまう個体もいるので、その場合はフロントラインの方が良いでしょうとのことでした。

みんとさん、投薬後になんともなかったので、これからはこのタイプの薬を使ってみようと思います。投薬日がうっかりずれることが無くなりそうで、ちょっと安心。


さぁ、草むらでも植込みの下でも行くがいい!ヽ(゜▽゜*)ノ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

カレーの風

 昨年までは公園の一角にちょこっとだけ植えてあったカレープラントが、今年は花壇にずらーっと並べて植えられている場所があります。

花が咲いてきたこの季節、風が吹くと付近一帯にカレーの香りの風が吹きます。



コクのあるカレーではなくてカレーせんべいのカレーのような香りなのですが、大量にあるとやっぱり香りも濃くなるような気がします。



満開になるともっと香りが強くなるかな?それとも花が香っているというよりは茎や葉が風によってこすれて香りを出しているのかしら?

胸いっぱいにカレーの香りを吸い込んで、空腹感マシマシでお散歩を続けるみんとさんとりどみぃでございます。

晩御飯はカレーにしようかな・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

6月のみんとカレンダー(東京ゲートブリッジ)

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんの写真を使って作ったオリジナルカレンダー、6月はこんなのです。


これは、2013年6月に東京ゲートブリッジを見るために若洲海浜公園(わかすかいひんこうえん)に行った時のものです。

東京ゲートブリッジは、東京港臨海道路の一部として江東区若洲と中央防波堤外側埋立地の間にかけられた大きな橋です。恐竜が向かい合っているように見えることから恐竜橋とも呼ばれているそうです。
詳しくは東京都港湾局のホームページで見ることが出来ます。

東京都港湾局 (外部なのでリンクは貼っていませんが、URLは下記の通りです)
http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/kanko/gatebridge/

若洲海浜公園というのは、江東区立若洲公園(キャンプ場バーベキュー可、レンタサイクル施設、サイクリングロード、海釣り施設がある)はじめ、SEA FRONT MUSEUM(若洲海浜公園を利用したアートプロジェクト)、海釣り施設・人工磯、ヨット訓練所、ゴルフリンクス(18ホールの本格的なゴルフコース)、ゴルフ練習場を含む範囲のことを言うようです。

区立若洲公園には350台分の駐車場があります。1回500円で、そこに車を止めてから橋が見えるウォーターフロントまで歩いて行きました。



橋には歩道があって、若洲川昇降施設という塔のようなエレベーターのある建物から上がることが出来るそうで、犬も専用の入れ物(クレートやキャリー)に入っていれば利用できるそうです。

生憎とみんとさんは、その日はキャリーバッグ等持っていなかったので橋の上まで行ってみることはしませんでしたが、今思うと車の後部座席に着けてあるカルソニックペットセーフティシートを外してバッグとして使えば行けたんですね。その時は思いつきませんでした。

ちなみにペットカートも同様の扱いのようで、多頭飼いの方がカートに小型犬を2頭入れた状態で昇降施設に入って行きました。(昇降施設の入口へは、階段の他にスロープが設けてあります)


でも、橋を渡った向こう側の中央防波堤外側埋立地には降りられないので(昇降施設らしきものは建設されていますが閉鎖中で利用できません)、結局橋を渡ったらそのまま若洲へ戻るのですが、暑い季節は熱中症になりそうです。

行くとしても、涼しくて風が強くない日が良さそうね・・・(´ー`)

今年は、既に暑い日が続いているので、次回行けるとしたら秋以降となるでしょう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »