« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

遠足は炎天下

毎年この時期恒例である、しつけ教室主催の宮ヶ瀬湖畔園地への遠足に行ってきました。約30頭のわんことその家族が参加してのものです。


快晴の夏日となり、暑いのなんの!
みんとさんの帽子も持って行きましたが、歩く時はかぶりたくないみたいなので他の防暑対策で乗り切ります。パイル字のウェアは水で濡らしてから着せ、保冷剤入れのポケットが内側につけてあるバンダナを首に巻きます。


みんとさん、てるこ(てるてる坊主)のご利益(?)あり過ぎじゃない?もう外してしまっちゃおうか?(・◇・;)

広い宮ヶ瀬湖畔園地をみんなでお散歩。緑も多いし水も豊かだし爽快です。



ここは吊り橋がありますが、生まれて初めての体験となるわんこも多数いるはずです。みんとさんは、何度も行っているので初参加の方たちをお邪魔しないようにてくてく歩いていました。

お散歩の後は、しばし合同レッスン。自分の出番以外の時は木陰で避暑に努めてなんとか乗り切ります。みんとさん、りどみぃが持って行った保冷材の冷たさを楽しんでいました。


頭も冷えるように、保冷剤を入れ替えたバンダナを巻くのにも慣れています。気持ち良いらしく、大人しくかぶっています。

合同レッスンでは、暑さのせいでわんこたちの集中力は途切れがち、それでも飼い主と一緒に頑張っている姿は感動ものです。

レッスンの後は、バーベキューサイトでのバーベキューランチとなり、その間、わんこたちは周囲の木陰で待機。こういう時、自分の時間を過ごすことが出来るわんこだと大人しく眠っていたりします。



が、しかし・・・みんとさんの場合は、落ち着き無くじじくんとりどみぃの方をずーっと見たまま「こっち来ーい!こっち来ーい!」とばかりに、ちょっと悲しげな声でわんわん鳴きます。

みんとさんのこういうとこ・・・最悪よね(-"-)

先生が「完璧な犬は居ないんだよ」と慰めて下さいますが、鳴かないで自分の時間を過ごしているわんこもたくさんいるので、やっぱりこのままじゃいけないような気がします。

「もう死ぬまでこのままかな?」と思う気持ちと「まだどうにか出来るかもしれない」という気持ちとでぐらぐら揺れます。



この段階でのみんとさん(鳴いちゃいけないとわかっているくせに我儘から鳴く)の練習方法を教えていただいたので、今後毎日続けてみようと思います。

ランチの後は、現地で解散。
みんとさんは、ほんの少しだけフリスビー遊びをしたり・・・


保冷材の冷たさを楽しんだり・・・



ヤマビル注意の看板にぎょっとしたり(みんとさんはヒルにくわれたことがある)



辺りを涼しくしてくれる噴霧水を楽しんだり



じじくんとりどみぃのお供で、ドッグ・ソバなどしてから帰って来ました。


本当に暑くて疲れたけど、楽しかったね(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

後ろ向きに全力疾走

 目を見ながら走って来る理想的な(?)”呼び戻し”の練習は、毎日のお散歩の時に続けています。

りどみぃが呼ぶとちゃんと来るみんとさんではありますが、歩いて来るまたは小走り程度のスピードなので、もっと”持って来い”や”フリスビー”で遊ぶ時のような全力疾走のスピードにさせたくて、工夫してみました。



ごほうびとクリッカーを用意して、最初はこんな感じでやってみました。(もちろん、周囲に誰もいないことを確認した上でのことです。)

みんとさんが5mのロングリード分離れたら「”おいで”」と呼ぶ→みんとさんがこちらに歩き出したら、りどみぃがみんとさんの方を向いたまま後ろへ素早く下がる

みんとさんが前に進む分、りどみぃが後ろに下がってしまうのでその間の距離は縮まりません。


みんとさんの犬としての逃げるものを追う習性を利用して、逃げる飼い主りどみぃ。みんとさん、逃げるりどみぃが許せなくて歩く速度を上げ、しまいには走り出します。

みんとさんが走り出したらりどみぃは止まり、みんとさんがりどみぃの正面の足元に来て”おすわり”したら、クリッカーをクリック☆してごほうびをあげます。

この方法だと、みんとさんは「りどみぃに呼ばれて追いついたからごほうびがもらえた」と思ったようで、りどみぃが後に下がるスピードがゆっくりだとみんとさんもゆっくり寄って来るので、全力疾走してくれませんでした。

こちらが後ろ向きに全力疾走しなきゃダメってこと?(・△・;)

後ろ向きに全力疾走なんて芸当、りどみぃに出来るだろうか?

とりあえず、今度はこんな風にやっててみました。

みんとさんが3m程度離れている時、「”おいで”」と呼んだら直ぐにりどみぃが後ろ向きに自分なりの最速で走り始めます→みんとさんが思わず追いつこうと走り出すのでクリッカーをクリック☆→りどみぃが止まりみんとさんが正面に走り寄って来て”おすわり”→ごほうび


大成功!(☆☆)

みんとさん、この方法だと1歩目から走り始めます。そしてクリッカーを慣らすタイミングを変え、後ろ向きに走りながらみんとさんが走り始めた瞬間に鳴らし、その後りどみぃが止まるようにしたので、「りどみぃの所に行けばいいんだな」という認識から「走って行けばいいんだな」に変わったようです。

公園ではとっても良い反応になったみんとさん・・・レッスンの時にもこれが身についているように、しばらく集中的に続けようと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

カンニング魂は止まず

 先日作ったみんとさん用の目隠し(アイマスク)、すっかり慣れて余裕の笑みがこぼれるみんとさん・・・


カンニング魂はすっかり止んだと思っていたらさにあらず。

この日は風が強かったので、みんとさんの胸元からマズルの方へ吹き上がった風が目隠しの下側を押し上げ、カンニング大成功となっとりました。「自分はずるはしていない、しかし不可抗力で見えちゃった♪ラッキー!あそこに置いたね、しめしめ。」とこの顔。確信犯ですな。


風が吹いても隙間が出来ないようにしなくては・・・帽子の時のように顎の下で固定するコードでも付けてみようかしらん。

カンニングわんこと飼い主の攻防は続きます。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

目を見ながら歩いて来る!

 最近、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんの”呼び戻し”の強化をしています。

みんとさん、りどみぃが呼べばちゃんと足元まで来ますが、その視線はりどみぃではないところを見ています。それじゃいけないとのこと。


公園の遊歩道をロングリードでお散歩中にも、「”おいで”」と何度も呼び戻しの練習をしています。最初頃は、レッスンで指摘されたように横の方を向いたり、地面の匂いを嗅ぎそうにしながら来ていたのですが、りどみぃ以外に視線を向けた時には「みんと!」と名前を呼んで注目を促していたので、近寄って来る間はずっとりどみぃの目を見るようになりました。

そうだ、アイコンタクトするんだ!(・◇・;)


でも、遅いんです・・・みんとさん、走り寄って来ないで歩いて来ます。

よそ見をしながら歩いて来るよりはマシになったと言えますが、”呼ばれたら直ちに(弾かれたようにスタートして)全力疾走かつ嬉しそうに飼い主の脚元まで来る”という理想の形までは、まだまだ練習が必要です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

助けを求めるのは

 りどみぃは、寝相が良いです。そして寝つきが良いとは言えない上、眠りは深い方ではありません。だから、みんとさんが寝返りを打ってぐーっとぱーのお手々でりどみぃのことを押したりすると目が覚めます。


一方、じじくんは眠りに落ちるのも早く、熟睡タイプ。

・・・なのに、みんとさん、自己都合で飼い主に起きてもらいたい時、必ずじじくんに訴えるのです。

みんとさんの自己都合ってのは、”トイレ(おしっこ)したい”とか、”胸がむかむかして吐きそうなのでベッドじゃない吐いてよい場所に行きたい”とか、”お腹がぎゅるぎゅる鳴ってって変な感じなんです”とかなのですが、じじくんの顔をいきなりペロペロ舐めたりして起こそう(熟睡しているのは分かっている上で、目を覚まさせよう)とします。

寝ているところを襲われた(?)じじくんは、「うわっ(゚O゚;)」っとばかりに目覚め、「なんだ?なんだ?」となりますが、それ以上のことは思考回路が働かないようです。


りどみぃは、みんとさんが動き出したのに気が付き、じじくんの「うわっ」っという驚きの声には完全に目が覚めて「みんと!ダメよ」とみんとさんの行動を制御。みんとさんは、りどみぃの指示には従うので大人しくりどみぃの布団の上で眠ろうとしますが、その時の状況によっては部屋のドアの方へ注目するのをやめなかったり、立ち上がったり、お腹に自分のお鼻を寄せたりします。

「ちっち?(トイレ?)」とか「下行くの?(階下)」とか声をかけてやると、その時のみんとさんの事情によって尻尾を振るので当面のみんとさんの望みが解ります。

「じゃ、トイレ行こうか」とみんとさんをだっこして階下へ連れて行ったりすると、嬉しそうなみんとさんは、りどみぃの読み通りの行動をします。


明け方なのにおしっこしたかった・・・って時なんか、りどみぃが階下に連れて行き、みんとさんがサークル内のトイレで用を足し、またベッドに戻るってことになりますが、その間ずーっとじじくんは眠りの中です。つまり、みんとさんが「ト、トイレ」と訴えて起こしたのに何の意味も無かったってことなのです。で、これはいつものパターンでして・・・

なんで、最初からりどみぃに訴えないかなぁ・・・??(°_。)?(。_°)?

りどみぃ(リーダー)がおやすみになっているのをお起こしては申し訳ない・・・とか思ってるのだとしたらありがたいですが、結局起きるのはアタシだからねぇ・・・

みんとさんの気配り、ありがたいやら無意味やら。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

ちっちゃいスリッカー

 先日のシュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんのトリミングのちょっと前、被毛のお手入れの為にちっちゃいスリッカーを買いました。


みんとさん、プードルとしてもミニチュア・シュナウザーとしても毛が抜けない犬種の為、トリミング直後とトリミング直前とではかなりブラッシングの手間が違います。

トリミング直後のみんとさんは、滑らかな手触りで”チンチラみたい”と称され、言うなればビロードのようです。その後、日々暮らす内に被毛が伸びて来るともじゃもじゃふわふわとなり、その分絡みやすくなります。

死毛と呼ばれるほんの少しの抜け毛が芯となり、毛玉が出来たりもします。毛玉は、摩擦が起こる部分に出来やすいそうで、みんとさんの場合は首の回りは脚の付け根等、矢印の部分です。


トリミング前の時期は、この毛玉をのみ取りコーム(刃になっている)や目の細かいコームで梳いて取り除くようにしてはいますが、それって毛に何も着いていない時の話です。桜の花の後の時期、公園をお散歩すると花の軸やら何やらが落ちていて、その上を歩くだけでみんとさんの足にはいろいろと絡んでいます。

そういう花の軸やら種やらを取り除くにくにはスリッカーが良いんです。シャツシャツっとスリッカーで大きく梳くことで、みんとさんの被毛ではない異物を取り除くことが出来ます。

とりあえず異物を取り除き、その次は毛玉が無いようにブラッシングする・・・って流れになります。

ところが、これまでみんとさんが使っていたスリッカーだと針金の端が切りっぱなしなので、どんなにそっとやってもみんとさんには痛かったようで、りどみぃとしても「先丸のスリッカーを買わねばならんのぅ」と思っていました。それに、足の付け根をコーミングするにもっと小さい物が欲しかったので、ホームセンターで新しいスリッカーブラシを買いました。

商品名:Honey Smile 角型スリッカーブラシ ミニ
販売者:ドギーマンハヤシ株式会社



スリッカーブラシに毛が絡んだ時にお手入れするミニコーム付きです。(これがかなり具合が良い優れモノ)

みんとさんサイズのわんこの場合、背中などはこれまで使っていた物でも良いのですが、脚の付け根や脚をブラッシングする時は、この小ささが良い感じです。
これまで使っていたスリッカーと比べると半分くらい?先丸ピンは皮膚への当たりがソフトなので、みんとさんも痛くないようです。


枯葉の季節もいろいろと拾ってしまうみんとさんの被毛ですが、楽しいお散歩としては思いっきり好きな場所を歩く&走り、お手入れで問題なく対応していきたいものです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

おすすめの寝かた

 お散歩から帰ってからのこと。疲れたのか、みんとさんが自分のスペースである夏用のベッドの上で眠り始めました。

室温が高かったのか、眠っている内に段々と丸くなった姿勢から長くのびた状態になり、あごがベッドからはみ出した状態になりました。その内に首ががっくり下に落ちそうで、その時は床であごを打ちやしないかとこちらがハラハラ・・・

余計なお世話かもしれませんが、犬用のあご枕であるぶたちゃんのぬいぐるみを持って来て、みんとさんのあごの下に入れてやりました。(ぶたちゃんの本来のお仕事と言えましょう)


みんとさん、りどみぃが頭を持ち上げて下にぶたちゃんを差し入れる時もされるがまま・・・眠そうな目を半開きするのがやっとで、完全に身を任せておりました。そして、この状態でしばらく寝ていました。

こうしてりどみぃのおすすめの寝かたをしてもらえると、心が通い合ったような気がして嬉しくなります。

その内、この姿勢にも疲れたのか、また丸くなって眠っていました。



良く寝るな~(・◇・;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

「見てる?」のアピール

 今週は、りどみぃが外出してみんとさんが終日お留守番しなくてはならないような日があったり、雨降りでお散歩しなかったり(みんとさんも納得の上)と散歩や訓練に十分な時間をかけることが出来ませんでした。

だからわかっていたんです、みんとさんがレッスンで集中力に欠ける適当な態度をとるであろうことは・・・


レッスン中、行進ではりどみぃに遅れてだらだら歩き、脚側停座(=つけ)では3秒から5秒も立ったまま考えてから座る動作に入る、りどみぃの言葉を聞いていないで「”つけ”」と言ったのに伏せてみたり・・・ひどいもんでした。

じじくんがレッスン中のみんとさんの様子を撮っておいてくれましたが、それを見たらさもありなん。じじくんに向かって「見てる?」とニンマリしながら語りかけているかのようなショットが何枚もありました。

レッスン開始後10分でこんな顔。



レッスン開始後15分になってもこんな顔。



ついにはレッスン終了3分前でもこんな顔しとったのです!



なんでこんなにじじくんに「見てる?」ってアピールするかなぁ???
ちゃんとやっていないくせに。

みんとさん、あんまり不真面目だとバキュン・・・・・・★と撃ちますよ!


お教室の遠足も近いので、ゴールドわんこのみんとさんとしては当日うかつなことは出来ません。来週のお散歩では毎日、びしっとお稽古(自主練)しておきたいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

NEWてるこのチャーム

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんが梅雨時に着けるチャーム、”てるこ(ちびてるてる坊主)のチャーム”が今年リニューアルしました。



初登場のてるこは、記事をさかのぼると2009年なので、みんとさんとの付き合いもかなり長いと言えましょう。

前のてるこは、本体は白の無地布(綿素材)で、頭の中身は白のアクリル毛糸を丸めてフェルティングした物、目と口は布に書いてもにじまない黒のピグマペンで描くという作り方でした。吊り下げる為には、白のリボンを後頭部にまつり縫いで縫い付け、そこにカニカンを通した丸カンを組み合わせていました。

今回は、本体は白いフェルト(10×10cm)、頭の中身は羊毛フェルトのベースにまとめやすいということで使われている”ニードルわたわた”(ハマナカ製)を使い、フェルティングボールを作ってからストラップ用のコード(ナイロン入り)を目打ちで開けた穴に通してあります。

白フェルトの中心にコードの輪の部分が通る程度の穴を開けて通し、首の部分のフェルトを集めてぎゅーっとまとめてから100円ショップで買ったビーズ用の透明のテグスをぐるぐる巻いて結んであります。

後頭部の人間で言えば盆の窪(ぼんのくぼ)から黒いキルト糸を2本どりで通した針を前面の目の位置に出して黒いビーズを縫い止めてあります。口は無い状態です。(特に何もしませんでした)

首の部分に巻いたテグスと盆の窪の黒い糸の糸玉を隠すように赤いリボンを蝶結びにし、結び目がゆるまないように赤い糸で縫い止めてあります。

そのままだとちょっと表情(?)が寂しいので、人間用の頬紅を綿棒につけたものでてるこの頬の位置を軽くポンポン。とっても可愛くなりました。

先日多めに作った柏餅のみなさんは、しつけ教室のみなさんに好評で、こしあんバージョンを追加で作ったくらいでした。その時、「柏餅の次は何ですか?」と興味を持った方がいたと聞いたので、今回もみんとさんの分以外に白いフェルトがある分だけ作ってみました。みんと用のだけストラップコードの黒が足りなくて赤いコードですが、仲間に入っててるこさんたちの記念撮影。ラブリーです。


今年も、みんとさんは、通りすがりの知らない方たちにも「あら、てるてる坊主着けてるの!」等の声をかけていただき、晴れた空の下を元気にお散歩しております。みんとさん、声をかけていただくと嬉しそうです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

目を見ながら走って来い!

 公園でロングリードで遊んでいる時、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんは、りどみぃが「おいで!」と呼べばダッシュで足元まで来ます。”呼び戻し”出来てるってことです。



ところが、レッスンの時だとみんとさんの走り寄るスピードはひどくゆっくりしたものとなってしまいます。かねてより先生には、「(飼い主に呼ばれてるのに)ちっとも嬉しそうじゃないな」と指摘されていたのですが、この前のレッスンでは詳しい解説がありました。

みんとさんがだらだらと走り寄るのを待っているりどみぃは、みんとさんの勝手を許しているのと同じことなのだそうです。黙って足元まで来るのを待っているのは、だらだらしているみんとさんを放置しているのと同じ意味なのだとか。

りどみぃとしては、お散歩で遊んでいる時のみんとさんの楽しげな輝く笑顔とレッスンの時の真面目時々つまんなそうな表情が違うのは知っとりましたが、仕方のないことだと思っていました。



そこで仕方がないと諦めてちゃいけないらしい・・・

みんとさんがダッシュで走り寄って来ないようなら、「おいで!」と重ねて声をかけたりハンドサインで「ここにおいで」と来るべき場所を示すなどして励まし、急かすようにしないといけないそうな。


それから、みんとさんは、走って来る時にりどみぃの方を見ず、よそ見しているというのも指摘されました。

理想は、犬がずっと飼い主の目を見ながら(アイコンタクトしながら)走り寄って来るカタチらしい・・・

指摘されて「えーっ?」と思って気をつけてみると、たしかにみんとさん、りどみぃのことなんか見てないです。レッスン中、じじくんが証拠写真を撮ってくれました。


りどみぃが5m離れた場所に立って「おいで」と呼んだ時のものです。みんとさん、歩くようなスピードで寄って来ましたが、確かによそ見していました。

目を見ながら走って来い!(T▽T)

しばらくは、呼び戻しの練習をアイコンタクトに留意しながらしなくては・・・!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

シュナプーと真鯉

 子供の日よりずっと前のことですが、目が見えない子の理解の為に相談されて布でこいのぼりを表現するのに試行錯誤した時、本物のように口から尻尾に風が抜けるタイプ(緋鯉)とは別に、綿を詰めたぬいぐるみタイプも作りました。

本物タイプを作った時に使わせてもらったペーパークラフト用の型紙と同じサイトから元になる型紙を拝借しています。
http://kids.nifty.com/handmade/paper/event/12/index.htm

真鯉の型紙を150%にして拡大コピーし、お腹の部分だけ立体になった時に底マチの用途となる部分が必要だったので、型紙上1.5cm増やしておきました。(ぺったんこの本物タイプよりお腹の部分が3cm大きくなり、それが綿を詰めた時の厚さになるということです。



結構大きいので、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、ドキドキしてるみたい。目がぎょろっとしているところも気になるのかな?

もちろん、みんとさんにぬいぐるみのおもちゃとして渡してしまえばすぐに恐怖心は無くなるのでしょうが、相談してくれた方は、今年本物タイプを作られ、「ぬいぐるみのは来年作ります」とおっしゃっていましたので、これは来年サンプルとして必要かもしれず、みんとさんのよだれは付けられません。


来年まで、大事に取っておくことにいたします。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

目隠し(アイマスク)入れ

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんと”探して”の遊びをする時にカンニング防止対策として作ったみんとさん用の目隠し(アイマスク)ですが、お散歩の時に持ち歩く際、バッグの中でぐちゃぐちゃになるのは避けたくてケースを作りました。


みんとさん、トリミングの日に今年の血液検査を受け、フィラリアの予防薬やダニの予防薬を各半年分購入しました。これは、その時に製薬会社からのおまけとしていただいたグッズの一つで、元は巾着タイプのペットボトル入れでした。

表がキャンバス地で裏が防水性のあるタイプの生地で作られていたので、裏返して底マチ部分を切り落とし、ミシンで縫ってぺったんこの眼鏡ケースみたいな形にしました。口の部分は、巾着として引き絞る為に通してあった紐があったので、結び目をほどいて取り除き(2本とも)、スナップをつけました。


スナップつけというのは難しいです。何回やっても失敗して土台布をぐじゃぐじゃにしそうになったり、スナップの爪だけが倒れてそれをラジオペンチで起こしてやり直したりして、スリル満点です。

なんとか今回もそれなりに使えるようにスナップを付けることが出来ました。

目隠し入れとしての使い勝手はナイスです!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

春は茶色い犬?

 今日は、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん、トリミングの日でした。直前のブラッシング&コーミングで毛玉が無いように全身丁寧に生え際からチェックしていたので予想していましたが、茶色い犬になって帰って来ました。


ずっと前にもトリミング後に茶色い犬になって帰宅したことがありましたが、今回もドラマチックな変身です。

前の時も春だったけど、春は茶色くなりがちなのかしらん?それとも、トリミングのタイミングがたまたま”1cmバリカン”のオーダーだと茶色い部分が見える長さだっただけ?

シャンプー直後というせいもあるかもしれませんが、この日のお散歩でいつもの公園に行ったのに、パピーの頃からの知り合いの姉貴分のわんこに「あんた、誰?!」と不審がられておりました。茶色い犬だからみんとさんと認識してもらえなかったのかもしれません。

みんとさんは、頭を下げて、お座りの姿勢でにじにじと近寄りつつ、「みんとですよぉ~姐さん」とコビコビしていましたが、「お前なんか知らんわっ!」と重ねて全否定されとりました。

みんとさん、かわいそ(・_・、)


りどみぃは、みんとさんが茶色くても好きだよ~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

カンニング禁止!

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんのカンニング対策に、みんとさん用のアイマスクを作りました。



お似合いすぎる・・・(・◇・;)

口元が笑っているのは、これをしているとお口にチーズが入って来るからです。

嫌がらずに目隠し出来るよう、みんとさんに見せながら「目隠しするね」と声をかけてから目の上に当て、両耳にゴム(帽子用ゴム)をかけ、マズルのフィッティングをする・・・というのが一連の動きなのですが、タオルの目隠し(カンニング可)で慣れていたのか、嫌がりませんでした。



これで、みんとさんが獲物(おもちゃやダンベル)を探す遊びが出来るってもんです。

みんとさん、カンニング禁止!いいですね!(・◇・;)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

手袋わんこ:大きな耳のわんこ

 手袋わんこの完成品をしつけ教室でお見せしていたら、先生からのご所望が。手元にあるわんこを差し上げる気にはなれなかったので、新たに作ることにしました。

先生の愛犬はゴールデンレトリーバーなので、ベージュの手袋で、お耳を大きく作ってみましたが、ゴールデンというよりはダックスっぽいですかね?



たわむれに着けてみた”柏餅のチャーム”も、お似合いねぇ!

このお耳、羊毛フェルトで作っています。
こんなもんだろ・・・と適当に作った三角形の耳の型紙に合わせてベージュの羊毛を並べ、フェルティングニードルでさくさく刺して形を整えたものを4枚作り、2枚ずつ端っこの2辺だけだけさくさく刺して袋状にし、そこに手袋の指の耳を入れてからさくさく刺して一体化する方法で作りました。

三角形のおいなりさんの具を入れる前の油揚げって雰囲気と言えば解るでしょうか。

後ろ姿はこんな感じ。



吊り下げられたらこうなる・・・?



先生の家での手袋わんこの活躍を祈りつつ、お持ち帰りいただいたら2度と会うこともあるまい・・・と、みんとさん、お名残り惜しんで2ショットに収まりました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

手袋わんこのタオルホルダーを作ろう!

 手袋わんこのタオルホルダーを作った時のことを書いておこうと思います。


制作にあたっては

書籍名 手袋いぬと靴下ざる-手袋と靴下で作るぬいぐるみ 
著者名 金森美也子 
価格  1,260円
出版社  文化出版局

を参考にしています。


まず、本と違って、軍手ではなくて100円ショップで買った防寒用の手袋を使いました。以前、みんとのイメージで使ったグレーの手袋は婦人用でした。今回使ったのは、紳士用で素材もそっくり。色違いで一回り大きいサイズってところです。


この手袋は手首部分のゴム編のところが二重になっているので、裏返して縫い付けてあるミシン目をほどき、一重にします。



ほどく時は、本体の糸を切って穴を開けないように注意が必要です。
ほどくとこんな感じ。


ほどいた方は、わんこの頭を作るのに使います。ボディにする方の手首部分は、ほどかずにそのまま使います。



この後、指部分を耳に見立てたり、切り落とした指で前肢や尻尾を作る方法は、本の写真付き図解に詳しいので省略。(著作権の問題もありますしね)
この例にしたわんこの耳と尻尾の色が違うのは、別のこげ茶の手袋で穴を開けてしまった物から指3本分を流用しているからです。ベージュの耳や尻尾の上にこげ茶のを指サックのようにかぶせて、端を内側にしてまつり縫いしてあるだけです。


頭部分とボディとを縫い合わせてから、目と鼻をつけました。ボタンの位置が少しでも違うと表情の印象が変わるので、ボタン穴に白いまち針を刺して付け位置を確認します。まち針が白いので、瞳に星がきらめいているかのようで、これだけでも可愛い・・・



このボタン、じじくんが以前着ていたスーツのボタンだったと思われます。目に使ったボタンは、袖ボタンで、鼻に使った一回り大きいボタンは、フロントボタンだったものです。リサイクル・・・使い切ってる感あります。

ハマナカのぬいぐるみ用の脚付きボタンタイプを使っても、つぶらな瞳になってよろしいかと思います。

ここまで出来上がったわんこを横から見るとこんな感じ。



本では、おへそを+と刺しゅうで表現してありましたが、どうせタオルを持させると隠れてしまうのでへそ無しわんこにしました。

リングは、バッグの持ち手として売られている

丸ハンドル
直径外側13mm、内径11mm
色 ベージュ
径(太さの意味かと思われる)0.9cm

というのを使いました。2個で1組として売っています。(りどみぃは楽天市場のAz-net手芸で購入)



前足でリングを抱えて持っているようにしたいので、わんこの脇の下にリングを入れるようなイメージで固定します。この位置で本当にいいかどうかは、まち針で仮止めしてみて決めます。

位置が決まったら、前足の内側とわんこのお腹とを綿まですくうようにして、2本どりの糸で、表から見えない位置をがしがし☆縫ってしっかりとめます。後でタオルの重さもかかってくるので、綿まですくって縫うことが大切です。

脚は、リングの邪魔にならないように、上に向けて下腹と太ももを縫い合わせるイメージで、前足の時のように綿まですくってしっかりと縫いとめました。


最後に、後ろ頭に吊り下げ用の紐を縫い付けます。紙袋に使われていた紐をリサイクルして使いました。30cmあります。


紐は、脳天に縫い付けるイメージではなくて、後頭部に3~5cmしっかりと縫い付ける感じ。これもまち針で仮止めして、実際に吊り下げたらどうなるか様子を見て縫い付け位置を決めます。縫い付け位置によっては、わんこがうつむきっぱなしになってしまったり、仰向けになり過ぎてしまうのを防ぐためです。

紐の縫い付けが終わったら出来上がり。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

連休明けのレッスンでも

 今日は、みんとさんの連休明けのレッスンでした。先週の3日のレッスンは、お休みとのことで行われなかったので、2週間ぶりのお勉強です。


へらへらと見学しているじじくんに笑いかけつつ、りどみぃとレッスンに参加するみんとさん・・・たるんでます。

レッスンを休むと気が緩むのはみんとさんだけではないらしく、おさらい的な内容ながらもひとつひとつをキチンとやるよう求められました。

歩く時は、飼い主に遅れないように、膝の横を歩き・・・



”つけ”では、飼い主の脚に絡みつくかのようにぴったりと寄り添い・・・



みんとさん、それなりに真面目にやっとりました。連休明けのレッスンとしては上出来と言えましょう。

実は、連休中のお出かけ先でも気が付いた時には呼び戻しや行進、遠隔の練習をちょこっとやっておいたのです。みんとさん、お出かけ先では嬉しすぎてハイになり過ぎ、自分勝手な悪わんこになりがちなので、「いつもと違うと思ったら大間違いよ、今日も、ここでもリーダーはりどみぃだからね!」と念押しの気持ちで引き締めておいたのでした。

お出かけすると悪わんこになる・・・そうならないように対策する・・・これって、みんとさんとの長い付き合いをする内に学んだノウハウです。

今回の連休も、このみんと対策をもって、なんとか事なきを得たことでした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

母の日まではカーネーション

 こどもの日が過ぎたので、いつまでも”柏餅チャーム”をしているのもな・・・ということで、11日の母の日までの間は、”カーネーションのチャーム”を着けることにしました。


これも何年も前に作った100円ショップで買った造花+丸カン+カニカンの物ですが、着ける期間が短いのでそう汚れもせず、まだ使えます。

みんとさんの被毛の色に生えて、とってもお似合いです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

8人分ですか!?

 公園の近くにコンビニのファミリーマートがあって、店内のマシーンで1杯ずつドリップしてくれるコーヒーが美味しいので、最近よく利用しています。この日も、みんとさんは、りどみぃがじじくんと自分の分を買って来るのを、お店の前でじじくんと待っているところです。



ファミマカフェというものらしいのですが、システムとしては、マシーンやカウンターにあるお札(ブレンドSとかMとか書いてあるカード状の物)をレジに持って行って代金を支払い、そこで紙コップを渡されるというものです。マシーンの前に戻って、所定の位置に紙コップを置き、”ブレンドS”とか”カフェラテM”とか書いてあるメニューボタンを押すと自動的に抽出されてカップに注がれるってわけです。

どうもりどみぃは間が悪いようで、カフェラテ抽出中にミルクが切れるとか、じじくんのブレンドが最後の1杯でコーヒー豆を補充してもらわないとりどみぃの分のもう1杯は出せなかったとか、トラブルもあれこれあります。

この日は、りどみぃの直前のお客様が8人分のブレンドを注文し、8杯分抽出する間ずーっと待っていなければなりませんでした。美味しさの秘密なのでしょうが、1杯ずつドリップしてくれるシステムなので、8杯分ともなると、結構時間がかかります。


結果的に、かなりみんとさんとじじくんを外で待たせることになってしまいました。

お待たせ、みんとさん♪(・◇・;)

やっとりどみぃお順番になり、無事にコーヒーゲット。
お店の外で飲むことが出来た時には、喉の渇きもあいまって、しみじみ味わって飲みました。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

手袋わんこ:第3弾スヌーピー風(?)

 100円ショップで買った手袋を使って作った”手袋わんこ”、第3弾が出来上がりました。



耳と尻尾の色がこげ茶のスヌーピー風配色のわんこです。まぁ、スヌーピーはビーグルでボディが白、ぶちは黒で表現されていますから、違うか・・・
これをお見せした方には、”ミックス犬バージョン”と呼ばれたりもしました。

最初からこういう配色で作ろうと思っていたわけではなく、言うなれば悔し紛れの廃物利用って感じ。実は、最初はこげ茶の手袋を使って、こげ茶色のわんこを作ろうとしておりました。

使用する手袋が軍手の場合は、手首の部分が一重でゴム編になっているのでそのままで良いのですが、防寒用の手袋だと手首で内側に折り返して二重になっているので、わんこの頭部を作る時にはその縫い目をほどき、一重にする必要があります。ところが、製品として目立たないような色の糸を使ってあり、手袋が防寒用でもこもこした毛足の物だったので、ほどくのに失敗して本体手首部分を切ってしまい、穴が開いてしまいました。


穴が開いてしまった部分は、わんこの鼻の横辺りになる部分で、繕って穴をふさいだとしてもその跡が目立つし、綿を詰めたらそこだけ伸びなくて妙な具合になりそうなので、使えないってことなのです。

100円が・・・ぱー?(・_・、)

そのまま捨てるのが惜しいので、無事だった指の部分だけでも使おうと、ベージュの手袋で作ったわんこの耳と尻尾にかぶせて縫い付けてみました。

意外に可愛くなって満足、満足。穴を開けちゃった手袋だって無駄にしていないし!



既に100円ショップでは冬物は売られていない為、こげ茶の手袋を補充することは出来ません。こげ茶のわんこは来秋以降作ることにいたしましょう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

カンニングわんこ

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんは、カンニングわんこです。本当は、りどみぃが離れた場所に獲物を置いてくる間、目隠ししたまま待っていなければいけないルールの遊びなのに、こっそりタオルの隙間から見てるんですもん。


りどみぃがみんとさんの横に戻って、「”探して”」と指示してから探しに行くというゲームなのに、置くところをこっそり見ていたら持って来るのなんか簡単で、探していることになりません。


みんとさん、ずっるーい(・◇・;)



じじくんが証拠写真を撮ってくれなかったら、まだまだりどみぃはみんとさんの小知恵に騙されていたかもしれません。


みんとさん、タオル程度ではなんとか隙間から見ようとするので、少しくらい頭の角度を変えても落ちたりしない目隠しが必要です。アイマスクタイプが良いかもしれず・・・作ろうかしらん。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

5月のみんとカレンダー

 2014年5月のみんとカレンダーは、こんな写真を使っています。


みんとさん、キルトと見ると自分のマットだと思ってしまうのか、上にのろうとしたり前足で押さえたりと自己主張が強いです。

これはタペストリーだよ。壁に飾るやつですよ~(・△・;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

のんびり・・・ばかりじゃね

 日頃のお散歩は、りどみぃとみんとさんだけなので、歩く速度も速いし犬笛や声による指示を出しながらだったりするので、ちょっと訓練っぽい雰囲気があります。



意図的にそうしているのですが、みんとさんもお散歩を楽しみながらも、いつ何時りどみぃから指示があるかわからないので、多少の緊張感を持っていたりもします。

ゴールデンウィークになってから、じじくんも一緒に日頃行かない公園をのんびりお散歩する日が続いたら、みんとさんがりどみぃに対しての注意を払わなくなり、自分勝手な犬になってきました。

ここは緩んだ気を引き締めておかねばなりません。例えば、すたすた歩いている時でも、「みんと」と名前を呼ばれたらただちに飼い主を見る(アイコンタクトをとる)とか・・・


今日お友達わんこが来たかどうか匂いを嗅いで確かめたい時でも、「”おすわり”」と言われたら匂いを嗅ぐのを諦めてピシッと”おすわり”するとか・・・




お散歩の最初の内は指示が出されると「えーっ?」とめんどくさそうな顔をして応じていたみんとさんでしたが、少し歩いてはまた指示が出されるので、だんだん前のようにリズムが良くなってきました。

行進中の”ふせ”も即座にやります。顔も真面目で、胸元のみそあんバージョン(ピンクの羊毛フェルト)の柏餅がお似合いでらぶり~


のんびりお散歩ばかりだと悪わんこになってしまうので、こういうメンテナンスは大切かと思われます。みんとさんも、指示を出されてそれに応える喜びを思い出してきた模様。笑顔できびきび動くようになりました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

東高根森林公園

 ゴールデンウィークということで、みんとさんが喜びそうなお出かけをしたいものですが、飼い主が渋滞で精神的にきついのは遠慮したい・・・ここはやっぱり大きめの公園でのんびり過ごすのが吉でしょう。


ということで、東高根森林公園という所へ行ってきました。行ったことのない公園に行ってみたいなとあれこれ探していて、”かながわの公園50選”という神奈川県のホームページに迷い込み、上から順に見て行ったリスト中、見たことも無い名前だったので今回のターゲットとなったのでした。


県立東高根森林公園

住所:〒216-0031 神奈川県川崎市宮前区神木本町2-10-1
駐車場:あり 8:30~19:00 (86台)
料金:平日は無料
(3月1日~11月30日の土日祝日は有料(大型870円、普通540円、二輪100円)


http://www.kanagawaparks.com/higasitakane/



行ってみたらすごく良い公園で、すごく楽しかったです。みんとさんも、じじくん&りどみぃもお気に入りの公園になりました。

この日は、公園のイベントでフリーマーケット開催が予定されていました。86台という駐車場の収容台数からフリマ出展者も車で来園することが予想され、8時30分(駐車場の開場時間)到着目標で家を出ましたが、実際に到着したのは9時過ぎでした。

駐車場から平坦な遊歩道の順路を選んで、湿性植物園方向を目指しました。ほどなく”ケヤキ広場”に出て、近くの公園の碑の前で記念撮影をパチリ☆


帰宅後に調べてわかった事ですが、りどみぃがこの公園を知るきっかけになった”かながわの公園50選”とは別に、”かながわの景勝50選”ってのもあるらしいです。そして、この公園は、”景勝”の方にも選ばれているとのこと。優秀ですねぇ~

ケヤキ広場を過ぎてすぐに池があり、ここはザリガニ天国らしい・・・この時は、まだ朝早かったので人がほとんどいませんが、お昼近くになって通りかかった時は、たくさんの子供たち&家族がザリガニを釣っていました。



どうもここではザリガニがすごく繁殖してしまって困るらしく、公園側としてもザリガニ釣りに関しては歓迎のようです。釣ったザリガニは、持ち帰る他、パークセンターに用意されている”ザリガニポスト”に入れて置いて帰ることも出来るようです。

せっかく捕まえたんだから、池に戻さないで・・・ってことですな(・_・)

池のほとりのあずまやの横を通って、木道を湿性植物園を観賞しながら進みます。




みんとさん、初めての公園が楽しくてたまらないらしく、へらへら笑いっぱなしです。

「犬はくさりにつないで フンは始末しましょう」という立札を見た時も、「くさりじゃないけど良いかな?」とちょっと困惑しつつも「許されるよね」と解釈して笑顔全開。


まだあやめや菖蒲の季節には早かったので花は咲いていませんでしたが、もう少ししたらさぞかしきれいだろうと思います。



木道は真っ直ぐ最短距離で行ける部分とう回路とがあるので、みんとさんが他の方にお邪魔になることなくゆっくりとお散歩できましたし、水もきれいで鴨ものんびりしていたりして、本当に気持ちよく過ごすことが出来ました。



”自然観察広場”を経て”古代芝生広場”へ。広々とした広場だったので、フリスビー遊びをしました。


広場に掲示されていた案内板を読んだところ、ここにはかつて弥生時代後期(3世紀)から古墳時代後期(6世紀)の集落が埋蔵されているそうです。みんとさんがフリスビー追っかけて遊んでいるここで、ずーっと昔は生活が営まれていたってことなんですね。


古代芝生広場は木陰が少ないので、古代植物園の方へ足を延ばして木陰で一息。


人通りも少なく、遊歩道も複数設けてあるので、みんとさんがロングリードでお散歩してもご迷惑になることがありません。やっぱりわしらの群れ活動は、こういうお散歩がお気楽でいいわぁ~リード2mをキープがお約束の昭和記念公園よりも。


また、この公園の掲示板には、しつけ教室の開催予定が貼ってあったので、この公園をお散歩に利用している飼い主さんの意識が高いのか、みんとさんが知らない犬に吠えられることや、飼い主にコントロールされていない犬が勝手に近づいて来るような事も無く、安心してご挨拶させたりすれ違ったりすることが出来ました。

公園を一通り一周したら、お昼過ぎになっていました。
「また来ようね、みんとさん。」と微笑み合うわしらを、パークセンター前に飾られたたくさんのこいのぼりが見守っていてくれるようでした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

靴が届いて

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんは物見高いので、通販で購入した物が我が家に届くと「なんだ?なんだ?」と見に来ます。

まぁ、時にはみんとさんのチーズやターキー、グリニーズなんかが届くこともあるので、「あたしの?あたしの?」と興味深く迫って来るのも解ります。でもさ、今日は、りどみぃの靴なんだよね・・・


靴屋さんから届いた靴だけの包みなのに、みんとさんが梱包を開けようとするりどみぃの手元にぐいぐいと鼻を突っ込んできて、作業しにくいったらありません。宅配便の車の中で、お隣の荷物は美味しい食べ物だったとか?

この靴は、みんとさんと毎日お散歩に行くのに必要で買った物なので、あながちみんとさんに無関係ではないのですが・・・食べられないよ。

毎日いっぱいお散歩しているとはいえ、どうも半年に1足ずつは履きつぶしているようです。ダメになる原因は、底がすり減り過ぎてしまうのと靴の中の踵の内側や小指の当たる部分が擦り切れてしまうからです。

新しい靴も来たことだし、植物園の桜草展を見に出発だ!


この桜草展、4月の内から来てみたかったのですが、閉園時間が早いので「あ、もう今から行っても間に合わない」ということが続き、なかなか見ることが出来ませんでした。

いっぱい並んでいますが、どれも花の色や形が個性的ですべてが違っているようです。それぞれ名前が表示されているので、花の様子と名前とを一致させながら観賞することが出来ました。


これは、”桜竜田”というお名前らしい。


白い花びらにピンクの色が入っていて個性的です。

こちらは、花びらの縁がレースのよう・・・優美ですわねぇ。


ゆっくりと桜草を観賞した後は、バラ園の方へ行ってみました。前回訪れた時はまだ咲いていなかったのに、今日はきれいに咲いている種類のバラが数種見受けられました。


あずまやのバラも咲き始めていました。





じじくんに「バラが咲き始めたよ」って教えてあげようね、みんとさん♪



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

電車が待てない

 いつもなら、人道橋の上で下を電車が通過するのを楽しみに待つみんとさん。だって下を電車が通過する間は、チーズやらささみやらのおやつをもらえるから。

この日も、お天気が良かったので遠くの公園に行くことにして通りかかりましたが、あまりにも風が強くて息も出来ないほどでした。みんとさんの耳も、風に吹かれてぱたぱたと動きっぱなしです。こいのぼりみたいに。



ちょうど列車が通過してしまった直後だったようで、少しだけ待ってみましたが、なかなか来ませんでした。


みんとさんには残念賞としてのささみを食べさせて、とっとと橋を渡る決意をした息が苦しくなった飼い主でございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »