« 誰のお家かな? | トップページ | 厳しいくらいでちょうどいい »

2014年2月25日 (火)

平常心で待ちました

 冬の公園は冷えます。みんとさんのリードを木の幹にくくってちょっと個人的な用足し(トイレ)に・・・


みんとさん、鳴かずに動かずに待っていました。
以前は、りどみぃが背中を向けた途端に鳴き始めたのですから、みんとさんもすっかりここで待つことには慣れたようです。

リードの長さには余裕があったので、動こうと思えば木を起点にぐるぐる動けたはずですが、1歩も動いていませんでした。りどみぃが戻った時の表情も、以前のように「良かった!戻って来たんだね、嬉しいよ!」という顔ではなくて、淡々としたものでした。

みんとさん、動揺せずに平常心で待つことが出来るようになったのね。


そして、動かなかったことからもわかるように、以前のみんとさんだったら通りかかったウォーキングの方や散策中の方にお愛想を振りまいておりましたが、今回は忠犬よろしくりどみぃを待つことに専念していた模様です。

やれば出来るじゃない・・・(・△・;)


|

« 誰のお家かな? | トップページ | 厳しいくらいでちょうどいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/48359642

この記事へのトラックバック一覧です: 平常心で待ちました:

« 誰のお家かな? | トップページ | 厳しいくらいでちょうどいい »