« 生まれて初めての大雪 | トップページ | 公園の雪事情 »

2014年2月 9日 (日)

雪遊びが好き☆

朝になったら雪はやんでいました。
じじくんがどうしても出かけなくてはいけない用事があり、その前に雪かきをして行ってくれました。りどみぃとみんとさんは、ちょこっと雪かきすれば良いだけなのでお気楽です。

これまで、みんとさんは、あまり雪の中で遊ぶのが好きではありませんでした。雪を踏んだ前肢をひょいと上げて、りどみぃをじっと見ていかに冷たいのかを訴える・・・そんな感じでした。一歩ごとにずぼっと入ってしまうのが歩き難くて憂鬱だったのかもしれません。しかし今回、コツをつかんだようです。


それは砂浜を歩く時のように、足の指を開いて(お手々をぱー)の状態にすること。そうすると体重を受ける表面積が広がって、足がずぼっと雪に深く入るのを防いでくれます。

お手々をぱーの極意をつかんでから、みんとさんはためらいなく雪が積んである小山に上がるので、そこにジャーキーを投げてやる遊びをしました。


雪の上に5mm位のジャーキーを投げてやると、ぽすっ☆とちょこっとだけ雪に埋まったような状態になります。それをみんとさんがお鼻を使って探し、見つけたら取り出して食べるという遊びです。

なかなか見つけられないこともあるし、見つかったからと不用意にお口でぱくっとしそうになって、かえって雪の中に深く押し入れてしまうこともあります。時にはお鼻で位置を確認して雪ごとお口に入れてみたり、前肢を使って掘り出してみたりという
工夫が必要なので、みんとさんにとっては狩りの一種なのだと思われます。


雪の小山をこっちかな、あっちかなと真面目に探すみんとさん。見つけて食べたジャーキーは、格別美味しいらしいのでした。



|

« 生まれて初めての大雪 | トップページ | 公園の雪事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/48061654

この記事へのトラックバック一覧です: 雪遊びが好き☆:

« 生まれて初めての大雪 | トップページ | 公園の雪事情 »