« オオバコの野原 | トップページ | 野鳥たちと猫たち »

2012年10月23日 (火)

柴垣がすっきり

 みんとさんの裏をかくため・・・というか、りどみぃがリーダーなんだぞと印象付けるために、毎日違う方向へお散歩に行くように心がけています。今日は雨がぱらついた後、水はけのよい森の公園方面へ。




かりんの大きな実が生っていました。葉っぱがいっぱいある間は気が付かなかったけど、結構頑張っていたのねん。その実の向こうに見える空は、まだどんよりしています。




かりんのジャムなんか使えば食べられるシフォンケーキが焼けるとは思うけど、かりんなんてお庭に植えているお家の人以外は買わなきゃ手に入らないから、風邪をひいて喉が痛いわけでもないのに贅沢な感じがしちゃいます。


洋ナシのラ・フランスと同じようなイメージだな(´ー`)

公園内をぐるっと1周お散歩していたら、梅園の方の遊歩道はまだ濡れていました。が・・・妙に明るい気が・・・なんと、梅園を囲む柴垣(しばがき)の上の方が切り取られ、すっきりしているではありませんか!




柴垣が低くなったことで向こう側の日が差して明るい梅園が見えるようになり、雰囲気が明るくなった気がします。

梅が咲いていた頃の写真で表すと、白いカット線から上を切り取ったって感じです。




延々とカットした部分は、どうしたんだろうかと思って垣根の向こうを見てみたら、そこに切り落とされたままになっていました。野鳥の巣材になりそうです。




なんでカットしたのかなぁ・・・作業中に通りがかったなら聞くこともできるけど、謎は残るのでした。





|

« オオバコの野原 | トップページ | 野鳥たちと猫たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/47820980

この記事へのトラックバック一覧です: 柴垣がすっきり:

« オオバコの野原 | トップページ | 野鳥たちと猫たち »