« 寝て待てるほどに | トップページ | バケツナス »

2012年9月29日 (土)

朝の葛西臨海公園と午後のレッスン

 どうしても朝から片付けなくてはならない用事があったので、早起きして家を出ました。予定通りに用事を片付け終わったのが8時過ぎ、家に帰る前に葛西臨海公園に寄ることにしました。

駐車場の奥の方に車を駐めて、すぐ前の池に向かえば、池の畔にこんな立札が・・





誰かカメに噛まれちゃったのかな?
みんとさんは、カメよりカモにご執心。




観覧車の近くの花畑は四季折々の花がきれいなので見に行ってみたところ、コスモスが咲いていました。




が、この頃になると日差しが強くなってすごく暑くなって来ました。コスモス畑の縁の小道を歩いていたみんとさんも相当暑さを感じたようです。営業前で停車中のパークトレインの前に”おすわり”させて写真を撮ろうとしましたが、ダルくてたまらないらしくて自主的に”ふせ”て休憩していました。




木陰までは遠かったので、熱中症予防の為、頭と背中に水をかけてやりましたが、相当暑かったのか、水入れに汲んでやった水もがぶ飲みしとりました。




我ながら真面目だと思いますが、この後家に帰って昼食やら一休みやらをした後、午後はしつけ教室のレッスンに参加しました。




この日のテーマは遠隔でしたが、みんとさんはよく言うことを聞いていました。朝の葛西臨海公園でのお散歩が、群活動としての一体感を強めたからではないかと思います。

呼び戻しの練習の時には、お隣のボーダーコリーのお友達がみんとさんを獲物を見るような目で狙っていたので、みんとさんは大きく迂回してりどみぃの元に来るため、先生に「なんで真っ直ぐ行かないんだ?」と言われていました。

狩られるのを恐れてるんだよね、みんとさん。(ーー;)

また、少し離れると「”つけ”」と言ってもどうしていいのかわからないようでした。みんとさんがどこにいても「”つけ”」と言われたら脚側に来るように教えなくてはならないそうですが、まだ理解していないようです。




今週も忙しくて、お散歩の時に外で”おいで”の訓練が出来なかったのですが、みんとさんってば、もう正面に来ないようになっていました。きちんとりどみぃの前に来ておすわりするのが正解なのですが、先読みして直接脚側でおすわりする”つけ”をしようとするのです。

先読みわんこを指示されたことだけを直ちにするように教えるのは結構根競べって感じです。


|

« 寝て待てるほどに | トップページ | バケツナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/47263532

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の葛西臨海公園と午後のレッスン:

« 寝て待てるほどに | トップページ | バケツナス »