« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

バケツナス

 先日のこと、りどみぃ父の趣味の家庭菜園でナスがいっぱいとれたそう。本人達は旅行に出るとかで、「好きなだけ持って行け」という伝言を聞き、面倒なので全部貰ってきました。

どうせ父が戻る頃には次のナスが大きくなっているだろうし、ピカピカの内に知り合いにおすそわけしてしまえば良いかな・・・と。




パッチワークの集いの時に持って行き、その場で山分けとなりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

朝の葛西臨海公園と午後のレッスン

 どうしても朝から片付けなくてはならない用事があったので、早起きして家を出ました。予定通りに用事を片付け終わったのが8時過ぎ、家に帰る前に葛西臨海公園に寄ることにしました。

駐車場の奥の方に車を駐めて、すぐ前の池に向かえば、池の畔にこんな立札が・・





誰かカメに噛まれちゃったのかな?
みんとさんは、カメよりカモにご執心。




観覧車の近くの花畑は四季折々の花がきれいなので見に行ってみたところ、コスモスが咲いていました。




が、この頃になると日差しが強くなってすごく暑くなって来ました。コスモス畑の縁の小道を歩いていたみんとさんも相当暑さを感じたようです。営業前で停車中のパークトレインの前に”おすわり”させて写真を撮ろうとしましたが、ダルくてたまらないらしくて自主的に”ふせ”て休憩していました。




木陰までは遠かったので、熱中症予防の為、頭と背中に水をかけてやりましたが、相当暑かったのか、水入れに汲んでやった水もがぶ飲みしとりました。




我ながら真面目だと思いますが、この後家に帰って昼食やら一休みやらをした後、午後はしつけ教室のレッスンに参加しました。




この日のテーマは遠隔でしたが、みんとさんはよく言うことを聞いていました。朝の葛西臨海公園でのお散歩が、群活動としての一体感を強めたからではないかと思います。

呼び戻しの練習の時には、お隣のボーダーコリーのお友達がみんとさんを獲物を見るような目で狙っていたので、みんとさんは大きく迂回してりどみぃの元に来るため、先生に「なんで真っ直ぐ行かないんだ?」と言われていました。

狩られるのを恐れてるんだよね、みんとさん。(ーー;)

また、少し離れると「”つけ”」と言ってもどうしていいのかわからないようでした。みんとさんがどこにいても「”つけ”」と言われたら脚側に来るように教えなくてはならないそうですが、まだ理解していないようです。




今週も忙しくて、お散歩の時に外で”おいで”の訓練が出来なかったのですが、みんとさんってば、もう正面に来ないようになっていました。きちんとりどみぃの前に来ておすわりするのが正解なのですが、先読みして直接脚側でおすわりする”つけ”をしようとするのです。

先読みわんこを指示されたことだけを直ちにするように教えるのは結構根競べって感じです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

寝て待てるほどに

 今日は、パッチワークの集いの日でした。みんとさん、この前のように少し始まりの時間より早く行って、近くの住宅街をお散歩しました。




お仕事の都合や親戚の人が訪れるから家を開けられない等理由は様々でしたが、今日は参加者が少なく、結果的に同行するみんとさんのわんこ友達も少なかったのでした。

ふと気がつくと、みんとさんが自分のマットの上で横になって眠っていました。

おおっ、ここで眠れるくらいになれたんだね!(・◇・;)

とちょっと感動。最初の頃は、りどみぃが少しでも席を立ったり動いたりしたらイチイチついて歩いていたことを考えると、みんとさん、かなり精神的に余裕が出てきたと言えましょう。

犬が飼い主にかまって貰えない間、自分で自分の時間を過ごすという意味においても、眠れる程安心しているということで、とっても良いことと思われます。

寝ているみんとさんを撮影したくてカメラを起動したら、チュイーンというかすかな起動音で起きてしまいました。




家では、必ずしも起きるわけではありません。
パソコンの横のマット上で寝ているみんとさんは、りどみぃがカメラを起動してもズームを使っても目を覚まさない時もあります。それ位、家での眠りは深いのでしょう。

パッチワークの集いの場でも、そんな風にリラックスして爆睡するみんとさんを見ることが出来るでしょうか?会を重ねる毎にそうなって行くような予感がします。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

犬留められてドッグラン

 珍しくりどみぃが運転手でみんとさんと移動中、休憩のために大井海浜公園に寄りました。みんとさん、こういう時はとってもおりこうさん。運転手りどみぃの集中力を乱したら大事だと理解しているのか、後部座席のメッシュクレートの中で大人しくしています。

家を出てからは渋滞を避けて遠回りしたせいで予定の2倍の時間が過ぎていました。トイレに行きたいのは犬も人間も一緒・・・ということで、「みんとさん、ここで待っててね。」と公園の案内板の根元にリードを固定。




週末はスポーツをする人や遊びに来た家族連れでとても賑やかなのに、平日の昼間となると人気がありません。公園のお手入れをする業者さんが芝生の上でお昼を食べている姿を見かけたくらいです。

みんとさんの側を離れる時も、りどみぃが個室の中にいる時も、みんとさんは鳴きませんでした。りどみぃが離れて待たされることに不安を感じると言うよりは、広い公園に到着したのに、いっぱい歩いたり走ったりする前に、どうしてこんな所で待たされるのか理解できないという、不満そうな顔をしとりました。




おまけに、「戻ったんなら早く行こうよ!何写真なんて撮ってるのよ~」とも言いたそうな視線をこちらに投げかけております。

この公園のドッグランにはしばらく来ていなかったので、これを機会に利用登録証を更新しておくことにしました。手続きの間、みんとさんは犬留られます。




数分で新しい利用登録証が発行されました。これを飼い主が首にかけてドッグランに入場するのですが、公園内に人がいないのですから、ドッグランも貸切状態でした。



実際は飼い主が首からかけておくものです

久しぶりに来たドッグランは、6月28日に杉と檜のウッドチップがまかれたとのことで、水はけも良くてきれいでした。




用が無ければもっと長い時間ここで遊んでいたいけど、まだ行かなきゃならないところがあり、やらなきゃならないことがあるのです。

短い時間ではありましたが、みんとさんの気も済んだようなので、公園での休憩を終えて先へ行く事にしました。




今度は、じじくんも一緒の時にまた来ようね!(*^^*)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

げろりあんを食べないで

 朝ごはんにドライフードを食べさせた時、みんとさんが食後にお水を飲んでないな・・・と気にはなっていたのです。だけど2階で作り始める予定の”ひな祭りのキルト(タペストリー)”の作業を早く始めたかったので、すぐに2階に上がってしまいました。もちろん、みんとさんも一緒です。




小1時間ばかり作業を進め、その間みんとさんは寝袋を畳んだふんわりした物をマットがわりに敷いて寝ていました。

と・・・かっは☆というみんとさんがむせた時のような音がしたのでそちらに目をやると、寝そべったままのみんとさんが顔だけ上げるようにしていました。その顔の前、寝袋布団の上には、こぶし大のドッグフードの小山が・・・

ああ、吐いちゃったのか、やっぱりドライフード食べてお水を飲まなかったから消化が悪かったんだな・・・とりどみぃが思っている間に、みんとさん、起き上がるとたった今げろりあんしたふやけたドッグフードの上に屈み込み、端っこから食べ始めようとするじゃありませんか!

食後1時間の間に半ばふやけて1粒の大きさが1.5倍位になっていましたが、お水を飲まなかったので芯まではふやけていないらしく、みんとさんが停める間もなく口にした数粒分、ぽりぽり☆と音をさせながら食べてしまいました。




どうもみんとさんとしては、寝ていたら口から出ちゃった的な感覚らしく、また全てをお腹に戻そうと考えたらしい・・・りどみぃ、止めました。

や・め・て~!(T▽T)

吐いたフード食べんでもいい!後でお腹すいたら別のものあげるから!
と続きを食べようとするみんとさんを制し、ふやけたフードやら寝袋布団やらをあれこれ片付けたのでした。その後、数時間様子を見ましたが、みんとさんはけろっとしていて何ともないようなので、お昼過ぎにウェットフードを食べさせました。

お腹がぎゅるぎゅる鳴ることもなく、みんとさんが伸びをするような、みんとさんが調子が悪い時に見せるようなことが1つもなかったので、吐いたとはいえ体調は悪くなかったようです。

みんとさん、今度からはドライフードを食べたら必ずお水を飲んでね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

時間預かりでも

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん、先日の待つお勉強の時に「みんとは鳴かなくなった」と先生にも認めていただいたわけですが、やっぱりかなり鳴かなくなっているようです。




今日は、買い物があったのでお散歩がてらみんとさんと駅方面へ向かい、いつものようにペットショップの時間預かりに預かってもらいました。2時間500円は、みんとさんを家にお留守番させればかからない料金ですが、これも練習なので敢えてお預けの機会を作ります。

買いたかった物を買い揃えるのに複数の店舗を回ったりしたため、1時間半かかってしまいました。お迎えの為にペットショップの店舗内に足を踏み入れた時、みんとさんの鳴き声は聞こえませんでした。ショーケースの中のパピーたちやトリミングルームの中の犬は鳴いていましたが、みんとさんの鳴き声とは明らかに違うのです。

レジカウンターで料金を支払っている間に、別のスタッフの方がみんとさんを連れて来てくれました。みんとさん、満面の笑顔で尻尾を高速で振っていましたが、りどみぃに跳びつくことはありませんでした。




再会した時の興奮が強ければ強いほど跳びつくという我を失った行動に出やすいのですが、それは再会までにいかに不安だったかの度合いをも表しているように思われます。すごく不安だった後の再会はすごく嬉しいのですごく興奮してしまう・・・という具合。

以前からみんとさんの時間預かりをお願いする時に対応してくれていたスタッフのかたが、「すごく落ち着きましたよね」と言ってくれました。

みんとさん、この感じで行きましょう♪



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

砂浜も芝生も

 辻堂海浜公園に行った時のこと、東駐車場に車を止めて国道134号線をくぐる小道から海岸に出たわしらは、砂浜を西へお散歩したのでした。




時には砂浜の砂を「掘って!」とりどみぃに促されて掘ったりもしたみんとさん・・・




砂防柵付近のサラサラの乾いた砂を踏みしめてみたり・・・




砂浜に咲いている小さな紫の花を見たりしながら歩きました。




この植物は、普段みんとさんがお散歩に行くような公園では見かけない種類のものなので、帰って来てから調べてみたらハマゴウという名前でした。砂浜に育成する植物として海浜植物という分類があることも知り、神奈川県の事業として飛砂を軽減させるために砂草(海浜植物のこと?)を植えているという事も初めて知りました。

自生してるんじゃないのね(^◇^;)

砂浜に育つ種類の植物ならば、どうりでみんとさんが行くような森っぽい公園では見かけないわけです。

国道134号線のトンネルの上に作られた”しょうなんの森”の遊歩道を通って辻堂海浜公園の西側に戻り、公園内を横切って東駐車場に戻ることにしました。

みんとさん、今度は芝生がふかふかで快適そう。




楽しく歩いている内にどんどん日が暮れてきて、空にはお月さまが・・・




いっぱい遊んですっかり満足したみんとさん、帰りの車の中ではぐっすり眠っとりました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

辻堂の海は楽し

 日に日に日没が早くなっているとはいえ、まだ夕方になっても明るいので、昨日のしつけ教室のレッスン終了後に車を走らせ、辻堂海浜公園に行きました。




風がなくて波も高くないせいか、時刻のせいかはわかりませんが、サーフィンをしている人はいませんでした。そこで、早速みんとさんの好きな遊びをすることに・・・




波打ち際めがけてりどみぃがおやつを投げ、次の波が来るまでの間にみんとさんが走って食べに行くという、みんとさんにとってスリル満点で面白くてたまらないらしい遊びです。

先週行った横浜海の公園では、波打ち際に海藻やゴミがたくさん打ち寄せられていて、この遊びが出来ませんでした。

みんとさん、波打ち際に行くとりどみぃの顔を見上げ、「さぁ、あの遊びをしようじゃないですか、みんとはいつでもOKですよ。」と言うような顔をします。ぬいぐるみを投げて取りに行く遊びをしたい時の「遊びましょう」という顔とも違って、「いつでも受けて立ちますよ」的な、ちょっと挑戦的な感じ。




みんとさんにとっては、波打ち際に向かうことは、こんなに腰が引けるくらい怖いことらしい・・・それだけに、その怖さに打ち勝って食べることが出来たおやつの味は、いつもの何倍も美味しいのかもしれません。




波を背に戻って来る時の、してやったりの顔・・・よほど楽しいのでしょう、飽きずに何度でも繰り返し遊びます。

みんとさん、海で遊ぶのがすごく好きなんだね♪





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

訓練してないもんね

 今日のレッスンでは、言葉による”つけ”と”おいで(呼び戻し)” をみんとさんが解っていない・・・理解が曖昧なままだとのご指摘がありました。




この前は、「”おいで”」と呼べば正面まで走って来て”おすわり”したのに、今日はその先を読んで正面で止まらずに勝手に脚側に”つけ”をするという先読みわんこになっておりました。

でも、それも仕方ないのかなと思います。最近、毎日のお散歩はしていますが、その途中で真面目に訓練をする時間をもうけていないのです。既にクラブの一番上のクラスであるゴールド資格の認定試験も合格済みであり、優良家庭犬認定試験も受ける気の無いわしらには、緊張感がありません。というか、緊張感に満ちた日々が嫌だからそこから抜けたくて、一所懸命努力してゴールド試験を受けて終わらせちゃった・・・って感じなのです。

やっと楽になれたのよね~お気楽最高よぉ~ヽ(´ー`)ノ

向上心という言葉を忘れてしまいそうなわしらですが、あまりにもみんとさんが劣化していくので、少しは現状維持のためにせよ努力が必要なのかも。




日頃の訓練を怠ると、すぐに適当になるみんとさん相手だと気が抜けないのですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

この郵便ポストは怖い?

 日中涼しい風が吹いていたので、みんとさんのお散歩を兼ねて郵便局へ行きました。みんとさんが歩いて行ける範囲の郵便局は、何箇所もありますが、今回はその内の住宅街を突っ切って行く郵便局に行ってみることに。




住宅街を突っ切って行く道程に公園は小さいものが1、2箇所で、樹は少なめの運動場としての機能優先タイプの公園なので、みんとさんはずっとアスファルトの上を歩き続けることになります。夏の間は、とてもじゃないけど行けないのでした。

今回も、曇っていて涼しい風が吹いているから行ってみたのに、途中で雲が切れて陽が差し始め、郵便局に到着してみんとさんに待っててもらう頃には、夏を思わせるほど強い日差しになってしまいました。こうなると、みんとさんには、熱中症予防という意味でも、日陰にいてもらわなくてはなりません。

いつもなら出入口横の建物の影になる部分で待っててもらうのですが(郵便局内部から窓越しにみんとさんが見下ろせる場所)、この日はそこに利用者の車が駐車していて、その車の持ち主がいつ用事を終えて戻って来て発車となるのか予想も出来ず、みんとさんの安全を考えると待っててもらうわけにはいかない場所となっていました。

日陰で車の出入りが無い場所は・・・(・_・)




ポストのスタンドにリードを固定し、万が一みんとさんがぐるぐる動いても駐車スペースや車道には届かないことを確認。りどみぃとしては、みんとさんにポストの日陰に入っていてもらいたいと思ってのことなのですが、みんとさんはポストの下に入るのが怖いらしく、なぜか日向から動きません。もう1歩時計回りに動けばいいのに・・・

幸いにも郵便局は空いていたので用事はすぐに片付き、みんとさんはポストの下から開放されて、住宅街の日陰を選びつつ歩いて帰ることが出来たのでした。

他の郵便局でもポストのすぐ後等で待つ経験をしているのに、わからないもんです。みんとさんにとっては、怖いポストと怖くないポストがあるのかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

日陰で待ってます

 先日のこと、しつけ教室のレッスン後に1時間ばかり時間をつぶす必要があったので、最初の内はみんとさんとお散歩していました。




が、その内にじじくんとりどみぃとは喉が渇いて小腹が空いてしまい、ビルの1階にあるカフェに寄ることにしました。ペット立ち入り禁止のビルなので、みんとさんには、店内からガラス越しに見える場所で日陰の場所にいてもらいます。




店内に入って、みんとさんから見える場所に席を取り、ガラスの内側からみんとさんに手を振って「ここにいるよ」と合図を送ると、みんとさんも「ああ、そこですか」と安心したようにこちらを見ています。

こうしてこちらの姿が見えているとみんとさんとしては不安を抱かないので、静かに待っていてくれます。




すぐに戻るからね、みんとさんもお水でも飲みながら待っててね~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

真似っこマカロン追加分完成

 美味しかった本物のマカロンの配色にあやかってのマカロンのストラップ作りはサクサク進み、全種類が揃いました。




前回迄に出来ていた”すいか”、”ピーチ&ラズベリー”に続いて、”マンゴー”、”宇治金時”、”ラムネ”です。



マンゴー



宇治金時の抹茶側



宇治金時のあずき側



ラムネ


最初の思いつき通りに、空き箱に並べてマカロンごっこ。




1個や2個より数が揃っている方が可愛さ倍増な気がします。




このセットは、”季節のマカロン”の夏バージョンのものでしたが、一年中売っている(基本の?)マカロンセットもあるそうなので、そちらも通販でお取り寄せの上、全種類じじくんと分け合って食べたいものだと相談しています。

もちろん食べたら、またその配色を真似っこしてマカロンを作りたくなるであろうと、食べる前の今から予想しているのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

海の公園にて:アートに触れた編

 海水浴シーズンが終わって砂浜のペット立入禁止が解除された横浜海の公園でしたが、砂浜の一部では”サンドアート・フェスティバル”が開催されていました。




砂浜の砂に水を加えてしっかりと固めた後、様々な彫像へとかたどっていった作品たちが並んでいて、作品の前のバスケットに投票用のペットボトルのキャップを入れて、自分が一番気に入った作品に投票することも出来る人気投票も行われていました。




出品されている作品はどれも大作で、チームが協力して制作したらしく、作品名とチーム名とが記載された立て札がありました。




みんとさん、パンダの親子の彫像を正視できません。怖いのかしらん?


作品前のテントでは、ワークショップの受付をしていて、テントの横ではポリバケツに砂を入れて準備をする子供たちの姿が見られました。何を作りたいのかな?




砂浜から内陸側の松林の向こうに、色とりどりのたくさんのテントや人がいっぱいいるのが見えました。何かお祭りのような賑やかさが感じられます。




見に行ってみたら、”金沢文庫芸術祭 第14回”の催しでした。手作り、工芸の即売やワークショップ、展示のスペースと食べ物の屋台のスペースとがあり、たくさんの人が楽しそうにしていました。






最初に一通りどんな工芸が参加しているのか見てみようと奥の方まで行ってみました。ステージがあって、フラダンスのチームがダンスを披露としていました。芸術祭ということで発表される作品は、工芸品だけではなくてダンスや楽器の演奏なども含む多方面に渡っていることが解かりました。

子供たちが参加しやすいように、各テントで行われているワークショップは数百円の参加費で体験できるようでした。

食べ物関係のテントの方に居る時に突然大粒の雨が降り始め、傘を持っていなかったわしらは、もう十分に遊んだので帰ることにして駐車場を目指しました。が、雨はどんどん強くなり、柴口休憩所の屋根の下にたどり着くのがやっとでした。その後しばらくは、音がするほどのどしゃ降り・・・




時々雷の音もして、みんとさん、その度にササミやチーズを食べてやり過ごします。




結局、丸々30分は雨宿りしていなくてはなりませんでした。雨雲が通り過ぎた頃合いを見計らって、今度こそ駐車場まで急ぎます。

駐車場の近くまで戻る間も、空の雲はすごい勢いで流れて行きました。公園の管理センターの建物の階段から海を見てみたら、砂浜に人影が無くなっていました。公園に到着した時にはたくさんの人が潮干狩りしていたのを思い返すとほんの少し前のことだと信じられないような変化です。






雨脚が強かった時、砂浜のサンドアートは大丈夫だったかな・・・アートフェスティバルのテント達は無事だったかなと心配になったことでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

海の公園にて:砂浜散策編

 海水浴シーズンも終わったので、横浜海の公園の砂浜も犬の立入禁止が解除されたことでしょう・・・ということで、久しぶりに行ってみました。




早起きして家を出たので、到着した時は駐車場もガラガラでしたが、砂浜に出てみたらかなり人が海の中に入っていて、残暑の厳しさを感じました。近くに行ってわかりましたが、海に入っている人たちは、潮干狩りをしていたようです。

砂浜にはこんな立派な看板が・・・




夏前には無かったような気がするのですが、被害が多発しているということでしょうか。

みんとさん、海辺で育った犬でもないのに、砂浜も海も好きらしい・・・ごきげんで波打ち際を目指します。




みんとさんが砂浜を歩くと、足の本体は砂に沈み、被毛は砂の上に残るような形となるので、ぱーのお手々って感じで可愛らしいかと。




足の指が砂に沈む感触は、特に嫌ではないようです。

波打ち際まで行ってみたら、打ち寄せられた海藻がいっぱいでエライことになっていました。前に打ち寄せられた分の海藻は既に枯れて異臭を放っているし、潮干狩りで不要だった貝を捨てて行く人が居たのか、目には見えねど貝が腐ったような匂いもします。




ゴミも多数打ち寄せられていたので、みんとさんが好きな波が引いた時にごほうびを投げて勇気を出して食べに行くという”波打ち際ころりん☆”の遊びも出来ませんでした。

残念ですが、海藻が控えめになったもっと寒くなってから出なおした方が良さそうです。砂浜歩きはかなりの鍛錬にもなった気がしたので、わしらは波打ち際から遠ざかり、正面入口方向の緑地の方へ行ってみることにしました。

つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

わんこそれぞれ

 15日の土曜日の夜は、パッチワークの集いの日でした。今後は、月に2回のペースで第2土曜日と第4金曜日に集まることを基本とし、予定が立てやすくなると思われます。

集いも回を重ねてきたので、みんとさんの過ごし方も少しずつですが変わって来ました。




どのわんこの飼い主さんもそれぞれの手がけている縫い物に集中しているので、みんとさん、物見高くにゅ☆っと遊びに行ったりしなくなりました。

お友達わんこもそれぞれに暇なので、犬同士で遊べば良いようなものですが、それぞれの飼い主さんの足元で寝ています。素晴らしくお行儀が良いです。




みんとさんも眠ればいいのに、マットの上に居ても目はバッチリ開けています。しかし、最初の頃のように、りどみぃが席を立つ度に部屋中どこへでもついて来るような事は無くなりました。

家で縫い物をしている時は、りどみぃも何かとみんとさんに言葉をかけたり、休憩する時に一緒にリビングまで連れて行ったりしますが、集いの時には他の方とおしゃべりしたり、作り方の説明をしていたりするので、みんとさんはかなり退屈そうです。




こういう退屈な時間を過ごすことが、みんとさんを待たせても鳴かないわんこへと成長させているのかしらん。

それにしても退屈そうな気持ちを隠そうともせんなっ(・△・;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

鳴かなくなったのね

 今日のレッスンは、飼い主が姿を隠し、犬がつながれたままその場で”待つ”というお勉強でした。

先生の指示で、レッスンルームの壁際のバーに犬のリードを固定し、犬に対しては「“待て”」などの声をかけること無く、いきなり無言で飼い主が立ち去って隣の小部屋に入ってしまうというものでした。

りどみぃだけでなく、じじくんも一緒に隠れます。わんこ達の前には、先生しかいない状態になりました。この状態で、飼い主は声を発することも控え、じっと隠れていました。




これは、ドアの隙間からじじくんが撮影してくれたみんとさんです。りどみぃ達が去った方向をじっと見ていました。姿を隠した最初は数回鼻を鳴らしたりしましたが、誰の働きかけもないままに自分で鳴き止み、その後は5分程度後の終了まで、鼻を鳴らしたり鳴いたりすることはありませんでした。

最初は背中を向けただけで鳴いたし、その次の段階では姿が見えなくなると再びりどみぃが姿を表すまで鳴き続けていたことを考えると、みんとさん、進化しています。

すごいじゃな~い(・◇・;)

先生の終了の合図で、再び無言で犬の近くまで戻りましたが、みんとさんは、それは嬉しそうな顔をして出迎えてくれました。




しかし、以前のように嬉しくて興奮し過ぎて跳びつくようなことはしませんでした。数日前にお留守番をさせたことを考えると鳴いたり跳びついたりしそうなものですが、みんとさんは嬉しそうながらも冷静でした。




その後の遠隔がテーマのお勉強では、みんとさんに”ふせ”を命じてからりどみぃが7mほど離れ、そのままの状態で何分か待たせるというのもやりましたが、みんとさんは真面目に”ふせ”し続け、勝手に状態を崩すこともありませんでした。

りどみぃの姿が見えていれば、みんとさんは不安にならないのだと思われます。それだけに、今日は姿を隠してちょっと不安になったところを、自分で鳴かないように
我慢したのは成長を感じられる嬉しい驚きでもありました。

先生にも「みんとは鳴かなくなった」とほめられ、手応えを感じたことでした。

わーいわーい、ほめられた~ヘ(^o^ヘ)(/^o^)/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

すだちのシフォンケーキ

 今年も徳島の友達にすだちをたくさん貰ったので、懸案の”すだちのシフォンケーキ”を焼いてみました。




すだちの皮を薄くむいて細切りにしたものと果汁を絞ったものが入っているので、とてもさわやかな風味で美味しかったです。

作り方は以下のとおりです。




わんこのすだちシフォンケーキ
材料:  直径17cmのシフォンケーキ型用 
 卵白  4個分
 卵黄  4個分
 小麦粉 (薄力粉)  90g
 砂糖  40g
   
すだちの皮  3~4個分
(今回、皮は2個分を薄くむいて細切りにしたものを使いましたが、もう少し入っていても良いように思ったので、3~4個分とします。)
 すだちの果汁 75cc 
(今回、果汁は1個を2つ割にして絞ったものを50cc用意し、水を足して75ccにしましたが、もう少し酸味があっても良いように思ったので、果汁のみで75ccとします。)

下準備:  各材料は、量って用意しておく。 
   オーブンは180℃に予熱しておく。
(メレンゲが出来上がりそうになったタイミングで予熱を始めるようにしています)
   型の用意も忘れずに(*^^*)


1.  卵を卵黄と卵白に分け、卵白と砂糖(今回は30g)でメレンゲを作ります。
メレンゲの作り方は、別に詳しく書いてあります。 
   
   冷凍庫に卵白を入れる容器は、平で蓋が出来るタイプの物が使い勝手が良いように感じています。卵白が凍った時に、1cm程度の厚さになると、ハンドミキサーで泡立てる時に平均して解けて出来上がりの泡立ちにむらが出来にくいからです。
これが、卵白が厚く凍っていると端っこは解けて泡立ってしまい(=粗い泡)、真ん中はカチンカチンのまま・・・というように泡が平均してきれいに立たないので、ケーキに使うと焼き上がりが良くないようです。粗い泡の部分は、一度膨らんでもしぼんでしまったりするからです。
   
   シフォンケーキの作り方は、いつも同じ手順です。一応書いておきます。
   
 2.  卵黄をボウルに入れ、軽くハンドミキサーで割りほぐしてから残してあった10gの砂糖を入れ、マヨネーズ状に白っぽくなめらかになるくらい泡立てます。
   
 3. 2にすだちの皮と果汁を入れ、ハンドミキサーで混ぜます。(30秒くらいで全体的に均一に混ざります)
   
 4. 3に小麦粉を1/3量ふるいながら加えて、粉っぽい部分が無いようにゴムベラでよく混ぜます。
   
   この時、まだオーブンの予熱が完了していなかったら、完了するまで小麦粉は混ぜないで、予熱が完了するまで手を止めて待っています。
小麦粉は混ぜてから時間が経つと粘り気が出てしまうので、ケーキの焼き上がりが重くなってしまうからです。
 
   
 5.  4に残りの小麦粉を2度に分けてふるいながら加えます。練らないように気をつけつつもゴムベラでボウルの底から返すように短時間で混ぜます。
   
 6. 最初に作っておいたメレンゲを今一度かき混ぜて泡を均一化し、1/3量を5に加えて良く混ぜます。
   
 7. 6にメレンゲの残りを2度に分けて加えます。
   
 8. 7を型に流し込み、表面を軽く平らにします。型の底を2、3cm持ち上げてとん☆と落とすことを2、3回繰り返して、型に入れた時に大きな気泡が出来ている場合に備えて空気を抜いておきます。
   
 9.  180℃で30分焼きます。10~15分程度焼いて焼き色が付いてしまったら、アルミホイルを用意しておき、オーブンを一瞬だけ開けてケーキの上にふんわりのせるとそれ以上焦げません。
   
 10.  焼きあがったらオーブンから出して、型ごと逆さまにして冷めるまで置きます。
りどみぃは、ワインの空き瓶をとってあって、そこにシフォン型の中心の煙突状の部分をかぶせるようにして(ケーキは逆さまの状態)冷ましています。
   
 11.  型の上から素手で触っても熱くない程度まで十分に冷ましてから、パレットナイフやシフォンナイフ、竹串などを使って型から外し、切り分けて食べます。


シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんは、かなり甘いみかんであっても柑橘系の果物はそのまま食べませんが、ケーキにするとぱくぱく食べます。

謎だ・・・(・_・)





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

梅園のウッドチップ

 公園は秋の訪れに合わせたかのように造園業者さんが毎日お手入れ作業に入っていて、伸び放題だった雑草も短く刈り込まれ、イネ科の雑草の花粉症も持っているりどみぃには嬉しい清々しさです。

梅園の中をめぐる遊歩道にも、新しいウッドチップがいっぱい追加されていました。




梅園の入口手前側はこれまでのウッドチップのままですが、敷居から向こう側(梅園内)は新しいウッドチップなのでまだ色が明るい色です。ちょっと粗い粉砕のウッドチップで、犬がお散歩するに向いているとは言えません。肉球に棘が刺さらないように気をつけなくてはならない感じ。

これが雨風にさらされ、多くの人が踏みしだいて行く内に黒土のようにもろく細かくなり、雨の日はぬかるんでしまうほどとなります。

みんとさんの肉球は頑丈そうだけど、もう少しチップが細かくなるまでは、梅園を迂回した方が良いのかもしれません。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

みなとみらいのあちこち

 横浜美術館で開催されている展覧会、”奈良美智(ならよしとも) 君や 僕に ちょっと似ている”展を見に行きました。みんとさんはお家でお留守番です。



エントランス部分の作品は撮影OKでした

会期は2012年7月14日-9月23日までなのですが、先日うっかりと木曜日に訪れてしまい、なんと休館日だったので入れませんでした。東京都の公共施設は大抵が月曜日休館なのですっかり全国的にそうかと思い込んでおり、友人と2人でびっくりしたのですが、会期終了前に再び機会を見つけての再挑戦です。

横浜美術館は、ずっと以前にみんとさんと社会性を養うためにあっちこっち出かけていた頃に建物の前を通ったことがありましたが、地下鉄みなとみらい駅からクリーンズイースト(ショッピングモール?)を抜けて行く方法は初めてでした。

 作品展は鋳造作品あり、水彩あり、パステル画ありでバラエティに富んでいてそれぞれに魅力があり、ずっと眺めていたい気持ちにさせられるものでした。

美術館に行くといつも思いますが、思っていたよりも長い時間立っていたり歩き続けたりしてしまい、鑑賞後は疲労困憊に。早めにランドマークプラザ内でお昼を食べて、その後、桜木町駅方面を経て、ワールドインポートプラザ、レンガ倉庫へに行きました。




この辺りも、みんとさんを何度も連れてきたものですが、すっかりご無沙汰です。もっと涼しくなったら、また連れて来てあげたいものです。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

真似っこマカロン

 パッチワークの集いのみんなでその内に”マカロンのストラップ”を作ることになり、「サンプルがあった方が他の参加者も誘いやすい」とのことで、獣医師の先生にお渡しするサンプルを作ることになりました。

そこで、先日の到来物だったマカロンがあんまりにも美味しかったので、マカロンのストラップとして再現してみようと思い、制作を進めています。




これはすいかのマカロンのつもり。本物では種の部分を黒ゴマで表現していましたが、そうもいかないので黒い糸をレゼーデージステッチに刺してみました。

ピンクのすいか風味のクリームをピンクの土台布のファスナーで表現し、裏側の皮を思わせる緑色の部分は、似たような色の生地を使ってみました。




こちらはピーチ&ラズベリーの再現で、黄色い生地の方がピーチ風味、ピンクの方がラズベリー風味でしょう。






1枚布のマカロンは、ピースワークした物に比べて左右の配分や中心を合わせる気遣いも少ないのでどんどん作れます。

他にも宇治金時味やラムネ味、マンゴー味があったので、全種類作ってみようと生地とファスナーを合わせました。全部出来たら、とってある空き箱に並べて、真似っこマカロンで本物のマカロンごっこをするってどうでしょうね?




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

君臨魂

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんのジャンプ力というのはどんだけのもんなんでしょう・・・この前、「これは自力でのれないだろう」と思った石の上に、頼んだわけでも無いのにひらり☆とのって見せ、こちらが驚くようなことがありました。

今までにも、公園などで手頃な大きな石があるとその上にのってもらい、狛犬の台座のような見立てで記念撮影をすることがありました。

これは葛西臨海公園でのそんな1枚です。




この高さともなるとみんとさんが自力で上がることはできませんので、りどみぃが抱き上げてのせ、撮影後も抱いて地面に下ろします。こちらとしては背景とみんとさんのバランスが大切なわけで、みんとさんの運動能力どうこうの記念写真ではないのでそれでいいわけです。

しかし、何度もこんな経験をしていると、みんとさんが石の上にのるのには慣れている・・・とも言えましょう。先を読むのが得意なわんこなので、台のような物を見ると「のりましょうか?」と自らモデルを買って出るような行動が見られるようになりました。

先日、水元公園に行った時も、川の近くの車止めのような大きな石があり、じじくんと「みんとさんをここにのせて撮ろうか」と相談していたら、頼みもしない内に心を読んだのか、みんとさんがひらり☆とジャンプ。軽々と跳び乗ったのでした。




えっ?!(・◇・;)

りどみぃもじじくんもびっくり。まさか自力で上がれるとは思いませんでした。それ位大きな石だったのです。

この角度ではどの位の高さなのか解りにくいので、横からの1枚を撮ってもらいました。




なんとみんとさんの体高よりも高い石の上に跳びのれたわけで、そのジャンプ力と向こう側に落ちないように力を調節しているという素晴らしさにも驚かされました。

みんとさんの石の上に君臨しようという魂は、結構やるなぁと思ったことでした。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

暑くて、はしご

 昨日、レッスンの後に用事があって、みんとさんと一緒に移動しましたが、休憩と飼い主の空いた小腹を満たすのを兼ね、葛西臨海公園に寄りました。




カンカン照りで、駐車場に車を駐めた後、日陰を目指して走りたくなるほどで、園内のレストランのテラス席も日陰とはいえかなりの気温の高さを感じました。水族園の入口前の広場では、大道芸が始まって見物の人垣が出来ていましたが、演者も観客も相当暑かったろうと思います。

うどんやそばで小腹を満たすわしらを待っていたみんとさん、「いよいよお散歩ですか?」と期待しているようですが、すぐに熱中症になりそうな石畳の照り返しに、「こんな暑いところをみんとが歩いて大丈夫かな」とちょっと不安・・・そこで、じじくんの提案で、すぐさま再び車に乗り込み、水元公園に移動することにしました。

こうした公園のはしごは以前にもしたことがありますが、葛西臨海公園と水元公園都を比べた時、木が多くて川沿いの水元公園の方が涼しいように感じるのです。




環状7号線をひた走り、ちょっと国道を走れば、すぐに水元公園に到着。その間にも少し夕方に近付いて日差しは弱まり、さっきまでいた葛西臨海公園の照りつけられる様な暑さからは開放されて、のんびり木陰から木陰へと散策することが出来ました。




さぁ、みんとさん、そろそろ出発するよ~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

大接近での行進中の○○

 今日は午後遅くに用事があるので、久しぶりに1時のクラスに参加させてもらいました。


 

今日のお勉強のテーマは「行進中の○○」で、”おすわり”や”ふせ”や”待て”を指示されたら速やかに行うというものです。

これまでにもお勉強してきたことではありますが、今日は、飼い主&わんこのペアがレッスンルームの両側から真ん中に向けて進み、すれ違う時に指示を出して犬だけをその場に残すという難しい内容でした。

まず、行進中に言葉による指示でわんこが直ちにその場で”おすわり”したりしなくてはいけません。飼い主は立ち止まること無くスタート地点の反対側まで歩き続けるので、思わずわんこは一緒について行こうとしてしまいます。

双方向から進んだ飼い主&わんこがそれぞれ同じ指示を出すので、わんこ同士は横並びで頭が逆方向を見ている状態になりますが、すぐ横にいてもお互いに匂いを嗅ぎあったり遊んだりしてはいけません。




みんとさん、ずっと前なら自ら横のお友達わんこにちょっかいを出すようなところがありましたが、最近は真面目に指示に従い、立ち止まること無く行ってしまったりどみぃの方をじっと見ています。

行進のスタートも良くなって来ました。以前なら、りどみぃが「行こう」と声をかけても1拍遅れて「ああ、はい」とみんとさんが立ち上がるタイミングがズレていたのですが、最近はさっ☆と立ち上がるようになってきました。

が・・・こういうみんとさんが”おすわり”や”ふせ”をしている状態からりどみぃが近付いて行って「行こう」と促す形の行進は、動き出すタイミングも遅いし、りどみぃの横ではなくて後を歩いて遅れがちになってしまいます。どうも”おすわり”とか指示を1つ全うすると油断するらしい・・・りどみぃに対しての集中が途切れてしまうのですな。そんな時、みんとさんは何を考えているのやら・・・




みんとさん、まだまだりどみぃの膝の横を歩くのだと理解してないようなので、理解してもらえるように自主練しないとならんようです。




取り敢えず、今日はこんなに接近しても真面目にお勉強できるということが素晴らしいと、みんなが先生にほめられたので、良い日でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

ハマちゃんのおやじの跡取り

 大規模田おこしで始まった公園のミニたんぼの今年の稲作は無事に実って、稲穂が頭を垂れるほどになって来たようで、しばらくぶりに行ってみたらかかしが登場していました。




昨年は”ハマちゃんのおやじ”らしきかかしでしたが、今年は色鮮やかで・・・どこかで見たような麦わら帽子とお顔・・・




人気マンガ「ONE PIECE」の主人公ルフィさん・・・?(・_・)

ハマちゃんのおやじよりは親しみが持ちやすいような気がします。みんとさんも、特に怖がる様子は見えません。



今年もかかしさんがお米を守ってくれますように!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

ひょうたん

 公園の遊歩道を歩いていたら、すぐ脇にある公園の資材置き場の隅っこに、いつの間にか植物の棚が設けてあるのが目に入りました。




棚の上には白い花がいっぱい咲いているのが見えました。




なんの花?(・_・)

柵があって中には入れないので近くで見ることはできません。気になったので、カメラのズーム機能で寄ってみたら、棚の下側には可愛いひょうたんがたくさん生っているのが見えました。




ほんの一部ですが、ひょうたんが生っているのが確認できるところを矢印で示してみました。これが棚の端から端までずらーっとなのです。その上、今日咲いている花もその内ひょうたんになるのでしょうから、数えきれない程になりそうです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

本物のマカロン

 本物のマカロンです。




思いがけず頂戴する機会があり、美味しくいただきました。
これは季節のマカロンのセットということで、奥からすいか、マンゴー、宇治金時、ピーチ&ラズベリー、ラムネの味となっています。

色鮮やかであんまりにも美しいので、じじくんと「どれ食べる?どれ食べる?」と相談しつつ、食べちゃう前に記念撮影してしまいました。




こうして並べてみると、自分が作ったマカロンと同じような大きさだなと感じ、ちょっと仲間入りさせてみることに。




いちご味のマカロンも参加って感じ?仲良しグループに入れたようで、なんとなく嬉しい・・・

撮影中は、いい匂いがするらしく、みんとさんが今にもぱく☆っとやりそうでドキドキしました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

冷凍みかんのチャーム

 8月はひまわりのチャームを着けていたみんとさんですが、9月になったのでひまわりというのも変だろうということで、こんなのにしてみました。




以前、100円のカプセル容器入りのおもちゃ(ガチャガチャ)で手に入れた”みかん”です。”あみ入りグッズストラップ”*1というシリーズの1つでした。

*1 全5種 みかん、りんご、にんにく、たまねぎ、レモン石鹸

みかん部分はウッドビーズに着色したもので、それが小さなオレンジ色のネットに入っていて、その中心を串団子の串よろしくストラップコードが通っていて、それがネットの端から出ているストラップの形状でした。

手持ちのカニカンの穴にストラップコードを通して玉結びし、コードの余分を裁ち落としました。

まだまだ暑いので、家では”冷凍みかん”と呼んでいます。




”冷凍みかん”のチャームは、みんとさんの被毛の色にとてもよく映えます。

とってもお似合い♪ (*^^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

9月のみんとカレンダー

 9月になって、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんの写真で作ったオリジナルカレンダーも1枚めくられました。

9月のカレンダーはこんな感じです。




以前、宮ヶ瀬ダムの湖畔エリアで撮ったものです。

実際には残暑が厳しくてまだまだ秋らしいと思えないのですが、背景に色づいた銀杏の木があるこの1枚で、8月とは違う雰囲気になればと思って選んだのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

夕立雨宿り

 じじくんはジョギングに、りどみぃとみんとさんはお散歩に行くため、一緒に家を出ました。曇りなので暑すぎず、風もそこそこあっていい感じです。




じじくんとの打ち合わせでは、先にじじくんが幹線道路沿いの歩道を自分のペースで走り、それなりの距離の場所まで行ったら戻って来るので、りどみぃとみんとさんが家からゆっくりお散歩をして同じ方向を目指すと、幹線道路に到着する頃に戻って来たじじくんと再会するだろうということでした。

家を出て歩いている内にどんどん風が涼しくなってきて、空を見上げると黒い雲が・・・おまけに遠くから雷の音が聞こえて来るじゃありませんか!

これは降るな(・◇・;)

幹線道路沿いに歩き始めた直後から、雨がぽつぽつ落ち始めました。じじくんが走って来るのが見えて再会を果たした時には雨脚は強くなりつつあり、最寄りのコンビニの軒先に避難しようと言い合いながら、みんとさんも全速力で走りました。

あっという間に先が見えないほどの強い雨が降り、雷もピカピカゴロゴロ☆段々近づいて来ます。コンビニの軒先には、わしらの他にもお散歩中の方や駅から家への帰宅途中で降られたらしい老夫婦、みんなで集まって遊んだ後にそれぞれの家に帰る途中だった小学生の子供達の集団などが駆け込んで雨宿りするしかない状況となりました。




みんとさんは、家に居る時と同様に雷が鳴ったらチーズやささみが貰えるので落ち着いていましたが、激しい雨が地面に落ちて跳ね返る飛沫に濡れたくないのか、軒先の一番奥に寄って、壁の一部と化しておりました。




空はいよいよ暗くなり、雷はすぐ近くを通過した後、段々遠ざかって行きました。

結局、30分間雨宿りしていましたが、雨がほとんど止んだので、家まで歩いて帰りました。

帰宅後、みんとさんはお風呂場で丸洗い。ちょっとドキドキの群活動を思い出しながら、おとなしくドライヤーをかけられるのを待つのでした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

最後までよく見てろ!

 今日のレッスンは、一番上級の3時のクラスに参加しました。レッスン終了後に、先生と打ち合わせが事があり、レッスンとしては最後の時間帯に参加する必要があったのでした。

この日のテーマは”遠隔”で、言葉での指示を1度しただけで犬が直ちにそれを実行するというのが求められる完成形。みんとさん、以前よりはよそ見することが減ったので、りどみぃの指示を真面目に待っているような気がします。




以前、こちらの指示の出し方(発音)が曖昧だったので混乱していたみんとさんですが、りどみぃが改めたので判かりやすくなったようです。適当に勘でやってみていた時に比べて、みんとさんの顔は自信にあふれています。




この日はもっと難しいこともしました。
飼い主が犬の正面に立ち、声を出さずに口の動きだけで指示を出すというものです。先生は、”フェイス・インプレッション”と仰っていたように思いますが、犬が飼い主の顔に注目してその意図を読み取るということで、かなり難しいと感じました。

まず、みんとさんの場合は、かなりりどみぃに対して注目している頻度が上がってきたとはいえ、じじくんを見たりしてよそ見していることもあるので、そんな時にりどみぃが声を出さずに口を「”ふせ”と」動かしたってどこ吹く風です。

「みんと!」と呼んで自分に注目させてからフェイス・インプレッションによる指示を
しても、「なんか食べてる?」的な怪訝な視線を向けられるだけでした。




家に帰ってから、クリッカーを使っておさらいしてみました。

みんとさんがじっとりどみぃの顔を見て、口の動きを見分けるように「”おすわり”」と「”ふせ”」と「”たて”」をはっきり動きを変えるように試み、みんとさんが指示した通りの動きをしたらクリッカーをクリック☆してごほうびをやるようにしてみました。

ごほうびがもらえるということで、みんとさんとしてはゲーム感覚らしく、楽しそうにやっていましたが、口が2回しか動かない”ふせ”と4回動く”おすわり”を間違えるなど、全然解っとらんことが露呈。どうもちゃんと口の動きを見ないで勘でやっているようです。

最後までよく見ろ!(・△・;)




みんとさん、もらえるかもしれないごほうびの方に注意が行って、りどみぃの口が動き始めた段階で目をそらしてしまいます。だから2音の”ふせ”も”たて”も4音の”おすわり”も、1音目の”ふ”と”た”と”お”を見た段階で「これかな?」と適当にやっています。それぞれの口の形を見比べようとは思ってもいないようです。

取り敢えず”おすわり”は口が動いている状態が長いのですから、そういう所から見分けて貰えないかなと思うのですが、それをどうみんとさんに伝えたらいいものやら模索中です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »