« カラスは待っていた | トップページ | 昼間でも涼しいところ »

2012年8月11日 (土)

ウロウロは、いつ帰るの心

 犬のしつけ教室のレッスンはお盆休みのこの日、トレーニングルームを使用してのパッチワークの集いがありました。いつもは夜だけど、今日は昼間なので不思議な感じ。じじくんは家でお仕事やら片付けやらをするそうで、みんとさんはりどみぃと一緒に出席です。




まだお道具として何を持って行っていいのかわからなくて、毎回すごい荷物になってしまいますが、車で移動しているので道中は苦になりません。今回、前回より筆記具など減らしてみたところ、「あの色鉛筆も持ってくればよかったな」と不足を感じたので、次回はやっぱり一通り持って来た方が良さそうです。



三郎太くん


みんとさん、りどみぃが縫い物中はかまって貰えないので自分のマットで寝ています。会を重ねる毎に、他のわんこの飼い主さんに御愛想を振りまいて歩くという行動が減って来ました。最初にご挨拶して回ったら、後は自分のマットに居るという風になったようです。多分、他の飼い主さん達も自分の作業に集中しているので、遊んで貰えないのだと悟ったのでしょう。

不思議なのは、すぐ近くにみんとさんが大好きなさぶちゃん(三郎太くん)が居るのに、レッスンの時のようにマウンティングしようとしたりもせず、傍に行ってくっついて寝るようなこともしないことです。せっかく同じ時間に同じ場所で自由に過ごせるのだから、犬同士遊んだり寝たりすればいいのに・・・とか思うのですが。




犬同士といえば、前回の集いで2回ほどガウガウと喧嘩になりそうになったプードル(レッド)さんとも、今回は1度も対立しませんでした。同じ空間に居るということに慣れたようです。

集いは3時間余続きましたが、2時間が過ぎた頃から、みんとさんがりどみぃの後をついて歩くようになりました。それまでは、りどみぃが何度立っても、みんとさんは自分のマットの上から動かなかったのに・・・です。どうやらある一定の時間までは退屈でも「しばらくはここに居るしか無いんだな」と腹をくくって寝たりするようですが、その後は「いつ帰るんだろ?もう帰るのかな?」とりどみぃが帰り支度をする機会をうかがうモードになるらしく、椅子から立ち上がっただけでも「帰るの?!」と色めき立っとるってことかと。




そんな時、りどみぃがトイレに入ったら、ドアの外でみんとさんがきゅんきゅん鳴くじゃありませんか!

だめだこりゃ( ̄  ̄;)

みんとさん、毎週通っているレッスンルームであっても、りどみぃの姿が一瞬見えないだけで鳴くなんて・・・しばらくここでのクレートトレーニングや待つ訓練はしていませんが、ちっとも変わっていないのが判りました。となると、次回からも意図的にトイレに行って、「ここでも、公園や銀行のATMコーナーのように)姿が見えなくなっても戻って来るのだ」と悟ってもらわなくてはなりません。

パッチワークの集いも、みんとさんのお勉強の場として活用しようと思ったことでした。


|

« カラスは待っていた | トップページ | 昼間でも涼しいところ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/46704433

この記事へのトラックバック一覧です: ウロウロは、いつ帰るの心:

« カラスは待っていた | トップページ | 昼間でも涼しいところ »