« スナギモの乾燥具合 | トップページ | 鼻息までの時間 »

2012年8月25日 (土)

午前中のひまわり

 先日午後遅くになってから訪れたひまわり畑は全てのひまわりが太陽と逆向きだったので、なんとも食い足りない気がしたわしらは、ひまわりまつりのイベントの次の週ならば空いているだろうとのことで、早起きして行ってみました。

前回と同じルートをたどって座間地区に到着してみると、前回満開だった座架依橋(ざかえばし)北側のひまわり畑はすっかり花が終わり、見頃は同橋の南側になっていました。この座架依橋南側のひまわり畑は、前の週に行われたひまわりまつりのイベント会場でもあったそうな。



こちらには北側にはなかった展望台も設けてあり、是非とも上って上からひまわり畑を眺めたい気持ちになります。




午前中ということで、東向きの満開のひまわりたちを前にみんとさんとの夏らしいスナップをじじくんに撮影してもらい、りどみぃ大満足。でも、この撮影時、みんとさんがちっともカメラの方を見てくれなくて、ちょっと大変でした。みんとさん、横ばっかり向いていたのです。

撮影終了後、みんとさんが何を見ていたのやら・・・とその視線の先の方へ行ってみたら、ひまわりを刈って作った小さな広場の隅っこに、馬糞らしき物が・・・この匂いがみんとさんの注意を引いていたようです。




なんでも前の週に行われたひまわりまつりには、ポニーも来ていたそうなので、その子の置き土産なのでしょう。




展望台は、鉄パイプ等でこしらえた物で、ちょっと急な階段がついていました。「20人以上1度の乗らないように」とか「手すりによりかからないように」などの注意とともに撮影グッズとしての木製の額縁やひまわりの飾りがついた帽子などが用意されていて、ひまわりまつりの主催者(座間市?)の粋なはからいを感じました。




みんとさんが自力で上るには急だったので、りどみぃが片手で抱いて片手で手すりにつかまって上るという気合が必要な展望台でしたが、上がった甲斐がある見事な景色が広がっていました。




見渡す限りのひまわり畑、見事としか言いようがありません。この景色を観るためなら、早起きして来た甲斐があるというものです。




なんだかとても美しく良い物を見て心が豊かになったような気がします。また来年観に来たいな・・・と思った、午前中のひまわり畑でした。


|

« スナギモの乾燥具合 | トップページ | 鼻息までの時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/46844998

この記事へのトラックバック一覧です: 午前中のひまわり:

« スナギモの乾燥具合 | トップページ | 鼻息までの時間 »