« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

あの子はどこ?

 みんとさんが公園内で匂い嗅ぎばっかりしていて良いペースで歩けないな・・・と感じた時、最近はこう言うと見違えるようにたったか☆歩き始めます。

みんと、鯉見にいこうか!(*^^*)

と、その位みんとさんが好きな池の鯉・・・でも、どの個体でも良いというわけじゃないようです。やっぱりみんとさんをからかっているかのような、あのひときわ大きな緋鯉が好きらしい・・・




他の鯉が岸辺を泳いでいても、ずっと自分がご贔屓の緋鯉が来るまで待ち続けている様子です。しかし、そのみんとさんお気に入りの緋鯉が、最近とんと姿を見せなくなってしまいました。

心当たりはあるのです、先日、夏休みならではなのか、小学生の男の子2人連れがこの公園の池に遊びに来ていて、その内の1人の子が園内で拾ったらしき木の枝の棒状のやつを手に持っていて、鯉が岸の近くに寄るとその棒で鯉の背中を叩くということをしていたのです。

「鯉って意外と硬いな」なんて言いながら!
みんとさんと池の畔にいたりどみぃ、「そんなことしたら可哀想だよ。鯉だって痛いんだよ。」と注意したのですが、「へぇ~」とそんなこと考えてもみなかった・・・と言うようなリアクションが返って来ました。以後は、叩くことはありませんでしたが、わしらが行く前に何度もやっていたようなので、鯉が警戒心を抱いたとしても不思議はありません。




しばらく待っていましたが、結局この日はあの大きな緋鯉(勝手に赤い鯉だからアカコちゃんと命名)は姿を見せませんでした。

棒で叩かれたのが致命傷になって、葦の間で浮いてたりしなけりゃいいけど・・・心配しているみんとさんとりどみぃでございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

マカロンのストラップ

 マカロンのストラップを作りました。




 昨年末のことになりますが、法事で親戚が集まった時、従姉妹たちが示し合わせたように携帯電話にコロンとした可愛いストラップを着けていました。

流行ってるのかな?(・_・)

流行に疎いりどみぃ、後にそれが”マカロン”なのだと知りました。

パッチワークの技法の1つに”ヨーヨー”という円形に裁った布の端に近い部分を1周ぐし縫いして糸を絞る技法がありますが、マカロンの丸さはそれを連想させたし、ファスナーがついている仕立ては、円形のコインパースを立体的にしたようなイメージで、「自分で作れるんじゃあるまいか」と思いました。好きな布を使って、自分好みのが作れると良いな・・・と。

駅3つ位離れた場所にあるカフェで、ワンコインレッスンとして”マカロンのストラップ”の作り方を教えているのをタウン誌で知りましたが、山の向こうまで出かけるのが億劫で二の足を踏んでいたところ、書店でこんなナイスな本を発見。

    書名 かわいいハンドメイド
マカロンストラップ 
 出版社 ブティック社 
 価格 定価1365円(本体1300円) 
 ISBN ISBN978-4-8347-3366-2 


2個分の材料キットまで付録として綴じられているという素晴らしさです。



付録のキット


取り敢えず素直にキットの布を使って作ってみることにはしましたが、ファスナーは自分が購入した物を使いました。キットのファスナーは12cmの物だったし、ファスナーの土台布もブルーのマカロンにピンクのファスナーを合わせて可愛い雰囲気で作ることになっていたのを、自分好みの落ち着いた雰囲気にしたくてブルーのファスターを合わせたかったからです。それにファスナーがクリーム部分のようにはみ出しているタイプよりもぴっちりと収まっているタイプを作りたかったので、10cmの物を使いました。

出来上がった後につけるストラップも、キットに入ってきたコードがきれいなピンクの物ではなくて、コードが黒でカニカンがアンティーク調の金属の物にしました。




直径3.5cmのマカロン2種の出来上がり。初めてにしてはなかなか上手に出来たと思います。

本には基本のマカロンの作り方が写真付きで詳しく載っていましたが、他にも多種多様のマカロンがたくさん出ていました。レースをあしらったり刺繍を施してから仕立てたり、和の御細工物風の作品まであって、そのバリエーションは見ているだけでも楽しいものです。

パッチワークの手法を使った物もあり、仕立ての方法も作者によっては多少違っているので、何個か作ってみて自分の好みの作り方を選び抜いて組み合わせていくことにしました。

最初は

何度もぐし縫いしてめんどくさいな(‐_‐)

と思いましたが、慣れてきたら作業のスピードも上がり、手間がかかるという感じはしなくなりました。何よりも出来上がった時に可愛くてうれしくなるので、いろいろな色で作ってみたいと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

カーネルからも言ってやって!

 昨日、しつけ教室終了後はまだ暑かったので一旦家に帰って、みんとさんとりどみぃはお昼寝。夕方起きて、じじくんの運転で横浜市の臨港パークに夕涼みに行きました。




海からの風が涼しいので、蒸し暑さがあって救われる感じです。

みんとさん、黒わんこなので光る首輪をつけて安全対策しておきましたが、頼んでもいないのに階段を駆け上がるやら波打ち際へ見に行くやらと元気いっぱいでした。しつけ教室の後に家に帰ってしまったので、今日はお散歩なしだと思っていたらしく、それだけに喜びもひとしおだったのかも。




車に戻る前にランドマークタワーの近くへ行って、フードコートのケンタッキーフライドチキンに寄って、家で食べるためのチキンを持ち帰りで買おうと試みました。が、これが大失敗、最初は「5~10分」と言ってたチキンの仕上がり時間は確認したら「15分」となり、結局はチキンを手に出来たのは頼んでから25分も経った後でした。

ファストフードじゃないじゃん!( ̄□ ̄;)

みんとさんとじじくんは、お店の外で待っていたので心底待ちくたびれておりました。




こんなに待たされるなら、家路について家の近くの店で買えば良かったと思いました。お店の人には、適当な出来上がり時間を言わないで欲しいものです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

嫌々な感じ

 今日のレッスンでは行進して脚側停座で終わることや呼び戻しで犬が飼い主の正面に来る練習をしましたが、みんとさんはりどみぃと並んで歩かないことを注意されました。




日頃のお散歩の時は、先へ先へと行きたくてリード引っ張りわんこになりがちなくせに、レッスンの時には立ち上がるのも遅れるし、脚側になんて並んで歩かずにりどみぃの後を歩こうとします。

なんだか嫌々ついて歩いてる感じねー(・△・;)

以前のみんとさんだったら、りどみぃの視界から外れることで勝手なこと(匂い嗅ぎなど)をしようと企んでいる様子が見られ、急に立ち止まったりさえしていました。最近のみんとさんはそこまで勝手なことはしませんが、「並んで歩かなきゃいけないんだな」なんて思ってもいないようです。

理想はみんとさんの頭がりどみぃの膝より出ているような位置だそうで、みんとさんが遅れそうになったら注意を促して遅れないようにさせなくてはいけないらしい・・・どうもその声かけのタイミングが、りどみぃがドン臭いがために機を逸してしまい、みんとさんが遅れてしまうそうな。




これも飼い主の責任かっ( ̄□ ̄;)

後に目がないので、みんとさんに背後で悪さをされないためにも、一緒に歩いてもらえるように気をつけようと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

パッチワークの会でお勉強

 今日は、2回目のパッチワークの集いの日でした。

この日、初参加の母娘がいらして、しつけ教室のイベントでも度々顔を合わせているプードル(レッド)さんも一緒でしたが、その子とみんとさんがガウガウのけんかになりそうになることが2度ほどあり、みんなでびっくりです。




りどみぃが見たところでは、以前はパピーだったプードルさんもすっかり大人になり、自信をつけたことで、みんとさんの下の立場に甘んじる気は無くなった模様。みんとさんはみんとさんで、相手が下手に出ている内は鷹揚に応じていられるところ、少しでもカチンと来る振る舞いには厳しく指導したくなるようです。

ガウガウに取っ組み合いになりそうなのをみんとさんの首根っこを掴んで遠くに離し、「いけない!」と一喝したらみんとさんの怒りは収められたようですが、しばらくはリードをつけてバーに固定しておきました。

飼い主がパッチワークなどの手芸をしている間、犬はその足元などで自分の時間を過ごすというのも勉強になると思うので、敢えてリードを付けずに自由にさせていますが、喧嘩を始めるくらいなら、まずは同じ部屋の中で時間や空間を共有するところから始めた方が良いのかな・・・と思いました。




1時間以上経つ内にだいぶ落ち着いたので、リードを外してみましたが、どこにも行かずにたたんだキルトの上で寝支度しとりました。なんでみんとさんの為に持って行ったマットの上で寝ないんでしょう?

その緑色の縁のキルトは、みんとさんのじゃないんだけど(・△・;)

喧嘩されるよりは寝ているがいいさと、貸してあげる事にしました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

トリミング当日、飼い主目撃情報

 今日はみんとさんのトリミングの予約の日でした。時間前に到着したので、しばし近所の公園を散歩し、みんとさんの気が済んだところでトリマーさんにお願いしてしばしのお別れです。




みんとさんを預けた動物病院の近くの郵便局や銀行に立ち寄って所用を済ませ、カフェで冷たい飲み物を買って車に戻りましたが、この時、みんとさんのわんこ友達のパパに目撃されていたようです。

夕方のお散歩の時に「今日、○○に居ませんでした?」と聞かれてびっくり。

おりましたとも・・・(・_・;)

家から車で行くような離れた場所でしたが、わんこ友達のパパさんにとってはお勤め先の近くとのこと。いやー奇遇です。

が、この後もっとびっくりすることに。
みんとさんを預けてから用事を済ませたりどみぃ、冷たい飲み物を飲みながら車に戻って家路についたのですが、帰宅前にスーパーマーケットに寄って行くことにして寄り道しておりました。

それをまた別のわんこ友達のママさんに目撃されていたそうで、「今日、スーパーで見かけましたよ。」と同日の目撃情報が寄せられました。




みんとさんのおかげで、わんこつながりの人脈が拡大していることを実感。

いつどこで知り合いが見ているのかわからないので、これからも万事において真面目に生きて行こうと思ったことでした。

みんとさん、今回は赤いリボンを着けてもらって、頭も丸く胸はふんわりで、こざっぱりしました。




お嬢様っぽくて可愛いわぁ(☆☆)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

鯉はみんとをからかってる?

 みんとさんが鯉を眺めるのがマイブームの池は、いつ頃どうやって整備されたのかは知りませんが、岸辺は丸太を並べて打ち込んであります。この打ち込まれている丸太を数本まとめて横に渡した木でとめることで丈夫さを出しているのか、水面のちょっと上のあたりに横木が渡されています。




みんとさん、出来るだけ近くで鯉が見たいので、この横木の上に前足をのせて、前のめりの姿勢で水面を見ています。

と・・・鯉にパンをあげる人が池の畔に来ると鯉がすーっと近付いてくるくらいですから、水の中の鯉からもみんとさんのことは見えているのだと思われます。

もちろん、みんとさんから鯉が喜ぶようなことは何も提供されはしないのですが、鯉は鯉でずーっと見ているみんとさんの存在が面白いのかもしれません。




みんとさんが池の畔に行くと、鯉がすーっと泳いで来てしばらくそのまま近くにいるのです。そして、その後池の奥の方へ泳いで行って一旦は離れても、再びみんとさんのすぐ近くに来て・・・ということを何度も何度も繰り返すのです。

みんとさんのすぐ近くで、でも水面からは顔を出さないので、「どう?近くても届かないでしょ」と鯉がみんとさんをからかいに来ているように見えます。




鯉にからかわれているにしても、とっても楽しそうで仲良しに見えるみんとさんと大きな緋鯉なのでした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

フリスビーは楽し

 みんとさんと久しぶりに丘の上の公園に行きました。日が長くなったので、夕方日が傾いてから出かけても明るい内に到着できます。

途中の跨線橋の上で電車が来るのを待ち、橋の下を通過する間にササミを食べさせました。




みんとさん、余裕の表情です。
鉄橋の下をお散歩中に上を電車が通った日以来、しばらく電車が怖かったわんこでしたが、諦めずに練習したことで電車が来るとお肉が食べられるという関連付けが成功し、みんとさんにとっては電車は怖いものから良いものになりました。

丘の上の公園に到着した後、ロングリードにしてフリスビーで遊びました。公園の中に小高い部分があり、いつもはその向こうの広い方で遊びますが、そちらはあまりにも草が伸びていてみんとさんが埋もれてしまいそうになる上、ロングリードが引っかかって走りにくそうだったので、すぐに手前側の狭いけれど芝生の場所で遊ぶことにしました。




暑い季節になってからはフリスビーで遊ぶ機会が殆ど無かったので、みんとさんは楽しくてたまらないようでした。しかし、この公園から家に帰るまでも歩く余力を残しておいてもらいたいので、りどみぃが「この位にしておこうね」と切り上げました。

もう少し涼しい日に、草刈りしてもらった頃を見計らってまた来ようね♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

すてきなシュナプー




もうだいぶ前となってしまいましたが、四季の森公園に行った時、公園の駐車場との境に、こんな看板がありました。

同公園の木陰のベンチで、公園に来る前にコンビニで仕入れて来たサンドウィッチ等の軽食を食べたじじくんとりどみぃ、”すてき”な人なのでゴミは持って帰ります。

もちろん、みんとさんだって。




”すてき”なシュナプーと呼んでやって下さい。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

サンドペーパーを買って来た

 夕方涼しくなってから、てくてく歩いてホームセンターに行き、新しくパッチワークの印付けに使う自家製パッチワークボード(もどき)に使うため、サンドペーパーを買って来ました。

みんとさんにはポケットに保冷剤を入れたバンダナを巻いてやったので楽しそうに歩いてはいましたが、帰りもバスに乗らずに歩いて戻ったのはやり過ぎだったようです。帰宅後に「疲れた~」って感じで寝ていました。




みんとさん、ホームセンターに行くとペット用カートに乗れるのでごきげんです。これは、別の日に別のホームセンターでのショットですが、いつもこんな感じです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

ビジュアルに頼ってる

 今日のレッスンでは遠隔でのあれこれや呼び戻しの練習をしましたが、先生が仰るには「みんとはビジュアルに頼ってる」そうです。

どういうことかと言うと、みんとさんはりどみぃが言葉で発してる「”おすわり”」や「”ふせ”」というので自分が何をやるのかを判断するのに自信が無くて、りどみぃがハンドサインを出していないか見ようとしたり、「これかな?」と思って動き始めた動作が正解かどうかをりどみぃの顔の表情から判断しようとしているという意味のようです。




こんな風にりどみぃがみんとさんの後に移動すると、次は何をやらされるのかとものすごく振り返っているのが証拠とのこと。言葉のみで指示が通じるようになっていれば、振り返らなくてもその動作を犬自身が自信を持って行えるので、こんなになんとか後ろにいるりどみぃを見ようとはしなくなるらしい・・・




振り返り具合は、みんとさんの自信の度合いを表していると言えましょう。いっぱい振り返っていたら、すごく自信が無くて、ちょっと振り返る程度ならそこそこ自信があるって感じかな。




結局は、地道に言葉による指示のみでその動作が出来るようになるまで練習するしかないそうです。その結果、みんとさんが「ああ、○○ね、こうですよね。」と自信を持ってその動作が出来るようになれば、ビジュアルに頼らないでよくなるってことらしい・・・

先週ダメ出しされた呼び戻しでのみんとさんの位置は、この1週間機会ある毎に練習していたので、「おいで」と呼べばとことこやって来て、りどみぃの正面に”おすわり”する確率がかなり高くなっていました。

また、みんとさんがアイコンタクトを取ろうとすることも多くなっていました。進歩です。先読みで勝手なことをすることが減って、言ってることを良く聞こうとする態度になったようなのです。




そしてまた、1つ課題が増えました。
これまで”つけ”を指示する時は、左太腿の横を左手で叩くような動作を多少してはいましたが、叩く音を出してはいけないとのことなので意識してやらないようにしていたせいか、みんとさんにはハンドサインとして認識されていませんでした。

まぁ、りどみぃだってそのつもりがなかったのですから、みんとさんが認識していなくても当たり前です。

ハンドサインで”つけ”を指示する場合、犬がどこにいようとも(正面にいても後にいても)太腿の横をトントン叩くハンドサインを出したら、犬が「あっ、”つけ”だな」と判断してとことこ脚側停座の位置まで来るというのが目標らしいのですが、みんとさんはきょとん☆とした顔をしておりました。

”つけ”のハンドサイン・・・これをりどみぃも意識して使い、みんとさんにもよく理解してもらうことといたしましょう。

やること多いのぅ(・_・;)

地味にがんばろうね・・・みんとさん。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

鯉を捕る気だったのかっ!

 今日は雨だったのでお散歩は無しでした。そこで、みんとさんの最近のマイブームである池の鯉鑑賞についてのことなど書いてみたいと思います。

最近、池のある公園にお散歩に行くと、りどみぃはカルガモの親子を見る目的で池の畔に向かっていましたが、みんとさんがやたらと匂いを嗅いで止まってばかりいる時、「みんと、鯉を見に行こうよ!」と声をかけると目を輝かせててきぱき歩き始めたりするようになっとりました。みんとさん、お気に入りの池の中の赤いアレが鯉という名前だというのを覚えたようです。




みんとさん、水面のなるべく近くまで顔を近付けて目の前に鯉が来るのをずーっと待ってます。近くに来た時やりどみぃが「みんちゃん、鯉好きなの?」と声をかけた時など、尻尾をふりふりふり☆っと素早く動かしています。

りどみぃは、カルガモ親子の無事を確認し、記念にスナップなど撮影すれば満足して歩き出そうかと思うのですが、みんとさんが鯉を見るのには飽きるということがありません。りどみぃが「みんとさん、行こうよ」と促しても名残惜しそうに、7mのロングリードがぴん☆と張るくらいりどみぃが池から離れてしまわない限り、ずっと留まっていようとしています。

相当執着しとるな・・・(・_・)

先日、その執着心は、鯉を捕ろうと企んでいるからこそのことだと判明しました。みんとさん、なんと池の鯉に向かって右前足を右から左へスカッと繰り出したのです。もちろん空振りで、水面にさえ届いてはいませんでしたが、熊が川で鮭を捕るあの仕草と同じ動きだったのです。




どうも熱心に鯉を見ていると思ったら、鑑賞するのが好きというわけではなくて、捕らえるつもりでチャンスを狙っていたということのようです。

無理だろ・・・(・△・;)

熊だって鮭を捕る時には自らが川の流れの中に入るし、猫が金魚鉢の中の金魚を狙う時でも前足をお水に入れる程度の努力はしているのに比べれば、空中をいくらスカッとかいていても鯉に届くわけがないのです。

それでも夢をふくらませ、一番大きい緋鯉を見つめるみんとさん・・・もう帰ろうよ、日が暮れちゃうよ~




みんとさんとしては、もう少し頑張れば捕れる位に思っているのかな?気持ちが先走ってみんとさんが池に落ちないように、気をつけて見守っていきたいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

暑い鎌倉、曇った横浜

 この日、りどみぃは友達と鎌倉へ。快晴なので暑いのなんの!

鶴ヶ岡八幡宮の池には蓮の葉が水面を覆い尽くすように茂っていました。




蓮の花は蕾なのかほとんどが閉じている状態で、咲いているところが見られないのががっかり。かと言って早朝から花を見に来るほどの根性は無いので仕方ありません。

それにしても鎌倉は日差しが強く、歩いていても耐え忍ぶという趣でした。境内の鳩も日陰に避難していたくらいです。




散る前なのか、ちょっと花っぽく開いている蓮の花を弁財天側の池で発見。こちらの花はピンクです。




お昼は、小町通りのパティスリー雪乃下でパスタランチを食べました。季節柄か冷製のパスタで、喉越しもさわやか。野菜もたっぷりで美味しかったです。




前回鎌倉を訪れた時にランチを食べた八倉からこのパティスリー雪乃下のテラス席でパスタを食べている人達が見えて、とっても美味しそうだったから「いつか訪れたい」と思っていましたが、早々に実現できました。
美味しそうなケーキもたくさんあったので、次回は、ティータイムを楽しみたいものです。(野望果てなし)

八倉は改装工事中でした。

鎌倉から横須賀線で移動して、横浜駅で市営地下鉄に乗り換え、みなとみらい駅から横浜美術館に行きましたが、生憎と休館日でした。




その時にわかにかき曇り・・・で、雲行きが怪しいので、ランドマークタワー内のショッピングモールで過ごすことにしたので降られることはありませんでした。

みんとさんは、留守番中、いっぱい寝ていたようです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

イタリアンニンジンボクとごぼうの花

 今年も公園のイタリアンニンジンボクの花が咲き始めました。白と紫の両方が咲いています。




これは白い花のイタリアンニンジンボクとみんとさん。




紫色の花のイタリアンニンジンボクの脇の通路は現在通行止めになっているので、みんとさんも近付けず、柵越しに花だけ撮りました。

畑の脇の小道を歩いていたら、柵の内側で珍しいものを見ました。ごぼうの花です。




ずっと前にここの畑にはごぼうが売れられていて、ある時収穫して即売したらしいのですが、その後別の作物を作るために商品にならなかったような細くて小さな残りのごぼうは全部引き抜かれ、畑の隅に捨てられていたような風情でした。それが段々と葉を広げ、地上の茎は太くなり・・・ついには花ざかりです。




がんばったね、ごぼう(^◇^;)

成長が良かったごぼうは売られてとっくに食べられてしまっただろうに、遅れを取ったごぼうは花を咲かせて種を増やそうとしている・・・なんだかちょっと感動です。

と、りどみぃが密かに感動している脇で、待っててもらったみんとさんは退屈だったのか排水用のU字溝の蓋の穴に鼻を突っ込んでにおいチェックしてたりして・・・




まぁ、みんとさんには、ごぼうの花なんかどーでもいいだろうな・・・ということで、お散歩を続けたのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

暑くて廊下寝

 昨日のこと、みんとさん、りどみぃとじじくんがパソコンに向かっている時、足元の自分の夏仕様のベッドで寝ていましたがそれも温まってしまったらしく、廊下に半身を投げ出すようにして寝ておりました。




フローリングのひんやり感が良いらしい・・・そしてみんとさんの腰の辺りにあるサーキュレーターが室内の空気をかき回すために背面から吸気しているせいで、常にみんとさんの背中が風の通り道のようになっているようです。

涼しい場所を見つける天才ですな(・◇・;)



こちらはお散歩から帰ってきた後のみんとさん。早くクールダウン出来るように保冷剤を巻いてやったら、すぐに気持ち良くなって眠くなってしまったようです。オカメインコのぴこちゃんが眠る時に鳥かごにかける布の上に勝手に寝床を作っとります。遮光カーテンという素材がひんやりして熱がこもらずに快適らしい・・・りどみぃがきちんと四角くたたんでおいたのを適当にがしがし広げて中心に寝るなんざこしゃくなわんこでございます。

薔薇の花弁に包まれて眠る妖精のよう・・・でもないか!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

しつけ教室のパッチワークの集いのこと

 みんとさんが通っているしつけ教室(クラブ)の有志が集まり、 しつけ教室のトレーニングルームでパッチワークをすることになりました。




お教室の主催者である獣医師の先生を交えての会で、しつけ教室等で使用してしていない時間を利用してのものです。会場がトレーニングルームなので、わんこ同伴OK。みんとさんもりどみぃと一緒に行きました。

「日頃お仕事や家事で忙しいところ、こういう時間を持つことで少しでも作品が作れたり、やりかけだったキットを完成させることが出来たら良いですね」とみんなで話していて、りどみぃも10年前から放り出してあったログキャビンのひざ掛けを仕上げようと思っています。




先日、最初の会があり、パッチワークが初めてという方たちの為、りどみぃが日頃使っている道具類をいっぱい持って行き、一緒にナインパッチのコースターを作り始めました。トレーニングルームには折りたたみ式の会議机が出されていたので、みんとさんは縫い物をしているお友達わんこのママの手元を背伸びして覗きこんだり、りどみぃがお話している時に自分も参加しようと見に来たりしていましたが、その後はりどみぃの座っている後の方で、道具を入れて持って来たバッグを枕に寝ていたようです。

トレーニングルームは、いつもはみっちりお勉強であれやれこれやれと指示されて緊張する空間ですが、こうしてりどみぃと家で過ごすように何もさせられずにいる時間を持つようになれば、この場所で待たされることにも慣れて鳴かなくなるような気がします。




この日は荷物が多かったのでじじくんに送り迎えを頼みましたが、今後はりどみぃが自分で運転してみんとさんと行こうと思います。

まだみんなで話し合っていないので決まっていませんが、月に1、2回のペースで続けられるようです。クリスマスのタペストリー制作を始める方もいて、夢は膨らむのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

うちのカワセミ

 神奈川県立四季の森公園に行きました。




この公園は池もあるし木もたくさんあるので昼間でも涼しいのです。みんとさん、保冷剤入れ付きのバンダナを巻いて絶好調。







まむし注意の立て札は、まむしの姿がリアルで怖い~

この公園の池にもカワセミがいるらしく、岸にはカメラマンたちが三脚を並べていました。カワセミが好きなりどみぃ、じじくんに頼んで後ろからこそっと撮ってもらいました。




四季の森公園のカワセミは、なんだか色が濃くて地味に見えました。みんとさんが鯉を愛でる池の公園にいるカワセミ・・・うちの方の公園のカワセミ(略してうちのカワセミ)の方が胸の羽毛の色が鮮やかだし、体格もしっかりしているように見えました。

うちのカワセミの方がきれいだな・・・(・_・)

家に帰ってから調べてみたら、四季の森公園のカワセミはまだ若いカワセミらしいということがわかりました。




背中の濃い色の部分があるために地味に見えたのですが、成長するとこれが消えて鮮やかなブルーがよく見えるようになるようです。胸も同様で、暗めのオレンジ色が鮮やかな明るいオレンジ色になるらしいし、足も赤くてきれいな色になるという変化が見られるそうです。

うちのカワセミは繁殖中らしいし、嫁さんもらってがんばってる男前のカワセミ・・・働き盛りのカワセミって感じですかね。一方こちらはこれから伴侶を求めて一人前になろうとしている若者ってことですか。

この個体、なかなか魚を捕るのも上手だったので、将来有望と思われます。




来年になったら成長して色が鮮やかになってたりすると、今の姿を見ただけにその成長ぶりが微笑ましく思えそうなので、今後もこの公園に来ることがあったら姿を探してみようと思います。




ちなみにみんとさん、池の近くでりどみぃやじじくんが立ち止まることには慣れているので、鳴いたリしないでおとなしく待っていました。みんとさんにとっては、お外で風に吹かれているだけでも、群活動をしている事自体が相当楽しいらしく、充実した時間を過ごせているようです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

迂回しつつゆっくりと

 レッスン開始直後に飼い主が犬から5m程離れての”呼び戻し”の練習があり、先生から見てあまりにもひどい(きちんと出来ていない)とのことで、この日は”呼び戻し”の特訓となりました。 




先生の理想の形の”呼び戻し”は、犬が飼い主に呼ばれたら全速力で走って飼い主の正面まで行くということらしいです。

馳せ参じるって感じ?(・_・)

その時のレッスンの参加者が何組も並んで同時に行うとか、端から順番に行うとかその都度先生の指示で練習しますが、みんとさん、よく狩られそうになります。

みんとさんは甘えん坊なので、りどみぃが5m程度離れても「自分を置いて行っちゃった(・_・、)」と微妙に不安になるせいで、いざ「おいで」と動いても良い許可かつ呼んでもらえたら、喜び勇んで走りよって来るわけです。

が・・・それが獲物に見えるらしい・・・
レッスン中に狩りたい本能が刺激されたわんこは、飼い主の元を離れてみんとさんをがばっっと捕らえようとするのでした。

みんとさん、後から追われたり前からりどみぃとの間に割り込むように身を乗り出してくるお友達わんこの姿にぎょぎょぎょっっと驚き、以後は用心深くなります。




みんとさんにも、自分が走ったから獲物と見られたということは解っているらしく、その後何度も繰り返される”呼び戻し”の練習では、りどみぃが呼んでも”おすわり”したまま動かなかったり、5m離れた正面にりどみぃが居るのにもかかわらず、部屋の隅っこの壁に近い方へ大きく迂回してやっと来る・・・という展開となります。

「なんだ、みんとは(なんで来ないんだ)」と先生に聞かれても・・・ねぇ、「○○ちゃんに狩られるのが怖くて来られないんです」なんて言えないし、どんな事情があっても走って来るというのが完成形なら、そんな言い訳していられません。

みんと、追われたら逃げきって来い!( ̄□ ̄;)!!

の心でがんばるしかないのです。(この場合、がんばるのはみんとさんですが)

実際は、みんとさんは精一杯周囲を警戒しつつりどみぃの元へ来ようとしとるのですが、その動きがあまりにも遅いので、先生には「呼んでも走って来やしない」→「呼び戻しが出来ていない」と映るようで、特訓はますます厳しくなってしまいます。

みんとさん、狩ろうとするものを蹴散らすような強い気持ちでがんばっとくれ~





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

可愛い犬留め、色違い

 以前、とても可愛い犬留めを見かけたかけたスーパーマーケットの別の支店に行ってみた時のこと・・・なんと駐車場の脇のスペースに、同じ犬留めの色違いの物が設置されていました。




以前見かけた物は犬の背景が緑色だったのですが、今回見かけたのは黄色です。黄色もなかなか可愛らしい♪
じじくんが、「赤もあるのかな?」と言っていましたが、確かに緑、黄ときたら、赤もあるかもしれません。(信号みたいに)




この時、車の中にはみんとさんも居たのですが、雨が降っていたので車外に出してまで使用モデルをしてもらうようなことはしませんでした。

時々片道を歩いて買い物に行くホームセンターに近いので、その内寄って記念撮影したいものです。可愛らしい犬留めに犬留められたみんとさん・・・想像するだけで可愛いに違い!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

ぐーのお手々

 公園で遊んでいる時、みんとさん、お友達に美味しいおやつ(カワハギとのこと)が入っているおもちゃを借りました。何回か”持って来い”をして遊んで体温も上がっているので、休憩させる意味もあって渡したところ、ひんやりするクローバーの上でお腹を冷やしながら、なんとか中身を食べようと努力を始めました。




この必死さは、家でおやつをやってないせいかも・・・お腹の調子がやっと良くなったようなので、まずはごはんを日頃食べていたのと同じ内容に戻し、それでも問題がないかどうか様子を見ているので、おやつはほとんどやっていないのです。

みんとさん、鬼気迫るおやつへの欲求・・・

お友達わんこは中身のおやつを出すのがとても上手なので、簡単に噛めば出てくるような難易度の低い状態で入れてあるのではなくて、網状のボールの中におもちゃを入れておやつを直接噛むことが難しい難易度の高い状態にしてあります。

みんとさん、おやつを噛んでよだれでふやかすことで柔らかくなれば出せると思っているらしく、網状の隙間からベロンベロン舐めるは噛むは、絶え間ない努力を続けます。




走ったからクールダウンの休憩時間の暇つぶし・・・というよりは、必死でかえって暑くなってないか?

網状のボールに逃げられないよう、しっかりお手々をぐーにして掴んでいるみんとさん、自分のよだれとみんとさんのお腹の圧迫で乱れたクローバーの葉っぱとで、前足の被毛が雨上がりに歩いた時のように濡れてきたのに休もうともしません。




このぐーのお手々から必死さが伝わって来るので、帰ったらおやつをやろうと思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

5.0kg

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん、先日ゲロリンちょして以来、朝晩のごはんはウェットフードやお肉中心の消化の良い物のみにしていた上におやつもほとんどやらなかったので、体重が減りました。

久しぶりに5.0kgです。

食べる量の変化で、すぐに減るんだねぇ(・◇・;)



これからは暑くてお散歩の時の運動量も減ってしまいそうなので、これに気を抜かずに体重管理をしっかりしていきたいものです。

6歳になっても、理想の体重は5.2kgキープを心がけてきましたが、ちょっと油断すると5.4kgになってしまいます。

5.0kgしかないからといって、抱き上げて軽さを感じるわけでもないし、5.2~5.4kgの時でもちゃんと背骨にも触れるので太っているわけではないのですが、肋は浮き出てないから痩せてもいないということでしょうか・・・



既に普通の内容のごはん(おからや野菜も入っている)に戻しているので、5.0kgが幻となる日は近い気がするのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

帽子わんこ

 ホームセンターに買い物に行った時、ペットコーナーを通ったら犬猫用の帽子が売っていました。

おおっ、これは買うしかないっ( ̄□ ̄;)!!

サイズが色々あったのですが、ちょうどみんとさんが一緒だったので頭の上にのせてちょど良いのを選ぶことが出来ました。

後日、公園に行った時にかぶって記念撮影。帽子の両脇からコードが耳の前後になるようにしてあって、顎の下で長さ調節出来る透明のパーツ(コードストッパー)でまとめられていました。




素材が軽くて耳にも圧迫感が無いせいか(頭の上にのっているだけなので)、みんとさんが自分で嫌がって脱ごうとしたりはしませんでした。

みんとさん、可愛いわぁ(☆☆)

犬にとっての日除けとしての能力がどれだけあるかはまだ不明ですが、無いよりましなんじゃなかろうか・・・と思っています。




帽子のクラウンに巻かれているリボンがブルーなのでちょっと男の子っぽい雰囲気?ブルーだと涼しげで良いとも思うのですが、みんとちゃんには赤のギンガムチェックとかの方が似合うかな~とも思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

体重計は誰のもの?!

 昨年の夏は、震災後の猛暑だったので限りなく節電に務めることのみに気を取られておりました。

世間で一番電力使用量が高い時間帯は、家の中の小さな部屋を閉めきってその部屋だけ冷房を入れ、お昼寝したり本を読んだりと活動を控えてやり過ごす・・・という形で乗り切ったわけです。




節電という面だけを見れば、一切冷房を入れないのが良いのでしょうが、年中花粉症のりどみぃは、窓を開けて風を入れたら今度は花粉のせいで夜に眠れなくなる
だろうし、ただでさえ体温が高いみんとさんの熱中症予防を考えるとギリギリの設定温度での運用でした。

しかし、運動量の激減に自覚がなかったりどみぃは、ごはんをそれまでと同じだけ食べていたので、完全に運動不足でカロリーオーバーになり、夏の間にじわじわと太ったようです。りどみぃがそれを知ったのは、昨年の年末、急な親戚の法要で喪服を着ようとした時、かつて無いほどのピチピチ感に「着て出かけられないのではっ?」と思った瞬間でした。

あたし、いつの間にか太っとる?!( ̄□ ̄;)

シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさんの健康には気を配って、毎日のように体重計にのってもらってチェックしていたのに、自分のことは量っていなかったので、自覚ゼロだっただけに、突き付けられた現実は度肝を抜かれるものでした。




それでも年が明ければお正月が来て、ごちそうを食べないでいるわけにもいかず、生活も特に改めないままに春が来ました。

・・・このままでは手持ちの服で着られるのが無くなってしまいそうな予感と、自分でも鏡を見ると「これは誰っ?!」と思うくらいにシルエットが見るに耐えなくなってきたので、食生活や運動量のバランスを取ることを心がけ、体重と体脂肪も毎日量って記録することにしました。

が・・・呼んでもないのにみんとさんが毎回先に乗ろうとします。




我が家の体重計はだいぶ前に買ったものなので大した機能は無く、こんな風に4人までの身長が登録できるスイッチがあって、これを押すことで起動し、表示が
0.0になってから上にのることで測定がスタート、体重と体脂肪とが続けて表示されるものです。

みんとさんのように身長を登録しようもない場合、単に電源を入れる意味でのスイッチに当たるのが今回”他”としたスイッチで、これまではずっとこんな手順でやって来ました。

「みんちゃん、体重量ろうか」と声をかける→みんとが体重計の前までやって来る→りどみぃが他ボタンでスイッチを入れる→表示が0.0になったら「のって」とみんとをうながす→みんとが体重計の上でおすわりをする→表示された体重を読み取る→「OK」と言って体重計からおりるようにうながす

みんとさんにとっては、体重計のスイッチを入れるカチャという音は、1ボタンだろうが他ボタンだろうが同じ音なのでしょう。りどみぃが自分の体重を量るべく1ボタンで起動して表示が0.0になるのを待っていると、そこにみんとさんがやって来て勝手にりどみぃより先にのってしまうのです。




げげっと思って「おりてー」と命じて一度はおりてもらっても、またスイッチを入れるとまたりどみぃが0.0を待っている間に我先にのるみんとさん登場。

あたし量れないじゃん(・◇・;)

これまでみんとさんに体重計にのってもらうのは、「今日のご飯は少なめにしなきゃダメかな?」とか「このおやつあげてもl大丈夫かな?」とかチェックしたくなった時でしたが、みんとさんにとっては

体重計にのる→その後ごはんになる(その後おやつがもらえる)

という単純な図式で、言わば芸の一種になっていたため、呼ばれてなくても積極的にならずにはいられないらしい・・・




結局、りどみぃがみんとさんに「待て」と命じて動きを封じている間に量ることでやっとその日の体重と体脂肪とが判明しました。

やれやれ・・・と体重計からおりて壁際へ向きを変え、カレンダーにメモしようとしていたら、背後でみんとさんが体重計にのっている音が・・・どうやら独自の判断で、「りどみぃが終わったなら、今度はみんとの番~」とか思ってのことらしい。

「のって」って頼んでないのに・・・それにもうりどみぃがおりた瞬間に電源切れてるのに・・・

カレンダーに自分の記録をつけて振り向いたら体重計に「どうぞ見て下さい」と得意そうに乗っているみんとさんが居ました。そうまでされちゃったら・・・ねぇ。

・・・わかったよ、量りゃいいんでしょ・・・とみんとさんの希望をかなえるしか無いのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

ユリとヒマワリ

 ヒマワリが咲いていると「夏だな」と感じますが、ユリを見た時には特に季節を感じないりどみぃ・・・でも、今が盛りなのか公園で良い香りがして辺りを見るとユリだったということがあります。




これは、”ヤマユリ”と名札が立てられていました。黄色のラインがラブリー♪
蕾の時は外側から見ていたら白ユリに見えますが、咲いてみたらあらビックリ的な存在感があります。




大木の下の半日陰の場所に、同じような背丈の草に混じって自分だけ大輪の花を咲かせていたヤマユリに比べて、こちらは花壇で集団で先競っている別の種類のユリです。これだけ咲いていると、かなり遠くから香りがします。しかし人工的な物に比べて匂いが濃すぎるということは無く、深呼吸して楽しみます。





みんとさんは、花の香には全然興味が無いようで、「早く先に行きません?」と再び歩き出すのが待ち遠しいような顔をして待っていてくれます。




ヒマワリが咲いている畑の横を通りかかった時にもぱちり☆




お散歩中にいきなり停まって、あーでもないこーでもないと花やら猫やらの写真を撮ろうとする飼い主のことを、みんとさんは何と思っているのやら・・・案外こういうことが群活動としてのお散歩時、りどみぃのリーダーらしい態度と受け止められているかもしれないのでした。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

がんばれ!ゴーヤ!

 今日は、夕方から出かけなくてはならないので、1時のクラスのレッスンに参加させてもらいました。

先週のレッスンで、みんとさんが”ふせ”と”つけ”を先読みと状況判断をした上での勘でやっていることが判かって以来、りどみぃがアクセントに気をつけて練習していたせいか、ほとんど間違えなくなりました。




先を読まれないように指示を出すのは大変ですが、アクセントの方は、「つけ↑」と「ふせ↓」の差をつけて言えるようになって来たので、それがみんとさんにもわかり易かったようです。まだ言葉としてではなくて、音として高い音(声)か低い音(声)か聞いているにすぎないでしょうが、以前は聞きもしないで適当にやっていたことを考える、「次は高い音かな?低い音かな?」と聞こうとすること自体がかなりの進歩と言えましょう。




そのせいか、この日の課題は遠隔による指示でしたが、5m以上離れても反応も良く、ちゃんと指示したことを行なっていました。

みんとさん、優秀~(☆☆)

”おすわり”した状態のみんとさんの真後ろに立ち、”ふせ”を命じても、以前のように独自の判断で向きを変えたりせず、前向きのままで居られるようにもなりました。




みんとさん、少しずつ進歩しています。

レッスンの後、保土ヶ谷公園に行きました。




夕方から出かけてしまう為、お散歩を前倒しにしておこうという作戦です。まだまだ暑い時間でしたが、木陰を選んで歩くだけでもみんとさんは楽しそうでした。




公園の管理事務所の建物の前には、ゴーヤで緑のカーテンが作られていました。ちょうど居合わせた公園の方のお話では、先日の台風の時に被害に遭い、植え直したものが成長しているところだそうです。最初に植えたのが被害に遭ってなかったら、もっと緑の葉が茂っていたのでしょうね。




もうすぐ高校野球の予選が始まり、この公園も混雑することでしょう。代表校が決まった後にまた訪れて、ゴーヤの成長を見たいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

池のこちら側で

 公園の池にいるカルガモ親子・・・子ガモ3羽はかなり大きくなりました。サイズ的には、お母さんカモより一回り小さい程度で色もだいぶ似てきました。


 

子ガモの方が羽毛がぽやぽやしています。

ぽやぽやがヒナっぽいですな(・_・)

これ位体格が良くなると、天敵に襲われるリスクもかなり減ってきたと思われます。

さて、この写真を撮る前、みんとさんとりどみぃは池の西側に居ました。そちらの遊歩道から来たからです。カモ達は池の東側の方に居たので、池を挟んで「ああ、あそこにいるな・・・大きくなったな」と成長を確認できたのですが、やっぱり記念に大きくなった姿を撮影したくなりました。

カルガモ母さんは、4羽いた子ガモが3羽に減ってしまった時以来警戒心が強くなっているので、みんとさんを連れて行ったら池の奥の方へと移動してしまいそうです。(人間だけならパンを貰ったりしているせいか警戒していないようです)

みんとさん、今日も池の緋鯉を目で追うのが楽しそうなので、「じゃ、みんとちゃんは池のこちら側で待ってて。ここで鯉でも見てなね」と池の周囲の柵にリードを結んで、りどみぃだけが池にそっててくてく歩き、池のあちら側であったカモたちの近くまで行って撮影しました。




待つのが苦手なみんとさんだけに、「りどみぃが池に沿ってどんどん歩いて行ってしまうのを見て”置いて行かれちゃう!?”って鳴くかな?」とも思いましたが、機会ある毎に子ガモの成長チェック&撮影をしていたせいか、りどみぃの目的をちゃんと理解していたようです。一度も鳴きませんでした。

カモたちの撮影をしてから振り向いてみたら、みんとさんが池を挟んだ向こう側からりどみぃを見ていました。みんとさんの姿もパチリ☆




鳴いていないだけでも上出来ですが、家で画像を拡大してみたら、待たされて心細くて悲壮な顔をしているわけではなく、笑ってました。




心に余裕ってやつですか?

ちゃんと鳴かずに待てて、偉かったね(*^^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

玄関のゲロリンちょ

 玄関の上り口付近の片付けをしていたら、茶色いシミは見つけました。すでに乾いているし、特に匂いもないのですが、りどみぃにはピン☆と来ました。これは、みんとさんのゲロリン(吐いたもの)です。




みんとさん、消化不良などで気持ちが悪くなると、お尻を上げて前足は前に伸ばしてぐーっとストレッチするのです、それを数回やっても解消しない時、部屋の隅っこで吐いたりします。

消化が悪かった原因の物(骨の欠片とか)が少量含まれた泡っぽい物だったり、胃液だけだったりするのですが、それを出すとある程度すっきりするらしい・・・

これが吐かれたのは2日前の午前中、朝ごはんを食べなかった時だと思われます。

みんとさんの姿が見えなくなって、リビングのドアから廊下に顔を出してみたら、みんとさんが玄関ドアを見つめていました。そういう時は、「外に行きたいな」と思っているらしいのですが、朝ごはんを食べようとしなかったなら安静にしていた方が良いだろうと思って外には出しませんでした。

思えば、この時、みんとさんは「外でゲロリンちょしたい・・・」と思っていたのかもしれません。




上り口に敷いてある玄関マットは焦げ茶色の地に大きめの花柄で、みんとさんが吐いたものも焦げ茶色だったので、お散歩の時の出入り時にも、1階と2階の間の移動で玄関マットの横を通って階段を利用するという事も何度もあったにもかかわらず
、全く気が付きませんでした。

よく踏まなかったわねぇ・・・(・_・;)

リビングの中で吐きそうになって場所を探していた時は、ペットシーツをみんとさんの口の下に差し込んでゲロリンをキャッチするという大成功をおさめていたのですが、玄関のはその前に独自の判断で家の一番隅っこで吐いたということのようです。

「どうせなら上り口から顔を出して、たたきにゲロればいいのに・・・」とも思いましたが、そこにじじくんの靴でもあったらもっと悲劇だったかもしれないと気が付き、みんとさんの判断を受け入れるのでした。




ちなみに、このゲロリンちょ(消化不良)、前夜与えたスナギモが原因と思われます。枝豆を毎日食べて消化をがんばっていたみんとさんの胃腸には、スナギモは負担だったのでしょう。明け方冷えてもっと消化力が落ちて(みんとさんは寒い時に消化力が落ちる傾向にあります)、いっそ出してしまえ・・・と。

もうお腹の音もしなくなったし、食欲もあり、良いうんちも出している今頃になって発見されたゲロリンちょでございました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

枝豆の食べ過ぎ?

 シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)みんとさん、今朝は食欲がありそうだったので、レトルトパックに入っているささみのウェットフードを出してみました。量が少なかったこともありますが、ぺろり☆と完食。

ほっとするのもつかの間、お腹の方からぎゅるる・・・という小さな音が・・・まだ本調子じゃないって感じです。




7月2日にお友達わんことその家族のために焼いた白桃の缶詰で作った桃のシフォンケーキの残りが冷蔵庫にありましたが、みんとさんには食べさせないことにしました。

みんとさん、以前は甘栗を毎週食べていた時も調子を崩したのが思い出されます。今回は、毎日枝豆を食べていたのが消化器に負担となっていたのかもしれません。
そこへちょっと冷え込んだ朝があったので、胸焼けむかむか・・・となったのかも。

枝豆のシフォンケーキを焼く時には薄皮をむいて使いましたが、みんとさん用に塩無しで茹でた枝豆を莢から豆を出して食べさせた時は、特に薄皮をむいてから食べさせるように気をつけたりしませんでした。みんとさんの内蔵には消化が負担だったかも。

しばらくは肉食獣として生きていきますか!(^◇^;)

朝ごはんの後、みんとさんはまた前日のように丸くなってずーっと寝ていました。

朝食べさせた量が少なかったのが気になったので、お昼過ぎに「なんか食べる?」と声をかけましたが、何も食べようとしません。




安静にさせるという意味で一緒にお昼寝したりしましたが、みんとさんのお腹に耳を当てるとぎゅるんぎゅるんという音が聞こえました。

ずーっと寝ているので、とても具合が悪いのかと思うと、お散歩に行きたがっている様子。玄関ドアをじっと見ていたりして、気持ちが伝わって来ます。

お散歩に出たら、ぐんぐん歩くは、笑ってるは・・・とてもお腹の調子を崩しているとは思えない元気そうな様子でした。出したうんちも量こそ少なかったけれど、やっぱり良い状態です。




お散歩で歩くと体調が整うのか、みんとさんはごきげんでした。

まだ動物病院に行かなくても大丈夫かな・・・と思えます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

みんとちゃん、ぐったり

昨夜寝るまでなんともなかったのに、朝ごはんのドッグフードを器に入れて目の前においてやったら、1、2歩前に踏み出したものの、顔を背けるようにして食べませんでした。

あらま、具合悪いですか・・・(・_・)

かすかにみんとさんのお腹の方からぎゅるるんとした音が聞こえてくるし、今朝はちょっと冷えたので、季節の変わり目にある胃炎とか腸炎の傾向があるのかもしれません。

胸焼けしちゃった時にやるように、前足を伸ばしてお尻を上に突き上げるような伸びも、何度もしていました。

取り敢えず、朝ごはん抜きってことで様子を見ます。特に辛そうではなかったけれど、構わないで放っておいたらひたすら寝ていました。




みんとさん、疲れてるのかな?

それでもお散歩の時間になると尻尾をぷりぷり振って喜んで出かけました。元気なんだか元気が無いんだかわからん・・・

帰宅後に、晩御飯用に生の牛肉をちぎって見せたら、一度はお口に入れたものの、そのままぽろり☆と出しました。

肉も食べないなんて重症なのかしらん・・・(・△・;)

とは言え、お散歩中は元気でしたし、していたうんちの状態は普段通りの良いものでしたし、前回動物病院で投薬治療を受けた結果、腸の調子が良くなり過ぎちゃったなんてこともあったし、獣医師の先生にも以前、こんな時は思い切って絶食した方が良いこともあるとアドバイスいただいたこともあるので、このまま1晩様子を見ることにしました。




みんとちゃん、お大事にね・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

緋鯉がお気に入り

 最近、みんとさんは、池の鯉がお気に入りです。池の畔に行くと、飽きること無くその姿を目で追っています。




特に赤い大き目の鯉が獲物としてうずうずするらしく、白い鯉より熱心に見ています。




幸い、池に飛び込んでまでの根性は無いようですが、出来るだけ近くで見ようという気持ちが顔を水面に近づけるようで、顔が完全に池の縁から落ちています。




みんとさん、落ちないでねー(・△・;)

と時々声をかけると、照れたような「すごい大物いるんだよ!」と言いたいような輝く笑顔でこちらを見ます。




鯉を見ながら尻尾をぷりぷりしているみんとさん・・・そんなに楽しいですか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

7月のみんとカレンダー

 7月になりました。

まだ梅雨は開けていないので、みんとさんはてるてる坊主のチャームを着けていますが、7月はもう夏だろうとイメージで昨年末に2,012年版みんとカレンダーを作った時に選んだ1枚はこれです。



撮影 2011年7月2日


わんこOKのテラス席のあるカフェで休んだ時のスナップです。みんとさんの首に巻かれているオクラ柄の保冷剤入れポケット付きバンダナが夏を感じさせます。昨夏のみんとさん、撮影時はトリミングの後10日程なので、顔がほっそりしています。

犬にはストローは無用なので、物珍しいのか、グラスをじっと見ているようでした。



撮影 2012年6月30日



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »