« 金環日食のめがねわんこ | トップページ | 「やる時ゃやりますよ」のしおり »

2012年5月22日 (火)

小さな布金魚のチャーム

 みんとさんをホテル部門で時々預かってもらうペットショップは、ショップ内にトリミングサロンも設けています。そのサロン内部が見えるガラスの大きな窓の近くに、わんこ用のリボンやチャームが売っていました。




日頃から自分で愛犬の被毛を結ぶ飼い主さんが買い求めて使ったり、トリミングを頼んでいる方がトリマーさんに頼むことで、サービスのリボンではなくて自分の好みのチャームを使ってもらうことが出来るようです。

みんとさんの夏を感じさせるチャームのアイテムを探していた時だったので、小さな金魚のチャームが目につきました。




被毛を束ねてとめられるように、絡まりにくい素材の輪ゴムに付けてある布製の金魚です。これから輪ゴムを取り除き、マルカンやカニカン類の金具を付けて、首輪に着けるチャームに改造しようと思い、買ってみました。


輪ゴムは、金魚のお腹に糸で2箇所輪ゴムをまたぐように縫いとめてある状態だったので、糸を切らずに輪ゴムの方を切って糸から抜くようにして外しました。
金魚の口の右側から左側へ「ごめんね」と言いながら目打ちでずぶっっと貫き通してマルカンを通す穴を開け、ラジオペンチを使って一部を広げたマルカンを通しました。




カニカンにつけた時に金魚が正面を向くように、もうひとつ間にマルカンを入れてカニカンとつなぎ、完成です。
7月頃になったら夏祭りの金魚すくいのイメージで、みんとさんに着けてもらおうかなと思います。





|

« 金環日食のめがねわんこ | トップページ | 「やる時ゃやりますよ」のしおり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/45365103

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな布金魚のチャーム:

« 金環日食のめがねわんこ | トップページ | 「やる時ゃやりますよ」のしおり »