« 牛丼屋さんとバラ園の前にて | トップページ | お元気そうね♪ »

2012年5月25日 (金)

切り株で待て

 4月頃から時々、公園で、みんとさんの待つ練習をしています。ロングリードを切り株に括りつけて、「”待て”」と言ってから離れます。




近くでお友達わんこが遊んでいる間に行うので、少しはみんとさんとしては心強いかなと思うのですが、あんまり関係ないらしい・・・自分の飼い主だけが立ち去ってしまうという印象があるようです。

芝生の広場から近くに出来た見晴台のある広場に新設された水道にお水を汲みに行くという用事で場を離れている設定でやっているのですが、公園での待つ練習はとんとやっていなかったので、最初はりどみぃが背を向けて10m離れた程度で鳴き出しました。

家での”イチイチついて来るな”効果もあってか、何回もこの場所での練習をしている内に、姿が見えている間はかなり離れても鳴かなくなりましたが、水道の場所は植え込みの向こう側で水を汲んでいる間はりどみぃの姿がまったく見えなくなるため、やっぱり鳴いてしまいます。




水を汲み終わってりどみぃの姿が植え込みの影から少しでも見えると、「これっぽっちも鳴き声なんか出していませんでしたよ」って顔をしています。

一度、みんとさんに砂肝が入っている知育ボールを渡してから離れたところ、それなりにりどみぃの行方を心配しつつも、口が砂肝対策で忙しかったためか鳴きませんでした。ただ、これは気を逸らしているだけで、みんとさんの我慢する心を育てることにはならない気がして、それっきりやっていません。




でも、そんな風に食べ物を出そうと夢中になることが”自分の時間を自分で過ごす”ことになるから、そういう機会を繰り返し持たせた方がいいのかな?と思ったりも。みんとさん側からすると、「食べようと頑張ってたら、りどみぃが戻って来た」って感覚を何度も経験した方が良いのだろうか・・・?

とは言え”食べ物がなければ待てない”状態への1歩になりそうな気もするし・・・それに、以前しつけ教室でクレート内で待つ訓練をしていた時は、食べ物が入っていても「出してー!」となっていたみんとさんなので、やっぱり食べ物無しで練習を重ねた方がいいのかもしれません。

取り敢えず、この切り株&水道の取り合わせで、りどみぃが水を汲みに行って帰って来るまで一度も鳴かないようになるのが目標です。

トイレの個室に入って(姿が見えなくなる)戻って来るまで鳴かずに待てるようになったみんとさんですから、きっとその内成し遂げることでしょう。


|

« 牛丼屋さんとバラ園の前にて | トップページ | お元気そうね♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/45407195

この記事へのトラックバック一覧です: 切り株で待て:

« 牛丼屋さんとバラ園の前にて | トップページ | お元気そうね♪ »