« 風邪引きの功名 | トップページ | ひとりでカンガルー »

2012年4月23日 (月)

チューリップとみんとさん

 公園で、大阪にある造幣局の桜の通り抜けを扱ったニュースで、「今年の桜*1は”小手毬(コデマリ)”という種類」と報じていた時に画面に写った桜と似ている桜が咲いていました。

*1 造幣局では通り抜けの桜に親しみを持ってもらうために、数多くの品種のうちから一種を「今年の桜」として選んで毎年紹介しているとのこと


花が集まって毬のように見えるところが似ています。
造幣局のホームページで小手毬の写真を見ると葉っぱは出ていないので、花が終わった後に葉が出るのでしょう。と言うことは、花と葉が同時に見られるこの桜は小手毬ではなく別の種類ということになります。

ま、きれいだから何でもいいけど・・・(・_・)

きれいと言えば、公園の新しく工事が終わって公開された広場の隅っこにはチューリップが咲きそろいました。


前から花壇があって秋に球根を植えたのが咲いたのとは違い、既に蕾を持った(または持ちそうな)株を一気に植えて完成させた花壇なので、花の時期が揃ってゴージャスです。

花が散る前に・・・と、じじくんにみんとさんのスナップ写真を撮ってもらおうと案内してきたので早速「”おすわり”」とみんとさんをチューリップの前に座らせてみましたが、みんとさんとしてはお散歩も十分にしていないこのタイミングでは、表情がいただけませんでした。



そこで、まずは場所を移してみんとさんが楽しく遊べるフリスビーで気分を盛り上げます。



これも激しく遊び過ぎてはいけません。みんとさんの息が弾んではあはあと大きく口を開けっ放し&舌が大きく出されっぱなしの疲れた表情になってしまうので、程良い笑顔のショットが欲しい時は、そこそこの回数で切り上げた方が良いのです。

作戦通り、みんとさんがごきげんになり、表情が明るくなりました。



遊び疲れた表情でもないし、お水をがぶ飲みして口の周りがぐちゃぐちゃ・・・でもないし、舌が顎の方までべろーんと出ているわけでもありません。

みんとさん、らぶりー(☆☆)

2013年のカレンダーに使えそうな1枚を撮ってもらえて、満足、満足。

このチューリップの花壇の前で撮って貰いたかった理由として、他の公園の花壇と違って周囲をロープで囲んだり、縁石を高くして花壇を地面より高い位置にしていないというのがあります。

ロープで囲まれている花壇だと、その前にみんとさんがおすわりしても、頭にロープが突き抜けているようなスナップしか撮れないし、花壇が高くなっている場合は、みんとさんの背景は茎や葉っぱばかりになってしまったりしてがっくりなのです。






ここのチューリップ花壇のように地面と同じ高さに植えられていれば、花の高さとみんとさんの高さが近いので一緒に収まることが出来ます。




チューリップが終わったら次は何を植えるのかな?このまま花の側まで寄れる花壇だといいな~

|

« 風邪引きの功名 | トップページ | ひとりでカンガルー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/44994345

この記事へのトラックバック一覧です: チューリップとみんとさん:

« 風邪引きの功名 | トップページ | ひとりでカンガルー »