« 死んだふりの練習は続く | トップページ | チューリップとみんとさん »

2012年4月22日 (日)

風邪引きの功名

 昨日のレッスンは、遠隔での”立て”でした。1時のクラスにご一緒させてもらいましたが、この時間ならみんなと同じ内容でお勉強させてもらえるので、気持ちの上ではとても楽です。



飼い主りどみぃ、少し前に風邪をこじらせて声が出なかったりしゃべろうとすると咳が出るので発言を控えていたりした時期がありました。その時、みんとさんとのコミュニケーションはハンドサインだったり犬笛だったり顔の表情だったりしたものですから、みんとさんがかなりりどみぃに対して注意を向けるようになったような気がします。

この日のように”立て”を命じて5m程度離れたら、以前ならみんとさんはきょろきょろと視線をじじくんに向けたり両隣のお友達わんこに向けたり、その飼い主さんにお愛想に尻尾を振ったりしていたものでした。

しかし、この日はじっとりどみぃを見ていて、ほんの2回だけ視線を動かしただけでした。



みんとさん、確実にりどみぃに対しての集中力が上がっているように思われます。

ちゃんとこちらに注意を払っているので、一言「”ふせ”」と言えば直ちに反応しますし、なんとなくりどみぃの指示を聞くのを喜んでいるような感じを受けました。

これが犬との心理的な結合・・・絆なのかっ?!( ̄□ ̄;)

毎日真面目に薬を飲んでいてもイマイチすっきりと治らず、疲れがたまる夜や週末にぐっと症状が悪化して苦しい思いをしていましたが、悪いことばかりじゃなかったのぅと少し救われた気がしたのでした。



|

« 死んだふりの練習は続く | トップページ | チューリップとみんとさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/44994335

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪引きの功名:

« 死んだふりの練習は続く | トップページ | チューリップとみんとさん »