« 近道の近道 | トップページ | ソフトクリームと背比べした時は »

2012年4月10日 (火)

カモとカラスとシュナプーと

 だいぶスギの花粉も少なくなったようなので、久しぶりに樹がいっぱいある公園に行ってみることにしました。遊歩道脇には花ニラもいっぱい咲いていて、足元も明るく感じます。


池の畔まで行ってみたら、珍しくカモが池の中の石の上に上がって、くちばしを背中に差し込んでの熟睡モードでお昼寝していました。


シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん的には「隙あり!」と見えるのか、少しでも近くに行こうと池の畔ギリギリまで接近。


助走をつければカモのいる石まで跳べるのではないかとか、水たまりのようにじゃぶじゃぶ歩いて行けるのではないかとか考えているらしく、ウロウロしたり池を覗きこんだりしていたので、カモも殺気を感じた模様。


ぐわっぐわっぐわっと警戒鳴きをしとりました。と、そこへカラスがさーっと近くまで飛んで来て、池の中の立て札の上に止まると、「そこどけや」的に鳴きました。


人間のりどみぃにもその意味が解ったくらいですから、カモも即座にカラスの要求に逆らえずに池に退避。


みんとさんも、カラスは狩る気がしないらしくて、追われたカモたちの行き先の方に興味を示しておりました。


カラスは黒くて不味そうなのかな?それとも飛ぶのを厭わないので簡単に狩れないという条件的なものなのかしらん。まるまると太ったカモの方が、獲物としては魅力的だからかな・・・?
カラスさえ邪魔しなければ、まだまだカモとシュナプーの駆け引きが見られたのに、残念なことでした。

|

« 近道の近道 | トップページ | ソフトクリームと背比べした時は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/44856147

この記事へのトラックバック一覧です: カモとカラスとシュナプーと:

« 近道の近道 | トップページ | ソフトクリームと背比べした時は »