« 風ぐるまのベビーキルト10 ボーダーのデザイン | トップページ | 本牧市民公園(ほんもくしみんこうえん) »

2012年3月20日 (火)

わんこの不二家ネクターのシフォンケーキ

 ”不二家ネクター NECTAR 濃い果実 国産白桃”の美味しさをほんのり感じられる、わんこと一緒に食べられるシフォンケーキを焼きました。



事の初めはこうです。今年の3月3日の桃の節句の時は、みんとさんに桃缶シフォンケーキを焼くつもりでした。缶詰を入れてある収納庫の引き出しから、桃の缶詰を確かに出した・・・様な気がします。しかし、当日になったらみんとさんってば朝から吐くような胃炎めいた症状を見せ、ケーキは治ってから日を改めて焼くということにしました。


南日か経っていざ焼こうとしたら、たしかにあったはずの桃缶が見当たりません。

あれー?あれー?( ̄□ ̄;)

ひょいとどこかに置いたのか、別の物を片付けている間に桃缶も一緒にどこかにしまい込んでしまったのか・・・謎です。
「ひとっ走りスーパーかコンビニに行って桃の缶詰を買ってこようか」とも考えましたが、じじくんの「ジュースだけじゃダメなの?」という一言で、それもそうだ桃のジュースで焼くシフォンケーキに挑戦することにしました。使ったのは、”不二家ネクター濃い果実 国産白桃”です。



1回目は、ネクターの量が多過ぎたようで、味や香りは良かったけれど型から外す時や切る時にボロボロになってしまいました。水分が多かったために、焼き上がりが柔らか過ぎたようです。

2回目は単純にネクターの量を減らしてみました。すると、焼き上がりの硬さは良くなりましたが、味も香りも物足りないものになってしまいました。

1回目に焼いたヤツの方がボロかったけど美味しかったな・・・(・_・、)

3回目はネクターを小鍋で煮詰めるという荒業を使い、満足の行く味でボロボロにならない硬さのものが出来ました。レシピは以下の通りです。


 わんこの不二家ネクターのシフォンケーキ
材料:  直径17cmのシフォンケーキ型用 
 卵白  4個分
 卵黄  4個分
 小麦粉 (薄力粉)  90g
 砂糖  30g
   
 不二家ネクター
濃い果実国産白桃
 75cc(シフォンケーキ2個同時に焼いた時に150cc使用したことから算出)測りにくかったら50cc+大さじ2の合計80ccでもよいでしょう。

下準備:  各材料は、量って用意しておく。 
   オーブンは180℃に予熱しておく。
(メレンゲが出来上がりそうになったタイミングで予熱を始めるようにしています)
   型の用意も忘れずに(*^^*)

 不二家ネクター濃い果実 国産白桃の下準備
1.  小鍋に不二家ネクターを入れ、中火にかけます。 
   鍋肌から泡立つように沸騰してくるので、吹きこぼてないように見守りながら3分程度加熱します。火加減は中火のまま。
 2.  火を止めてそのまま冷ましておきます。
 3. 必要量を計量してケーキに使う。もし煮詰め過ぎて必要量に足りなくなっていたら、水を足して必要量にすればよいでしょう。
   
   余った煮詰めたネクターは、お湯を入れてホットネクターとして飲んでも美味しいです。お好みでお砂糖を足しても。

1.  卵を卵黄と卵白に分け、卵白と砂糖(今回は30g)でメレンゲを作ります。
メレンゲの作り方は、別に詳しく書いてあります。 
   
   冷凍庫に卵白を入れる容器は、平で蓋が出来るタイプの物が使い勝手が良いように感じています。卵白が凍った時に、1cm程度の厚さになると、ハンドミキサーで泡立てる時に平均して解けて出来上がりの泡立ちにむらが出来にくいからです。
これが、卵白が厚く凍っていると端っこは解けて泡立ってしまい(=粗い泡)、真ん中はカチンカチンのまま・・・というように泡が平均してきれいに立たないので、ケーキに使うと焼き上がりが良くないようです。粗い泡の部分は、一度膨らんでもしぼんでしまったりするからです。
   
   シフォンケーキの作り方は、いつも同じ手順です。一応書いておきます。
   
 2.  卵黄をボウルに入れ、軽くハンドミキサーで割りほぐしてから残してあった10gの砂糖を入れ、マヨネーズ状に白っぽくなめらかになるくらい泡立てます。
   
 3. 2に不二家ネクターを煮詰めて冷ましておいた物を入れ、ハンドミキサーで混ぜます。
   
 4. 3に小麦粉を1/3量ふるいながら加えて、粉っぽい部分が無いようにゴムベラでよく混ぜます。
   
   この時、まだオーブンの予熱が完了していなかったら、完了するまで小麦粉は混ぜないで、予熱が完了するまで手を止めて待っています。
小麦粉は混ぜてから時間が経つと粘り気が出てしまうので、ケーキの焼き上がりが重くなってしまうからです。
 
   
 5.  4に残りの小麦粉を2度に分けてふるいながら加えます。練らないように気をつけつつもゴムベラでボウルの底から返すように短時間で混ぜます。
   
 6. 最初に作っておいたメレンゲを今一度かき混ぜて泡を均一化し、1/3量を5に加えて良く混ぜます。
   
 7. 6にメレンゲの残りを2度に分けて加えます。
   
 8. 7を型に流し込み、表面を軽く平らにします。型の底を2、3cm持ち上げてとん☆と落とすことを2、3回繰り返して、型に入れた時に大きな気泡が出来ている場合に備えて空気を抜いておきます。
   
 9.  180℃で30分焼きます。10~15分程度焼いて焼き色が付いてしまったら、アルミホイルを用意しておき、オーブンを一瞬だけ開けてケーキの上にふんわりのせるとそれ以上焦げません。
   
 10.  焼きあがったらオーブンから出して、型ごと逆さまにして冷めるまで置きます。
りどみぃは、ワインの空き瓶をとってあって、そこにシフォン型の中心の煙突状の部分をかぶせるようにして(ケーキは逆さまの状態)冷ましています。
   
 11.  型の上から素手で触っても熱くない程度まで十分に冷ましてから、パレットナイフやシフォンナイフ、竹串などを使って型から外し、切り分けて食べます。



|

« 風ぐるまのベビーキルト10 ボーダーのデザイン | トップページ | 本牧市民公園(ほんもくしみんこうえん) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/44506496

この記事へのトラックバック一覧です: わんこの不二家ネクターのシフォンケーキ:

« 風ぐるまのベビーキルト10 ボーダーのデザイン | トップページ | 本牧市民公園(ほんもくしみんこうえん) »