« わんこの不二家ネクターのシフォンケーキ | トップページ | 新しいぱかぱか »

2012年3月20日 (火)

本牧市民公園(ほんもくしみんこうえん)

 春分の日は晴れてお散歩日和だったので、初めて行く公園へ冒険気分で出かけてみました。

本牧市民公園(ほんもくしみんこうえん)
所在地:神奈川県横浜市中区本牧三之谷59
駐車場:311台 1時間200円 以降30分毎に100円


公園は、首都高速湾岸線、公園、三渓園という配置で、細長い形状の公園でした。高速道路に沿った遊歩道には銀杏並木があり、秋にも来てみたい雰囲気です。


夏季はプールが営業されるので混むのかもしれませんが、この時期は駐車場の利用台数は余裕があるように見えました。

駐車場の横に広々とした芝生の広場があり、その向こうには切り立った地層がはっきり見える断崖がありました。なかなか壮観。


断崖の手前側、柵の向こうにある細長い池の部分までが海だったそうで、この公園の敷地は埋め立てられた部分とのことです。芝生の広場でのフリスビー遊びは後にして、公園を散策してみたところ、陶芸センターやその窯がありました。



掲示してあった案内によると、ここでは陶芸教室が開かれているそうです。初心者対象の体験講座から始まって、中級向けもあるそうな。ここに陶芸センターがあることすら知らなかったので、ちょっとびっくり。カルチャーセンターの広告などで電気釜での陶芸はよく見かけますが、テレビの映像ではなくて実際に登り窯を見るとその大きさにはしみじみしました。

陶芸の趣味は無いし、体験講座ではカップ等を制作するようですが、みんとさんの食器とか作れたら楽しそうだな・・・と思いました。

池に面した場所には、上海横浜友好園というのがありましたが、現在は建物が老朽化したとのことで外観を眺めるのにとなっていました。



池の中にある東屋まで行ってみたいものですが、やはり閉鎖中です。

公園の半分を探検し終わって芝生の広場に戻って来たので、みんとさん待望のフリスビーをすることに。


芝生広場が丘のようになっている公園に比べて、平らなので走り易そうでしたが、少し風があって投げる方のこちらが不甲斐ないことに・・・

みんとさん、ごめんねー(・_・、)

それでもみんとさんは、思いっきり走って、とっても楽しそうでした。


この公園についてなんの知識も無く訪れたので、芝生の広場と運動広場の間にあった蒸気機関車の展示には驚きました。

ここでD51(でごいち)に会えるとは!?(・◇・;)


蒸気機関車は、みんとさんがおすわりしている後の柵で周囲を囲ってありますが、日中は鍵が開けられて開放されていて、自由に見学できます。機関室まで階段が設けられているので、わんこだって行けるのです。(蒸気機関車展示エリア内にはペット立入禁止の表示はありませんでした)



おまけに隣には蒸気機関車の方向を変えるための転車台までありました。



みんとさん、蒸気機関車を見るのも初めてならば、転車台だって初めてです。


この後、運動広場、テニスコート方面を経て市民プールの横を行き、隣接する12m高台にある本牧臨海公園まで行ってみましたが、同公園はちょうど設備の工事中で一部が閉鎖され立入禁止となっていました。工事が終わった頃に、また行ってみたいものです。



|

« わんこの不二家ネクターのシフォンケーキ | トップページ | 新しいぱかぱか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/44609866

この記事へのトラックバック一覧です: 本牧市民公園(ほんもくしみんこうえん):

« わんこの不二家ネクターのシフォンケーキ | トップページ | 新しいぱかぱか »