« 風ぐるまのベビーキルト5 プリント布選びと印付けと裁断 | トップページ | おリボンわんこでお散歩に »

2012年2月15日 (水)

鹿威しの威を借る猫?

 みんとさん、午前中はりどみぃが傾聴講座2/2回目受講の日だったため、お家でお留守番しておりました。そこで、午後一番にはお散歩に出ることにしました。公園の東屋付近の梅は早く咲くので、見に行くことに。


予想通りに咲き始めていました。昨年はうっかりしていたら盛りを過ぎてしまったので、今年は気をつけていて良かったです。この木は名札が付いていないので、梅の種類の名前はわからないのですが、とても良い香りがします。

この梅の木がある東屋の向こう側には湧き水が出るそうで、鹿威し(ししおどし)がしつらえてあります。竹の節を抜いて中程を固定した筒が水を受けていて、中に入った水が多くなって来ると筒のバランスが前方に傾いて内の水がざーっと流れ出し、空になった筒が元の位置に戻る時にお尻の部分で台座の石をコーン☆と打つ、あれです。


梅の木の方から鹿威しの方へみんとさんが歩いて行くので、「コーン☆と鳴ったら驚くかな?」と驚くみんとさんを撮りたくてカメラを構えていたところ、りどみぃの予想よりずっと積極的に鹿威し付近へ進んだ挙句、柵をくぐって水の近くまで行こうとしました。

みんとさん!入っちゃダメだよ!( ̄□ ̄;)

と、カメラを構えたまま声をかけたら予想通りのタイミングで竹がコーン☆
これまた予想通りにみんとさんがぎょっっとして後退りして柵から出て来ました。




上の2枚の写真は、随分色が違いますが、これは撮影した時にオートに設定してあったため、カメラがフラッシュを焚いたり焚かなかったりしたからなのです。
修理に出している方の新しいカメラならフラッシュを焚かなくても撮れるような場面でも、今ピンチヒッターで使っている前のカメラは明るさが足りないと判断したようです。
この後、鹿威しの近くまで行ったりどみぃは、植え込みの根元に猫がうずくまっているのを発見。みんとさん、その猫の匂いを追って柵の内側まで入ってしまったようです。


みんとさん、鹿威しの前を突っ切って猫の方へ行くルートは諦め、大きく迂回して植え込みの向こう側から行こうと試みましたが、水は少なくとも巡らせてある流れの間が広く向こう側に大きな石があってっ跳んでいくことも出来ないので、結局は猫に近付くことは出来ませんでした。


猫の作戦(?)勝ちなのか、みんとさん、鹿威しに威されて行けないという結果に。

やるな・・・猫(・_・)

家に帰って来てから写真をパソコンに取り込んで見てみたら、鹿威しが鳴る前の1枚に、キラリと光る猫の目が写っていました。この時もフラッシュが焚かれた模様。


ちょっと怖い・・・(+_+)

|

« 風ぐるまのベビーキルト5 プリント布選びと印付けと裁断 | トップページ | おリボンわんこでお散歩に »

コメント

まりこさん、コメントありがとうございました。
いつも読んで下さっているとのこと、ありがとうございます。

せっかく嬉しいお言葉を頂いたのですが、まりこさんの
コメント内容にメールアドレスの記載があり
そのままだと不特定多数の人に公開されている状態になってしまうので、コメント自体を非公開扱いにしておきました。
せっかく頂いたコメントですが、どうかご了承下さいませ。

りどみぃにコメント下さったことが原因で、まりこさんのメールアドレス宛にいたずらメールとかなりすましメールが行くと大変なので・・・

宜しかったら、またこれに懲りずにコメント下さいましcoldsweats01

投稿: りどみぃ | 2012年2月18日 (土) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/44135580

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿威しの威を借る猫?:

« 風ぐるまのベビーキルト5 プリント布選びと印付けと裁断 | トップページ | おリボンわんこでお散歩に »