« シフォンケーキは炭味 | トップページ | お寿司のチャーム »

2012年2月 3日 (金)

風ぐるまのベビーキルト3 製図して型紙作り

 風ぐるまのベビーキルトは、型紙作りの為の製図の段階です。
製図といっても単純な図形なので、すぐに書けてしまいます。


まずは10×10cmの正方形を書いて、その真ん中5cmのところを縦と横に2分割線を引いて、最後に対角線を×に引けばお終いです。
布に印付けをする時は、直角二等辺三角形の直角を作っている二辺が布目を通るようにするつもりです。

製図した後、カッターで切って1ピースの型紙の出来上がり。


全部同じ形なので、8個も同時に出来てしまいます。が・・・このような小さな三角形の型紙を使って同じ形に印付けをすると、すぐに型紙の角が傷んでしまうことは”エイトポイント・スターのベビーキルト”で経験済み。ここは最初から中抜きの型紙を用意することにいたします。

切り分けて出来た型紙の1つを使って工作用紙に線を引き、その周囲に1cmの縫い代分を付けて型紙をカッターで切り抜いて作ります。中抜きの型紙なので、”エイトポイント・スターのベビーキルト”の時と同じように、切る時には鉛筆の線の外側を切るようにしました。この中抜きの型紙も数多く使っている内に傷んでくることを考えて、2つ同時に印出来るように作ってみました。


25ブロック分として、プリント布4枚とベース布4枚の合計8枚で200個の直角二等辺三角形の印付けが必要で、この型紙で1度に2個分印付けが出来る為、結果的にこの型紙は100回使われることになります。

もつかしら・・・( ̄  ̄;)

こんな時、型紙をパッチワーク用のシート等紙ではない素材で作ると良いようです。型紙が傷む心配が無いってことで。しかし、今回もりどみぃは工作用紙(ボール紙とか厚紙と呼ばれるタイプ)で挑みます。なぜなら、シートをカッターで切り抜く時に失敗することが多いので、ちょっと苦手なのです。
今回も、この型紙が傷んできたら、その時点でまた複製すればいいやと考えるのでした。


風ぐるまのパターンの型紙の他には、市松模様にベース布のブロックを配置するつもりなので、その型紙も必要となります。

①は、パターンと同じ大きさの10×10cmの正方形。



②はその対角線を結んだ正方形の半分の形で一辺が10cmの直角二等辺三角形です。布目は長辺に通します。ブロックとつないだ時に外周となる部分に布目を通した方が、キルトとしての仕上がりに歪みが出にくいのではなかろうかと思うからです。



③は、②のそのまた半分の直角二等辺三角形となります。


これで型紙も整ったので、次の作業は、使用するベース布やプリント布選びとなります。

|

« シフォンケーキは炭味 | トップページ | お寿司のチャーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/43976524

この記事へのトラックバック一覧です: 風ぐるまのベビーキルト3 製図して型紙作り:

« シフォンケーキは炭味 | トップページ | お寿司のチャーム »