« わんこのりんごシフォンケーキ | トップページ | 寂しい雨上がり »

2012年2月 6日 (月)

アメリカンは遠回り

 犬が「”つけ”」と指示した時に飼い主の左脚の横に”おすわり”するのをフィニッシュと言うそうですが、それにも2種類あるそうな。
直接飼い主の左脚の横(脚側)に”おすわり(=停座)”するのがコンチネンタル、飼い主の右足の横を通って後から左へ行って”おすわり”するのがアメリカンだそうです。


みんとさんを正面に置いて呼び戻す時、みんとさんは断然コンチネンタル派です。アメリカンだと後を通るからりどみぃの顔が見えなくなるし、遠回りすることになるのが嫌らしい・・・

どっちだって良いじゃないかヽ(´▽`)ノ

最終的には脚側で停座することに変わりはないんだから・・・と思うけど、それならどっちも出来るようにしておく方が良いってことらしく、4日土曜日のゴールドのレッスンは、呼び戻しとアメリカン・フィニッシュの練習でした。

みんとさん、いつも独自の判断でコンチネンタルでついているため、りどみぃがアメリカンの指示をハンドサインで出しても見ちゃいない・・・「こっち(後)を通るフィニッシュもあるんだよ」ということを理解してもらうことからして大変でした。しばらくは、アメリカンを集中的にやらせた方が良さそうです。


また、先週は”行進中のねんね”や”脚側でねんね”に挑戦でしたが、今週は”呼び戻して前でふせ”とかやりました。みんとさん、こちらは素直にやっておりました。

先週位からじじくんと話しているのですが、みんとさん、お勉強の時と休憩の時のオンとオフが短時間で切り替えられるようになっていてびっくりです。また、この日はレッスン前に公園でフリスビーをしたりして遊んでから行ったせいもあるかと思いますが、レッスン中もそれなりに楽しそうにやっていて、「遊びたいのになぁ、こんなことやりたくないのになあ」というつまらなそうな顔をしなくなりました。


みんとさんがりどみぃの指示で自然にアメリカン・フィニッシュをするように練習しなくてはなりません。それに呼び戻した時には、ちゃんと正面に”おすわり”するように徹底させなくてはなりません。みんとさんは、つい先読みして「どうせ次は”つけ”なんでしょ」とばかりに、正面と脚側のちょうど半分の位置・・・45℃左側に座る横着者です。こうして取り組まなくてはならない課題が1つ1つ積み上がってしまうとテンパりそうですが、もう2月中はゴールドのレッスンは無いので、のんびりやっていきたいものです。



|

« わんこのりんごシフォンケーキ | トップページ | 寂しい雨上がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/44010783

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカンは遠回り:

« わんこのりんごシフォンケーキ | トップページ | 寂しい雨上がり »