« 行進中の・・・ねんね? | トップページ | 寒くても元気! »

2012年1月29日 (日)

お尻スプレー

 時系列的に振り返って並べてみると、最初は1月17日でした。みんとさんが自分のお尻を気にしていて、ちょっと辺りにはイカ臭い匂いが・・・みんとさんの肛門腺の分泌物の匂いです。

みんとさん、肛門腺溜まったのん?(・_・)


試しにりどみぃがティッシュを手にしてみんとさんの肛門に当て、「えーと、肛門の5時と7時の方向から上に押し上げるように・・・だよなぁ」と以前獣医師の先生に教えていただいた場所を手探りして押してみたところ、この時は絞り出すことができませんでした。

翌18日、みんとさんをペットショップの時間預かりしてもらったのですが、その時預かってもらってる間に肛門腺絞りを頼めないかと聞いてみたところ、肛門腺絞りはシャンプーコースに含まれている物であって、それだけを受けられないとのこと。生憎とみんとさんは、りどみぃがマイクロバブルでお風呂に入れたばかりだったので、シャンプーコースを頼むのはためらわれ、「じゃ、またの機会にします」と、結局お願いしませんでした。

肛門腺絞りだけ・・・となると、いつもの動物病院に行った方が良さそうだな・・・とは思いましたが、その後数日間みんとさん自身はもうお尻を気にしている様子が無かったので、21日にも動物病院併設のトレーニングルームまでレッスンを受けに行きながらも、診てもらいませんでした。

が、23日、りどみぃがみんとさんを抱っこしていた時、みんとさんが姿勢を変えようと体をひねったことでお尻から肛門腺がちゅっ★っ出たらしく、りどみぃの穿いていたルームウェアの太股付近に付着したそれを、みんとさんが自分でぺろぺろ舐めてきれいにしてくれようとしました。



いや、みんとちゃん、これ洗うから・・・お構いなく。(・_・;)

この時、またティッシュをみんとさんのお尻に当てて再び肛門腺絞りを試みたところ、少し成功。ティッシュに薄墨色っぽい茶色の直径5mm程度のシミが出来ました。大した量ではないけれど、少しでも出せたせいかみんとさん、お尻が楽になったようです。


その後数日、みんとさんがお尻を気にする様子が見られなかったので、やっぱり動物病院には連れて行きませんでした。しかし、みんとさんの肛門腺は着実に溜まり続けていたようです。27日の昼間、りどみぃが雑用をしていた間、みんとさんは洗いたてのじじくんのルームウェアの上で丸くなって寝ようとしていましたが、その時やっぱり姿勢を変えようと体をひねった拍子に肛門腺がちゅっ★っと出たようで、じじくんのウェアに付着。みんとさんが舐めてきれいにしてくれようとしても洗わないわけにはいきません。じじくんのウェアは、また洗濯されることになりました。

こんな風に何かの拍子にちゅっ★っと出てしまうとお尻は少し楽になるようで、みんとさんは気にしなくなります。この日も、結局動物病院には行きませんでした。

28日は、レッスンの日なので、みんとさんがお尻を気にしていなくても診ていただくことにしようとレッスン後に動物病院に寄ろうとじじくんと話し合ってから家を出ましたが、レッスン前にお散歩している時、やたらにみんとさんの肛門が紅いのが気になりました。


お尻を狙って撮影した物は無かったのですが、この時に撮影した写真を見てみると、やっぱり紅いです。この時、みんとさんは、お散歩途中にもかかわらず、時々立ち止まっては振り返って自分の肛門を舐めようとしていて、その回数が多くて肛門が濡れて紅くなっているように見えました。舐め過ぎ?

その後、レッスンの時はお尻を気にすることなく真面目そのもの。舐めて濡れていた肛門周りの毛も乾きました。


しかし、その後レッスンの主催者である獣医師の先生がみんとさんのお尻を診て下さり、思った通り肛門腺が溜まっていることが解りました。そこで、りどみぃがみんとさんを脇に抱え、「ここ・・・ここがこんなにぱんぱん☆になってるもの。いっぱい溜まってる」と、肛門腺の腫れを指で確かめるべくみんとさんの肛門横を指で触るように促され、りどみぃがお教え通りに「おおっここか!思っていたよりも上の方だなぁ」と撫でるようにさすったら、その瞬間、みんとさんのお尻から肛門腺の分泌物が、スプレーのように噴出したそうな。(りどみぃの目には見えなかったけれど、じじくんは真横で見ていたので「ヘアスプレーのようだった」と述懐)

触れなば弾けん・・・程溜まっていたと・・・スカンクかっっっ?!(-"-;)

結局、りどみぃがみんとさんを保定し、じじくんが尻尾を持ち上げるようにとのことで、獣医師の先生がその場で絞って下さいました。先生が絞った肛門腺の分泌液が付着したティッシュを見せて下さいましたが、白っぽく濁ったレモンイエローのシミのような物が、掌大にも広がっていました。見たことも無いほどものすごい量でした。

みんとさんがりどみぃの指の刺激で思わず発してしまった尻スプレーは、りどみぃのコートにも飛び散っていました。


もちろん臭いのですぐに脱いで他に付着しないように丸めて持って帰り、すぐに洗濯機行きとなりました。

ああ、家で洗える物で良かった・・・(・_・、)

これからは、こんなことが無いように、上手にみんとさんの肛門腺を絞れるようになりたいものです。

みんとさんのお尻スプレー・・・おそるべし。

|

« 行進中の・・・ねんね? | トップページ | 寒くても元気! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/43918472

この記事へのトラックバック一覧です: お尻スプレー:

« 行進中の・・・ねんね? | トップページ | 寒くても元気! »