« やる気のいちご | トップページ | 肉屋クリア。八百屋クリア。 »

2012年1月12日 (木)

逆流の階段

 ホームセンターに花の苗を買いに行くことにして、そこまでをお散歩とすることにしました。いつもなら幹線道路沿いにある歩道を行くところですが、それなりに晴れていたので住宅街をジグザグと適当に行くコースにしました。


坂道を上ったり下ったりした挙句、階段じゃないと先に進めない場所に遭遇。近くの似たような道を通って違う階段を下ったことはありますが、ここは初めての場所でした。
階段はコンクリート製らしく、中心にしたから上へ鉄製の手すりが設けられていました。「ちょっと急かな?」と考えないでもなかったのですが、みんとさんは階段を下りるのも上手なのでそのまま下り始めました。

すると、途中でみんとさんが歩みを止めました。りどみぃ、「あれ?」っと振り向くと、みんとさんがもぐもぐと何かを食べているように口を動かしています。てっきり拾い食いでもしたのかと思って口元を覗き込んだら、少し前の信号待ちの時にりどみぃがあげたジャーキーのかけらが転がり出てきました。


そうです、あまりに急な階段を下り続けていたので、みんとさんの体格としては逆立ちに似たような状態となってしまい、胃の物が逆流して来たらしいのです。みんとさんにはあまりにも過酷だったか・・・と反省。今後のいましめの為にも、みんとさんの階段下りの限界として記録を残しておくことにしました。

まずは階段の全体像。全体像と言っても、一番上からではなくて、ちょうど全長の半分に当たる踊り場から一番下までの半分です。


それから1段の高さをみんとさんの脚の長さと比較。脚の方が短いかしらん?


勾配の角度が知りたくて、階段の端を見てみたら、直角三角定規を思わせる角度となっておりました。30度くらいってこと?
となると大して急じゃないようにも思えますが、坂道と階段とはイメージ違うのかもしれません。というか、1段1段の段の高さ(蹴上という?)がみんとさんにとっては高過ぎたのが逆流の理由かもしれません。


ごめんね、みんとさん。今後はこのような階段があったら迂回するか、りどみぃがみんとさんを抱っこして下りることにするからね。

|

« やる気のいちご | トップページ | 肉屋クリア。八百屋クリア。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/43723069

この記事へのトラックバック一覧です: 逆流の階段:

« やる気のいちご | トップページ | 肉屋クリア。八百屋クリア。 »