« 今年のレッスン | トップページ | 鈴は響くよ、みんとの上に »

2012年1月 8日 (日)

エイトポイント・スターのベビーキルト30 バインディング中

 エイトポイント・スターのベビーキルトは、5cm幅に裁った布で作ったバイアステープでバインディング中です。
まずは4m余のバイアステープを用意。



ちなみにバインディングとは、”バイアステープで縁をくるむこと”らしいとなんとなく理解していましたが、今回調べてみたらbindingと書き、衣類などの縁取りという意味がある名詞から来ているようです。

いやー改めて知ったわ(・◇・;)

幅5cmでおよそ4mのバイアステープが出来たら、バイアステープメーカーというのに通して中心に向けて半分に折られた状態に整えます。


バイアステープメーカーの広い方から入れて細い方へ出てきた所をアイロンで押さえるとこんな感じ。


ひたすらバイアステープメーカーを通してはアイロンで押さえ・・・を繰り返し、およそ4mの長さのバイアステープを作ります。ベビーキルトの仕上がり寸法が1×1m正方なので、1辺を1mと考えて4辺分の4m+縫い合わせた時の縫い代分というわけです。



この時アイロンで押さえてついた線を目安に、キルト本体側の仕上がり線の上に内表に合わせて待ち針でとめ、ミシンで縫いつけるという手順なのですが、最近目が悪くなったのか生地がギンガムチェックのせいか谷折れ線が見えにくくて、結局はその谷線に定規を当てて洗うと消えるチャコマーカーの茶色で線を引きました。ミシンで縫う時も、茶色の線を目安に縫えるので楽でした。


バイアステープを縫いつけ(①)てから、そのバイアステープの布端に揃えるようにして本体側を切り落とすします。私は、鋏でじゃくじゃく切っていくよりは、まっすぐきれいに切れて角が90度きれいに出来るような気がするので、ロータリーカッターで裁ち落すのが好きです。

角は、仕上がり線の角で縫いとめておいて、バイアスを90度たたんで避けてから、また縫いどまりから縫い始めるようにして縫いつけました。こうしておくと、後で角を額縁にたたむ時にどちら側にでも倒せるからです。


4辺全てにバイアステープが縫いつけられて、仕上がり寸法(+縫い代1cm)に裁ち揃えられたら、バイアステープを裏側へ折って、端を内側に折り込み、折り山をキルトの裏側にまつり縫いで縫いつけていきます。
4m分のまつり縫いは手作業ゆえに時間もかかるでしょうが、それが終われば完成となるので、最後まで頑張ろうと思います。


|

« 今年のレッスン | トップページ | 鈴は響くよ、みんとの上に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/43656157

この記事へのトラックバック一覧です: エイトポイント・スターのベビーキルト30 バインディング中:

« 今年のレッスン | トップページ | 鈴は響くよ、みんとの上に »