« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

風ぐるまのベビーキルト2 寸法の割り出し

 完成した時に100×100cm正方のキルトになるようにする為、1パターンの大きさをどれ位にするべきか考える作業に入りました。

まず、ボーダーを付けるか付けないかを決断。今回は付けることにしました。100×100cmのキルトにおけるバランスの良いボーダーの幅というのはどれ位なのか?決まりがあるわけじゃないので、自分で考えなくてはなりません。最低でも10cm幅は欲しいし、15cmあっても良いような気がします。でも、20cmあったらやり過ぎって感じがするかも?そこで、とりあえず“ボーダーの幅を15cm”と決めて、ブロックの範囲の寸法を割り出してみました。


上の図で①となっている部分がブロックで、②がボーダーです。

キルトの出来上がりの寸法が100×100cmで1辺が100cmなので、ボーダー(図では茶で表示)幅を15cmにした場合は、パターンをつなげて作るブロックの部分(図では薄緑で表示)は、100-15×2=70となり、70×70cmとなります。

今回、風ぐるまのパターンは正方形の対角線(Xcmとする)を縦横の軸にするダイヤモンドのセッティングにするつもりなので縦横いくつのパターンが並べられるかを求める必要があります。


対角の長さを仮にXとしたら、70cmだといくつ並べられるかを考えるという意味ですが、この辺はざっくりとアタリをつけちゃいます。70の公約数から求めると収まりが良いってことで、1パターンの対角線Xが10cmだったら7パターン並べられるし、7cmだったら10パターン並ぶな・・・という具合。

でも、縦7×横7だったら、49個となるし、縦10×横10だったら100個という数になります。これはちょっと多過ぎる・・・つまり1パターンの寸法が小さ過ぎるということになります。

試しにXが14cmだったらどうなるか・・・?70cmに5パターン並ぶことになるので、縦5×横5となり、縫うパターンの数も25個と妥当な感じです。


赤いシマシマの三角形で示した部分、直角二等辺三角形の辺の長さの比から

1:1:√2

であり、1が7cm(14cmの半分)なので、√2(=1.414・・・)を1.4として1辺の長さを求めると

7:7:7×1.4

ということで上の図で赤い√2で図示した部分は9.8cmとなります。

ま、おおむね10cmってことで!(´ー`)


結果的に風ぐるまのパターンの大きさは10×10cmで、必要な型紙(濃い青で図示)の大きさは、5cm、5cm、10cmの三辺からなる直角二等辺三角形ということになったのでした。


1辺10cmの風ぐるまのパターンが縦5段×横5列並ぶとどうなるか・・・イメージとしてはこんな風になります。


これでやっと型紙の寸法も決まったので、次回は製図をして型紙作りとなりましょう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

寒くても元気!

 冬らしい寒い日が続いていますが、お腹が全快した後のみんとさんは元気です。元旦に初詣した時は鈴の音を怖がっていたお寺の分院にも平常心でお参りできるようになりました。


みんとさんの鈴の恐怖克服の為に週に1度はお参りするようにしてみて解ったのですが、この分院は、りどみぃが思っていたよりもずっと、地域の方に大切に信心されているようです。なぜなら、りどみぃ達が階段を上がって手水舎で手を清めようとそちらに向かっている時、お参りし終わった方が参道を帰って行かれる姿を見かけるし、わしらがお参りし終わって帰ろうと後を振り向くと、必ず次にお参りにいらっしゃった方が手水を使っている姿をお見かけするというタイミングなのです。

ひっきりなしにお参りする人がいるってことなのね(・_・)

すれ違う時、お互いに「こんにちは(*^^*)」と挨拶を交わし、人も犬も心温まるのでした。

 久しぶりに足を延ばして丘の上の公園に行ってみた時、霜柱が2段重ねになっているのを見かけました。一日中のほとんどが日陰になる植え込みの後ろ側で、人が通らない場所なので踏まれない為、形が崩れにくいようです。


推測ですが、この霜柱、最初に出来た時も2~3cmあり、その後少し暖かい日中に解けかけ、また夜になって寒くなって・・・と前の霜柱が形を保っている下の方からまた霜柱が出来たのではないかと。下の段の霜柱もかなりの高さです。


これを撮影した時は、住宅地をお行儀良く歩いて来てやっと公園に入ってロングリードにしてもらい、「さぁ走って遊ぼう」とみんとさんが思った時だったので、待たされている顔は不満そうです。


しかし、今日、別の公園で見つけた霜柱や池の氷を撮影した時、みんとさんの表情は穏やかでした。1時間程公園内を歩いた後だったので、既にお散歩に満足していた模様。みんとさん、気持を顔に遠慮無く出すタイプです。



池に鴨がいると嬉しそうなみんとさんですが、氷が一面に厚く張った今日は1羽もいなかったのでした。釣りをしている人も網で何かをすくおうとしている子供の姿も見られない、寂しい池のほとりでございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

お尻スプレー

 時系列的に振り返って並べてみると、最初は1月17日でした。みんとさんが自分のお尻を気にしていて、ちょっと辺りにはイカ臭い匂いが・・・みんとさんの肛門腺の分泌物の匂いです。

みんとさん、肛門腺溜まったのん?(・_・)


試しにりどみぃがティッシュを手にしてみんとさんの肛門に当て、「えーと、肛門の5時と7時の方向から上に押し上げるように・・・だよなぁ」と以前獣医師の先生に教えていただいた場所を手探りして押してみたところ、この時は絞り出すことができませんでした。

翌18日、みんとさんをペットショップの時間預かりしてもらったのですが、その時預かってもらってる間に肛門腺絞りを頼めないかと聞いてみたところ、肛門腺絞りはシャンプーコースに含まれている物であって、それだけを受けられないとのこと。生憎とみんとさんは、りどみぃがマイクロバブルでお風呂に入れたばかりだったので、シャンプーコースを頼むのはためらわれ、「じゃ、またの機会にします」と、結局お願いしませんでした。

肛門腺絞りだけ・・・となると、いつもの動物病院に行った方が良さそうだな・・・とは思いましたが、その後数日間みんとさん自身はもうお尻を気にしている様子が無かったので、21日にも動物病院併設のトレーニングルームまでレッスンを受けに行きながらも、診てもらいませんでした。

が、23日、りどみぃがみんとさんを抱っこしていた時、みんとさんが姿勢を変えようと体をひねったことでお尻から肛門腺がちゅっ★っ出たらしく、りどみぃの穿いていたルームウェアの太股付近に付着したそれを、みんとさんが自分でぺろぺろ舐めてきれいにしてくれようとしました。



いや、みんとちゃん、これ洗うから・・・お構いなく。(・_・;)

この時、またティッシュをみんとさんのお尻に当てて再び肛門腺絞りを試みたところ、少し成功。ティッシュに薄墨色っぽい茶色の直径5mm程度のシミが出来ました。大した量ではないけれど、少しでも出せたせいかみんとさん、お尻が楽になったようです。


その後数日、みんとさんがお尻を気にする様子が見られなかったので、やっぱり動物病院には連れて行きませんでした。しかし、みんとさんの肛門腺は着実に溜まり続けていたようです。27日の昼間、りどみぃが雑用をしていた間、みんとさんは洗いたてのじじくんのルームウェアの上で丸くなって寝ようとしていましたが、その時やっぱり姿勢を変えようと体をひねった拍子に肛門腺がちゅっ★っと出たようで、じじくんのウェアに付着。みんとさんが舐めてきれいにしてくれようとしても洗わないわけにはいきません。じじくんのウェアは、また洗濯されることになりました。

こんな風に何かの拍子にちゅっ★っと出てしまうとお尻は少し楽になるようで、みんとさんは気にしなくなります。この日も、結局動物病院には行きませんでした。

28日は、レッスンの日なので、みんとさんがお尻を気にしていなくても診ていただくことにしようとレッスン後に動物病院に寄ろうとじじくんと話し合ってから家を出ましたが、レッスン前にお散歩している時、やたらにみんとさんの肛門が紅いのが気になりました。


お尻を狙って撮影した物は無かったのですが、この時に撮影した写真を見てみると、やっぱり紅いです。この時、みんとさんは、お散歩途中にもかかわらず、時々立ち止まっては振り返って自分の肛門を舐めようとしていて、その回数が多くて肛門が濡れて紅くなっているように見えました。舐め過ぎ?

その後、レッスンの時はお尻を気にすることなく真面目そのもの。舐めて濡れていた肛門周りの毛も乾きました。


しかし、その後レッスンの主催者である獣医師の先生がみんとさんのお尻を診て下さり、思った通り肛門腺が溜まっていることが解りました。そこで、りどみぃがみんとさんを脇に抱え、「ここ・・・ここがこんなにぱんぱん☆になってるもの。いっぱい溜まってる」と、肛門腺の腫れを指で確かめるべくみんとさんの肛門横を指で触るように促され、りどみぃがお教え通りに「おおっここか!思っていたよりも上の方だなぁ」と撫でるようにさすったら、その瞬間、みんとさんのお尻から肛門腺の分泌物が、スプレーのように噴出したそうな。(りどみぃの目には見えなかったけれど、じじくんは真横で見ていたので「ヘアスプレーのようだった」と述懐)

触れなば弾けん・・・程溜まっていたと・・・スカンクかっっっ?!(-"-;)

結局、りどみぃがみんとさんを保定し、じじくんが尻尾を持ち上げるようにとのことで、獣医師の先生がその場で絞って下さいました。先生が絞った肛門腺の分泌液が付着したティッシュを見せて下さいましたが、白っぽく濁ったレモンイエローのシミのような物が、掌大にも広がっていました。見たことも無いほどものすごい量でした。

みんとさんがりどみぃの指の刺激で思わず発してしまった尻スプレーは、りどみぃのコートにも飛び散っていました。


もちろん臭いのですぐに脱いで他に付着しないように丸めて持って帰り、すぐに洗濯機行きとなりました。

ああ、家で洗える物で良かった・・・(・_・、)

これからは、こんなことが無いように、上手にみんとさんの肛門腺を絞れるようになりたいものです。

みんとさんのお尻スプレー・・・おそるべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

行進中の・・・ねんね?

 今日も4時からのレッスンでゴールド(クラブ資格合格者)対象のレッスンがあるというので参加してみました。


トレーニングルームに到着した時、3時からのクラスの皆様がレッスン終了後のご歓談中でした。

これはみんとさんにとっては試されるべき状況だな・・・よし!(・_・)

と、りどみぃ内心小さな決意を秘めて入場です。というのは、3時からのクラスのわんこ&飼い主さん達は、みんとさんにとっては以前ずっと同じ時間帯でレッスンを受けていた大好きなわんこ&人達なので、以前のみんとさんだったら入場したら次から次へと大好きな人に跳びついて「こんにちはー!みんと来たよっ!!」と挨拶して回り、りどみぃが制止する声など耳に入らない程の興奮状態になっていました。しかし、最近のみんとさんは、公園で会う大好きな友達わんこの飼い主さんにもほとんど跳び付かないし、複数頭のわんこが並んでおやつをもらう順番待ちをしている時でも、ちゃんと「あたしに!あたしに!あたしに下さい!」と跳び付くことなく、お行儀良く順番が来るまで待てるようになっています。

そんなみんとさん、ここで大好きなレッスン仲間の友達わんこと飼い主さんが楽しそうにしているところに参加したらどうなるか・・・なのです。


みんとさん、どなたに跳び付くこともありませんでした。さすがに久しぶりに会えた大好きな友達わんこには挨拶して回っていましたが、その飼い主さんたちには尻尾をぷりぷり高速で振るという愛情表現をするのみでした。

独自の判断で跳び付かないようになっとる・・・夢のよう~(・_・)

 さて、いよいよ4時からのレッスンが開始となりました。今日のテーマは「”行進中の○○”を完璧に」とのことで、”行進中のおすわり”から始まり、難度はどんどん上げられました。


”おすわり”の場合なら、”おすわり”を1回だけ言って飼い主が立ち止まっただけで犬が即座に指示に従ってその場に座る&飼い主がその場を離れるという段階をクリアしたら、次は飼い主はなるべく立ち止まらないようにしてやはり一言指示するのみという具合です。
みんとさん、以前よりずっとりどみぃに対して注意を向けているので、「行こう」と言えば一緒に歩き出しますし、「”おすわり”」と言うのにも「”まて”」というのも聞き洩らすことなく、ちゃんと出来ていました。


また、途中でたびたび休憩時間が設けられ、みんとさんもその時は大好きなさぶちゃんに愛を伝えたり、さぶちゃんのママにおやつをもらったりして楽しく過ごしていましたが、休憩が終了してレッスン再開となった時には、ちゃんとお勉強モードになっていました。以前よりずっと興奮のスイッチが切れやすくなっていますし、同時にお勉強モードになるスイッチも早く入るようになっています。

今日初めてやって難しいなと思ったのは、脚側停座からスタートして数m一緒に歩き、途中で「“寝んね”」と指示を出すという“行進中のねんね”と5mほど一緒に歩き、一緒に右回転でターンして、その場で犬に「”ねんね”」と脚側で寝るように指示す“脚側でねんね”とでも言うようなものです。どちらも、これまでこんなことさせたことが無いので、「みんとさん、やるかな?」と思ったのですが、なんと、両方ともちゃんとやりました。


みんとさん、ちゃんと“寝んね”のなんたるかが解っていて、りどみぃに言われたので即座にやってみたということらしい・・・

あっぱれ!(☆☆)

先生も「よーし、みんなよく出来た!」とご満悦。
みんとさん、ゴールドのレッスンを無事にクリアしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

グリニーズとみんとさん

 歯磨きガムの一種的なおやつのグリニーズというのがありまして、シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさんには美味しいらしい・・・毎日、お散歩から家に戻った時に1本だけあげます。長いお散歩だった時は「お疲れさま」のエネルギー補給の1本であり、短いお散歩だった時でも「家に帰ると良いことがある」と思ってもらえるようになのです。


そんな大事なグリニーズの在庫が無くなってしまったので、通信販売で取り寄せました。昨日のお昼頃注文した物が今日もう届く・・・すごいスピード。みんとさんのお鼻にはグリニーズの匂いがするらしくて、箱が届いただけでその外側を嗅ぎまわる始末。箱の封をしてあったテープをはがすとその場所からもっと強い匂いが出て来るらしくて、テープがはがれる先からお鼻が追いかけて来るので「やり難いなぁ」と思いながら箱を開けました。


みんとさんがいつも食べているのは体重2~7kgのわんこ用のティーニーというサイズの物。43本入りの物を今回は4袋買いました。「おすわりくん」というこれまた犬のおやつの小袋1個がおまけに入っていました。ありがたいことです。


4袋を前にしたみんとさんの記念撮影をしようとカメラを構えてもたもたしていたら、良い匂いに辛抱たまらん状態になったらしいみんとさん、箱のふたを前足でびしっ☆
「これ!早くちょうだい」って意味?


在庫を切らしてから数日間食べさせていなかったのとまだ午前中だったので、特別に1本あげました。

 さて、午後になってお散歩に行って来た後の事。いつものように足を拭いて「マット」と命じるとみんとさん、リビングの端っこに敷いてあるマットの上で待機。”ただいまおやつ”のグリニーズを今1本貰おうって姿勢です。もちろんあげますが、りどみぃ、ちょっと試してみました。ボールやぬいぐるみと同じように、みんとさんのお口にグリニーズをくわえさせて「持ってて」と声をかけます。


「よし」と言ってないので、本当は食べちゃダメ。「でも、みんとさん、独自の判断で食べてしまうかな?」と思いつつ写真をぱちり☆
口にくわえさせておいて食べさせないのは可哀想なのですぐに「OK」するつもりでしたが、みんとさん、じわーっと前傾姿勢になると、グリニーズをマットの上に置きました。置かれたグリニーズはよだれでつやつやと輝いとりました。
みんとさんがマットの上にグリニーズを置いた時、「このままくわえてると、もう気が遠くなって無意識の内に言いつけを破って食べてしまいそうなんで、ちょっと置きますね」と言ってるように見えました。シフォンケーキがのったお皿を鼻先に近づけた時に見ないようにするのと同じ感じです。


みんとさん、なんて偉いのでしょう(☆☆)

りどみぃ、即座に「OK」と食べる許可を出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

梅園は柑橘の香り

 そろそろ咲き始めた梅があるのではなかろうか・・・と公園内の梅園を通ってみることにしました。

と・・・みんとさんが何か発見。


数歩駆け寄る方を見ると、梅園の柵の中に大きな柑橘類の実が落ちていて、カラスが居ました。どうやら食べていたようです。


こうして実が落ちているのを見て気がつきましたが、梅園にはなぜか1本の柑橘類の木があって、たくさんの実が生っていました。名札が付いていないので種類は不明ですが、夏ミカンとか八朔とかそういう大きい実のタイプのものです。


みんとさんとしては、オカメインコのぴこちゃんよりも大きくて、池の鴨よりは小さい黒い奴(カラス)に興味津津。落ちつかない気分になったのか、カラスは近くの柵に飛んで逃げました。が、仲間の他のカラスに大事な獲物を奪われてしまうのが惜しいようで、遠くまでは去らずに見守っています。



みんとさんはうっとうしいし、大事な食べかけの実からは離れたくないという葛藤。

ごめんね、カラス。食べてるところ邪魔しちゃって。(・◇・;)

りどみぃ、カラスが食べているところが見たかったので、遠い方の遊歩道へ回って通り過ぎる振りをしてみました。みんとさんも、カラスから距離を置くことになり、案の定カラスは柑橘類の実のところに戻りました。本当は、丸ごとくわえて別の場所に持って行きたかったようですが、まだ実が半分位は入っているようなので重くて断念した模様。


その場で食べることにした代わりに、食べるスピードを早めることにしたようで、足で器用に押さえておいて、さくっさくっ☆っとくちばしで突いてはばくばくと食べ始めました。


たちまち辺りには柑橘類の酸っぱい良い香りが漂い始めました。梅園だけど梅の花の香りじゃないところがミソ。みんとさんは、甘いミカンでも食べない位柑橘類は苦手なので、特にカラスがうらやましくも無いらしい・・・


梅の花の盛りの時でも別にうれしくはないみんとさん・・・「みんともおやつ食べようか」とささみを見せて促すと、すぐにカラスから興味を失い、お散歩の続きを選んだのでした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

ほめられちゃった

 公園に行ってロングリードに換えてから遊歩道をのんびり行く・・・そんなお散歩が大好きなわしらです。まだ梅園の梅は咲いていないし、菜の花は咲き方がぱらぱらだし、寒いけど・・・


でも、寒いと健康づくりの為にウォーキングに勤しむご年配の方々がお休みするらしく、公園全体が空いててお気楽なのです。今日も、昨日の雪がやっと消えた日陰もあれば、溶けた雪が足元をぐちゃぐちゃの泥沼にしている場所もあった位なので人は少なめでした。

遊歩道を向こうから3、4人の方が来るのが見えたので、りどみぃがみんとさんに「”おいで”、”フロント”」と足元に呼び戻して正面にお座りさせました。みんとさん、ちゃんと出来ました。
今月は、テーマがアイコンタクトなので、このような時に人が通り過ぎてしまうまで、りどみぃをじっと見上げていて欲しいと思っていて、なるべくそう出来るように練習しています。みんとさんがよそ見をしたら名前を呼ぶとか、お鼻の先にチーズを持って行って気を引くとかして、りどみぃへの注目を獲得し直すわけです。


通り過ぎる方が犬の散歩だったりするとちょっと難しいです。お伴のわんこがどうしても気になるみんとさんなので、ちらっちらっっとなんとかそっちを見ようとするから。この時は、向こうから来た方は全員が犬を連れていない方でした。買い物帰りやお仕事帰りに公園を横切って帰る方かと思われます。その中の、お仕事帰りらしいビジネスバッグを持った男性、みんとさんがちゃんとおすわりしてりどみぃを見上げているのを見て、声をかけてくれました。

「ちゃんとしてますね。しつけしてるんですか?」

りどみぃが、「はい。」と答えると、「すごいなぁ、驚いたなぁ。良い子ですね。」と褒めてくれました。

遊歩道の端っこでおすわりして、通る方のお邪魔にならないように控えて待っているだけなのに・・・そうかぁすごいのかぁ(*^^*)


そう言えば、公園の近くで信号待ちしている時に、知らない年配の女性からほめられたこともあったっけ・・・みんとさんが、信号が青になるのを待っておすわりしていただけなのに、「ちゃんとすわっていて偉いねぇ」と声をかけて下さり、りどみぃが「そうですか?ありがとうございます」と応じたら、重ねて「ここいらでちゃんと座っている犬なんてほとんど見ないわよ」と言って下さったのでした。

そうかぁ、信号待ちでおすわりしてるだけで偉いのか(*^^*)

みんとさんの行動をコントロール出来なくて「自分はなんてダメ飼い主なんだろう」と思いそうになる時でも、こんな風に知らない人からほめてもらえると勇気が出ます。きっと、わしらは大丈夫。よいわんことよい飼い主になれる日が来るよ、いつかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

風ぐるまのベビーキルト1 完成イメージ

 先日、やっと”エイトポイント・スターのベビーキルト”が完成したところですが、もう次のベビーキルト制作が控えています。


今度のベビーキルトは、じじくんの会社の同僚の方のお家に生れるベビーの為に作ります。頼まれたわけでも、ベビーのママにはお会いしたことも無いけれど、ベビーのパパには日頃からじじくんもお世話になっていることだし、是非作って贈りたいと思うりどみぃなのです。


その通り!自分の為のキルトだと、急いで仕上げる必要もないし・・・」と、つい家事や雑用を優先して針を持たない日が続いてしまいがちだけど、贈りたい先が決まっているとそれを理由にキルトする時間が確保出来るから、毎日少しずつでも楽しい時間が過ごせるってもんなのです。

今度作るベビーキルトは、風ぐるま(Pin wheel)のパターンにするつもりです。ちなみに、風ぐるまにも色々な形のパターンがありますが、以前アメリカンキルト名品展に出展された1912年のアンティークキルトと同じパターンを使いたいので、こういうやつにします。


これをいっぱい作って回転させて、こういう風に並べたい・・・


並べた時にはこんなイメージになるって方向で。もちろんベースの色やパターンの風ぐるまのそれぞれの配色は後からちゃんと考えるつもりです。

ベビーキルトの完成時のサイズが100×100cmと決めてあるので、そこからボーダーを付けるのか付けないのか、付けるとしたら幅はどれ位にするのかを考え、パターンのブロック全体の大きさを求めなければなりません。
ブロックの大きさを決める時は、1パターンとして縫い合わせる時にピースの大きさがどの位の寸法になるかまでも考えておかねばなりません。あんまり大き過ぎたら出来上がりが大雑把な雰囲気になってしまうし、小さ過ぎたら縫い合わせる時に地獄を見ます。

今日は無理!(・◇・;)


また改めて、じっくり考えることにして、今日の作業を終えるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月23日 (月)

洗濯ネット風の黒いやつ

 みんとさんと遠くまで歩いて手お散歩に行く時など、用心の為に洗濯ネットを持って行くことにしています。なぜなら、洗濯ネットがあれば、いざという時にバスに乗れるから。


帰りは必ずバスに乗ると決めているならキャリーバッグを持って行った方が良いでしょうが、行きに歩いた結果の疲労度や買い物の荷物の量等から帰りはどうするか考える場合、使わない可能性のあるキャリーバッグを担いで歩くのはちょっと・・・ね。

みんとさんが嫌がらずに洗濯ネットに入ってくれるので問題は無いのですが、時間帯によってはバスが満員近いこともあり、そんな時、りどみぃの抱いているネットは注目の的になってしまいます。純白過ぎて目立つので、「あの中には何が入ってるんだろう?」と興味を抱かせてしまうらしいのです。誰かに何か言われたことがあるわけではないのですが、洗濯ネットに犬を入れることについては動物虐待的に思う人もいるかもしれないので、りどみぃどきどき。バスの中ではなるべく目立ちたくないものです。

それに、60×50cmの洗濯ネットが「もう少し大きければな」と思う時もあったので、100円ショップで仕入れて来たあれこれで、似たような物を作ってみることにしました。


使ったのは、まず
メッシュ巾着 LL 38×55cm ×2個
「衣類や小物の整理に」って書いてあります。


それから
プラスチックファスナー 太幅 58cm 黒 ×1個


バイアステープ 12.5mm 両折れタイプ 2.75m ×1個

他に黒いミシン糸です。

作業手順としては、以下のようにしました。

1.メッシュ巾着の1辺と紐通し部分のミシン目をほどく
2.メッシュ巾着のほどいた辺同士を向かい合わせにして間にファスナーを縫いつける
3.反対側はファスナー幅分間が空いてしまうので、バイアステープを縫い合わせた物を間に縫いつける
4.紐通し部分だった辺を内表にしてミシンで縫う(ファスナー部分を5~10cm開けておくこと)
5.ファスナー部分から表に返して完成


大きさは、使ったのが38×55cmのメッシュ巾着の倍ということで、実際に測ってはいませんが、理論上76×55cmの黒い洗濯ネット風の物が出来ました。60×50cmの洗濯ネットに比べればちゃんと大きいです。製作費は400円。

みんとさんに入ってもらうとこんな感じ。


これをたたむとかなり小さくなるので、家にあったナイロン巾着に入れることにしました。お散歩の時、この巾着をさっとバッグに入れていけば、いっぱい歩いて疲れた時にバスに乗ることが出来ます。



みんとさんの”洗濯ネット風の黒いやつ”今後はこれをそう呼んで愛用するつもりなのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

エイトポイント・スターのベビーキルト31 完成

 バインディング作業は順調に進み、エイトポイント・スターのベビーキルトが出来上がりました。キルトラインを水で消えるチャコペン(青)で書いたので、それを一気に消す為に水通ししました。


生れた時に贈ることが出来ればおむつ替えにもおくるみにも使っていただけるのでしょうが、そんなに手早く作れないのが手作りってもんです。

プレイマットとか、使い道はあるはずだもん(・◇・;)

と、気合いで、遅ればせながらもベビーのママにお渡しいたしました。

手元を離れるキルトは、後になると自分でも記憶が薄れてどんな色柄で作ったのかが不確かになりがちなので、お渡し前に写真を撮っておくことにしています。今回も先日、完成したキルトを携えて公園に行き、じじくんに撮影してもらおうと広げたところ、じっと見ているみんとさんが・・・


頼んでもいないのに、上に乗る気十分らしくて狙っとります。

これは犬のマットじゃないです。人間用です!(・△・;)

と宣言したせいか、「いけないよ~いけないよ~」とけん制したせいか、みんとさん、おとなしく見ていることにしたようです。
裏地はテリアやダックスの犬柄です。


キルティングに一番多く使った糸が、スモーキーなピンクやグレイがかったベージュだったので、裏地のベースの黄色に良く馴染んでキルティングの粗さが目立たなくて良かったです。
お名前とお誕生日を刺繍でキルトの下側ボーダーの中央に入れたので、世界で1つだけの、その子のキルトとなりました。


振り返れば制作を始めた3月から10ヶ月も経ってしまいました。キルト最優先で制作し続ければ、もっと制作期間は短く出来たと思いますが、今回は猛暑ありの節電ありの家の大掃除ありのあれこれとスケジュールをすり合わせて時間をやりくりしたので、出来上がりまでの時間がかかってしまいました。

エイトポイント・スターのベビーキルト、ここに完成です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

ゴールドのレッスン

 今日は、ゴールドクラブ試験(クラブ認定資格)合格者を対象にしたレッスンがあるとのことで、りどみぃとみんとさんも参加しました。

レッスンの最初の方で、犬を”おすわり”させてから飼い主が側を離れて物陰に隠れるというのがありましたが、参加わんこ5頭の内、みんとさんだけがお鼻を鳴らして飼い主を呼ぶ呼ぶ。しかし、犬達の前に1人残った先生が近付くと黙り込み、また先生が離れるとお鼻を鳴らすという良い根性ぶりです。


みんとさんの聞こえるか聞こえないかのボリュームでそっと洩らされる「きぃ・・・きぃ・・・」という感じのお鼻の音は、油の切れた自転車が走っていく時のタイヤの回転に伴う音にそっくりです。

先生がおっしゃるには、みんとさんに「お鼻鳴らしても無駄なんだな」と悟らせることが大切で、犬がそう思うようにすることが肝らしい。この時も、「先生に鳴いても無駄だな(りどみぃとじじくんを呼びに行ってくれたりしないな)」とみんとさんが思ったらしく、鳴きやんどりました。
お耳がぺたーっっとなっているのは、先生への服従の心の表れでしょうか?


こうして気合いを入れてもらった後は、遠隔での”おすわり”から”ふせ”や”ふせ”から”たて”等、真面目にやるみんとさん・・・現金わんこです。


「あたし真面目にやってるのよ♪」と、カメラ目線でじじくんにアピールすることもなく、本当に真面目にやっとりました。行進も、ターンの時に思わずじじくんの方へ行こうとするみんとさんでしたが、以前よりずっとりどみぃから離れなくなったし、休憩時間に大好きな友達わんこと自由に交流させても、その飼い主さんたちに跳びついたりしなくて良い感じでした。みんとさん、大好きな人たちに対しても跳び付きを我慢できるようになってきたのだと言えましょう。


みんとさんがレッスンの時に会える大好きな友達わんこのママたちに跳び付かないのであれば、この時間のレッスンに参加することも可能かもしれません。とりあえず、来週も同じ時間にレッスンがあるそうなので、参加してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

お肉屋さんにて

 35日間の乾燥を経て、やっと降ったと思ったら雪でした。ああ寒い。


朝からずっと雪だったので、みんとさんとりどみぃは玄関の横の窓から外を見ては、「今日はお散歩行けないね」と確認し合っとりました。みんとさんは、日がな一日一番暖かいストーブの近くで寝ていました。

結局日が暮れる頃になってからは雪がやんで道路も単に濡れているだけとなったので、近所を一周だけ・・・とお散歩には出ましたが、吹いて来る風に冷たさに顔が凍りそうになりました。とても写真を撮るような状況でもなかったので、今日は以前撮影したお肉屋さんでのみんとさんでお茶を濁しておこうと思います。


みんとさん、お肉屋さんでも”おすわり”を命じられたらちゃんと従っています。勝手に立って匂いを嗅ぎまくったり、後から来たお客さんに挨拶しに行ったりしなくなりました。お肉屋さんに寄った日は、自分の晩ご飯にもそのお肉が出て来ると連想するのか、お口がちょっと嬉しそうに笑っています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

止まり木はお待ちかね

 昨日、ペットショップでみんとさんを時間預かりしてもらった時に目に付いたので、オカメインコのぴこちゃんに、新しい止まり木を買いました。


SANKO (株式会社三晃商会)
シェイプパーチL 200mm長

りどみぃは、378円で購入。太いところと細いところがあるのが、直線の止まり木は足への刺激が乏しくなりがちなのを軽減し、握力強化やストレスの緩和になるそうな。
今日、餌を入れ替える時に、さっそく籠の中に設置してみました。まずは新しい止まり木の存在に慣れてもらう必要があるので、仮にですが、いつもの止まり木に平行に付けてみました。

止まり木を籠の中に入れる時、ぴこちゃんは怖がって「ぴゃ~っ!」っと何度も鳴くのですが、それが「い・やーっ(> <)、い・やーっっ(>◇<)、」と聞こえます。しかし、とりあえずごはんらしい・・・頭の上を気にしつつも、パクパクと餌を食べ始めました。


シュナプー(父犬:トイ・プードル&母犬:ミニチュア・シュナウザー)のみんとさん、小麦味の餌がうらやましくてたまらないらしい・・・


餌を食べ終わっても、ぴこちゃんは止まり木に戻ろうとしませんでした。部屋に暖房を入れたせいで、特にパネルのペットヒーターに寄り添わなくても寒くないらしく、かごの隅っこで寝るつもりのようです。しかし、ぴこちゃんが下にいると、卵を産んじゃう時と同じに見えていやーな感じです。まぁ、これだけ近くで目を光らせている犬がいたら、卵産む気も起きないとは思いますが。


結局、りどみぃとみんとさんがお散歩に出かけるまで、ぴこちゃんは止まり木に止まろうとしませんでした。

 お散歩から戻ったのは日が暮れた後だったので、どんなもんかと部屋の電気を点けたら、ぴこちゃんはちゃんと以前から使っていた自分の止まり木に止まっていました。その内、新しい止まり木の方にも止まるのではないかと期待しています。


ぴこちゃんが新しい止まり木の存在に慣れたら、今止まっている直線の止まり木を取り外し、ヒーターにあたる時に止まれる位置に、新しい止まり木を付け替えてやるつもりです。また、その後、同じシリーズの止まり木をもう1本買って来て、別の位置に付けてやるのもいいかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

げろげろ、あーん

今朝早くみんとさんが吐き戻そうとするポンプのようなげぼっげぼっ★っという音で目が覚めました。メッシュクレートの中で吐きそうになっている模様。クレートの出入り口のファスナーを開けてやりましたが、出てきませんでした。



しばらくしたら2回程吐く音がして、りどみぃが「大丈夫?みんと。おいで。」と声をかけたら出て来ました。ぶるぶるっっとクレートの外で身震いしてからケロッとして、りどみぃのベッドの上にお鼻をのせ、「お布団に入れてくれろ~」とアピール。
お口の周りが特に汚れているとか匂うとかが無かったので入れてやりました。お布団の中で、りどみぃにくっついて丸くなって寝とりました。じじくんが「寒過ぎるのかなぁ?」と言いましたが、そうかもしれないけれど、そうでないかもしれない・・・クレートのにはキルト素材のカバーも掛っていますし、内に敷いてあるマットは、最近お気に入りの寝ぶくろ保温クッションなので、相当暖かいはずです。
夜が明けてから洗濯する為にマットを出してみたら、少し液体のような物が吐かれていて、酸っぱい匂いがしました。

胃液?(・_・)

朝ごはんはドッグフードにしましたが、平気な顔して食べていました。お散歩でのうんちの状態も良好。やっぱり寒くてストレスになって吐いたと考えた方が良いかもしれません。


連日の寒さに加えて、まだ雨が降らないので乾燥するばかりです。公園の落ち葉もカラカラなら、土は乾ききって砂漠のよう。湧水から流れている小川はそれなりに流れがあるようですが、枯れ葉を押し流すだけの水量はありません。


花粉が飛んでいるのか乾燥のせいなのか、りどみぃは最近公園にお散歩に行くと、とても喉が渇きます。のど飴をなめながら歩くなどしています。

日向を選んでゆっくり歩くというお散歩で、駅の方まで行きました。みんとさんは、駅付近のペットショップで時間預かりしてもらいます。これも練習。
引き渡す時にみんとさんがためらったのですが、りどみぃが「行って遊んでおいで」と言ったらショップのおねーさんにリードを引かれて行きました。遊ぶ気になったからなのか、りどみぃの言うことを聞いたのかは不明。

ちょっとしたお買い物をしてからお迎えに行った時、お店に足を踏み入れてもみんとさんの鳴き声は聞こえませんでした。

上出来。(・_・)


ショップのおねーさんがリードにつないで連れて来てくれた時、以前のみんとさんのように喜びの感情のままにりどみぃに跳びつこうとしましたが、「いけない。」「いけないよ。」「いけない。」とリードを受け取ったりどみぃが、自分に跳びつけないようにリードをコントロールしながら3度言ったら、跳びつこうとしなくなり、そのまま興奮が鎮まりました。
みんとさん、沸騰しにくくなる&短時間で落ち着けるようになってきた気がします。

バスで帰ることも考えて洗濯ネット持参でしたが、まだ明るいので歩いて帰ることにしました。となれば、英気を養おうということで、カフェで休憩。


椅子にリードを固定しただけでしたが、りどみぃが「”まて”」と命じてから傍を離れて店内に入り、飲み物を注文、支払い、商品を受け取って戻るまで、みんとさんはちゃんとおすわりしていました。

良い子だったので、みんとさんにもごほうびにトレーニングタブ(鶏レバーなどから出来ているらしく、匂いが強い為とても喜んで食べるとっておきのおやつ)やチーズなどをふるまいました。

みんとさん、お口、あーん(・◇・)


大変お上手♪
寒い上にマットなど持って行かなかったので、”りどみぃが飲み物を飲んでいる間は、テーブルの下で伏せている”という練習はできませんでしたが、命じた場所にちゃんと”おすわり”して動かなかったので、十分お利口さんだったと言えるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

難問・ステップ連続写真

 寒い日が続いております。一番気温が高いはずのお昼過ぎに散歩に出ても寒いです。使い捨てカイロ持って、フリース着て、ハイソックスまで履いてるアタクシ・・・これ以上の防寒は動きにくいし・・・ねぇ。(フリスビーがもこもこした腋の下のせいで上手に投げられなかったこともあったので)


公園でウォーキングしている人も少なくて、遊具のある場所で遊んでいる子供なんて皆無。
みんとさん、ステップをぴょんぴょん跳ぶのが上手になりました。以前は、勢い余って落ちてしまったりしたのですが、落ちた時にはごほうびが貰えないという法則に気がついたのか、着実に踏みとどまります。






しかし、こうしてみんとさんがステップからステップへと跳んでいる写真を撮るのは、なんて難しいんでしょう!
最初にステップの練習をし始めた時、一番端から始めて2連続ぴょいんぴょん跳んで反対側の端で止まるというルールにしていた為、その内みんとさんが先を読んで勝手に連続跳びするようになってしまいました。先読みは好ましくないので、あくまでもりどみぃの指示に従って跳んでもらえるように、1個だけ跳ぶ時と2個連続で跳ぶ時をランダムに指示するようにしました。「ぴょん」と言ったら1個だけ、「ぴょんぴょん」と言ったら2個連続という具合です。それに、同じ方向に続けて・・・というのも先読みし始めたので、ステップの脚の赤から青のへ「ぴょん」で跳んだら、その先の脚が黄色のステップに行くだろうというみんとさんの予想を裏切るように、また脚が赤のステップに「ぴょん」で戻らせる・・・なんてことをしました。


その結果、りどみぃの言葉を良く聞いてから跳ぶようになりましたが、指でここからこっちと指示してやらないと跳ばなくなってしまいました。

指示待ちってやつだな。(・_・)

好ましいことではありますが、カメラを片手で連写モードにして構え、もう片方の手でステップを指さして「ぴょんぴょん」と言ってからシャッターを押さないとならなくなっております。みんとさん、指でささないと跳ばないのです。その為、どうしてもブレブレの写真しか撮れません。
お休みの日に、じじくんにカメラマンになってもらって2人1組でやったら良かろう・・・と企んでいたのですが、じじくんがお休みの日は公園に遊びに来ているご家族も多く、遊具は遊んでいるちびっこ達でいっぱい。犬が近づくのははばかられた為、撮影はかないませんでした。

いつかピントの合ったみんとさんの跳躍中の雄姿を、連続写真でお見せしたいものです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

掃除機の立場

 今日は、洗濯物をたたみがてら毛玉(洗濯物の毛玉であって、みんとさんの毛玉ではないです)のチェック。ウールや化繊だけチェックすれば良いというわけではなくて、綿でも洗っている内に小さな毛玉が出来るので、発見次第毛玉クリーナーできれいにします。



みんとさんは、電気ストーブの前に置いてやった寝ぶくろ保温クッションで寝ていましたが、毛玉取りを無事に終えて掃除機をかける段階になっても寝続けていました。そう、掃除機の音には動じないのです。挑みかかることも無く、怖がることも無いってなもんです。

ひとえにこれは、パピーの頃から敢えてみんとさんが入ってるサークルの外で掃除機を動かしたりして、お口にチーズを放りこんでイメージを良くして慣らした成果だと思われるのですが、逃げないってことは、こっちから「どいて」と言わないと移動してくれないってことでもあります。


ふと、りどみぃ、みんとさんがどの程度掃除機のヘッドを近付けたら反応するかが知りたくなって、スイッチをオンにして吸引のまま寝ているみんとさんのお尻の方へ近づけてみました。いや、意地悪するつもりはありjません。みんとさんの寝ている寝ぶくろ保温クッションのすぐ近くの床の上に髪の毛(多分りどみぃの物)が数本落ちていたので、それを吸い込みたかったのです。


みんとさん、この画像のように、全く動かなかったです。掃除機のヘッドがお尻にくっつきそうな位でも、起き上ってちら☆っとお尻の方を見るなんてことさえありませんでした。「毛玉取りでも掃除でも、勝手にやってー」って態度です。



みんとさん、そんなに完全に無視しちゃうと、がーがーいってる掃除機の立場ってもんが・・・(・△・;)

その後、みんとさんが上半身起こしましたが、これは掃除機の音とは無関係。郵便配達のバイクの音に耳を澄ませていると思われます。



近くの掃除機の音は無視して、外のバイクの音には反応するという、掃除機の立場には全く配慮しないみんとさんでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

海の近くは寒かった

 昨日より寒いのになぜか横浜市みなとみらいの臨港パークに行っとりました。


国際会議場や展示場ではイベントが盛りだくさんだったようで、駐車場には満車の表示が出ているは、警察官は警備に出ているは、大型バスは連なっているは・・・と目が丸くなるような状況でしたが、公園はがらがらでした。


まぁ、空いている方が、みんとさんがフリスビーして遊んだり出来るので良いのですが、人間の指はかじかんで上手に動かず、凧揚げに来ている親子がいた位の風があったので、フリスビーで遊ぶのも楽ではありません。


多少フリスビーが縦回転だろうと、風に乗ってしまって自分が追いつけなかろうと、みんとさんは、出来る範囲で楽しむ主義なのか、弾けとりました。

臨港パークにある軽食コーナーでお腹に物を入れたくなったじじくんとりどみぃですが、その場合はみんとさんを外で待たせなくてはならない為に断念。少しばかり足を伸ばしてランドマークタワーのお膝元にある”DOG GARDEN CAFE 横浜”に行きました。ここならわんこ同伴OKなので、みんとさんを寒空の下に待たせることもありません。

食事を終えた後に、お店の前でのスナップ。


りどみぃ、こういう犬の置物(?)を見ると、みんとさんがパピーの頃に礼儀正しくイチイチご挨拶していたのを思い出してしまいます。その後、長じてからしばらくの間は、怖がって近寄ろうとしないように変化し、現在はこうして寄り添うことが出来るようになりました。

さて、みんとさんはドッグ同伴OKカフェにおいて、りどみぃの「”ふせ”」という指示を再三破り、隣の席のわんこや飼い主さんに興味を抱きそうになっとりました。りどみぃ、みんとさんが立つ度に「みんと、”ふせ”」と指示を出し、みんとさんも「ああ、そうでしたっけね」と素直に従いはしましたが、何度も繰り返されたため、その度に食事を中断しなくてはなりませんでした。これでは気が休まりません。
そこで、駐車場に止めてある車に戻る前に通ることになる臨港パークで、びしっ☆っとお稽古(行進や遠隔の訓練)をしてから帰ることにしました。

みんとさん、気合い入れるよっ!(・△・;)


楽しい公園やドッグカフェに行ったからといって、たるんだ態度は許さない飼い主なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

レッスンしてから合羽橋

 昨日びしっ☆っとお稽古しておいたのが良かったのか、今日のみんとさんはレッスンでも真面目にやっとりました。


今日のレッスンは”ふせ”がテーマだったので、スタート地点での停座(おすわり)から”ふせ”とか、行進してから脚の横で”ふせ”とか、徐々に難度を上げたバリエーションを学びました。りどみぃとみんとさんは、基本から着実に身につけたいと思っているので、みんなと一緒の事をします。すると、みんとさんに足りないものが見えてきました。

例えば今月のみんとさんのテーマの“アイコンタクト”ですが、みんとさんは脚の横で”ふせ”したら、そのままりどみぃの事を見上げたりはしません。「まだ行かないのかな?」的にりどみぃの意思を確認しようと心がけていないのです。

結局自分が見たい物をながめてぼーっとしてるってことなのね(・_・)


だから次にりどみぃが「”おすわり”」なんて言ってもみんとさんが聞き逃してしまうって展開となるわけですね。そこで、今日は時々「みんと!」と名前を呼んでみました。時々耳に入らないこともありましたが、大体はみんとさんが「うん?」とりどみぃを見上げてくれました。以前より、ずっとアイコンタクトするようになっていると感じます。

それに、以前はトレーニングルームに入場した後、他のわんこたちが気になってお勉強モードに中々入れませんでしたが、今日は室内のトイレスペースでトイレを済ませた後すぐにレッスン開始となっても、ちゃんとお勉強モードに入ってやっていました。後からレッスン中の写真を見てみても、じじくんに助けを求めるような眼をしていないところが以前とは違っているような気がします。


お口もちょっと笑ってるので、レッスンが苦ではないのかもしれません。これがレッスン開始後30分間は遊びモードが抜けなかったわんこと同一犬物とは思えません。

みんとさん、すばらしい~(☆☆)

行進後に右回転して停座で終わるという時、みんとさんはりどみぃの踵に前足が揃うように座るので、もう少し前の位置だと理解してもらうという課題も見えました。小さな事をきちんと身につけて行きたいので、これも練習の時に気をつけることにします。

 レッスン後は、東京・台東区の合羽橋道具街へ行きました。菊屋橋という交差点からずっと続いている合羽橋道具街・・・入口のジャンボコックが迎えてくれます。


このジャンボコックがあるのはニイミ洋食器店なのですが、りどみぃはいつもこうして見上げると、道具街には美味しい料理やお菓子の秘密がいっぱいある予感が膨らんで来てわくわくします。


この通り沿いにはパーキングメーターが両側に設置されています。菊屋橋からほど近い場所で空いている所があったので、チャンスを逃さず駐車しました。
目的のお店は、道具街のずっと先の方でしたが、お店を覗きながら歩いて行くのも楽しかろうということに。

今回の目的は、包丁のメンテナンスと同じタイプの新しい物の購入です。りどみぃ愛用の包丁は、ずっと前にここ合羽橋道具街にある包丁専門店で買ったもの。何年か前にも1度、変な研ぎ癖がついてないかどうかを見てもらって、刃を強くする為に焼きを入れてもらったりしたことがあります。(もちろん有料で)
最近、ちょっと研いでも切れ味が微妙に良くなかったり、野菜を刻む時にチンーチンというような小さな金属音が聞こえる時があったりするので、またお店で見ていただくことにして持って来たのでした。


みんとさん、合羽橋は初めて。とても人が多くて賑やかなので、楽しいようです。食器専門店や座布団専門店、のぼりや提灯の専門店等もあって、人間も眺めているだけで楽しいです。
看板専門店のサンプルの横で、失礼して記念撮影。豪華です。


目的のお店はすぐに見つかりました。


りどみぃ愛用の包丁のメンテナンスは火曜日(17日)に終了とのこと、以前「1時間ほどで出来るから後で取りに来ては?」ということもあったので、お正月以降というこの時期、混んでいるのかもしれません。出来上がったら送ってもらうことになりました。


新調する方の包丁は、少し鋼材が硬い物にしました。3種類程度の候補の中から、お店の方のお勧めで、自分が握った時にしっくり来る物に決めました。
りどみぃが包丁を選ぶ間、みんとさんとじじくんは、お店の前で待っていました。人間のみならず、みんとさんのごはん作りにも関わって来る大事な包丁なので、どうあっても待たねばならんのです。

その後、近くの公園で休憩し、みんとさんも地域の犬事情チェックをし、再び表通りの道具街に戻ってからウィンドサンプルのキーホルダーや根付を買ったりして、盛り上がりました。


レッスンの後なので疲れていたのと、買ったばかりとはいえ包丁を持ち歩いているのは気が休まらないので、今日はとっとと帰ることにしました。
面白かったね、合羽橋道具街。クリスマスシーズンや暮れはとても混むし、バレンタインの前も一般の買い物客が増えるので、そういう繁忙期を外した時にでも、また来たいものです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

肉屋クリア。八百屋クリア。

 みんとさんの散歩のついでに商店街に寄りたかったので、お散歩コースでそちらに足を向けました。
途中、鈴慣れの為にお寺の分院に参拝。みんとさん、境内への石段はひょいひょい上りますし、参道を進んでお賽銭箱の前にお行儀良くお座りすることも出来ました。が・・・鈴を鳴らしたら立ちって2歩ほど後退り。今日はお参りは1回だけにしたので、そこでチーズを連続で食べさせて良い印象に。

これで鈴の音とチーズが結びつけば・・・ね(・_・)

しかし、電車を怖がっていた時は、1本電車が通過すればその逆行きの電車が来たり、特急が通ったり・・・と何本かの通過が見込めるのでそれだけ練習出来ましたが、仏様への「お参りに参りました」というお知らせの鈴をそう何度も鳴らすことも出来ないので、1日1回がいいところ。それも、毎日そちら方向へ散歩に行くわけではないので、1日1回も成り立ちません。

  
お参りの後に寄った近くの公園の水仙の花はかなり咲き揃ってきましたが、みんとさんの心はドキドキ☆のままです。
頭の上からあまり聞き慣れない音がするのが怖いらしい・・・今度、みんとさんを抱き上げて片手で抱いたまま、反対の手で鈴を鳴らしてからお参りしてみようと思います。音の出所が確かになれば、恐怖心は薄らぐのではなかろうか?

 今日は、公園でフリスビーをして遊びましたが、りどみぃは投げ方がとっても下手でした。回転をかけられなかったり、妙な方向へ縦回転で叩きつけるように投げてしまったり・・・どうも寒いから厚着をしたせいで、脇の下がもこもこしてしまい、スローイングが安定しなかったようです。一方、みんとさんの方もそんなりどみぃにつられたのか鈴の恐怖を引きずっていたのか、せっかくりどみぃが上手に投げられた時でもキャッチ出来ないという、まことにお似合いなダメダメカップルとなっとりました。


フリスビーを一応成功させて終わった後は、パピーコングを投げての“持って来い”をして遊び、その後はお勉強をしました。メニューは、行進、遠隔(10m)、呼び戻し(正面に)、行進中の停座(おすわり)、行進中のふせ等です。みんとさん、ちゃんとやっておりました。遊んだ後だからなのか、服従するようになってきたのかは、りどみぃにはよくわからんです。

帰りに寄った商店街では、みんとさんっては、りどみぃの指示でオンお肉屋さんの店内でずっとおすわりしているという良いわんこぶりを発揮。お肉の注文からお会計が済むまでという長い間、ちゃんとおすわりをしていて、1度も勝手に立ち上がったりしませんでした。お肉の良い匂いがする場所でのこと、結構ハードル高いです。それでもりどみぃが「”おすわり”」と言ったので、ちゃんと言いつけを守って座っていました。

すごいじゃない・・・(・◇・;)

りどみぃがお肉を持って「行こう」と言うまで動かなかったのですから驚きです。以前のみんとさんなら、りどみぃの手にしたお肉の包み(レジ袋)に鼻を突っ込んで、何を買ったのかを確認しようとしていたはずです。



気を良くしたりどみぃ、次は八百屋さんに寄りました。ここでもみんとさん、店番のお姉さんに1度も跳びつかないで愛想を振りまくという高度なことをしてのけました。この八百屋さんでは、ご家族みなさんが動物好きなので、みんとさんをとても可愛がって下さる為、みんとさんは嬉しくて我を失ってしまいがちなのです。
「(跳びついて)良いんですよ」と言って下さる方に対しても跳びつかなくなりつつあるみんとさん・・・2012年は、成長著しいです。

お参りしている仏様のご利益かもしれず(´ー`)

お姉さんにすりすり甘えてはいましたが、跳びつかないのは上出来です。りどみぃも、ぴこちゃんへの小松菜や煮物にしたい里芋など、あれこれ頼むことが出来ました。八百屋さんでのお買い物もクリア。みんとさんがお行儀が良いと、お買い物も楽々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

逆流の階段

 ホームセンターに花の苗を買いに行くことにして、そこまでをお散歩とすることにしました。いつもなら幹線道路沿いにある歩道を行くところですが、それなりに晴れていたので住宅街をジグザグと適当に行くコースにしました。


坂道を上ったり下ったりした挙句、階段じゃないと先に進めない場所に遭遇。近くの似たような道を通って違う階段を下ったことはありますが、ここは初めての場所でした。
階段はコンクリート製らしく、中心にしたから上へ鉄製の手すりが設けられていました。「ちょっと急かな?」と考えないでもなかったのですが、みんとさんは階段を下りるのも上手なのでそのまま下り始めました。

すると、途中でみんとさんが歩みを止めました。りどみぃ、「あれ?」っと振り向くと、みんとさんがもぐもぐと何かを食べているように口を動かしています。てっきり拾い食いでもしたのかと思って口元を覗き込んだら、少し前の信号待ちの時にりどみぃがあげたジャーキーのかけらが転がり出てきました。


そうです、あまりに急な階段を下り続けていたので、みんとさんの体格としては逆立ちに似たような状態となってしまい、胃の物が逆流して来たらしいのです。みんとさんにはあまりにも過酷だったか・・・と反省。今後のいましめの為にも、みんとさんの階段下りの限界として記録を残しておくことにしました。

まずは階段の全体像。全体像と言っても、一番上からではなくて、ちょうど全長の半分に当たる踊り場から一番下までの半分です。


それから1段の高さをみんとさんの脚の長さと比較。脚の方が短いかしらん?


勾配の角度が知りたくて、階段の端を見てみたら、直角三角定規を思わせる角度となっておりました。30度くらいってこと?
となると大して急じゃないようにも思えますが、坂道と階段とはイメージ違うのかもしれません。というか、1段1段の段の高さ(蹴上という?)がみんとさんにとっては高過ぎたのが逆流の理由かもしれません。


ごめんね、みんとさん。今後はこのような階段があったら迂回するか、りどみぃがみんとさんを抱っこして下りることにするからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

やる気のいちご

 今年は日当たりの良い場所にプランターを置いている苺の苗ですが、日当たりが良過ぎるのか単に勘違いしているだけなのかは不明ですが、もう花咲いてます。ずいぶんやる気があるいちごのようです。



もしも~し!まだ春じゃないですよぉ(・◇・;)

この花は実になるのだろうか・・・?それならそれで食べますが。


やる気のあるいちごに驚いていたら、公園では既に菜の花が咲いていました。「だいぶ伸びてきたな」なんて思っていたのにもう咲いてるなんて、なんて早いんでしょう!


最近20日以上も雨が降らないとかで、土が乾き切っています。菜の花は、「このままでは枯れる!早く子孫を残さなくては!!」とか危機感覚えたのかしらん。


梅園を通ってみたら梅のつぼみも少し目立ってきたので、みんとさんの雪だるまのチャームはそろそろ春向きな物に変えた方がいいのかもしれません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

可愛い犬留め

 そのスーパーマーケットは幹線道路に面していながらも住宅街を背にしているので、犬の散歩のついでに買い物をする人が多いのではないかと思われました。だってお店の前のガーデニング用品コーナーと通路を仕切るフェンスには複数の犬をつなぐためのフックが用意されていたからです。


りどみぃの家からでは歩いて行くには遠いのでいつも車で行きますが、外出の帰宅間際に買い物に寄るという形が多くて時間帯が遅いせいか、犬がつながれているのは1回しか見た事ありません。でも利用者はそれなりにあったようです。しばらく行っていない間に改装が行われて仕切りのフェンスが取り払われていましたが、犬留めはちゃんと新設されていました。

おおっ、可愛い犬留めだのぅ~(*^^*)


初めて見かけた時はみんとさんと一緒じゃなかったのですが、今回はじじくんとみんとさんと一緒に寄ったので、記念のスナップを撮ることが出来ました。


リードをつなげる部分は4分割に仕切ってはありますが、知らない同士の4頭の犬が同時につながれるってことは難しいと思われます。2頭でもリードの長さをよっぽど短くしておかないとお互いに干渉し合ってしまうでしょうし・・・ねぇ。

お試しの記念撮影だけとはいえ、可愛い犬留めをしばし独占したみんとさんでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

鈴は響くよ、みんとの上に

 連休なので、じじくんと一緒に散歩に出ました。里山の公園の水仙の花が咲き始めたので、みんとさんのスナップ写真を撮ってもらおうといういことで。


満開には少し早いようですが、昨年は咲き終わりになってから行ったので、それよりは良いかと。

 ちょっと遠い方のコンビニまで行ってから帰るコースにして、途中で元旦に初詣に行ったお寺の分院に寄ってお参りしました。初詣の時には鈴を恐れていたみんとさん、どうかな?


じじくんがお参りする時に1回、りどみぃがお参りする時にも1回、みんとさんの分として、ちゃんとお賽銭も納めての1回と合計3回鈴を鳴らしたので、かなり慣れたようです。


また折を見てお参りに行って、鈴の音がしたら嬉しそうな顔になるくらいに慣らしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

エイトポイント・スターのベビーキルト30 バインディング中

 エイトポイント・スターのベビーキルトは、5cm幅に裁った布で作ったバイアステープでバインディング中です。
まずは4m余のバイアステープを用意。



ちなみにバインディングとは、”バイアステープで縁をくるむこと”らしいとなんとなく理解していましたが、今回調べてみたらbindingと書き、衣類などの縁取りという意味がある名詞から来ているようです。

いやー改めて知ったわ(・◇・;)

幅5cmでおよそ4mのバイアステープが出来たら、バイアステープメーカーというのに通して中心に向けて半分に折られた状態に整えます。


バイアステープメーカーの広い方から入れて細い方へ出てきた所をアイロンで押さえるとこんな感じ。


ひたすらバイアステープメーカーを通してはアイロンで押さえ・・・を繰り返し、およそ4mの長さのバイアステープを作ります。ベビーキルトの仕上がり寸法が1×1m正方なので、1辺を1mと考えて4辺分の4m+縫い合わせた時の縫い代分というわけです。



この時アイロンで押さえてついた線を目安に、キルト本体側の仕上がり線の上に内表に合わせて待ち針でとめ、ミシンで縫いつけるという手順なのですが、最近目が悪くなったのか生地がギンガムチェックのせいか谷折れ線が見えにくくて、結局はその谷線に定規を当てて洗うと消えるチャコマーカーの茶色で線を引きました。ミシンで縫う時も、茶色の線を目安に縫えるので楽でした。


バイアステープを縫いつけ(①)てから、そのバイアステープの布端に揃えるようにして本体側を切り落とすします。私は、鋏でじゃくじゃく切っていくよりは、まっすぐきれいに切れて角が90度きれいに出来るような気がするので、ロータリーカッターで裁ち落すのが好きです。

角は、仕上がり線の角で縫いとめておいて、バイアスを90度たたんで避けてから、また縫いどまりから縫い始めるようにして縫いつけました。こうしておくと、後で角を額縁にたたむ時にどちら側にでも倒せるからです。


4辺全てにバイアステープが縫いつけられて、仕上がり寸法(+縫い代1cm)に裁ち揃えられたら、バイアステープを裏側へ折って、端を内側に折り込み、折り山をキルトの裏側にまつり縫いで縫いつけていきます。
4m分のまつり縫いは手作業ゆえに時間もかかるでしょうが、それが終われば完成となるので、最後まで頑張ろうと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

今年のレッスン

   しつけ教室でお勉強し続けることについての限界を感じて以来、2011年の年内はレッスンを全部サボってみましたが、試しで参加してみたクリスマス会で昨年よりはマシになっているみんとさんの現状に希望を見出し、2012年も通うことにしました。 


年末に先生に時間を割いていただいて相談した結果、みんとさんは既にお教室のゴールド・クラブ資格に合格しているので、好きな時間帯を自由に選んで参加して良いというお許しを頂いていることから、りどみぃが考えるペースで学ぶ形式にさせてもらうことになりました。

例えば、りどみぃは、みんとさんとのアイコンタクトが十分出来ているとは思っていません。だって1時間に1回しか自主的にりどみぃを見ない犬だったんですから。(2006年12月当時)
名前を呼んでも無視されていたころに比べればだいぶマシではありますが、それでもりどみぃの隣にいても意識は別のところにあることが多いみんとさん、「え?今何かおっしゃいました?」と何回も呼ばれてから初めてこちらを見る程度。こんなみんとさんと行進の練習をしていて、先生に「ほら、みんと離れたよ。もっと脚に付けて。」と指摘されても、出来るわきゃーないのです。みんとさんは、りどみぃとアイコンタクトしながら歩くよりも、気を取られている別のこと(物や人)の方へふら~っと行ってしまうのですから。

土台が出来てないんだもん、積み上げられないよね。(・_・、)

そう、公園主催の犬のしつけ教室に来た飼い主と子犬の方が、よっぽどアイコンタクト出来てました。りどみぃとみんとさんとは、アイコンタクトに関しては、まだその段階ですらないと感じていました。



それでもお教室に行けば、毎週毎週違う課題があって、それもろくに出来ないのにまた次の週が来て・・・と、どれも中途半端で、出来るわけもないと自覚しているのに「ゴールドなのにこんなことも出来ないのか?どうしたんだ?」と不思議がられてしまい、それに

先生~!みんと、それ出来たことないです!\( ̄^ ̄)

とも言えず、辛かったのでした。

これからは、りどみぃとしての”今月のテーマ”や達成したい目標を決め、出来なかったら翌月も続けて努力するという達成度をベースにした学び方をさせていただくのです。受験生と違って締め切り(=受験の日)はないので、ちまちまとやっていこうと思います。その方が、りどみぃの性格には合ってるように思います。


2012年1月のテーマは“アイコンタクト”にしました。りどみぃ自身が納得出来るまで、このテーマで頑張ってみようと思います。
1月の目標は、「みんと」と名前を呼んだら、必ずみんとさんが「なに?」とりどみぃを見ること。以前よりは見てくれますが、100%ではありません。みんとさんがよそ見していることも多いので、名前を1回呼んだくらいじゃ気がつかなくて、2回、3回と呼ぶ必要があったり、ちょっと大きな声で強い語気で呼ばなくてはならなかったりします。

何ヶ月かかっても良いから、「みんと」と呼んだら必ず見てくれるようになりたいものです。

その内それが出来るようになったら、次は、「名前を呼ばなくてもみんとさんが自主的にアイコンタクトを求めてくること」というように、段階的に努力して、確実なものにして行きたいと思います。


今日のレッスンは、ビギナークラスのみなさんとご一緒させていただきました。正月休みボケ(?)のわんこたちを久しぶりに基本(アイコンタクトを含む)からおさらいするという内容でしたが、みんとさん、ちょっと怖いと感じているわんこの近くには行進の時でさえ行こうとしなかったり、リード付きでほんの1m程の呼び戻しの練習でも先読みしてりどみぃの脚側に向けてよそ見しながら歩いたりするので、そこいら辺から直さなきゃいけないのだと良くわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

2012年版みんとカレンダー

 今年もみんとさんの写真を使ったオリジナルカレンダーを作りました。


昨年、巷で2012年用のカレンダーが売られ始めた頃から作ろうとは思っていたのですが、なかなか時間が作れなくて年を越してしまいました。おまけに、じじくんが忙しかったので、りどみぃがそれらしい雰囲気の写真を選んでから「これで良いよね?」と確認を取る程度の適当さ。それでも、なかなか可愛いのが出来たと思います。
今回は、1月~3月までをご紹介。4月以降は、その頃になったら各月の初め頃にアップするというネタ作りに取っておこうと思います。

 さて、1月は、新年のおめでたさを意図して、海老のぬいぐるみをくわえたみんとさんです。なんか真面目な顔しているのがらぶり~♪


2月は、雪が降った時のもの。近所の公園に遊びに行ってみたのですが、みんとさん的には足が冷たくてテンション低いです。でも、お口はちょっと笑ってます。


3月は、公園の植えられて間が無い小さなハナモモとみんとさん。2010年撮影のものです。
盆栽みたいな大きさなのに、一丁前に花をたくさんつけていて、それも2色なのが見事です。毎年一緒に並んで撮れるといいのですが、2011年は、この公園に行かない間に花の時期が終わってしまいました。


2012年も、こうして季節感のあるみんとさんのスナップを撮って楽しく過ごしたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

雪だるまのマフラー

 先日、みんとさんを後部座席のメッシュクレートに入れようとしたら、内に赤い毛糸の輪っかのような物が落ちていました。指でつまみ上げてしげしげと見ると、それは端っこがぱつっ☆っと切れていて、完全な輪にはなってはいませんでした。

なんじゃこりゃ?何だろね?これ(・・ )

じじくんさらりと「みんとの雪だるまのマフラーじゃない?」とのお答え。そう言われて気が付いてみれば、みんとさんの雪だるまは赤いマフラーをしていませんでした。外出先から帰宅してからみんとさんの最近の写真を確認したら、1月1日の時点ですでに雪だるまはマフラー無しです。



マフラーが無い雪だるまは、なんだかちょっと寒そうです。幸い落としたマフラーは回収出来たので、りどみぃが雪だるまの首に結び直し、結び目をフェルティングニードルでぐさぐさ☆と刺してほどけにくくしておきました。


その後は雪だるまのマフラーが取れることなく、みんとさんと一緒です。やっぱりマフラーがあった方が断然素敵。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

プラタナス・ボール

 箱根駅伝も終わり、道路もそう混んでいないようなので、久しぶりに野島公園(神奈川県横浜市)へ行ってみることにしました。
予想通りに道はすいていて到着も楽々。その上、駐車場もすいているので車を止めるのもお気楽でした。ここのバーベキュー場やキャンプ場、野球場も管理側がお正月休みなので貸出されていないようで、だから誰もいない・・・と。


それでもご近所からお散歩に来ているご家族らしき方々はお見かけしたので、人っ子ひとりいないという寂しさを感じないで済みました。
ご迷惑をかける心配がないので、みんとさんもロングリードでのびのび散歩です。



海沿いのお散歩をした後は、展望台まで登ってみることにしました。ここは何度も来たことがあるし、いざという時には作業用の車が出入りするために道幅も広く作ってあるので、展望台から下って来る方とすれ違う時もそう気を遣わなくても大丈夫なので、みんとさんも元気良く先へ先へと行きたがります。


展望台の下の広場まで到着した時、プラタナスの木が何本かあって、一面に葉が落ちていました。みんとさん、かさかさいうのが楽しいらしく、興味深げです。そこに1つ丸いままの実(種)が落ちているのを見つけたので、「みんと、こんなのあったよ」と見せてやったところ、数歩前に小走りに出て「投げてくれろ~」とリクエストされました。


リクエスト通りにボールよろしく投げてやると、夢中になってくわえるじゃありませんか! この実は、乾ききってはじけると種子が遠くに飛ぶことで子孫を増やす作りになっているようなのですが、みんとさんが歯を当てたことが刺激となり、一部がはじけ始めました。


タンポポの綿毛のような意味があるのか、はじけるとふわふわ☆の毛のような物がふわっっと広がります。みんとさんがお口でくわえると、口の中ではじけて毛がぶわっっとなるらしく、りどみぃに渡した後もお口の周りは毛だらけです。


どうもこの口の中でぶわっっとなるのがみんとさんの狩りの本能を刺激するらしく、狂喜と言って良いぐらいの喜びようです。何度も必死に探して来てはりどみぃの手元に持って来て、投げてやると狩りモードで跳びかかるという具合。

みんとさん、あなた怖いわ・・・(・◇・;)


見ていたら、前足を使って押さえつけながらがぶがぶ★っとやっとります。だんだん種がはじけて本体は小さくなっていくのですが、最後に芯が残るまで繰り返し狩っておりました。みんとの母方の先祖のミニチュア・シュナウザーが馬小屋のネズミ捕り等の小動物の駆除に活躍していたこともあるというのを読んだことがありますが、みんとさんの振る舞いにはその片鱗が見えたような気がしました。


その後、展望台の上まで上がって景色を眺めましたが、どんどん風が出て来て黒い雲が運ばれて来て、お天気が怪しくなって来ました。


十分遊んだので帰ることにしましたが、駐車場に到着するころにはぽつぽつと雨が降り始めてしまいました。お天気が良い内に松林をお散歩したり、プラタナスの実で遊んだりできて良かったね、みんとさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

それはお口を拭いたから

 みんとさんが寝ております。自分の寝床である寝ぶくろに寄り添うようにして・・・


寝ぶくろは裏返しの状態で山形に折れているため、みんとさんが上にのって寝ることが出来ないらしいです。それでも顔だけでも上にのせて寝ているところがせつない・・・

がんばりますな・・・(・_・)

しかし、これ、りどみぃにはあまり同情出来ませんでした。だってこの寝ぶくろをこんな風にひっくり返してしまったのは、他ならぬみんとさん本犬なんですから。
階下で晩ご飯を食べた後、ちゃんと口の周りを拭いてやったのですが、りどみぃの拭き方ではお気に召さなかったようです。2階へ戻ると、自分の寝ぶくろに口を押しつけるようにして右左、果ては下側から上へこね上げるようにしてお口周りを拭いておりました。その結果、寝ぶくろはめくれてこんな状態になってしまったのです。

どうも自分では元に戻せないようで、こんな風にちょっとだけでも上にのろうとしているのが不憫なので、りどみぃが表に返してやりました。みんとさん、目をつぶったままむにゃむにゃと姿勢を直して、ちゃっかりと寝ぶくろの上で寝続けたのでした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 2日 (月)

大井海浜公園運河側

今日は、みんとさんと大井海浜公園に寄ってみました。いつもならスポーツ施設を利用している健康的な人でいっぱいのこの公園ですが、貸し出し側の管理事務所が年末年始お休みであるため、野球場やテニスコートの貸し出し自体をしていないようです。


ドッグランの利用者もとても少なく、大型犬エリアにシェパードらしき犬とその飼い主一家、小型犬エリアには2頭のプードルを連れた老夫婦しか見かけませんでした。みんとさんも、小型犬エリアで少しの間ご一緒させてもらいましたが、一緒に楽しげに走り回ったのはほんの短い時間で、すぐに気が済んだようです。

公園の運河側に行ってみることにして、夕焼け橋(人道橋)を渡ってみても、やっぱり人は少なかったのでした。


この運河側の一部のエリアではバーベキューが許可されているため、季節が良い時期はそれは賑やかで近寄りがたいのですが、今日はのびのび~


風はあまりないのに、みんとさんは楽しくてぴょんぴょん歩くので、すぐにお耳が裏返ってしまいます。


草を食べようとしてみたり、あちこちの匂いを嗅ぎながら、それは楽しそうにしておりました。前日はお留守番だったのに比べて、遠くまで自分も一緒に出かけられるのは嬉しいようです。よかったね、みんとさん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

今年の課題は鈴ですか?

 2011年の年末はとても忙しかったので、準備が整わない内に年が明けてしまったような感じです。ああ、先が思いやられる・・・しかし、容赦無く2012年はやってきたのでした。


このお正月こそ、みんとさんのチャームに”鏡モチ”を原毛をフェルティングして作ろうと思っていたのですが、間に合いませんでした。こうなったら、お正月が過ぎてから・・・2月でも3月でも、手が空いた時に2013年のお正月に向けて制作した方が良さそうです。

さて、前日に通りかかったお寺の分院への初詣に行ってみました。午後から親戚の家に行かなければならないので、その前に・・・・というわけです。大晦日の真夜中の列に比べれば半分以下ではありましたが、やっぱりお参りの人の順番待ちの列が出来ていました。
お天気が良いので日向で待つのは快適でしたが、日陰はそれなりに寒かったです。みんとさんは、じじくんとりどみぃの間におすわりして待っていましたが、列が進むにつれ尻込みし、やっと順番が巡ってきた時、お堂の鈴の音が怖いのだと解りました。頭の上から大きな音がする・・・というのが怖いらしいです。

今年は、みんとさんがお堂の鈴が鳴っても平気になるように散歩コースに組み込み、毎週のようにお参りしてみようかな。


お参りした後は、近くの公園にお散歩に行きました。みんとさん、今日はじじくんとりどみぃが親戚の家にお年始に行っている間はお留守番なのです。犬が苦手な人が同席するので、連れて行けないからなのでした。
この朝、お雑煮用の鶏肉やおめでたい桜海老をあしらった美味しい朝ごはんを食べたので、機嫌良く留守番してくれることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »