« ヘアターバンの腹巻利用 | トップページ | 川の近くで鴨ともぐらと »

2011年12月17日 (土)

クリスマス会は試験参加で

 しばらくしつけ教室をサボっていたので、クリスマス会にも参加を見合わせようと思っていました。とてもじゃないけれど行く気になれなかったからです。

このままお教室をやめてしまおうかな(- -;)

お休みしている間、りどみぃは何回もそう考えました。「仕事が忙しくなったんで通えなくなりました」とか、いくらだってさしさわりのない理由を言ってフェードアウト出来ますもんね。

その上、じじくんには毎週末が近づく度に「今週は行くの?」とチェックを受け、進退に対しての決断を迫られる様な感じを受けておりました。りどみぃとしては、「来週は行ってみる」とこちらから言い出すまでは、ずっと“行かないのだ”という前提の元に放っておいて欲しかった・・・行くか行かないかの質問さえされたくなかったのですが。

完璧に登校拒否の子供と同じ状態だよなー(・_・、)

自分でもそんな風に思いますが、だからと言って気力が盛り上がるわけでもないし。

しかし、こうしてお教室に行かないようになったら、かえってみんとさんがりどみぃの言う事を良くきくようになってきました。りどみぃの精神的な余裕が良い影響を与えたのかもしれないし、みんとさんがお腹の調子を崩したことが理由かもしれません。(お友達わんこのママ達には「みんとはお腹を壊してるので」とおやつをくれないように頼んだことで、「おやつをくれるのはりどみぃだけか」と思ったのかもしれないし、自分が体調不良で弱っている時に、みんとさんが勝手にりどみぃが上だと自覚したとか?)

そこで、クリスマス会には参加してみることにしました。みんとさんのお腹の具合が乱れがちな時は、糞尿禁止のドッグラン内でお粗相しそうで有無を言わせず欠席しかありえなかったのですが、お腹は落ち着いているので、後はりどみぃの気力の問題となったわけです。

りどみぃとしては、この状態でクリスマス会に参加してみて、みんとさんが他のわんこの飼い主さんに次々跳び付くような事があれば、早引けしてでもそれっきりお教室通いを断念するつもりで参加してみることにしました。ドッグランというノーリードの世界で、みんとさんがどんな風に振舞うか、試験的に様子を見ようと思っての挑戦です。

クリスマス会当日、みんとさんは上の画像のように楽しくてたまらなかったようです。久しぶりにお友達わんこに会えたり、その飼い主さんにご挨拶出来るのが嬉しかったらしい・・・

大好きなダックスフンドのサブちゃんにも、お久しぶりの愛を込めてマウンティング(?)

この日のみんとさんは、いつも東扇島(神奈川県川崎市)や大井海浜公園(東京都大田区)のドッグランに行った時とは違って、自らじじくんやりどみぃと離れてあちこちにごあいさつに行ったり、匂いを嗅ぎに行ったりする社交的で行動的な様子を見せました。いつもドッグランに行っても、じじくんやりどみぃから5m程度しか離れないみんとさんとは別犬のようです。

その割に、飼い主さんに跳び付くという行動はほとんど見られませんでした。みんとさんは、みんとさんなりに「跳び付いてはいけないのだ」という事は理解していて、自分の判断で跳び付かないようにしていたように見えました。

じじくんやりどみぃから離れても、「みんと、おいで」と声をかければ即座に足元に戻って来たので、自分勝手をきめ込んでいるわけでもなさそうです。

・・・まだ行けるかもしれん。(・_・)

りどみぃの心に小さな希望の灯が点るような気がしました。これ以上厳しくしなくても(怒鳴りつけたり、無視する時間を増やしたりせず)みんとさんがりどみぃの言う事をきくようになるかもしれない・・・そんな考えも出来るような気がしてきました。

 クリスマス会は、毎度ながらクリスマス会という名の合同レッスンとなり、3チームに分かれての”呼び戻し”や“障害物通過”、ウィービングポール体験など、様々なメニューで休む暇も無い程でした。

|

« ヘアターバンの腹巻利用 | トップページ | 川の近くで鴨ともぐらと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/43425093

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス会は試験参加で:

« ヘアターバンの腹巻利用 | トップページ | 川の近くで鴨ともぐらと »