« クリスマス会は試験参加で | トップページ | 真似っこ撮影ポイント »

2011年12月18日 (日)

川の近くで鴨ともぐらと

 しつけ教室のクリスマス会で借りるドッグランの近くには川が流れていて、市民が水辺に親しめるように整備されている場所があります。お花見の時もみんとさんを連れて行ったら喜びましたが、今回も会が終わってから行ってみました。

川にはカルガモが春よりもいっぱいいて、みんとさんは見ているだけでわくわくしとりました。

ん?ここの鴨って、ちょっと太め?(・_・)

なんだかみんとさんが行くような公園や川に居る鴨よりも、太っているように見えます。川の近くまで行けることで、餌をやる人が多いのかもしれません。この時も、父親らしき男性に連れられた小さな男の子が、パンのような物を投げてやろうとしていました。しかし、上手に遠くまで投げられないのか川まで届かず、岸辺の芝生の上に落ちたのを川から上がって食べに来ている勇気ある鴨達も居ました。

川の横の遊歩道を挟んだ場所の木には、スズメが鈴なり。鴨が川に戻ったら、パン屑拾いに行ったりするのでしょうか?こちらは保温の為に羽をふくらませていましたが、実態は太っていないようで、ちょっと寒そうでした。

りどみぃが「日の当る木の枝に居れば暖かいのに」なんてスズメを見ていた頃、みんとさんは遊歩道周辺のチェックに余念がありません。もぐらのお手入れ後らしき土の山に興味津々です。

これも、普段みんとさんが見慣れているもぐらの山よりも大きいような気がします。もしかして、住んでるもぐらも太めとか?で、穴も直径が大きい・・・お手入れで出る土も大量となるとかね。

夏には川の中の石をぴょんぴょん☆跳んでかなり中程の方まで付いて来たみんとさんですが、水の冷たさを気配で感じるのか、落ちることを警戒しているらしく腰が引けとります。

結局、りどみぃが呼んでも、流れの中の石までは来ませんでした。こちらとしても、強く働きかけて跳ばしたものの、本当に川にぼちゃん☆なんて落ちられたら後が大変なので、来なくてヨシ。

その後、川に沿って遊歩道を進み、車を止めてあったコインパーキングの方へ住宅地や畑の間を通って戻ることにしました。

みんとさんの野菜チェックによると、畑ではすでにお芋の収穫が終わり、大根が良い感じだそうです。

すでに夕方だったので畑にある即売所には商品はありませんでしたが、通りかかるタイミングが良ければ、新鮮な野菜がお買い得で買えるんでしょうね。

|

« クリスマス会は試験参加で | トップページ | 真似っこ撮影ポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/43425115

この記事へのトラックバック一覧です: 川の近くで鴨ともぐらと:

« クリスマス会は試験参加で | トップページ | 真似っこ撮影ポイント »