« 限界? | トップページ | 首根っこ作戦 »

2011年11月 6日 (日)

鴨の止まり木

 公園の池に今年も鴨が飛来して、複数羽で暮らしています。池の中で、他の浮いている鴨よりも微妙に全身が見えている鴨を発見。

近くまで行って見てみたら、池の杭と杭を結んでいるロープがあり、水かさがある為に水没している所に乗っているのでした。

止まり木にとまっているオカメインコのぴこちゃんは、足の指が前後に分かれているので両方をぎゅっと握りしめるようにしていますが、鴨の足はぺたぺたした前方向きの足なので、ロープをぎゅっと握る事は出来ないのですね。でも綱渡りのように上手に上に乗っているところを見ると、前後の体重のバランスは取れている模様。

鴨はこうして少しでも全身を水の上にすることで体温を保っているのかしら?杭の上に乗るという方法もあるでしょうに、そこまでではないということ?でも、猫等が近寄って来る可能性がある岸辺には上がりたくないとか?

鴨に聞いてみないと本当の理由はわかりませんが、ちょっと可愛いなと思った止まり木にとまっている風の鴨でした。

|

« 限界? | トップページ | 首根っこ作戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/42895359

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨の止まり木:

« 限界? | トップページ | 首根っこ作戦 »