« セーターくまのチャーム | トップページ | 鴨の止まり木 »

2011年11月 5日 (土)

限界?

 これまでずっと、みんとさんのしつけに取り組んできたりどみぃですが、

これが限界じゃなかろうか・・・( ̄  ̄;)

と感じています。

というのは、これ以上はりどみぃの性格や能力では難しいと思えるからです。

りどみぃがみんとさんと長年(5年も!)毎週1回のしつけ教室に通い続けているのは、

 跳び付かないようにしたいから
 待たせた時に鳴かない犬にしたいから

という他人様にご迷惑な部分をどうにかしたかったから・・・

先生は、毎回熱心に教えて下さいますが、りどみぃは、理解が良くなくてその通りに出来なかったり、すぐに忘れてしまったり、反射神経が鈍くて教えの通りに出来なかったり・・・と、これまでも道は平坦ではありませんでした。

小心者なりどみぃは、何か課題を抱えると、それをクリアするまでは心が休まりません。どうしたらいいのか、一所懸命考えるし、自分が出来るだけの努力をしようとします。

だから先生に「楽しまなくちゃ」と言われても、“しつけを楽しむ“なんて心境にはなれません。

そして「犬は犬として扱って下さい」と言われてもイマイチ意味が解らないのです。自分がしている何がみんとさんを犬扱いしていなくてダメなのか、どうすれば犬扱いしていることになるのか、理解出来ないのです。

リーダーとしての態度が大事だから「毅然として下さい」と言うのは理解出来るような気がして、それまでの自分のみんとさんの心境を推し量って合わせていた行動を改めるようにしたり、いけない時には厳然と対応するように心がけていました。

でも、本来の自分は、物事を自分の思い通りに動かしたいという欲求も無いし、ぼーっと日向ぼっこしてのどかに流れる時間を楽しむような事が好きなので、リーダーに向いていないのです。

リーダーに向いてない人間は一体どうすれば?(´ヘ`;)

一方、みんとさんは、こちらがしっかりしたリーダーシップを示せば、とても良く従います。勝手なことはしないし、リードも引っ張らず、常にこちらに注意を払っていて自らアイ・コンタクトしてくるし、”おすわり”でも”ふせ”でも小さな声で一言言っただけでさっ☆っと実行します。もちろん跳び付きも「したいけどリーダーがやっちゃダメって言うから・・・」としないように我慢している様に見受けられます。

本当に、りどみぃにリーダーシップさえあれば、世の中は丸く収まる・・・みたいな雰囲気。ただ、りどみぃは、このリーダー然とした態度を保つにはエネルギーの消耗が激しくて、ずっとやっていられないのです。

気力の限界・・・?( ̄  ̄;)

もうこれ以上みんとさんに厳しく接することは出来そうも無いのですが、現時点で上記のように全てが上手く回っているような状況でも、みんとさんが大好きな人にお散歩途中で会ったりすると、みんとさんは喜びのあまり興奮状態に陥り、その人に跳び付いたりするし、それを制するりどみぃの言うこと等きかなくなってしまうのです。

りどみぃがリードを短く持っても無理やりにそちらへ行こうとするので、自分の首が苦しくなってむせ込んでいても、諦めようとはしないくらいです。

直前まで全てが上手く行っていたような解放感は瞬時にして失せ、りどみぃは、みんとさんに裏切られた様なダメージを受けます。

ああっ・・・(T▽T)

お教室に行った時もそうです。直前まで公園で楽しくおりこうさんに言う事を聞いて遊んで来た後に行っても、お教室では知り合いわんこがいたり、大好きな飼い主さんがいたりとみんとさんには刺激があるので、りどみぃの言う事を聞かなくなってしまいます。表と裏のように全く態度が変わってしまうみんとさんの振る舞いに、りどみぃはハートブレイクなのです。

りどみぃの制止などきかずにこんな風になってしまうのなら、「みんとさんにはもっと厳しくしないとダメ」ってことを突き付けられたようが気がしてしまいます。しかし、現在でもリーダー然とするのは結構きついのです。これ以上厳しい態度をとるのは、自分の性格をよそに置いておいて行わなければならないので、それも辛いのです。それに厳しくしたい為に犬を飼いたかったわけではないので、みんとさんがかしこまる程強圧的に出たくも無いのが本音です。

「ママ(りどみぃのこと)がしっかりしないと、みんとが可哀想だからね」と先生が仰ったのですが、

(リーダーシップが無い)こういう人間は犬なんか飼っちゃいけなかったのかも(・_・、)

なんて所まで気持ちが落ちているので、「もう限界かなぁ~これ以上はもう(厳しく)出来ないもんなぁ~限界なら(しつけ教室)に行っててもしょうがないよな・・・」と絶望感がビシビシ☆胸に迫ります。

あげくの果てには「もう誰かに跳び付いてお召し物を汚そうが、転ばせようが良いか~傷害保険*1には入ってるしなヽ(´ー`)ノ」とか、自分の心を救う為には倫理観の無い事をあれこれ考えだす始末。「いくらなんでもこれはダメよね。」と、自分で自分の意見を却下しましたが・・・

*1 動物保険の特約。犬が他人を噛んでしまった時や転ばせて怪我をさせてしまったり、物品を破損してしまった時に賠償する為のもの。

それなら誰にも会わない時間帯や方角にお散歩に行くとか、みんとさんの裏切り(?)でダメージを受ける機会を減らす方向に工夫すべきかしらん?

取り敢えず出来る現実逃避として、しばらくお教室を休もうと思います。

|

« セーターくまのチャーム | トップページ | 鴨の止まり木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/42895343

この記事へのトラックバック一覧です: 限界?:

« セーターくまのチャーム | トップページ | 鴨の止まり木 »