« 遊水地を見に行けば | トップページ | 活きの良い栗 »

2011年10月30日 (日)

お留守番の価値

 これまでは、みんとさんを留守番させると、留守番していたことを評価していました。

良い子だったね(*^^*)

と褒めもしました。

心細いであろうに、鳴かないで留守番出来たことが上出来だと感じられたから・・・

食料品を買いに近くのスーパーマーケットに行って来た時等は、みんとさん買って来た物を確かめるようにレジ袋にお鼻を突っ込むのですが、りどみぃとしては「何を買って来たのか知りたいんだな。さもありなん。」と思って許していました。りどみぃとしては、母犬が獲物を捉えて巣穴の仔犬に持ち帰っているような感覚だったので、「よしよし、良くお留守番出来たね。ほら、良い獲物を捕らえて来たよ。ごはんにしようね。」の気持ちだったわけです。

しかし、これらもりどみぃの勝手な解釈の仕方であり、別の見方をすれば違う意味合いになるのでは・・・と解釈を変えてみました。

他のわんこのケースはまた別の理由があるのでしょうが、みんとさんの場合は留守番中に鳴くイコール「みんとの手下(=りどみぃ)早く帰って来いや~!」と呼びつける為だったり、食料品が入っているレジ袋に鼻を突っ込むのも、「どれどれ、何を狩って(=買っての意味)来たんだい?みんとさまがチェックしてやろうほどに」と文字通りチェックされてるのかも。

そこで、お留守番に対しての評価を低く考えることにしました。

留守番出来た・・・いえ、したからと言っても大した意味は無いという感覚を持つように心がけることにしました。

なんとなればリーダーであるりどみぃが、群から勝手に離れてどこかに行くのは自由なのだという前提を踏まえると、買い物に行く時にみんとさんを置いて行くのも“今回の狩(=買い物)にはお前は必要無い“というだけの話で、「家を守って待っておれ」と頼むつもりはないので、戻った時には「良く守っていてくれたね」と評価することもしないと考えてみたわけです。

もちろんレジ袋のチェックも禁止。「リーダー(りどみぃ)がどんな獲物を捕らえて来ようと、(手下の)みんとさんに披露する必要は無いもんね」と考えてみるわけです。

お留守番したことが評価されなくなって、みんとさんの態度は変わるのでしょうか・・・?!

|

« 遊水地を見に行けば | トップページ | 活きの良い栗 »

コメント

可愛いみんとさんが手下では…
厳しいリーダーになるのは大変ですね(^-^)/

投稿: しろ | 2011年12月 4日 (日) 19時14分

コメントありがとうございます。(*^^*)

「みんとは可愛いねえ」なんて心のままにでれでれ出来ないので、厳しいリーダーって楽しくないです(-_-;)

投稿: りどみぃ | 2011年12月 6日 (火) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/42782148

この記事へのトラックバック一覧です: お留守番の価値:

« 遊水地を見に行けば | トップページ | 活きの良い栗 »