« エイトポイント・スターのベビーキルト25 ラティスのキルティング | トップページ | 寝袋に入るまでも無く »

2011年10月20日 (木)

坂道のベンチありがたや

 郵便局に行った帰り道、いつもと違う道を選んだら、とんでもなく長い坂の下に出ました。ここを上るか来た道を戻っていつもの道へ行くか決断しなくてはなりません。

行くか戻るか決める為に坂の上の方と今来た下の方の道とを交互に見ていたら、りどみぃの後からは杖をついたおじーさんが歩いて来るのが見えました。戻るとなると、歩道内でおじーさんとりどみぃ&みんとさんとがすれ違うことになります。

もしかして犬が嫌いな人だったら、その急接近は嫌だろうな・・・とか考え、先に坂を上って行くことに。

この坂は別に初めて通るわけではりありません。今まで何度も通ったことはあるのです。しかし、それはいつもりどみぃの体調に特に問題が無く元気だった時のこと。今回はちょっと疲れ気味で肩凝りも酷いし、足もだるいしと元気はつらつではなかったのでした。

前傾姿勢で自分の膝の上をそれぞれの手で押すようにして、反動で1歩ずつ前へ・・・を繰り返して坂を上ります。

きっついのぅ~( ̄  ̄;)

半分程上った時、りどみぃは思い出しました。もう少し上った所にはベンチがあるのを。坂の下から2/3程上ったった所なのですが、いきなり半透明の壁がぼこっっと外側に膨らんでいてスペースが設けてあり、そこにはベンチがあるのでした。

その場所になんとかたどり着き、座って息を整えます。

みんとさんにもお水をやろうとしましたが、こちらは「いらんです。みんとはまだまだ余裕です。」と言わんばかりに、一口も飲みませんでした。

このベンチ、初めて見た時は「なんでこんな所に?」と思っていたのです。バスが通る道ではないのでバス停があるわけではないし、スイミングスクールの送迎やシニア向けのデイサービスの送迎のバスや車が到着する場所でもないし、第一車が停まるなら歩道のガードポールが切れてないと人が車道から出入り出来ません。しかし、車道と歩道の境には切れ目は無いのです。かと言って、親子連れが公園のベンチ的な利用をする為にお弁当を広げるような景色でも無いし、テーブルも無いし・・・で

誰が座るんだ?なんでこんな所に?(・_・;)

とか思っていたわけです。

しかし、自分の脚力が衰えて休憩したくなった時、実感を伴ってその必要性が解ったのでした。このベンチは、坂を登る人が下から登って来て「ちょっと休みたいな」と思う場所の近くにあるのです。一気に坂を上り切るだけの体力が無い人には、大事な休憩場所だったのですね。

ありがたや、ありがたや(´ー`)

今上って来た坂の下の方に目をやると、さっきの杖をついたおじーさんが坂の半分近くまで上って来ていました。

いつまでもりどみぃが休んでいると、「あ、ベンチで休もうと思ったのにあいてない」なんて、おじーさんの休憩のお邪魔になるといけないので、りどみぃとみんとさんは休憩を切り上げ、残りの坂を上ったのでした。

|

« エイトポイント・スターのベビーキルト25 ラティスのキルティング | トップページ | 寝袋に入るまでも無く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/42620083

この記事へのトラックバック一覧です: 坂道のベンチありがたや:

« エイトポイント・スターのベビーキルト25 ラティスのキルティング | トップページ | 寝袋に入るまでも無く »