« 寝袋に入るまでも無く | トップページ | 規律が足りない »

2011年10月22日 (土)

「やらねばっ」て思うのは

 毎週続けていたクレート・トレーニングは、みんとさんに相当のストレスを与えているのか態度が悪くなって来ました。

もしかして悪化してる?(・△・;)

以前、みんとさんはクレートに入るのにもためらいは無かったし、ファスナーを閉じる時も無抵抗だったのに、ここ2週間は「”ハウス”」と入るように言われてもためらって中々入ろうとしなかったり、入った後も出入口のファスナーを閉められないように上に前足を置いたり、その前足を奥へ押し込んでファスナーを閉めようとするとファスナーの隙間に前足を挟み込んで足一本分でも締め切りにさせなようにしたり、閉めた後に「出して!出して!」とばかりにがりがりと掘るようなしぐさで抵抗するようになったのです。

その上、りどみぃがクレートの中のみんとさんから見えない場所に移動すると、50分位ずーっとお鼻を鳴らしておりました。もちろん、途中で数回出しては気晴らしに行進の練習をしたり、トイレに行かせる機会を設けたりはしたのですが、クレートに戻すとまたお鼻を鳴らす・・・というように、クレート内からはずっと不満を発信し続けておったわけです。

前日の21日のお散歩の時、嫌な予感はあったのです。

みんとさんがとっても好きな、パピーの頃から可愛がって下さっている知り合いわんこの飼い主のママと行き会った時、リードはみんとさん自身が咳き込んでしまう程引っ張るは、りどみぃの「”おすわり”」という指示もまったく聞こうとしなかったのです。興奮し過ぎて耳に入らないというよりは、無視されてる感じがしたので、

ああ、みんとさんにとっては、まだまだ自分の気持ちの方が大事で、りどみぃの意向なんてどうでもいいんだな・・・(‐_‐)

と突き付けられたような気がしたのでした。

その直前までのお散歩・・・りどみぃとみんとさんとで公園内や町内を歩いている時は、リードを引っ張りもせず、犬笛やりどみぃの突然の”おすわり”や”ふせ”の指示を守っていたので、

みんとさんも結構いう事を聞くようになったな―♪(*^^*)

とか思っていたので、無視されたダメージは大きかったです。

家でクレートの中で過ごさせる練習は何度か試みたのですが、そんなもんじゃ難しいようです。問題は、みんとさんがりどみぃをリーダー役として頼りになると考えていないところにあるのです。そして、それは別のことからハッキリ解りました。

この日のレッスンの時、他の犬に対して攻撃的な態度を取るジャックラッセル・テリアがいて、先生の指示でみんとさんとりどみぃとがその犬と飼い主さんの近くを通り過ぎることで、その飼い主が対処方法を教わるというレッスンをしていた時、みんとさんとの距離が近付いた時、がうがうっっと仕掛けて来ました。

距離的には届かなかったので怪我などは無かったのですが、みんとさんは仕掛けられた次の瞬間には応じて「やる気なのっ?!」と言わんばかりに吠え返し、リードもびん★っと引っ張られる程その犬の方へ向かって行こうとしていました。

しかし、その後、同様のことがあった時には先生が両者(対立する犬達)を一喝。そしてりどみぃと先生が交代する形で練習したら、みんとさんはジャックラッセル・テリアが前を行く時に、先生の後に隠れるようにしておすわりしているだけで、前にも出ないし吠えもしなかったのです。

これは、みんとさんが先生をリーダーとして信頼しているから「自分の出る幕じゃないな」と判断しているからとのこと。つまり、りどみぃがリードを持ってる時はリーダーとして頼りないので「みんとがやらねば!」と思ってしまうということらしいです。

目の前で、みんとさんのあまりの態度の違いを見せられて、りどみぃショック~!

がーん( ̄□ ̄;)

結局簡単に言うと、りどみぃは、リーダーとしてがんばっているつもりなのに、みんとさんにはリーダーとして認められていないってことなんですね。で、そんな奴がクレートに入ってろなんて言うもんで、とっても不満・・・と。

ひゅるるるるるる~( ̄△ ̄;)

|

« 寝袋に入るまでも無く | トップページ | 規律が足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/42654867

この記事へのトラックバック一覧です: 「やらねばっ」て思うのは:

« 寝袋に入るまでも無く | トップページ | 規律が足りない »