« 銀のスプーン? | トップページ | 東扇島東公園で走れば »

2011年10月 8日 (土)

レッスンはクレート・トレーニング

 前々回、前回とお散歩レッスンが続いたので、レッスン後のクレート・トレーニングをさせてもらいませんでした。次のクラスのみんながお散歩レッスンに行って無人になってしまうトレーニングルームにみんとさんを置いても鳴かないのがあきらかだったからです。

そう、だってみんとさんのお鼻鳴らしは「出して!」の要求鳴き、要求する相手が居なかったら鳴いても無駄なので鳴かないのです。

今日こそは、レッスン後に練習させてもらいたいな・・・(・_・)

と思っていたりどみぃの心を先生が読んだのかどうか・・・なんとみんとさんは、レッスンそのものがクレート・トレーニングでした。それも、これまでクレートを置いていた控室的な刺激の少ないスペースではなくて、みんながレッスンしをするトレーニングルームの隅っこに置くように指示されました。

クレートにかけるカバーも、前面は開けておくようにとのこと。みんとさんに我慢する心を覚えてもらうには、わざとみんながレッスンしている様子が見えるようにしておいた方が良いってことかもしれません。

みんとさんが大好きなさぶちゃん(ダックスフンドの三郎太くん)がお隣に置かれたクレート内でおりこうさんにしているにもかかわらず、みんとさんは時折鳴いとりました。メッシュの前面からレッスン風景が見える程度の刺激では出たがったりはしませんが、りどみぃが姿を隠してしまうと出たがるようです。クレートから出て、捜しに行きたいからだと思われます。

休憩をはさんだり、少しレッスンに参加したりする時間以外は、クレートに入っている練習となったこの日、レッスン終了時には、みんとさんはかなり落ち込んでおとなしくなっていました。

他のわんこや飼い主さん達がレッスンの流れでみんとさんのクレートのすぐ前を通ったりしていましたが、そのようなことにもいちいちメッシュ越しに匂い嗅ごうとしたり、出してもらおうと気を引こうとしているらしいみんとさん・・・誰がクレートの前を通ろうが、側に居ようが動じないようにならなくてはなりません。

みんとさんの我慢する心は、まだまだ育っていかねばならないのでした。

|

« 銀のスプーン? | トップページ | 東扇島東公園で走れば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/42388024

この記事へのトラックバック一覧です: レッスンはクレート・トレーニング:

« 銀のスプーン? | トップページ | 東扇島東公園で走れば »