« 暗~い臨港パークにて | トップページ | 21世紀の森 »

2011年8月13日 (土)

扇島西公園は好きだけど・・・

 夜の臨港パークで一応は楽しくお散歩出来たみんとさんではありましたが、飼い主としては「明るく涼しい場所で伸び伸びと走らせてやりたいものだ」とか思い、翌日の午後涼しくなる頃を見計らって、川崎市の東扇島西公園へ行きました。

お盆休みの時期になり、世間の皆様は帰省したり旅行に行ったりしているのか、扇島西公園はいつものご家族連れのにぎわいには及ばず、釣り糸を垂れる人達の静かな時間が流れていました。

海からの風は涼しく、みんとさんは海側より内陸部の方の緑地で楽しくひとっ走り。

今回も公園の展望台の方まで行ってみたところ、3月11日の震災の際にひび割れて立入禁止になっていた部分の修復工事が始まっていました。この日はお盆休みらしく工事は行われていませんでしたが、修復が終了して海に一番近いところまで行って良い時が来たら、是非みんとさんと行ってみたいものです。

海風が涼しいとはいえ、いっぱい歩いたみんとさんはクローバーの葉っぱのひんやりした所で”ふせ”をしてクールダウン。

暑くても楽しいのか、ごきげんです。やっぱりみんとさんも、暗い公園よりは明るい公園の方が楽しいのかしらん。

みんとさんが熱中症になってはイカンと、りどみぃは何度となく「お水は?」とすすめてみるのですが、ほとんどの場合、みんとさんは飲もうとしません。最近では、みんとさんが飲みたそうにしなくても、口の横からぴゅっ☆っとお水を入れて、強制的に(?)お口を湿らせたりしてしまいます。

この日は、3度目のおすすめで、根負けしたように飲んどりました。

公園を後にする前に、ちょこっとフリスビー。しかし、暑いので走るのが遅いらしく、フリスビーの落下地点に間に合わないことが多発。


失敗

みんとさんとしても、キャッチ☆して初めて達成感が得られるので、「今度こそ!」と挑戦を続けておりました。


失敗


また失敗

しかし回を重ねれば重ねる程、今度は疲労から速く走れなくなってしまうのも事実。しかし、成功して終わらないとみんとさんのフリスビーに対する印象が悪くなってしまうので、なんとかキャッチ成功して終わらなければなりません。

終いには、りどみぃが5m位前のみんとさんに向かって、正面からフリスビーを口元に向けて投げるという事までし、ようやく成功して終わることが出来たのでした。

みんとさん、お疲れ様・・・(^▽^;)

今度はみんとさんもお水をごくごく☆飲んでおりました。相当暑かったようです。

しかし、この後、駐車場の車に戻る途中で、この公園利用を考えさせられることがありました。遊歩道を歩いている時、みんとさんが左前足を気にしている様子なので、「葉っぱでもついたかな?」と気楽な気持ちで「見せてごらん」と前にしゃがんで左前足を手に取ってみたところ、みんとさんの被毛にぶら~ん☆とぶら下がっている物がありました。

こっこれは錆びた釣り針&糸!(・◇・;)

被毛に釣針のしの字に曲がっている部分が逆さまに引っ掛かり、2cm程の釣り糸が下向きに垂れているという状態でした。これまで、この公園は釣り客のマナーが良くて、要らない獲物(魚)がその辺に放置されて腐っていたりすることも無かったし、釣り糸が落ちているのを見かけたこともありませんでした。でもやっぱり、釣りを許可されている公園であるという事は、こんなこともあり得るという事なのですね。

みんとさんに針が刺さっていたら大変なことでした。今後、この公園に遊びに来る時には、もっと用心深くあらねばならないと肝に銘じたことでした。

|

« 暗~い臨港パークにて | トップページ | 21世紀の森 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/41198286

この記事へのトラックバック一覧です: 扇島西公園は好きだけど・・・:

« 暗~い臨港パークにて | トップページ | 21世紀の森 »