« 21世紀の森 | トップページ | 安全な芝生 »

2011年8月15日 (月)

2代目ひまわりのチャーム

 釜利谷市民の森に行った時に、それまで着けていたフェルトで作った”ひまわりのチャーム“を失くしてしまったみんとさん・・・被毛の色に映えて似合っていたので残念で、後継ぎを作ることにしました。

100円ショップで、商品名”ひまわりブッシュ”の名で売られていた造花を使ってみます。

元はと言えば、失くしてしまったひまわりも、本当はこういう造花を使ってチャームを作りたかったのに、手芸用品店やアクセサリー売り場に見当たらず、自分で作るしかなかったのですが、程良い大きさの物が100円でこんなにいっぱい手に入るのなら、使ってみない手はありません。

商品名”ひまわりブッシュ“は、布製の花と葉、ぽやぽやした素材の茶色の花の中心の部分(種になるところ)、プラスチック製の茎やガクのパーツで構成されていました。

アクセサリー用として売られている接着剤を使って元通りに組み立てる感覚で花びらと種になるところを接着。

みんとさんの首輪に着ける時のカニカンに使っていないキーホルダーのストラップの端を通し、そのストラップを花びらとガクを貼り付ける時に挟み込むことで固定しました。この時も、アクセサリー用の接着剤を使いました。


裏から見たところ

フェルトで花びらをぎざぎざと切って作るよりもずっと簡単でした。みんとさんに似合うかな?夏が終わる前に、身に着けて貰いたいものです。

|

« 21世紀の森 | トップページ | 安全な芝生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/41221389

この記事へのトラックバック一覧です: 2代目ひまわりのチャーム:

« 21世紀の森 | トップページ | 安全な芝生 »