« 美容院にて | トップページ | エイトポイント・スターのベビーキルト21 ボーダーのキルトライン »

2011年8月30日 (火)

エイトポイント・スターのベビーキルト20 キルトライン

 ブロックとラティスやボーダーを縫い合わせたトップが出来上がったので、次はキルティングをする為の線(キルトライン)を書きます。

エイトポイントスターの部分は、1ブロックが16×16cmで1ピース辺りの大きさが1辺が4cmの直角2等辺3角形なので、アウトラインキルト風。中心の1辺8cmの正方形部分はアウトラインキルト+中心を結んだ正方形のキルトラインにしました。

ちなみにアウトラインキルトとは、ピースが三角なら三角に、四角なら四角にとそのピースの形と同じ形で内側5~7mmの位置にキルトをすることです。ピースごとにキルトするので、ピースドキルトとも呼ばれます。

今回、エイトポイントスターの三角の星のとんがり部分は、三角ではなくてVのように入れることにしました。星としての形が出たら良いと思いまして。

ベース部分は、星の周囲に落としキルトをして(落としキルトは目分量でするのでキルトラインは書きません)、その外側にキルトをするのでピースから7mmの部分に入れることにしました。これも四角を□くキルトしないで、Lのように入れることで、星の形をハッキリ浮き上がらせたいからです。

ラティスコーナーのキルトラインは、対角同士を結ぶ×の形にし、ラティスは幅が4cmなので、中心から1cm間隔の縦のキルトラインにしました。

フェザーの形やカーブのキルトラインは、今回は使わないことにしました。というのは、星のシャープなとんがり☆を活かしてすっきりと直線で構成されたキルトラインにしたかったからです。

ボーダーも同様の理由から、格子にするつもりです。単純な手法しか使っていませんが、それだけに星の形やプリントの色柄が映える、可愛いキルトになるはずです。

|

« 美容院にて | トップページ | エイトポイント・スターのベビーキルト21 ボーダーのキルトライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/41416694

この記事へのトラックバック一覧です: エイトポイント・スターのベビーキルト20 キルトライン:

« 美容院にて | トップページ | エイトポイント・スターのベビーキルト21 ボーダーのキルトライン »