« エイトポイント・スターのベビーキルト17 ブロックとラティスの縫い合わせ | トップページ | 出して!鳴き »

2011年8月 5日 (金)

交換用フープを作ろう1 材料

 エイトポイント・スターのベビーキルトは、もうすぐトップが完成です。トップが完成したら、キルトラインを書いて、裏布やキルト綿と重ねてしつけをかけ、いよいよりどみぃが大好きなキルティングとなります。

そうした段取りを考えていて、ふと思いました。

もうちょっと小さなフープが欲しいなぁ(´ー`)

りどみぃがこれまでに使っていたスタンドフープは、直径が74cmある製品なのですが、くるくる回して自分にやり易い角度にしながらでも、ちょっと大きいと感じていました。

ポーチやバッグなどの小物作りでキルティングする時は、スタンドフープではなくて、ただの木の輪っかのフープ部分のみの物を使いますが、一番りどみぃの好みだったのは、直径が40cmの物でした。

74cmと40cm・・・その差は大きいのぅ(^▽^;)

この製品を買う時、74cmと56cmの2種類があり、「小さいフープなら30cmのも持ってるし・・・」と大きい方にしておいたのでした。自分の好み等が良く解らない時期に買ったので仕方のない事なのですが、この製品には、別売りで交換用のフープのみが売られています。しかし、調べてみたら市場価格は14,000~15,000円でした。

56cmというのが自分にとってやり易い大きさかどうかも不明なので、気軽に買ってみる度胸もありません。でも、「74cmよりはやり易くなるかな?」とも思えて、自分の持っているスタンドフープをじっくり見ていた時、ふと思いました。

これ、もしかして自分で作れるんじゃないか?(・_・;)

いや、何も真っ直ぐの木をたわめてフープを作ろうというのじゃありません。ただ、家には使っていない直径45cmの木製フープがあるので、ダメ元でそれをスタンドに取り付けられるように細工したら、自前の交換用フープとして使えるのではないかと思ったのです。

みんとさんの励ましを受け、やってみることにしました。45cmのフープは元々何年も使っていなかったのですから、失敗して壊しちゃっても諦められます。それに大それた試みが失敗に終わったら、1,4000円出す覚悟も出来ようというものです。

 自作の交換用フープ制作を思いついてから、みんとさんのお散歩を兼ねて、ホームセンターへ、幅の広い木やネジ等を買いに行きました。木のパーツはこんな感じで足りるはずです。

①は、直径45cmの木製フープで、何年も使われていない状態で家にありましたが、買った時は2,000円位だったような・・・

②は、スタンドにボルトで固定する為の心棒になります。
ホームセンターで買って来たパイン材で、”ウッドポール WPパイン ジョイントボード450”という商品でした。円柱形の棒やこのようなパイン材を組み合わせることで自分の好きな大きさの棚やラックを作るタイプの商品のシリーズで、あらかじめボルト用の穴まで開いています。450とあるのは長さ450mmということで、フープの大きさにぴったりの長さのが見つかりました。

家を出る時は、幅が5~6cmで厚さが1cm弱の板を有料加工で切って貰おうと思っていたのですが、小さなホームセンターに行ったので、木材売り場にある種類は限られていて、幅が広い板は厚さ6mm以下ばかりで頼りなかったので、これを使ってみることにしました。

③は、フープの内側に固定する部分に使います。
木製のおもちゃなどを作る人の為に売られていたいろいろな形のパーツのコーナーから、角柱を2個選んで来ました。

④は、フープの内側を固定した③と心棒①の間の立ち上がりに使います。
これは、家にあったかまぼこ板です。端材のコーナーを見ても厚さと大きさがちょうど良いのが見つからなかったので、これを真ん中で半分に切って使うことにしました。

取り敢えず材料が揃ったので、組立作業に入ります。

多分出来ると思う・・・多分・・・(^▽^;)

|

« エイトポイント・スターのベビーキルト17 ブロックとラティスの縫い合わせ | トップページ | 出して!鳴き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166255/41140917

この記事へのトラックバック一覧です: 交換用フープを作ろう1 材料:

« エイトポイント・スターのベビーキルト17 ブロックとラティスの縫い合わせ | トップページ | 出して!鳴き »